ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【9月18日放送】

この記事では、9月18日に放送された、吉岡里帆さん主演の2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム
U-NEXT
TSUTAYAディスカス
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス

※ 本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)が視聴できる公式動画配信サイトは、

・FODプレミアム
・U-NEXT
・TSUTAYAディスカス
・ビデオマーケット
・auビデオパス

上記のサイトでドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・覚悟はいいかそこの女子。

・探偵が早すぎる

・義母と娘のブルース

・幸色のワンルーム

・探偵が早すぎる

・高嶺の花

・チア☆ダン

・健康で文化的な最低限度の生活

・刑事7人

・遺留捜査

など、人気のドラマが視聴できます。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)のあらすじ

2018年9月18日(火)放送のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)のあらすじをご紹介します。

生活保護受給者の祖母と暮らすハルカ(永岡心花)の元に、失踪した母・梓(松本まりか)が4年ぶりに帰ってきた。梓は、認知症の母の介護をしながらハルカを育てることを理由に、自らも生活保護を申請。しかし、正式に生活保護が決定すると、母親を施設に預けて自分は再び家を空けるなど好き放題。一週間以上放置されたハルカは孤独に耐えきれず、えみる(吉岡里帆)に助けを求める。

ハルカは児童相談所で一時的に保護されるが、梓とはいっこうに連絡がつかない。業を煮やしたえみるは、梓の生活保護費を口座振り込みから窓口支給に変更。支給日当日、役所に乗り込んでくるであろう梓と話をしようと考えたのだ。
案の定、男と連れ立ってやってきた梓は怒り心頭。約束どおり生活保護費を支払うよう、強く求める。一方で、娘の心配よりお金に執着する梓の様子に、えみるの怒りも爆発寸前。えみるが、ハルカは児童相談所で保護され、いずれは養護施設への入所も検討されていることを告げると、梓は顔色を変え、「施設に預ける気はない」と断固拒否。挙句、激高した梓たちは暴力に訴え、半田(井浦新)と京極(田中圭)が何とか押さえるという事態に。

ハルカの幸せを一番に考え、母親から引き離すべきと考えたえみるは、日を改めて梓を訪ね、再び対峙する。しかし、ハルカの口からは思いがけない言葉が飛び出して…。

その頃、麻里(阿部純子)は、いまだ子どもを産むかどうかを迷っていた。阿久沢(遠藤憲一)は、授かった命を大事にしてほしいと願う反面、離れていた17年間の負い目もあり、何と言っていいか分からない…。やがて麻里は、「先生、まだ間に合いますよね」と、ある決意を固めて……。

今、守るべき2つの小さな命。えみる達の、ケースワーカーとしての真価が問われる最終回!
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)放送前の見どころと予想は?

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

予告は忘れてしまいましたが、新人のケースワーカーという珍しい仕事の話のドラマで毎回楽しく拝見させていただいております。義経さんの一生懸命な姿を見て私もがんばろうと思いました。大変な仕事だと思いますがドラマを見てると私も少し興味ある分野です。難しい試験だと聞いたことがありますが義経さんみたいなケースワーカーさんが増えるといいです。
ペンネーム:いちごぱい (女性・30代)
阿久沢と阿久沢の娘の関係、ずっと離れていた二人が本当の親子として溝を埋めることが出来るのか。お腹の子供も気になります。ハルカとお婆ちゃんもこれからどうなっていくのか。来週も松本まりかさんが出演するみたいですが、松本さんの演技にも注目です。そして、みちるがこの仕事をはじめて様々な人と出会い、その出会いを通じてどれだけ成長したのか、10話はいよいよ最終回ですが見どころ満載です。
ペンネーム:takarazuka02 (女性・30代)
梓が怒って、役所に乗り込んできますが義経は梓の子供に対する保護の遺棄、虐待の罪があると言い返しますが、梓は子供との面会を要求しますが、虐待の恐れがあるので、拒否するのではないかと思います。一方、阿久沢の娘は父親が今度は自分も今までの罪滅ぼしとして反省して子供の面倒をみるからと言い、出産させると思います。
ペンネーム:ぽえむ (男性・50代)
新たな依頼人が浮上し、義経はその人物の話を聞いた上で、生活保護申請を認めるかどうかを決めていく上で、義経の職場の人々と協力し合って、その依頼人の生活を支援していくという展開を予想する。義経は同期の方々と共に協力し合っていくことができるかどうかということや、健康で文化的な最低限度の生活を保障することができるかどうかに期待する。
ペンネーム:さおり (女性・20代)
1週間の育児放棄なんて「ハルカちゃんは命の危険にさらされていた」ということを、母親がどう受け止めるのかが気になります。えみるにはキレずにうまく対応してもらいたいです。またハルカちゃんがいなくなるとのこと、児童養護施設をイヤに感じてのことか、それとも母親のせいか、とても心配です。阿久沢の方は娘を守る目的で新しいことに取り組ん行く様子でした。ひょっとして強面の保育士さんが見られるのかなと、こちらは楽しみです。
ペンネーム:ねこっこ (女性・40代)
健康で文化的な最低限度の生活は次回で最終回をむかえますが、今すぐにでも観たいくらいな気持ちです。まず、ハルカちゃんは施設でどういった生活をしているのかが心配ですし、ママも窓口受給の件でかなり興奮していたので、義経をはじめみんなでハルカちゃんをどうやって守って行くのかがポイントです。そして麻里も妊娠を継続するのかまたは、継続させないのかが気になります。阿久沢さんと歩み寄って、金銭的な支援を受けながら、みんなが幸せを選べますように、願っています!
ペンネーム:のんちゃん (女性・20代)

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)の見どころと感想をご紹介します。

あや
見どころは?
前回から内容が続き、親からほっぽとかれた娘が施設に行くのか親元に戻るのかをサポートするケースワーカー娘はやはりお母さんといたいし、母親も施設には預けたくはないと拒むそれを見守るケースワーカー自身が同じ経験をした母親の事を知り、余計にしっかりしなさい!あなたがお母さんでしょ?と説得する別の家族は、旦那がいなく妊娠した娘を心配するお父さんが毎日病院に通い娘が一人で産むかおろすかを見守る一人で、産むと決断した娘はケースワーカーからこれから先の生活のアドバイスなどを相談にのってもらう、大忙しなケースワーカーのお話。

感想は?
この様な内容のドラマは初めてだし、区役所の内部の事も初めて知って実際にこんな事があるのかな?と思った内容は少し物足りなく、薄っぺらく感じたように思えた。だけど毎週なんだか飽きずに録画しながら、他の事をしながら見れた。最初の1話からみているが、こんなに親身になってくれる区の人間ているのかなと思うこんな人がいたら相談もしやすく、少しでも安心した生活が送れるような気がする登場人物もあまり知らない俳優さんも多く、あまり先入観がなく見れた私たちが頑張って働いた税金なので、ありがたく大事に使って欲しいと思います。

りさ
見どころは?
あずささんが彼氏と市役所に乗り込んでくるところから始まる最終回。1週間以上も育児放置していたあずささんからハルカちゃんを離して養護施設に入れることに決めたえみる。1週間以上も育児放置されたのにもかかわらずハルカちゃんはママに会いたくて施設の人から逃げた。えみるがあずささんの過去を知って寄り添ってあげたことによって少しづつ変わろうとしているあすささん。最後あずささんとハルカちゃんが会うシーンは感動。阿久沢さんの娘は子供をおろすか悩んでいたが、産むことを決意しました。子供の父親にも連絡をして最後はちゃんと父親も登場しました。

感想は?
どんなに酷い母親でも子供からしたらたった一人の大好きなお母さんなんだなと思いました。あずささん最初は男好きで最低な母親だと思っていたけど、子供の頃に自分も同じ目にあっていて施設で育った過去があった。だからと言って同じことをしていいことにはならないけど、最後はえみるのおかげで頑張ろうと少しづつ頑張っていて、ハルカちゃんと会ったシーンはとても感動して泣きました。私にも子供がいるんですが、見ていてとても心が痛くなったし子供のことをもっと大切にしたいと思いました。阿久沢さんの娘も子供を産む覚悟を決められたこと本当によかった。

サロン
見どころは?
梓とはるかの間の関係はどうなってしまうかどうかということや、はるかはこのまま児童養護施設に預けることになってしまうかどうかということ、梓と一緒にいた宮川という人物はどのような人物であるかどうかということ、阿久沢と麻里の間の仲は修復していくことができるかどうかということ、麻里の子どもの父親とはどのような人物であるかどうかということ、麻里は子どもを産むか、産まないか決心することができているかどうかということ、義経ははるかにだけではなく、梓に対するサポートをすることができるかどうかということが見どころである。

感想は?
幸子も以前に酒に酔って帰宅したり、2.3日も家に帰っていない時があったのを影響されて、梓もああいう人物になってしまったのだと思った。だけど、さすがに梓とはるかの間に親子愛があたのだということが伝わってきた。はるかが梓のような辛い思いをして児童養護施設に入所してそのまま暮らすという展開ではなく、梓と再び一緒に暮らしていくという展開が望ましいので、そのような展開になっていけたというのが嬉しかった。ドラマの終わり方が良かった。義経が新しい自転車に乗って訪問しに行くという終わり方は、義経らしく、仕事に誇りを持っているのだという印象を受けた。

みなぽん
見どころは?
自殺未遂、アル中でお酒がやめられないなど、色々な事情をかかえた受給者と真正面から向き合ってきた義経えみる(吉岡里帆)。ケースワーカーとして一回り大きくなった彼女が、育児放棄をしてる梓(松本まりか)と対決します。しかもとても怖そうなガラの悪い男性と 役所にやってきてどなりちらします。はたして、義経さんは その母親の娘ハルカちゃん(永岡心花)を救うことはできるのか?もう一つの問題、貧困と出産。阿久沢(遠藤憲一)の娘 麻里は(阿部淳子)は 子供を産むことにするでしょうか?ついに 相手の男性がでてくるのではないかと 楽しみにしています。

感想は?
区役所に怒鳴り込んできた 梓がかなりの迫力でした。隣で凄んでる男性で倍こわかったです。こんなことってよくあるのでしょうね。この母親はきっと ハルカのこともあまり愛してない。自分さえ良ければいいという母親なんだと思ってみていました。後半から 梓のつらい過去がでてきてきました。自分が同じことをされていたのなら子供の苦しみや寂しさを 一番わかってあげられるのでしょうにと ちょっと複雑な気持ちになりました。でも義経の優しさが、母親の心の闇に気が付き、いい方向に進んで行ってよかったです。麻里さんのお相手がとてもまじめそうな人でよかった!これならきっとうまくいくと思います。いろいろあった家族だからこそ、幸せになってもらいたいです。

ちひ
見どころは?
9話の続きでもあり、生活保護を受けている家族の母親と子供が離れて暮らさないといけなくなるという残酷な現実が放送されました。子供のためにもそうがいいと思いました。今の時代、生活保護を受ける方は多くなっており、さらに受けられる人の条件も少し緩くなっているような気がします。そんな中で生活保護に頼り、仕事から遠ざかる方もいる、そういう現状をわかる事ができた10話でした。子供は母親と暮らせない、離れて暮らさないといけないという現実が受け止められない、それが普通です。その苦しみを母親と、親身に寄り添ってくれるケースワーカーとの分かり合えた瞬間がよかったです。

感想は?
生活保護は、受けるべきという方と受けて当然とただのお金をもらうところとして横柄な態度を取る方で大きく分かれます。私は、病院に受診している際、会計の時に、生活保護だからと偉そうに急かす態度をしている人を見たことがあります。それを見て、もっと審査を厳しくしてもいいんじゃないかともおもいました。このドラマでは、アルコール中毒の方がいたり、働けない方、様々見てきました。その人の気持ちになってみるとすごい辛いというのは見てて思いましたが、生活保護をもらっているなら、もらっているなりに、正当に生活していくべきと思います。

りん
見どころは?
人と人との関わりには、人それぞれの願いがあり、エミルが様々な場面での困難の中で、自分の考えてなくケースワーカーとしてよりよい未来・生活について考える最終章です。阿久沢親子の消えない父親への恨みと娘思う父の温かさの交差する気持ちが一体どんな結末となるのか。また、育児放棄をし生活保護のお金に執着する梓、育児放棄されてもなお母に会いたいハルカ、この親子の望むこととは。えみるの描くケースワーカーとは、親子にしてやれることは何なのか。自分の考えではうまくいかない、保護者の望みにひたむきに向き合い続けるえみるの姿に注目です。

感想は?
阿久沢さん親子では、離れていた時の娘の辛さや父のお父さんになりたい、家族に戻りたい気持ちが交差していて家族の絆について考えることができました。ハルカちゃんを育児放棄して生活保護をもらおうする梓の気持ちの変化も感動しました。ハルカちゃんはお母さんからひどいことをされてもなおお母さんに会いたいというシーンには涙が止まらなかったです。梓もダメダメな親であることの自覚、娘と一緒に暮らしたい気持ちの矛盾の中でエミルの温かい言葉・支えで気持ち一変する場面にも感動でした。家族の絆、人と人との関わりについて考えることのできるいい機会となりました。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』10話(最終回)が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!