ドラマ『刑事7人』9話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【9月5日放送】

この記事では、9月5日に放送された、東山紀之さん主演の2018年夏ドラマ『刑事7人』9話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『刑事7人』9話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『刑事7人』9話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

2018年夏『刑事7人』9話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『刑事7人』9話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT
TSUTAYAディスカス ×
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『刑事7人』9話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・U-NEXT
・ビデオマーケット

上記のサイトでドラマ『刑事7人』9話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・覚悟はいいかそこの女子。

・探偵が早すぎる

・義母と娘のブルース

・幸色のワンルーム

・探偵が早すぎる

・高嶺の花

・チア☆ダン

・健康で文化的な最低限度の生活

・刑事7人

・遺留捜査

など、人気のドラマが視聴できます。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『刑事7人』9話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『刑事7人』9話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『刑事7人』9話のあらすじ

2018年9月5日(水)放送のドラマ『刑事7人』9話のあらすじをご紹介します。

刑事資料係で天樹悠(東山紀之)が一人、吸い寄せられるように『広域重要指定第108号』と書かれた一冊の古い資料を読んでいる。それは50年前に中山俊夫(野澤剣人)という男が盗んだ銃で立て続けに4人を射殺して逮捕された事件。中山は犯行の事実を全て認めたが、それ以外は一切を黙秘したまま死刑になっていた。

そんな折、北新宿署地域課の三好達也巡査(国枝量平)が銃を奪われた上に銃殺される事件が発生。捜査一課総出の捜査になる。銃弾が2発使われていたことから、捜査本部は警察に怨恨などの悪感情を抱いている者と想定。だが現場を臨場していた海老沢芳樹(田辺誠一)がそれとは違う見立てをし、片桐正敏(吉田鋼太郎)の判断で専従捜査班は一課とは違う線で同事件を追うことを決める。

水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)は三好巡査がつけていた捜査日誌を基に、日頃彼と接点を持っていた人々に接触。ホストやシングルマザー、ネットカフェ住民らに話を聞く。一方、天樹は片桐に「模倣犯だってことはないでしょうか」と指摘。その彼が手に持っているのは、あの『広域重要指定第108号』だ。中山は最初にガードマンに発砲した3日後に、今度は神社の守衛を撃って殺害していた。

そこへ、新たな犠牲者が出たとの報告が入る。撃たれたのは公園の守衛。50年前は神社の守衛、今の事件では公園の守衛…。ますます模倣犯の可能性を考える天樹は、堂本俊太郎(北大路欣也)の紹介で、50年前に中山の精神鑑定を行った医師・右川(津嘉山正種)に会いに行く。現在は町医者として過ごしている右川。天樹を招き入れた右川は、彼から中山の名前が出た途端、硬い表情になり口を閉ざしてしまう。
右川はなぜ表情を曇らせたのか? そして今追っている容疑者は本当に模倣犯なのか――?
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『刑事7人』9話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『刑事7人』9話の見どころと感想をご紹介します。

にこにこ
見どころは?
警察官から拳銃を奪い、警察官、警備員、タクシードライバーと、連続射殺事件が起きる。本部は警察官に恨みをもった者の犯行と睨み、捜査をする。しかし、天城らは50年前に起こった連続射殺事件の模倣犯ではないかと睨み、独自に捜査を始める。そこで浮かび上がった犯人は、50年前の犯人も、今回の事件の犯人も、不幸な生い立ちを辿って来た者で、その生い立ちからくる心の闇や、人生に絶望を抱いていたことが浮かび上がってきた。

感想は?
警察官から拳銃を奪い、警察官、警備員、タクシードライバーと連続で射殺する事件が起こり、50年前に起こった連続射殺事件の模倣犯ではないかと捜査を進めていったが、実はただの偶然であった。しかし、その犯人たちに共通していることは、両親に恵まれず、不幸な生い立ちを辿って来た者同士であるということ、人生に絶望を感じていた者同士であるということがわかってきた。人の人生というものは、本当に生まれた環境、親に左右されるものだということを感じた。親に捨てられ、孤立して生きてきた者たちは、生きる道を見失ってしまった者は、同じ犯罪を犯してしまうのではないかと、今の時代の闇を描いている回でした。

vanilla
見どころは?
犯人は、50年前に起きた凶悪犯罪の模倣犯なのか…天樹刑事が惹きつけられ、読み進めた資料には50年前に中山という男が警察官から銃を盗み、次々と4人も射殺し逮捕された事件だった。犯行を認め、その後一切を黙秘し死刑に至ったその犯人の心理状態に疑念を抱く天樹。そんな中、警察官の銃が奪われ、その銃で射殺されるとゆう事件が発生し、捜査一課は銃弾が2発使われていたという現場の状況から、警察への怨恨と想定したのに対し、海老沢は違う見立てをし、その線で事件を追う事となる展開。この事件と天樹刑事が気になっていた50年前の事件が益々繋がって行く中、天樹は当時の犯人中山の精神鑑定をした医師に会いに行き話を聞く。その医師は、中山の名前を口にした途端、表情を曇らせ何かを隠している印象。天樹はその表情を読み取り、どの様にして真相に辿りつくのか。
感想は?
今回の見所は、天樹がなぜ50年も前の資料に吸い寄せられたのか、また、凶悪事件の犯人の深層心理がどういったものなのか、そして、現在起きている連続射殺事件の犯人が模倣犯なのかとゆう2点でした。ですが、現事件の証拠から紐解いて行くと、犯人像は若い男性。模倣犯だとしたら、どの様にその古い事件を知ったのか、模倣する意味は?ストーリーが進むと、当時の事件の犯人、中山の精神鑑定を行なった医師の話から気付きがあった。最終的に、模倣犯の線で追い、犯人にたどり着いた天樹の見立てはある意味覆された。今事件の犯人は、50年前の事件等一切知らなかった。幼い頃の環境、経験からある心理が生まれ偶然にも同じ様な事件が引き起こるというストーリーにハッとさせられました。
毎週台風
見どころは?
50年前のピストルを使った連続殺人事件のファイルを見ていた天城だが、ちょうど警察官の拳銃を奪って警察官を射殺する事件が発生、つづいて連続殺人が起こるが、犠牲者の職業から過去の事件の模倣犯かと疑われる。天城は昔の事件のファイルを紐解き、今回の事件を追う。一方で現場にあった足跡から、犯人がホストクラブの男である事がわかり、追跡が始まる。天城は独自に犯人の立ち寄り先を予測し、犯人を説得するが、結局犯罪の被害者は偶然過去の事件と一致しただけで模倣したわけはないことがわかる。

感想は?
天城が調べた過去のファイルから、今回の事件が模倣犯であると思われ、当時の精神鑑定を依頼した医者を訪れ当時の犯人の様子を詳しく知ることとなった天城。今回の事件の犯人の意図を読み解くヒントになる。結果的には模倣したわけではなく、偶然被害者の職業が一致しただけだとわかるが、過去の事件の犯人と似たような境遇の犯人の心情を知ることができ、決してそのような作業が無駄になったわけではない、というところが良いと思った。今回の事件の犯人も母親に捨てられてから何もかも人生がうまくいかなくなったといい、その気持ちを天城に話すことで自殺を思いとどまることができた。

ミミズク
見どころは?
ちょっとこれまでとは違った面白い脚本と演出がなされています。展開はより資料係らしいもので、天樹(東山紀之)が連続殺人の犯人が、50年前の連続殺人の模倣犯ではないかと考え、50年前の犯人像を追っていきます。天樹と堂本(北大路欣也)との会話シーンが多いのもポイントで、天樹の妻と娘が死んだ過去が、暗にオーバーラップされる演出になっていて、天樹がこの事件にのめりこんでいく仕掛けのひとつになっています。結末は予想外なのですが、同時に納得できるもので、天樹の心に潜んでいる思いがわかる内容になっています。
感想は?
天樹の強迫観念のような思い込みぶりが印象的でした。確かに模倣ではなくても似たような社会環境なら、似たような犯罪が引き起こされることはあるでしょうが、最初に模倣犯だとする根拠は天樹の直観のみであり、それは心理鑑定の先生の言葉にある通り、天樹も犯人たちと似たような喪失感を感じたことがあり、犯人に自らを投影してしまったということです。最後にその現実をつきつけられる天樹ですが、やはりこのシリーズの根幹には天樹の危うさが隠されているなあと思います。
桜色さくら
見どころは?
捜査本部の重厚感と、警察が狙われている(かもしれない)という危機感がにじみ出た演出が素晴らしかったです。刑事よりのカメラワークや、危機感・焦燥感を煽る台詞回しが秀逸でした。だからこそ真犯人の背景や過去の事件との類似点が浮かび上がったときに、安堵ともの悲しさ、虚しさを感じてしまうのだと思います。それから、海老沢の捜査能力を見せつけられました。本部と違う見立てで捜査するのはお決まりですが、少ない出番でしっかり見せ場をもらったんだなと感動してしまいました。

感想は?
「いい意味で」視聴者や天樹の推理までも裏切ってしまう真相には、どこかやるせなさを感じました。話の流れや事件の質が違っていたのは面白かったです。今までが「過去の事件から今を読み解くおみやさん」だとすれば、今回は「ラストシーンに『科学は万能じゃない』と語り出しそうな科捜研」。今までの話とパターンが違っていた分、最終回に向けてじゅうぶんに期待を高める良回だと思います。天樹が事件関係者の心理に寄り添える能力ですが、初見さんは天樹の過去を知っているのかと不安に思ってしまうのは相変わらずでしたけど。

みっちり
見どころは?
警察官の拳銃で、警察官・公園の管理人・特進運転手が次々殺されるという事件が起きる。天樹は犯人は50年前の同様の事件の模倣犯ではないかと考える。実際に事件を調べていくと、海老沢が気づいた靴紐がヒントになり、真犯人は最初の容疑者のホストクラブの同僚・古川だという目星がつく。一方天樹は50年前の精神安定飯にかつての詳細な鑑定書を見せてもらい、次に犯人がどこへ向かいそうか時間軸を超えてトレースしてみる。古川は天樹が確信した、思い出の住居のそばの公園にいた。彼は模倣犯ではなかったが、50年前の犯人と同じように孤独で社会に見捨てられた存在だった。

感想は?
天樹刑事でも、見立てを外すことがあるんだな…というのは、新機軸な展開で、驚きでした。それでも彼が過去の事件に基づいて見立てた場所に真犯人・古川はいたわけで、やはりドラマとしては天樹が大事なんだな、と改めて感じました。古河はかつて施設でいじめにあい、また会いに来ていた母親もついには失踪して見捨てられてしまい、不幸な生い立ちでした。前回の第8話の主要人物も施設出身ということで青山刑事が熱くなっていましたが、何やら前回と今回が被っているなぁと、シナリオのワンパターン化が気になりました。

2018年夏ドラマ『刑事7人』9話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『刑事7人』9話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!