ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【9月14日放送】

この記事では、9月14日に放送された、山田孝之さん、菅田将暉さん主演の2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

2018年夏『dele(ディーリー)』8話(最終回)の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT
TSUTAYAディスカス ×
hulu
ビデオマーケット ×
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)が視聴できる公式動画配信サイトは、


・U-NEXT
・hulu

上記のサイトでドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・覚悟はいいかそこの女子。

・探偵が早すぎる

・義母と娘のブルース

・幸色のワンルーム

・探偵が早すぎる

・高嶺の花

・チア☆ダン

・健康で文化的な最低限度の生活

・刑事7人

・遺留捜査

など、人気のドラマが視聴できます。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)のあらすじ

2018年9月14日(金)放送のドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)のあらすじをご紹介します。

「dele. LIFE」にデータの死後削除を依頼していた辰巳仁志(大塚明夫)が死亡。パソコンの動作停止を知らせる信号が、「dele. LIFE」の社長・坂上圭司(山田孝之)の端末に送られてきた。その報告を受けた相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)は怒りを抑えた表情を浮かべ、依頼人は弁護士の辰巳仁志なのかと確認する。いつもは朗らかな祐太郎の豹変ぶりに、驚きを隠せない圭司。その矢先、さらに想定外の出来事が起こる。何者かが「dele. LIFE」のシステムにクラッキングを仕掛けてきたのだ!

まもなく圭司は、辰巳が祐太郎の妹・真柴鈴(田畑志真)の死をめぐり、入院先の弁護を担当していた人物だと突き止める。当時、鈴の死には不審な点があったが、病院側の主張が通り、祐太郎ら遺族は筆舌に尽くしがたい心の傷を負っていたのだ…。身を切り裂く過去に共鳴した圭司は、祐太郎に促されるまま、辰巳が遺した音声データを再生。そこには“祐太郎の無念を晴らす真実”を示唆する、大物政治家・仲村毅(麿赤兒)との黒い会話が記録されていた…!

相手が相手だけに慎重に動き、確実に仲村を追い詰めようとする圭司。だが、データの即時公表を切望する祐太郎は、圭司への不信感をあらわに「dele. LIFE」を飛び出し…!? そんな中、圭司とその姉・坂上舞(麻生久美子)の間にも、これまで互いに語ることのなかった“過去の出来事”をめぐり、不穏な空気が流れ始める――。
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)の放送前の見どころと予想は?

2人の闇、心の奥底に眠る忘れられない過去今回の7話の話と少しリンクして権力のある人間に真実を握りつぶされてしまうこと、生きていくうちにそんなことたくさんあるけれどやはりそれは忖度でありエゴである。圭司の過去、祐太郎の妹の死の真相、舞と圭司の間でも知られざる真実7話かけておいてきたフラグを全て回収するしてくれるのだろうと言う期待と、すでに最終話終わってからロスになるであろう喪失感を感じられる作品に期待値がさらに上がりました。
ペンネーム:maripon (女性・20代)
坂上は依頼人から、自分が死んだ場合はデータを削除して欲しいという依頼を受けることになった。それからしばらくしてその人物は死亡してしまい、坂上は依頼通りにデータを削除しようとするが、その依頼人の死には不自然な点があり、その依頼人は他殺ではないかという可能性が浮上した。そのため、依頼人の事を調査し、依頼人はなぜ死んだかというのを突き止めるという展開を予想し、その展開になるかどうかが楽しみなポイントである。
ペンネーム:さおり (女性・20代)
次回の8話はの予告はキスシーンが衝撃的でした。どのようにあの展開になるのかが早く知りたいです。また、菅田さんが首を絞められているシーンがありどうなってしまうのか心配です。また、今回は会社の運営にも危機がありどうなってしまうんだろと思います。これからもさらに面白くなるこのドラマを今からでも十分面白いので見てほしいです。
ペンネーム:コショ (男性・20代)
間柴の妹の死の謎がわかるのではないかと思います。実は妹が薬物の治験で亡くなっていました。妹は病気の治療をしていましたが、大学病院の医師から新薬の開発の為に協力を依頼され、副作用の危険性も否定できないとの説明のに納得の上で応じたのです。しかしダブルブラインド試験の為に処方医師も実薬なのかプラセボなのか判りませんでした。わかるのは製薬会社だけです。ところが、不幸にして服薬後にに発作で妹が死亡してしまいます。真柴は医者の責任を追及しますが、自分には責任はないと言います。そして製薬会社も厚生労働省に有害事象として報告していなかったのです。結果的に妹の死は闇に葬りさられたのですが、実は坂上の父親が、その製薬会社の幹部であり、社運を賭けた新薬だったので、副作用のデータを隠して厚生労働省の承認を取ったのでした。そして、その新薬は坂上の病気の治療にも期待されたのですが、残念ながら坂上には効き目がありませんでした。坂上は父の消し忘れた記録から知り、10年経ってから、その事実を真柴に伝え謝罪しますが、真実を知った真柴は坂上の元を去っていくのではないかと思います。
ペンネーム:スーパーマン (男性・50代)
次が最終回ということで、予告では真柴の身近な人が亡くなったように見えました。来週は真柴と坂上の過去についての話のようで、とても楽しみでありとうとう終わってしまうのかという悲しみもあります。予想では坂上が真柴の何かをデリートしてしまうのではないかと思っています。最後まで二人はこの距離感でいて欲しいのですが、どうなるか分からないので来週が待ちきれません。
ペンネーム:あきと(女性・30代)
次回は最終話ということで、予告にもありましたが、ついに菅田将暉演じる真柴祐太郎の妹の死について明らかになるのではないかと期待が持てます。ただ、山田孝之演じる坂上圭司がどうやら真柴の妹の死に関わっている?ようなシーンも見られ、謎が深まるばかりです。さらに予告では、真柴と坂上の喪服姿もあり、この辺りが物語の鍵になるのではないかと思います。
ペンネーム:yuki (男性・20代)

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)を見た人の感想は?

読者の皆様から頂いた、ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)の見どころと感想をご紹介します。

まちこ
見どころは?
ディーリー最終回の見どころはなんといっても、菅田将暉(真柴祐太郎)と山田孝之(坂上圭司)の過去がついに明らかになるところでしょうか!特に真柴にスポットが当たるのですが初回から気になっていた出生や亡くなった妹さん、家族についてデリートされるはずだったデータから紐解いていきます。圭司の事務所も狙われて今回はかなりヤバい事件なんだろうなと思います。今まで以上にアクションが多く危険なシーンが多いのでハラハラドキドキです!データ消去、データ改ざん、医療ミス、隠ぺい、盛りだくさんでさすが最終回にふさわしい内容になっていると思います!!!

感想は?
初回から気になっていた真柴祐太郎の過去、妹と家族。そこを軸に圭司と舞の父親も出てきて最終回らしい盛り上がりでした!今までにないくらい真柴が真剣に取り組んでいて圭司もサポートして力を合わせるのですが、相手がかなり強敵でアクションシーン多めで深夜なのにテンションがかなり上がってしまいました!圭司の事務所にも怪しい奴らが侵入してきてパソコンごとデータ持っていかれましたがちょっと原始的すぎるかなとツッコミ入れたくなりましね!案の定?バックアップとってあり無事に真相が明らかになりました。妹さんは戻ってこないけど胸のモヤモヤが晴れてよかったなーと思いました。個人的にはハッピーエンドでよかった!2もやってほしい作品です!

happyjam
見どころは?
菅田将暉演じる真柴祐太郎と山田孝之演じる坂上圭司の過去がついに暴かれ、なぜ2人は出会ったのか、その出会いは偶然なのか必然なのか。また、祐太郎の妹真柴鈴の本当の死因がなんなのか。そこが凄く気になります。また、初めは距離があった祐太郎と圭司の間に絆が徐々に生まれつつあるので、最終回に出てくる黒幕をいかに2人で懲らしめてくれるのかに期待しています。祐太郎の敵を殴るアクションシーンや問い詰めるシーンがあるのでそこにも期待しています。私自身は、山田孝行さん演じる坂上圭司のキャラが好きなので最後までクールに決めてくれる所を楽しみにしています。

感想は?
真柴祐太郎の妹、真柴鈴の死因がやはり新薬によるもので、そこから祐太郎がハッキングを仕掛けてきた会社に乗り込み、色々な技を駆使をしハッキングしてきたパソコンを持ち出し、殴りかかってくる相手に華麗にかわしたり相手に逆に殴ったりと凄く鮮やかに華麗に身体を使うなと感動しました。その後警察などは役にたたずどうすれば、中村を懲らしめる事が出来るかという時に圭司がお父さんの不正が入っているディスクを祐太郎に渡し、メディアに流せと渡しますが、圭司を僕と同じようになって欲しく無い。といいディスクを返した時には少しずつパートナーとして絆が芽生えお互いに思い合っている姿に感動しました。最終的に中村を葬式場でみんなの記憶に残す事、メディアによる処置で懲らしめる事が出来たので個人的に凄くスッキリしました。毎週夜中凄く楽しみにしていたので終わってしまうのが凄く悲しいです。今のインターネット時代には大切なことを伝えてくれるドラマであったと感じました。

ぴよちゃん
見どころは?
最終回はタツミヒトシさんの物語になります。その人はその人は祐太郎の関係のある人物になります。名前を聞くだけで祐太郎は態度を変えます。それは妹さんの死の際に病院側の弁護士だったのです。祐太郎は1人でクラッキングした会社に乗り込みます。祐太郎が警察から帰ってきたら圭司は殴られて倒れていました。目が覚めたら圭司は祐太郎に自分の父親のことを話します。父親はナカムラのために働いていました。圭司はナカムラに命令されてやったことの証拠を持っていました。それを祐太郎にメディアに流しても良いと言い渡しました。しかし、祐太郎は受け取らなく消して良いと言いました。祐太郎がナカムラのところに乗り込むのも見どころです。

感想は?
最終回は祐太郎に関係のある話で、今までの関係のない回より感情移入しました。妹さんの死に関係する相手だと恨む気持ち分かります。妹さんは名前で呼ばれずT023と呼ばれていたのもひどいと思いました。祐太郎1人で乗り込んだ会社の人と戦うとき最終警察に捕まりましたけど強いなと思いました。それ以上に車椅子状態の圭司もあれだけ戦えるのは凄いです。圭司が父親がやったことの証拠を祐太郎に渡すことも、祐太郎が受け取らず消して良いと言うことも相手のことをお互いに考えているなと感動しました。記録を消せても記憶を消せないという言葉とても良い言葉だと思います。タツミの息子が祐太郎に謝ってくれて良かったです。とても集中できるドラマでした。

湊海
見どころは?
今回は、祐太郎が妹の死の真相という心に押し込めてきた黒歴史と対峙するところが大きなポイントだったと思います。妹が国の強引な政策の犠牲になっていたという衝撃的な事実と、祐太郎が心ないバッシングに身も心もズタズタにされてきた過去のシーンは、見ていてとても痛々しかったです。そして、圭司もまた父親の黒歴史を呑み込んでいたという、ふたりの意外な共通点をこのタイミングで暴露する展開にもゾクゾクさせられました。考え方は常に正反対で、喧嘩別れするかと思われたふたりが、最後に同じ方向を向けたことが一番の見せ場になっていたと思います。

感想は?
今回は、これまで曖昧なままだったふたりの過去が一気に丸裸にされた感じでしたが、それぞれが抱える心の闇の深さは、かなり衝撃的でした。祐太郎も圭司も辰巳の息子も、父親の醜い部分を知ってしまったという意味では、同じような苦しみを味わったと思います。でも、辰巳は祐太郎のことをずっと気にしていたようだし、圭司の父親も圭司の病気を治そうとして新薬の件に首を突っ込んだんじゃないかという、救いとも思える見解が付け足されていたところに少しホッとしました。だからこそ、祐太郎の「あなたの頭にある父親の姿が本当の姿」という台詞は深く胸に刺さりました。お互いの過去を知って、祐太郎と圭司の絆がさらに深まったラストも良かったです。

さおり
見どころは?
依頼人である辰巳仁志と祐太郎の間にどういう関係があるかどうかということや、祐太郎の妹は本当に病気で亡くなってしまったかどうかということ、坂上と坂上の父の間にどういう関係があったかどうかということ、新薬は危険なものであったかどうかということ、坂上のパソコンにクラッキングを仕掛けてきた人物とは誰かどうかということ、坂上と祐太郎はお互い関係を深めていくことができるかどうかということ、坂上は祐太郎を理解してあげることができるかどうかということ、祐太郎は妹の事件の真実を暴いていくことができるかどうかということが見どころである。

感想は?
祐太郎は辰巳と関係があるだけではなく、坂上も仲村と関係があるということに驚いた。仲村は権力により、辰巳や坂上の父を利用したという手口はあまりにも汚いのではないかと思った。あったことをなかったことにしl、なかったことをあったことにしたという、権力によってそれができるということはやってはならないことなのだと感じた。坂上らは自分が世の中から叩かられてしまうということを覚悟した上で、データを公表したというのが良かった。仲村の一件は解決し、坂上と祐太郎は仲村の件を乗り越えて、事務所を一から立て直して、今後も仕事を続けていってほしいのだと願う。

りい
見どころは?
本当は菅田将暉くん演じるゆうたろうが山田孝之くん演じる坂上に何か考えがあって近づいたというところがまさかの展開だと思います。これまで菅田将暉くん演じるゆうたろうと、山田孝之くん演じる坂上が協力して行ってきたディーリーの捜査がくるってしまうのか?そう行った見解が垣間見れる映像が想像できます。また、麻生久美子演じる坂上舞と山田孝之くん演じる坂上圭司の2人の間にも過去に何かがあったようで、お互いに今まで語られてこなかった過去の出来事をめぐり、重たい空気が流れ始めたりと面白さ満載考えること満載です。ぜひみたい!

感想は?
まさかの展開だらけだったディーリー最終回。菅田将暉くん演じるゆうたろうも、山田孝之くん演じる坂上圭司も、麻生久美子さん演じる坂上舞もとてもいい役を演じていました。みんな様々な過去を持ちながらもディーリーという隠れた組織の中で少しずつ成長していたとも言えるでしょう。なかなか自分の世界から抜けれなさそうな山田孝之くん演じる坂上圭司も一生懸命でとてもかっこよかったです。菅田将暉くんが大ファンでしたが相変わらずとてもイケメンで見ていくうちにまたみたいと思ったら、いい役を新たな形の役を演じていたと思います。

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』8話(最終回)が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!