ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【9月13日放送】

この記事では、9月13日に放送された、山崎賢人さん主演の2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム
U-NEXT ×
TSUTAYAディスカス ×
hulu ×
ビデオマーケット ×
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)が視聴できる公式動画配信サイトは、

・FODプレミアム

上記のサイトでドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

FODでは、1ヶ月の無料お試し期間があり、見放題対象作品が全て無料で見ることができます!

よく見られているドラマでは・・・

・パフェちっく!

・ポルノグラファー

・ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~

・Love or Not 2

・隣の家族は青く見える

・グッドワイフ~彼女の決断~

・青と僕

・健康で文化的な最低限度の生活

・花にけだもの

・コンフィデンスマンjp

など、人気のドラマが見放題となっています。

1ヶ月の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)の見逃し配信動画を無料で見るならFODがオススメ!

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのFODについてご紹介します。

FODフジテレビオンデマンドなら、ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)が無料で視聴できます!

通常、フジテレビオンデマンドでドラマを見るには月額888円がかかるのですが、毎月8がつく日(8日、18日、28日)に400ポイント、合計1200ポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴ができちゃいます。

FODフジテレビオンデマンドの場合、無料お試し期間は1ヶ月となっています!この無料お試しキャンペーンはいつ終了するかわからないので、いまのうちに登録してお得にドラマを見てしまいましょう♪

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は FODフジテレビオンデマンドにてご確認ください。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)のあらすじ

東郷記念病院は小児外科の廃止へと向かっていた。だが、新堂湊(山﨑賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)を病室で付き添っている。これまでずっと支えてきてくれた司賀の病状を初めて知り、湊はショックを隠せない。その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。司賀に今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ、と促された湊は伊代の病室へ急ぐ。
瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は伊代が肝硬変も患っていると話す。そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けた。しかし、伊代は小腸の移植も予定されている。高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがない。そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る…。
引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)放送前の見どころや予想は?

ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

次回は最終回です。小児外科がなくなってしまうのか?院長が血を流して倒れていました。担当のリオも血を流して倒れました。どちらの手術を優先するのだろうか?どんな展開になるのだろうか?リオの移植手術は無事成功するのだろうか?まだまだきになる見所です。小児外科を無くそうと裏で糸を引いている青年の父親は一体どうしようと企んでいるのか?見所です。
ペンネーム:まりも (女性・30代)
次回は司賀と伊代、さらに急患の美咲まで抱えることになるので、病院はかなり緊迫した状況になると思います。湊は司賀のことで情緒不安定になりそうなので、普段の力を発揮できずにピンチに陥るんじゃないかと思います。高山もこれまでにない難解な手術に挑むことになるので、伊代を無事に救うことができたら、小児外科廃止は撤回されると期待しています。
ペンネーム:湊海 (女性・40代)
10話ではせっかく手術に前向きになってくれた、いよちゃんの肝硬変により手術が難しいという診断結果がでてしまった。という予告が流れた。しかし、病状は決していいものとは言えない様子。この後いよちゃんとお姉さんの移植手術がどうなるのか、見所になると思う。それと、院長先生が倒れたところで第9話が終わったので、湊先生がどのように院長先生に接していくのかとかもきになる。あとは、病院が、小児科が存続の危機であるがどのようになっていくのか。いろんな話が同時に進んではいるが、どれも気になるところだ!!
ペンネーム:rsk (女性・20代)
伊代はせっかく手術を頑張ろうと思ったのに肝硬変とか言ってましたね。院長も倒れてましたし病院どうなるんでしょう?でも湊って夏美が好きですよね、よく観察すると。じっと見てますよね。前は好きだとドキドキするって聞きましたが僕はお握りを見てもドキドキしません。と大ボケな事を言ってた湊ですが夏美に初恋なんじゃないかな?と思いました。もしかしたら最終回で二人は付き合ったりするかも知れないですね。
ペンネーム:ゆっきー (女性・50代)
湊が担当する伊代の肝臓の状態が悪い検査結果が判明したことと同時に、伊代が血を吐いて倒れ、院長の志賀もまた血を吐いて倒れます。院長に付き添う湊に、伊代の急変が伝えられますが、志賀の側を離れない湊に、志賀院長が心配すべきは子供達だと諭します。小児外科医として、湊や高山たちが、伊代の肝臓と小腸を同時に救うために難しい手術に挑もうとすることがポイントですが、それに加えて搬送される患者の処置も重なることが見どころとなりそうです。
ペンネーム:飛べない豚 (男性・50代)
小児外科はなくならないと予想します。ただ、司賀院長が倒れていたので、司賀院長は亡くなってしまうのかなと思うのですが、それからどうやって小児外科が存続できるようになるのかが予想ができないので、それが楽しみです。また、新堂先生と瀬戸先生がいい感じになってくれたら嬉しいなと期待しています。チューペットを分け合うシーンはほのぼのしていて好きです。
ペンネーム:ちこ (女性・30代)

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)の見どころや感想をご紹介します。

ナナガスタル
見どころは?
子どもが脳死になってしまった家族の葛藤や、受け入れについて描かれていた。医者として瀬戸先生は残された時間をどう過ごすかを提案したが、家族は子どもの脳死を受け入れられず瀬戸先生を非難してしまう。それを救ったのが新堂先生である。家族に対しても、普通の患者として接することで、悲しみしかなかった家族が子どもの脳死を受け入れていく。そして瀬戸先生の思いに気づくことができた。そして、ドナーを待っていたいよちゃんもドナーが見つかり、病院側が手術することを承諾したため手術することができた。小児外科の大変さや葛藤、家族が前向きになっていく姿がみどころである。

感想は?
新堂先生が普通の医者では言えないことを言って人の心を動かしていたり、脳死の家族に対しての関わり方はなかなかできないものだと思った。またドナーを待つ子どもはたくさんいるが、自分の子供を失ってなかなか提供に同意できる親はいないと思った。このドラマがきっかけで子どもの臓器提供が増えたらいいなと思った。また小児外科医の大変さや成長が新堂先生を通して描かれており、小児外科医は子どもだけでなく、家族との関わりがとても大切であると改めて感じた。そして小児外科医は病気だけはなく心に寄り添っていく職業で大変ではあるがやりがいのある職業であるなと思った。

みんち
見どころは?
ドラマ全体としては、障害者の就業を扱っており、障害者が働く中での苦労ややりきれないこと、またそれを乗り越え本人も周りも成長していく姿が表現されているなところが見所。主人公は自閉症であり、他の人と考え方や行動が違う部分があるために、始めは職場の同僚や患者家族とうまくいかなかった。しかし、10話を通して主人公は人としても医者としても成長していった。周りの人々も自閉症の主人公と接する中で、彼との接し方や、彼の考え方から新たな視点を学ぶことがあった。ドラマを見ることで、自分が周りの人達とどう関わるべきか見つめ直すことができる作品。また、10話では臓器提供をテーマに取り上げ、臓器提供する側とされる側両方の心情を描いていたところが見所だった。臓器提供は倫理的に難しいテーマだと思うが、提供する側とされる側それぞれの視点で考えることができる話であった。

感想は?
自閉症の主人公は、他の人よりこだわりが強かったり自分の気持ちをストレートに伝えてしまう部分があり、始めは周りとうまくいかなかったが、理解してくれる上司や先輩に助けられながら、最終的に周りとうまく関われるようになった。ドラマでは障害者が主人公であるが、障害がなくても、周りとの関わり方で自分のことがわかってもらえなかったりと、主人公の状況が自分にあてはまる部分があると思った。そういった状況で、自分が変わることで周りとの関係を良くすることができたり、理解してくれる人が1人でもいることは大事だと感じた。また、臓器移植をする内容について、主人公が脳死の患者に対しても、他の患者と同じように接し、話しかけたり誕生日を祝う場面では、主人公のまっすぐな心が感じられて感動した。移植を受ける子が、自分は他の子の命をもらうと悩む場面で、移植をすることでドナーの一部が生き続けることができる、そしてそれはあなたにしかできない素晴らしいことだという言葉が印象的だった。

湊海
見どころは?
今回は何とか伊代の移植手術の実施までこぎつけて、成功を勝ち取るまでの過程が最大のポイントになったと思います。このタイミングで心肺停止で運ばれてきた美咲がどう絡んでくるのか予想できませんでしたが、脳死状態の彼女が伊代のドナーになるという命のリレーの展開は、とても感動的でした。特に、肝臓と小腸の同時移植という未知の領域に挑戦する高山達の緊迫した手術シーンは、途中で命の危機に直面するというピンチからの脱却という、手に汗握る最大の見せ場になったと思います。美智や猪口の心まで動かし、院内がひとつになれたラストは最高の締めでした。

感想は?
娘の脳死から臓器提供を決断するまでの、美咲の両親の葛藤がとてもリアルだと思いました。まだ心臓が動いているのに、それを自分が止めることになるのは耐えられないという母親の気持ちはよくわかるし、もう助からないのに体を傷つけたくないと思うのは当然だと思います。でも、そういう想いを呑み込んで、一部だけでも誰かの体で生き続けるなら、娘の死も報われると思い直せたのは、本当にすごいことだと思います。だからこそ、無事に伊代に命のバトンが渡された時には心からホッとしました。最後にみんなが病院の利益とかメンツとか、色々なことを度外視して、目の前の命を救おうとした姿にとても感動しました。

かくちゃん
見どころは?
新堂先生を親代わりに面倒みていた院長先生が倒れてしまい新堂先生は凄く院長先生の事を心配しました。院長先生は新堂先生に他の患部が待っていると伝えて安心させました。新堂先生の担当の患者の女の子がいるんですが患部の一部を家族がある姉がドナーになる事になりました。しかし一部の患部が悪化がみつかりその患部のドナーが見つからずに待機していました。その後ある家族がキャンプに行き娘さんが病院に搬送されて植物状態になり医者からドナーの話しをしたら反対してその後両親は話し合いをして誰かの為に患部のドナーになる事を決意して新堂先生の担当の患者の女の子は命が助かりました

感想は?
医者ドラマは久々に命の大切さを改めて知りました医療系の仕事に就いてないと分からない事がたくさんあります。生き物はいつどこで病気になるかは分かりません病気になったりした辛かったり病気から逃げたいと思うんだと思います。病気を持って居る人達は手術の傷が痛かったり大変な思いをして毎日過ごしていると自分は幸せなんだなって思います。病院での生活は普通の生活とは違って看護師や医師が親代わりみたいな感じました。病院は病気を治す場所なので一般人からは病院は良くないイメージがありますね。

せしる
見どころは?
先週の話の最後で倒れた院長先生。みなとに病気がバレてしまいましたが、この先みなとといつまで一緒にいられるか。家族でキャンプへ出掛け、川で溺れてしまい緊急搬送されたみさきちゃん。心配停止のまま緊急オペへ。一命はとりとめたものの、診断結果は脳死判定。2日後には七歳の誕生日を迎えるし、突然の脳死を受け入れられない両親は困惑します。肝硬変のいおちゃん。同時移植をしなければ助かりません。でも、ドナー提供を待ついおちゃんは、自分が助かる代わりに誰かが亡くなる事を思うと、それでいいのかと悩みます。この3人がどうなるのかが楽しみです。

感想は?
脳死判定を受けたみさきちゃん。臓器提供を決めた両親の決意はすごいと思いました。同じ年頃の子供を持つ母としては、ある日突然子供が脳死判定を言われたらやはり受け入れられません。でも、子供の臓器で助かる命があるのなら、また子供の体の一部が誰かの中で生き続けるのなら、臓器提供という選択もあるのかなと思いました。融資の話を蹴って助かる命を優先した病院の決断も素敵だと思いました。無事手術が成功したいおちゃん。助かる命と消える命。私も今闘病中です。毎週子供とママと同じだね、病院と言われながら見ていました。治療の励みになるとても素敵なドラマでした。

ぴよちゃん
見どころは?
患者はキャンプで溺れたみさきちゃん。そして今までずっとでてきた、いよちゃん。みさきちゃんはほぼ脳死で命は1週間で心臓が停止。残りの1週間の過ごし方を両親に瀬戸先生が提案。その後母親から瀬戸先生を担当から外してほしいと言われ、代わりにしんどう先生が担当に。いよちゃんはここが家みたいなものと言う。しんどう先生は脳死状態のみさきちゃんの7歳の誕生日にお花の絵をプレゼントします。また父親に渡したいものがありますと言ってあるものを渡す。両親としんどう先生、瀬戸先生また他のスタッフの皆さんで7歳の誕生日会をします。そのときに両親はみさきちゃんの臓器提供を決意したことを報告します。理事長はいよちゃんの移植をこの病院ですることを決意。ドナーはみさきちゃん。

感想は?
大好きで毎週見ていたグッド・ドクター。昼まで元気で遊んでいたみさきちゃん、少し目を離しただけでみさきちゃんが溺れて脳死状態になってしまったことを悔やむ両親。涙が止まりませんでした。しんどう先生や瀬戸先生、他のスタッフが両親と一緒に7歳の誕生日をお祝いしているところも見て、素敵な病院だなと思いました。またしんどう先生が脳死のみさきちゃんに対してお話しているところも可愛かったです。いよちゃんは移植が出来て本当に良かったです。ずっと支えてきたお姉さんもこれまでずっと辛かったので良かったと思いました。みさきちゃんは残念でしたが、いよちゃんのからだのなかでずっと生き続けて欲しいです。

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』10話(最終回)が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、FODがオススメです!