ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月26日放送】

この記事では、8月26日に放送された、NEWSの加藤シゲアキさん主演の2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

2018年夏『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT ×
TSUTAYAディスカス ×
hulu
ビデオマーケット ×
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・FODプレミアム
・U-NEXT
・TSUTAYAディスカス
・hulu
・ビデオマーケット
・auビデオパス

上記のサイトでドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

huluでは、2周間の無料お試し期間があり、全部のドラマ作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・高嶺の花

・トーキョーエイリアンブラザーズ

・ゼロ 一獲千金ゲーム

・サバイバル・ウェディング

・探偵が早すぎる

・崖っぷちホテル!

・Missデビル 人事の悪魔・椿眞子

・正義のセ

・トドメの接吻

・この世界の片隅に

など、人気のドラマが見放題となっています。

2周間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話の見逃し配信動画を無料で見るならhuluがオススメ!

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのhuluについてご紹介します。

Huluでは、『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話が無料視聴できます。

Huluは、ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えたオンラインビデオ配信サービスです。 月額933円(税抜)で全コンテンツ見放題!さらにマルチデバイス対応なので、いつでもどこでも視聴可能です。

huluの強みはなんといっても海外作品が多いところ!数百本以上の長編映画や数千本以上のテレビ番組を見放題で楽しむことができます♪

huluのお試し無料期間は2週間です。いつ終わるかわからないので今のうちに登録してドラマをたくさん視聴しちゃいましょう!

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』第7話のあらすじ

2018年8月26日(日)放送のドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』第7話のあらすじをご紹介します。

次に挑む「迷宮のトライアングル」は3人1組のチーム対抗戦。ゼロ(加藤シゲアキ)は末崎(ケンドーコバヤシ)とセイギ(間宮祥太朗)の3人でチームを組むことになった。

正体不明の建物の中、扉の奥には三角の部屋が二つ。そこで出される問題「部屋はすべて同じ。君達は何?」答えるチャンスは一回。25の選択肢の中から30分以内に1チームでも正解すれば終了となるが、出題と同時に注がれる水は、30分でいっぱいになるらしい。

「声が聞こえなくなったら残り時間はわずかだと思って」と笑う峰子(小池栄子)。在全(梅沢富美男)はゼロも標(佐藤龍我)も閉じ込められたことに興奮を隠せない。「四苦八苦煩悩苦悩のトライアングルバトル、始め!」「正解しても地獄、正解しなくても地獄」チームワークが最悪の中、拘束されたゼロは仲の悪い兄弟に翻弄されていく。
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話の見どころと感想をご紹介します。

おやき
見どころは?
パネルの中からアンカー問題を選ばないように慎重に問題を選んで行く三人。ヒロシが「俺が犠牲になる。俺のこの石頭で、アンカーを受け止めれば」と言い出し「俺はゼロの役に立ちたい」と頭で止めようとします。直前で怖気づき、少し引いてしまったが、ヒロシの頭をかすりギリギリ他の二人は無傷でした。ヒロシは頭を少し切る程度で済みました。ユウキは「こういうのなんて言うんだっけ。生殺し?」と不快感をあらわにしますが、結果的に良かったのでは?

感想は?
小太郎の演技が物凄くオーバーでムカつきます!今回も最後までびっちり出るとは思いませんでした。”ルールは出題者の僕が決める”と小太郎が変更し、ゼロのせいでみんなが死ぬ様に仕向けます。なんて性格の悪い!しかし人を見抜く能力があるゼロは、小太郎が脇腹に若気の至りで文字を書いた事を入れ墨とわかります。そして昔パシリでいじめられてて、やられる前に自分で入れた、復習の意味を込めた”城”だと言い当てます。小太郎の悔しそうな顔が印象的でした。

つばき
見どころは?
ゼロやユウキ、ヒロシは無事にザ・アンカーというゲームをクリアすることはできるかどうか、小太郎はゼロに対してどのようなスペシャル問題を出題することになるかどうか、ヒロシはせめて1問だけでも正解することはできないかどうか、ゼロはどのようにザ・アンカーというゲームを攻略していくかどうか、アンカーはゼロやヒロシ、ユウキに突撃しなくてすむかどうか、小太郎の過去に一体何があったかどうか、小太郎や峰子は組んでどのような不正を練るかどうかが見どころである。

感想は?
自分の命を賭けているからこそいつだって死んでもいい、自分のためにゲームに挑んでいるのだという主張をしていたユウキが、勝負師であるゼロの言動や行動を見て影響され、ゼロに敬意を表すためにクリアしたいという気持ちをユウキが持つようになったというのは感動した。セイギの話では事業に失敗して借金を抱えているというのは意外だった。お金に苦労もせず、ゲーム好きだからと言って自分の好きなようにゲームに挑んでいるように見えたのだが、実際ユウキはお金が必要なのだと思った。

ふじお
見どころは?
アンカー問題は、ANCHORの記号だと気付いているのは、ゼロだけなので他の二人には引いてもらいたくない考えでした。アンカー問題は、ゼロが全て正解すれば助かる見込みがあると思っていましたが、影で操作していました。正解してもゼロのポイントは低いうえ、他二人のダウン率は高いです。ゼロは心を乱してしまい、諦めかけてるように見えましたが演技でした。ゼロはいくら正解しても、勝ち目はないと判断して、凄いことを思いつきます。

感想は?
ゼロはこのゲームは、いくら正解しても無理だと思いました。自分が正解しても1ポイントアップで、仲間は外れると4ポイントも下がります。仲間に不正解を求めて、ダウン率を大きく下げさせました。下がり過ぎると、頭よりも下にいき、台座にぶつかり免れる方法を思いつきます。ダウン一ポイントにつき、3センチ下がることを見抜き、ダウン幅を計算していました。数学の先生だけあって、方程式でゲームを攻略しました。テーラーの学生時代の嫌な思い出と、性格も見抜くことが出来た、ゼロは凄いです。

なーにゃ
見どころは?
ハラハラのアンカーゲームが完結します!ゼロはとっくにアンカー問題の配置に気がついているのに、小太郎の不正やユウキのミスによって、なかなか思うようにゲームを進めることができません。だれも答えられないような理不尽な問題を出されたりと苦戦しますが、見当違いの答えではなく、正解に近い回答をするので小太郎は少しずつ焦っていきます。ヘラヘラとしていた小太郎が徐々に追い詰められていく姿はとても面白かったです!最後は小太郎を懲らしめることができて本当に良かった回でした。

感想は?
今回のゲームは今までまで以上に何回も「もう負けてしまう…」と思わされました!目の前を刃物が行ったり来たりしていてずっと怖かったし、血が飛び散った時は本当に終わったと思いました(泣)しかし、恐怖を乗り越えて冷静になったゼロは本当に強くて頭もキレキレ!仲間のことを思う気持ちも忘れてなくてさすがです。ヒロシさんもめっちゃ信頼してて見ていて微笑ましかったです。勝てないと思っていたのはゼロ以外のみんなで、当の本人は勝つ方法に気づいていたなんて、本当に騙されました!アンカーそこで止まるんか!とツッコミましたw

momon
見どころは?
ゼロと三人でゲームすることになったアンカーゲームだったが、ゼロが正解するたびにいらいらした小太郎が絶対に解けない難問を突き付けます。小太郎が自分の脇腹に描かれている文字は何かという問題にゼロが答えを導くためにどんどん想像していき正解するところが見どころでした。さらに、ゲームの攻略法を考えていたゼロにさすがだと思ってしまうところすごく見どころでした。ゼロは最初からゲームのことを考えながらしていたと気づくため、すごい才能だと思ってしまいます。

感想は?
ゼロは小太郎からの難問に答えた姿がとてもおもしろかったです。小太郎の脇腹に描かれている文字は本名の城を逆に描いた文字を入れていることに気づいた理由とゼロがすごくて驚いてしまいました。小太郎がすごく悔しそうでとてもおもしろかったです。でもそこからどんどん難しくなっていって裏で操作されていたため、ゼロの問題はとても優しく、二人の問題は難しかったため、アンカー問題も間違えてしまったところがとてもヒヤッとしてしまいました。

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』7話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、huluがオススメです!