映画『夢』動画フルを無料視聴!DVDレンタルやpandora、Dailymotionより快適に見られる

●この記事では、1990年に公開された映画『夢』動画フルを視聴する方法をご紹介しています。

「夢」は「こんな夢を見た」から始まる短編から成る、オムニバス形式の作品です。

「日照り雨」「桃畑」「雪あらし」「トンネル」「鴉」「赤富士」「鬼哭」「水車のある村」という8本の短編で構成されています。

今回は、映画『夢』を無料視聴する方法や、あらすじ見どころ、ネタばれ感想などもご紹介したいと思います。

↓↓↓今すぐ映画『夢』の動画を見る↓↓↓


※最新の配信状況は、VODサービスサイトにてご確認ください。

映画『夢』フル動画を無料で見るならここ!

映画『夢』フル動画が視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

よく見られている人気の映画は・・・

・七人の侍

・用心棒

・隠し砦の三悪人

・椿三十郎

・影武者

・天国と地獄

・赤ひげ

・蜘蛛巣城

・悪い奴ほどよく眠る

・生きる

など、たくさんの映画が視聴できます。

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。気になる映画があったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

映画『夢』をブルーレイ・DVDで観たい方はTSUTAYAディスカスがオススメ!


〉〉TSUTAYAディスカス公式はこちら

映画は動画配信ではなく、やっぱりDVDやブルーレイでみたい!という方にオススメなのが、定額レンタルサービスの【TSUTAYAディスカス】です。

TSUTAYAディスカスの特徴ですが、

1、見たい映画をスマホで予約する

2、ブルーレイ、DVDがポストに届く

3、返却はそのままポストへ!

入会金・送料・延滞金はすべて0円なので、うっかり返却を忘れてしまっても安心!

またTSUTAYAディスカスでは、初めて利用する方のために、【30日間無料お試しキャンペーン】をやっています。

無料登録した際に1080ポイントがもらえるので、そのポイントを使って映画を無料で視聴することができます!

この機会に試してみてはいかがでしょうか?

オススメできない!こちらのサイトで無料視聴する

オススメする方法ではありませんが、最近は無料の違法動画共有サービスでも視聴できることが多くなりました。

しかし・・・

・音声や画質が非常に悪い
・画面サイズが小さい、音声が変換されている、一部のシーンの動画を省いている
・ジャマな広告が表示される
・ウイルスに感染、情報の漏洩

など、動画全てをまともに見ることはまず不可能なんですね。今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

視聴は自己責任にはなりますが、一応メジャーな無料動画共有サービスを載せておきます。

youtubeで映画『夢』を見る
pandoraで映画『夢』を見る
Dailymotionで映画『夢』を見る
miomioで映画『夢』を見る

上記のサイトで見られない場合は、こちらからご覧ください!

映画『夢』あらすじ・ネタバレ

「日照り雨」
狐の嫁入りは絶対に見てはいけないと母に言われたのに、林に行き、狐の嫁入りを見た子供が家に帰ると、恐ろしい顔で門前に立っている母が「この短刀でけじめをつけなさい」と言い渡し家には入れてくれなかった。

途方にくれた子供はとぼとぼ歩いているうちに丘の上から雨上がりの空を見ている。狐達の奇妙な歩みが印象深い。

「桃畑」
ひな祭りの話。裏庭の桃畑跡で切られた桃の木の精霊が見せる最後の盛大なひな祭り。何年も家を守ってきた桃の木の精霊たちの怒りが伝わってくる。

「雪あらし」
大学生3人が雪山で遭難し幻覚を見て雪女が現れもう少しで死んでしまうところを何とか脱出できる話。

「トンネル」
戦前、部下だった兵隊達は死に自分だけが生き残った。懺悔の気持ちを持っている男がトンネル内でその幽霊たちに出会う話。

「鴉」
ゴッホの絵の中に入る話。ゴッホが描く作品を次から次に移動し、その中のゴッホの苦悩を感じる。

「赤富士」
爆発した6基の原子力発電所から放射能が大量に流出し人々が逃げまどう様子を描いた作品です。ただ一つの救いは、画期的な発明で放射能に色が付いている事ですが逃げ切れる訳もなく原子力発電所の関係者は海に飛び込み懺悔の自殺をします。富士山が真っ赤に燃える姿が恐ろしい。

「鬼哭」
後から鬼が追いかけてくる。その鬼は放射能にやられ恐ろしい姿になっていた。しかも全世界が放射能のせいで人間から鬼へと変貌し動植物全てが恐ろしい姿になり、まるで地獄の世界と化していた。

「水車のある村」
男が訪れたのは、水車のある、のどかな村だった。壊れた水車を修理している老人と話していると、人が死んだから葬式をやると言われ老人はいきなり盆踊りのように踊り出し村人達の中に入っていく。
男が呆気に囚われていると、老人が「なぜ一緒に踊らない?人が死んだら喜ぶべきだ」と言い、笑顔で踊りながら棺を抱える列に参加した。この村では故人を悼み嘆き悲しむのではなく、故人の生きた証を喜び祝う、祭りのような葬式を行うという。

映画『夢』基本情報

タイトル 夢
原題 DREAMS
製作年度 1990年
上映時間 120分
製作国 日本/アメリカ
ジャンル ドラマ

出演: 寺尾聰 、 倍賞美津子 、 原田美枝子 、 根岸季衣 、 井川比佐志 、 いかりや長介 、 頭師佳孝 、 伊崎充則 、 笠智衆

監督 黒澤明
製作 黒澤久雄 、 井上芳男
脚本 黒澤明
音楽 池辺晋一郎

映画『夢』フル動画予告動画

映画『夢』作品解説


不思議な話、ぞっとするような話など、様々なストーリーが美しい映像で展開されていきます。たとえば1作目の「日照り雨」は5歳の男の子が主人公です。

母親に「日照り雨の日は狐の嫁入りがあるから外に出てはいけない」と言われたにも関わらず、外へ出ていってしまった男の子は、そこで狐の嫁入りの行列を目撃します。

物陰から行列を覘く男の子。次第に近づいてくる行列は、明らかに男の子に気づいている素振りを見せてきます。

怖くなって逃げ帰る男の子。しかし、母親は門の前で男の子の前に立ちはだかり、中へ入れてくれません。それどころか、母親は男の子に短剣を渡し、「自分で始末をつけるように」と言って門を閉じてしまうのです…。

その他、男がゴッホの絵の中に迷い込む「鴉」、戦争から復員した陸軍の男が、全滅した自分の小隊の亡霊と出会う「トンネル」など、オチのない、どこか後味の悪いストーリーが続いていきます。

出演者は、寺尾聡や倍賞美津子といった日本映画界のビッグネームから、笠智衆、いかりや長介といった渋い俳優まで豪華な布陣。クロサワ映画の中でも異彩を放つ作品に仕上がっています。

映画『夢』の見どころ


ストーリー8つの物語はそれぞれ、非現実的でオチがなく、どこか不気味な雰囲気を纏っています。巨匠・黒澤明が見た夢をモチーフにしているだけあり、どれも一筋縄では理解できない含蓄の深い話。

「1作目の「日照り雨」で出てくる男の子の家は、黒澤が幼少期を過ごした家を忠実に再現しているらしい。そこには入れず、短刀を渡されるということは、いったいどういう意味を持っているのか…」など、ひとつひとつのストーリーから黒澤の心理をあれこれ考察してみるのもおもしろいと思います。

映像美映像に並々ならぬこだわりを持ち続けた黒澤明監督だけあり、この映画でもその映像美は健在です。「鴉」や「水車のある村」の田舎らしい色彩豊かな風景、「赤富士」や「鬼哭」のおどろおどろしい、荒涼とした風景など、光の使い方やコントラストに、晩年の黒澤明のこだわりが詰まっています。

出演者の演技力有名無名問わず、出演者の演技力が高いのも見どころ。黒澤明のお眼鏡に適っただけあり、どの役者もオーバーアクションをすることなく、しかも個性が存分に醸し出されているという、ハイクオリティな演技を見ることができます。

最近の映画には、とにかく有名な俳優女優ありきで作られていたり、アイドル売り出しのために作られているようなものも散見されますが、映画に人生を捧げた黒澤明と出演者の真剣勝負がこの作品にはあります。

この映画はその個性ゆえか、制作の出資がなかなか得られず、黒澤ファンであるスピルバーグに脚本を送って無理やり制作にこぎつけたという逸話が残っています。

「世間受けだけを狙うのではない、本物の映画を作りたい」という黒澤の情熱が、主演者にも伝わっているのでしょう。日本でもトップクラスの役者たちの演技を堪能することができます。

映画『夢』の感想


この映画をずいぶん昔に見た時は不思議で、かなり印象に残っていました。狐の嫁入りは得体の知れないものの恐ろしさを感じ、団体で歩く人間化した狐達が、いつ気づくかとヒヤヒヤしました。豹変した母の行動にも驚きでした。

ひな祭りは5人しかいないところを6人見えるところから始まるので怖かったですが最後の精霊達の盛大なひな壇は見事でした。

雪女はよくある話ですが耳元で囁く逆の言葉(氷は暖かい)がとても恐ろしいです。トンネルは吠えまくる犬が出てきたり部下だった兵隊たちがたくさん出てくるので印象に残りやすいです。この上司は懺悔の気持ちが強くて後味が悪いです。

ゴッホはよくできている作品だと思いました。この発想はなかなか面白かったです。作品を描いているゴッホの心情をよく捉えていました。なんといっても赤富士はかなり強烈に心に残りました。

黒澤明監督は放射能の事について未来を見据えていたと思います。原発指示者に対して勇気でこの作品を作ったんだなと思いました。この映画を見た時はただの作り物と思いましたが現在、実際に起きていますので身震いがします。

放射能に色が付くと言う発明が現実化されればいいですね。どうして原発を作ったのよ、申し訳ない自殺しかない、すごくストレートでリアリティーなセリフでした。その後の鬼に放射能がそのまま続くんですね。

そして世界は荒廃しどうにもならなくなったところで最後の老人の一言です。生きることは幾つになっても楽しい!死とはとても悲しいものだと思ってましたが、この作品を見てから死生観が変わりました。

ゲームのようなこの人生の中で喜怒哀楽することは楽しくて、そのゲームが終わった後は盛大なファンファーレで見送る。よくやった!と言う声が聞こえてきます。

黒澤明監督は人生のカラクリに気づいてた、スピリチュアルな人だったんですね。

映画『夢』以外にU-NEXTで見られる映画をご紹介!

映画『夢』で監督をした、黒澤明の作品をピックアップしてみました。

【影武者】

●カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた、後期黒澤映画の代表作!

戦国時代。甲斐の武田信玄が「我もし死すとも3年は喪を秘せ」との遺言を残してこの世を去った。弟の武田信廉ら重臣たちは、織田信長や徳川家康が放った間者の目を欺き、「信玄死す」との噂を打ち消すため、信玄と瓜二つの盗人を影武者に仕立て上げる。

【椿三十郎】

●三船敏郎主演、仲代達矢共演、黒澤明監督の傑作娯楽時代劇!

森の中の社殿で、9人の若侍たちが密談していた。次席家老の汚職を城代家老・睦田に告げるも相手にされず、ただし大目付・菊井の賛同を得られたらしい。しかし、突如現れた浪人が「菊井こそが黒幕だ」と言う。案の定、菊井の手勢が社殿を取り囲み…。

【隠し砦の三悪人】

●黒澤明監督、三船敏郎主演による、戦国時代を舞台にした娯楽時代劇!

戦国の乱世。山名家と一戦を交え、敗れ去った秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継ぎの雪姫と数名の残党と共に隠し砦にこもった。秋月家再興のため、同盟国である早川領への脱出を計画する。それには敵地を通って早川領へ抜けるほかに道はなく…。

まとめ

映画『夢』動画フルが無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料で映画を楽しむなら、U-NEXTがオススメです!