映画『椿三十郎』動画フルを無料視聴!DVDレンタルやpandora、Dailymotionより快適に見られる

●この記事では、1962年に公開された映画『椿三十郎』動画フルを視聴する方法をご紹介しています。

三船敏郎主演、仲代達矢共演、黒澤明監督の傑作娯楽時代劇

「用心棒」に引き続き、三船敏郎と仲代達矢が共演。凄腕の浪人、頼りない9人の若侍、朗らかな城代家老の奥方と娘の個性が光る。ラストの三船VS仲代の一騎討ちは壮絶。

今回は、映画『椿三十郎』を無料視聴する方法や、あらすじ見どころ、ネタばれ感想などもご紹介したいと思います。

↓↓↓今すぐ映画『椿三十郎』の動画を見る↓↓↓


※最新の配信状況は、VODサービスサイトにてご確認ください。

映画『椿三十郎』フル動画を無料で見るならここ!

映画『椿三十郎』フル動画が視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

よく見られている人気の映画は・・・

・七人の侍

・用心棒

・隠し砦の三悪人

・まあだだよ

・影武者

・天国と地獄

・赤ひげ

・蜘蛛巣城

・悪い奴ほどよく眠る

・生きる

など、たくさんの映画が視聴できます。

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。気になる映画があったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

映画『椿三十郎』をブルーレイ・DVDで観たい方はTSUTAYAディスカスがオススメ!


〉〉TSUTAYAディスカス公式はこちら

映画は動画配信ではなく、やっぱりDVDやブルーレイでみたい!という方にオススメなのが、定額レンタルサービスの【TSUTAYAディスカス】です。

TSUTAYAディスカスの特徴ですが、

1、見たい映画をスマホで予約する

2、ブルーレイ、DVDがポストに届く

3、返却はそのままポストへ!

入会金・送料・延滞金はすべて0円なので、うっかり返却を忘れてしまっても安心!

またTSUTAYAディスカスでは、初めて利用する方のために、【30日間無料お試しキャンペーン】をやっています。

無料登録した際に1080ポイントがもらえるので、そのポイントを使って映画を無料で視聴することができます!

この機会に試してみてはいかがでしょうか?

オススメできない!こちらのサイトで無料視聴する

オススメする方法ではありませんが、最近は無料の違法動画共有サービスでも視聴できることが多くなりました。

しかし・・・

・音声や画質が非常に悪い
・画面サイズが小さい、音声が変換されている、一部のシーンの動画を省いている
・ジャマな広告が表示される
・ウイルスに感染、情報の漏洩

など、動画全てをまともに見ることはまず不可能なんですね。今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

視聴は自己責任にはなりますが、一応メジャーな無料動画共有サービスを載せておきます。

youtubeで映画『椿三十郎』を見る
pandoraで映画『椿三十郎』を見る
Dailymotionで映画『椿三十郎』を見る
miomioで映画『椿三十郎』を見る

上記のサイトで見られない場合は、こちらからご覧ください!

映画『椿三十郎』あらすじ


井坂伊織を含めた若侍9人は、藩の汚職蔓延を心配していた。井坂は自分の叔父の城代家老に意見書を出すが、城代はそれを破り懐にしまってしまう。

それならばと、今度は大目付の菊井に相談すると、菊井は驚き、協力することを承諾する。そして、どこかで集まって密議をしようと提案してきた。

若侍9人は、真夜中の社殿で菊井が来るのを待ちながら、菊井の協力に喜び、会話を続けていた。ところが、お堂の中から見窄らしい中年の浪人(椿三十郎)が現れる。

若侍たちの話を聞いていた三十郎は、人は見かけによらぬもの、大目付菊井こそが黒幕ではないかと推理する。そして三十郎の推理どおり、菊井の差し向けた大勢の手下たちが、若侍たちを捕えようと社殿を取り囲んでいた。

実は菊井は、藩の重鎮である黒藤、竹林と一緒に汚職をしていたのだった。そのことに気づかれた菊井は、井坂たちを殺そうとしていたのだ。

この危機を救ったのが、三十郎だった。三十郎は井坂たちを社殿の中に隠し、自分は外の軍勢をたった一人で蹴散らしていく。軍勢を率いていた菊井の懐刀の室戸半兵衛は、手下に退却を指示する。

室戸は去り際に、三十郎の剣の腕前に感服したということを、三十郎に伝えるのだった…。

映画『椿三十郎』基本情報

タイトル 椿三十郎
製作年度 1954年
上映時間 96分
製作国 日本
ジャンル アクション

出演: 三船敏郎 、 仲代達矢 、 小林桂樹 、 加山雄三 、 団令子 、 志村喬 、 藤原釜足 、 入江たか子 、 清水将夫 、 伊藤雄之助

監督 黒澤明
製作 田中友幸 、 菊島隆三
脚本 菊島隆三 、 小国英雄 、 菊島隆三 、 小国英雄 、 黒澤明
音楽 佐藤勝

映画『椿三十郎』フル動画予告動画

映画『椿三十郎』作品紹介・ネタバレ


神社のお堂に集まった若侍たちは自分達の国元の次席家老の汚職を知り、城代家老に訴える意見書を提出したものの、懐にしまわれてしまいます。正義感に燃える若者は次に大目付に話すと彼は別の場所で相談しようと提案し、その場を去りました。

が、その一部始終を聞いていた垢で汚れた浪人、椿三十郎がその大目付がその汚職の黒幕である事を教えてすぐに、大目付が彼らを捕えようと配下の者が来ました。

三十郎は彼らを助けますが、城代に危険が迫っている事を悟り、彼らに知らせますが、屋敷ではすでに汚職をなすりつけられた城代は牢獄に捕らわれていました。

彼らを助ける為に三十郎は大目付の部下に士官を望み、情報を得ようとしましたが、それを見た若侍達が裏切られたと思い、三十郎を尾行しましたが、大目付の部下に捕まり人質とされました。

しかし、三十郎が助け出してくれました。城代を助ける為に若侍の一人の家で色々と策を練っていた時、以前城代家老に提出した意見書が小川から流れて来て、城代は隣に居る事がわかりました。

救出するために三十郎は再び、大目付の部下に会いに行き、若侍達が城外にいると嘘をつき、その間に彼らが城代を助けようとしましたが、その策がばれて、三十郎が捕まってしまいますが、今度は若侍が襲撃し、三十郎と城代を救出しました。

汚職が暴かれ、大目付も裁かれ、国元を救ってくれた三十郎を士官にと乞われたものの彼は立ち去ります。

その後を若侍達が追いかけますが、大目付の部下が三十郎に戦いを挑み、一瞬の勝負で三十郎が相手を倒しました。そして三十郎は別れを告げ、若侍達は彼を涙ながらに見送りました。

映画『椿三十郎』の見どころ


浪人役の三船敏郎が現代に甦ったサムライか?!と思わせるくらいの演技でTV時代劇とは全く違ったリアリティーがあります。椿三十郎の不器用ながらの優しさ、破天荒な行動、息を呑む殺陣。とくに最後の敵方の武士との一瞬の決闘は言葉に出来ない衝撃です。

話によると、脚本にはその決闘はまったく指示が無く、三船敏郎氏が演出されたと聞いて、椿三十郎という浪人になり切っていたんだと思いますし、あの黒澤明監督がそこまで信頼していた超一流の役者である事の証明でもあるかなと思います。

そして、何よりも黒澤監督にあまり見ないコミカルなシーンも面白く、他の作品に無い娯楽性がこの映画の面白さです。ストーリーも汚職問題を扱いながら、平和に誰も傷つけない解決を望んだ城代も時代劇ながら現代問題にもヒントになるような理想的な日本人らしい方法を示してくれています。

汚職問題を扱った社会問題性、その解決を正義を持って戦う若者、そんな彼らをサポートする大人達、派手な殺陣と一瞬でも忘れる事の出来ない最高のアクション、そんな中でもコミカルに楽しいシーンや、男性だけではなく、女性視線からも鋭い指摘など、色々な要素が詰まり、飽きる事が一瞬もない現代ものにも勝るとも劣らない素晴らしい映画です。

映画『椿三十郎』の感想


「用心棒」の実質的な続編と言われているこの「椿三十郎」ですが、この作品単体だけ観ても十分楽しめます。そしてただのチャンバラ映画と思って見たら大間違い!今作は戦いの中心が頭脳戦だからです。

策略が巡らされていくストーリー展開は見どころの一つです。また、菊井の懐刀の室戸半兵衛役を演じた仲代達矢が、知略に長けた男を熱演しているのもすごく良かったです。

そのほかの登場人物も実に味がある演技をしていて、加山雄三たち間抜けな若侍九人衆(しかし愛嬌たっぷりだ)をはじめ、一癖ある女たち(入江たか子、団令子)、食えない家老役の伊藤雄之助、そして一番面白かった小林桂樹がとってもユニークでした。

さらに主役の椿三十郎役を演じた三船敏郎!とにかくカッコいいの一言に尽きます!速すぎると言っていいほどの殺陣、仲代達矢と斬り合うシーンは、緊張感たっぷりで見ていて汗が出てきます。

セリフもイカしてて、「椿三十郎、もうそろそろ四十郎ですが」なんてちょっと寒いこと言っても三船敏郎だから許される。というか、逆にかっこよく感じてしまうのだから不思議です。

また、ちょっとした描写(流れる小川、庭先の椿などなど)にもセンスの良さが感じられます。黒沢映画を見たことがない人は、ぜひ一度見て欲しい作品の一つですね。

映画『椿三十郎』以外にU-NEXTで見られる映画をご紹介!

映画『椿三十郎』で監督をした、黒澤明の作品をピックアップしてみました。

【影武者】

●カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた、後期黒澤映画の代表作!

戦国時代。甲斐の武田信玄が「我もし死すとも3年は喪を秘せ」との遺言を残してこの世を去った。弟の武田信廉ら重臣たちは、織田信長や徳川家康が放った間者の目を欺き、「信玄死す」との噂を打ち消すため、信玄と瓜二つの盗人を影武者に仕立て上げる。

【白痴】

●巨匠×文豪!黒澤明がドストエフスキーの世界に挑んだ野心作!

痛ましい戦争体験により亀田欽司は「白痴」と呼ばれる病気になり、惨めな姿で復員した。その復員船で金満家の跡取り息子・赤間伝吉と知り合った亀田は、札幌で那須妙子の写真を目にした。その美しさはふたりの胸を打ったが、妙子はある曰く付きの女だった。

【隠し砦の三悪人】

●黒澤明監督、三船敏郎主演による、戦国時代を舞台にした娯楽時代劇!

戦国の乱世。山名家と一戦を交え、敗れ去った秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継ぎの雪姫と数名の残党と共に隠し砦にこもった。秋月家再興のため、同盟国である早川領への脱出を計画する。それには敵地を通って早川領へ抜けるほかに道はなく…。

まとめ

映画『椿三十郎』動画フルが無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料で映画を楽しむなら、U-NEXTがオススメです!