映画『用心棒』動画フルを無料視聴!DVDレンタルやpandora、Dailymotionより快適に見られる

●この記事では、1961年に公開された映画『用心棒』動画フルを視聴する方法をご紹介しています。

野党と化した野武士を相手に、農民に雇われた侍たちが奮闘する時代劇。

黒澤明監督、三船敏郎主演による時代劇。雇われた侍たちによって村人が戦の心構えを得ていく様、泥臭くもリアルなアクション、身分による考え方の違いなど見どころ満載の作品です。

今回は、映画『用心棒』を無料視聴する方法や、あらすじ見どころ、ネタばれ感想などもご紹介したいと思います。

↓↓↓今すぐ映画『用心棒』の動画を見る↓↓↓


※最新の配信状況は、VODサービスサイトにてご確認ください。

映画『用心棒』フル動画を無料で見るならここ!

映画『用心棒』フル動画が視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

よく見られている人気の映画は・・・

・一番美しく

・續姿三四郎

・虎の尾を踏む男達

・わが青春に悔なし

・素晴らしき日曜日

・酔いどれ天使

・肖像

・野良犬

・静かなる決闘

・羅生門

など、たくさんの映画が視聴できます。

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。気になる映画があったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

映画『用心棒』をブルーレイ・DVDで観たい方はTSUTAYAディスカスがオススメ!


〉〉TSUTAYAディスカス公式はこちら

映画は動画配信ではなく、やっぱりDVDやブルーレイでみたい!という方にオススメなのが、定額レンタルサービスの【TSUTAYAディスカス】です。

TSUTAYAディスカスの特徴ですが、

1、見たい映画をスマホで予約する

2、ブルーレイ、DVDがポストに届く

3、返却はそのままポストへ!

入会金・送料・延滞金はすべて0円なので、うっかり返却を忘れてしまっても安心!

またTSUTAYAディスカスでは、初めて利用する方のために、【30日間無料お試しキャンペーン】をやっています。

無料登録した際に1080ポイントがもらえるので、そのポイントを使って映画を無料で視聴することができます!

この機会に試してみてはいかがでしょうか?

オススメできない!こちらのサイトで無料視聴する

オススメする方法ではありませんが、最近は無料の違法動画共有サービスでも視聴できることが多くなりました。

しかし・・・

・音声や画質が非常に悪い
・画面サイズが小さい、音声が変換されている、一部のシーンの動画を省いている
・ジャマな広告が表示される
・ウイルスに感染、情報の漏洩

など、動画全てをまともに見ることはまず不可能なんですね。今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

視聴は自己責任にはなりますが、一応メジャーな無料動画共有サービスを載せておきます。

youtubeで映画『用心棒』を見る
pandoraで映画『用心棒』を見る
Dailymotionで映画『用心棒』を見る
miomioで映画『用心棒』を見る

上記のサイトで見られない場合は、こちらからご覧ください!

映画『用心棒』あらすじ・ネタバレ


浪人桑畑三十郎(三船敏郎)は、風の吹くまま旅をしていますが、ある宿場町で飯屋の親父から、清兵衛一家と丑寅一家が反目して争っていて、宿場が荒れて困っていることを聞きます。

三十郎は代金の代わりに、諍いの解決を約束し、丑寅一家の子分を斬ると、清兵衛一家に自らを売り込みます。三十郎は両一家を一気に全面対決をさせて、共にその力を削ってしまおうと考えていましたが、八州廻りがやってきてうまくいきません。

八州廻りが隣町に去った後、丑寅の腹心である卯之助(仲代達矢)が両一家を丸く収めようと動きますが、その背後に丑寅のはかりごとがあることに気づいた三十郎が破談に追い込む。

その際、おぬい(司葉子)という女性の不遇を知り、その原因となった丑寅一家を油断させるために用心棒として乗り込み、おぬいを助けるが、卯之助に気づかれ、三十郎は拷問を受けてしまう。

しかし三十郎はうまく抜け出したため、清兵衛一家に匿われていると勘違いした丑寅一家は、火をつけて彼らを皆殺しにする。

そして匿ってくれた権爺(東野英治郎)が捕らえられたのを助けるため、丑寅一家と対決し、彼らを一掃すると権爺に「あばよ」と告げて、町を去る。

映画『用心棒』基本情報

タイトル 用心棒
製作年度 1961年
上映時間 110分
製作国 日本
ジャンル アクション

出演: 三船敏郎 、 仲代達矢 、 司葉子 、 山田五十鈴 、 加東大介 、 河津清三郎 、 志村喬 、 夏木陽介 、 藤原釜足 、 東野英治郎

監督 黒澤明
製作 田中友幸 、 菊島隆三
脚本 菊島隆三 、 黒澤明 、 菊島隆三
音楽 佐藤勝

映画『用心棒』フル動画予告動画

映画『用心棒』作品解説


後に西部劇に翻案され、イタリアでクリント・イーストウッド主演の「荒野の用心棒」、米国でブルース・ウィルス主演の「ラストマン・スタンディング」が製作された黒澤明監督の名作時代劇です。

主役は三船敏郎が演じる凄腕の素浪人。「桑畑三十郎」と名乗りますが、氏素性は不明です。そんな素浪人が2組のやくざ一家が争う宿場町に現れ、言葉巧みに両方の一家に接近して用心棒として働きます。

最後は残った一組のやくざ一家とたった1人で対決し、壊滅させて宿場町を去るストーリーです。黒澤映画にはヒューマニズムや反戦思想を全面に打ち出した作品が少なくありませんが、「用心棒」はエンターテイメント色が最も強い作品に仕上がっています。

スカーフをまいたやくざ、回転拳銃など時代考証より、登場人物を強調する演出もその一巻でしょう。それまで黒澤映画で度々、主役を務めてきた三船敏郎にとって、凄腕ながらどこかとぼけたところがある用心棒は適役でした。

「サムライ=ミフネ」のイメージを全世界に定着させ、世界の映画会社からオファーが殺到することになりました。脇役では黒澤映画常連の志村喬、藤原鎌足、加東大介らに加え、山田五十鈴や東野栄治郎、仲代達矢、山茶花究ら芸達者が好演し、映画を盛り上げています。

敵役にプロレスのジャイアント馬場に似た巨人が登場しますが、羅生門綱五郎という台湾出身の元力士で、一時プロレスに転向していました。

映画『用心棒』の見どころ


この映画の面白さは、何と言っても三船敏郎の演技につきます。時代劇なのですが、まさにハードボイルドの匂いがするのは、脚本も良いのでしょうし、演出も、撮影技術も素晴らしいということはあるのですが、三船敏郎という役者がいたことが、最大かつ重要なポイントだったように思います。

黒澤監督が参考にしたというダシール・ハメットといえば、代表作は「マルタの鷹」ですが、その映画にはハンフリー・ボガートがはまったように、あるいは大藪春彦の作品を映画化する際に、松田優作という俳優がいたように、ハードボイルド映画には存在自体が男くささを放っている俳優がいないと難しい面があると思います。

黒澤映画には三船敏郎がいました。名作とはいえ、本質的にはチャンバラ映画なのですが、それをそれだけで終わらせなかったのは、黒澤監督の手腕だけでなく、三船の存在感にあると言えると思います。

「七人の侍」とこの作品が、当時の映画界に与えたインパクトと影響は、今の時代となるとなかなかわかりませんが、シンプルに面白いと断言できる映画です。

また本編とはまったく関係ありませんが、この映画には東野英治郎と西村晃という、後にテレビで水戸黄門を演じる二人が出ているのを見つけた時には、ちょっと笑ってしまいました。

映画『用心棒』の感想


この映画が登場するまで「七人の侍」のような一部の例外を除き、時代劇の殺陣は東映時代劇のような舞踏型か、歌舞伎調が主流で、どこか優雅さを感じるものでした。しかし、「用心棒」の殺陣は極めて実戦的な動きで、特にスピードがそれまでの時代劇とは大きく異なっています。

三船敏郎扮する主人公は相手を必ず2度以上軌って倒しています。1回斬られた程度で人はすぐに死なないと考え、リアルな映像にこだわった末の工夫だそうです。菊島隆三と黒澤明による隙のないストーリーも見事ですが、最大の見どころはラストシーンの大立ち回りでしょう。

黒澤映画特有の引いたアングルの中、つむじ風が吹く宿場に主人公が現れるシーンは西部劇の決闘シーン思わせる迫力です。歌舞伎なら「〇〇屋」の声がかかる場面です。やがて主人公が拳銃を持つ仲代達矢扮するやくざに包丁を投げつけ、十数人のやくざをあっという間に切り殺していきます。

時間はそれほど長くありませんが、映画史に残る名場面といわれるだけあって、何度見てもその迫力にうなります。このあと、主人公は「あばよ」のひと言を残し、宿場町を去っていきます。その後ろ姿にテーマ音楽が重なり、とても強い印象を残して映画が終わるのです。

「用心棒」が公開されたのは昭和36年。昭和20年代、30年代の黒澤映画は名作ぞろいですが、初めて見る人に最もおすすめできるのが、単純明快で娯楽色の強いこの作品です。

映画『用心棒』以外にU-NEXTで見られる映画をご紹介!

映画『用心棒』で監督をした、黒澤明の作品をピックアップしてみました。

【影武者】

●カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた、後期黒澤映画の代表作!

戦国時代。甲斐の武田信玄が「我もし死すとも3年は喪を秘せ」との遺言を残してこの世を去った。弟の武田信廉ら重臣たちは、織田信長や徳川家康が放った間者の目を欺き、「信玄死す」との噂を打ち消すため、信玄と瓜二つの盗人を影武者に仕立て上げる。

【椿三十郎】

●三船敏郎主演、仲代達矢共演、黒澤明監督の傑作娯楽時代劇!

森の中の社殿で、9人の若侍たちが密談していた。次席家老の汚職を城代家老・睦田に告げるも相手にされず、ただし大目付・菊井の賛同を得られたらしい。しかし、突如現れた浪人が「菊井こそが黒幕だ」と言う。案の定、菊井の手勢が社殿を取り囲み…。

【隠し砦の三悪人】

●黒澤明監督、三船敏郎主演による、戦国時代を舞台にした娯楽時代劇!

戦国の乱世。山名家と一戦を交え、敗れ去った秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継ぎの雪姫と数名の残党と共に隠し砦にこもった。秋月家再興のため、同盟国である早川領への脱出を計画する。それには敵地を通って早川領へ抜けるほかに道はなく…。

まとめ

映画『用心棒』動画フルが無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料で映画を楽しむなら、U-NEXTがオススメです!