映画『荒野の七人』動画フルを無料視聴!DVDレンタルやpandora、Dailymotionより快適に見られる

●この記事では、1960年に公開された映画『荒野の七人』動画フルを視聴する方法をご紹介しています。

黒澤明監督による不朽の名作「七人の侍」を翻案した傑作ウエスタン。

監督は、骨太のアクションを撮ることで知られるジョン・スタージェス。7人がそれぞれ個性的なガンマンを演じ、“本家”にも引けを取らない面白さに仕上がっている。

今回は、映画『荒野の七人』を無料視聴する方法や、あらすじ見どころ、ネタばれ感想などもご紹介したいと思います。

↓↓↓今すぐ映画『荒野の七人』の動画を見る↓↓↓


※最新の配信状況は、VODサービスサイトにてご確認ください。

映画『荒野の七人』フル動画を無料で見るならここ!

映画『荒野の七人』フル動画が視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

よく見られている人気の映画は・・・

・七人の侍

・用心棒

・隠し砦の三悪人

・椿三十郎

・影武者

・天国と地獄

・赤ひげ

・蜘蛛巣城

・悪い奴ほどよく眠る

・生きる

など、たくさんの映画が視聴できます。

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。気になる映画があったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

映画『荒野の七人』をブルーレイ・DVDで観たい方はTSUTAYAディスカスがオススメ!


〉〉TSUTAYAディスカス公式はこちら

映画は動画配信ではなく、やっぱりDVDやブルーレイでみたい!という方にオススメなのが、定額レンタルサービスの【TSUTAYAディスカス】です。

TSUTAYAディスカスの特徴ですが、

1、見たい映画をスマホで予約する

2、ブルーレイ、DVDがポストに届く

3、返却はそのままポストへ!

入会金・送料・延滞金はすべて0円なので、うっかり返却を忘れてしまっても安心!

またTSUTAYAディスカスでは、初めて利用する方のために、【30日間無料お試しキャンペーン】をやっています。

無料登録した際に1080ポイントがもらえるので、そのポイントを使って映画を無料で視聴することができます!

この機会に試してみてはいかがでしょうか?

オススメできない!こちらのサイトで無料視聴する

オススメする方法ではありませんが、最近は無料の違法動画共有サービスでも視聴できることが多くなりました。

しかし・・・

・音声や画質が非常に悪い
・画面サイズが小さい、音声が変換されている、一部のシーンの動画を省いている
・ジャマな広告が表示される
・ウイルスに感染、情報の漏洩

など、動画全てをまともに見ることはまず不可能なんですね。今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

視聴は自己責任にはなりますが、一応メジャーな無料動画共有サービスを載せておきます。

youtubeで映画『荒野の七人』を見る
pandoraで映画『荒野の七人』を見る
Dailymotionで映画『荒野の七人』を見る
miomioで映画『荒野の七人』を見る

上記のサイトで見られない場合は、こちらからご覧ください!

映画『荒野の七人』あらすじ・ネタバレ


メキシコの静かな村に、盗賊カルヴェラ一味が頻繁にやってくる。彼らは村に来ては大切な食料を奪っていくのだった。

これに対して村人たちは、銃を持つカルヴェラ一味に逆らえないで頭を悩ませていた。服従案を主張する村長に対し、長老は戦うべきであると忠告する。ミゲルたち3人は、長老の意見に従い、銃を買うためにテキサスへ行くのだった。

ミゲルたちが着いた町では、先住民の死体を町の墓地へ埋葬するかしないかで言い争っていた。埋葬することを拒む荒くれ者たちを恐れ、誰もが埋葬することを躊躇していると、ガンマンのクリスという男が棺の運び手をやろうと申し出て馬車にのる。

それを見ていたヴィンというガンマンがクリスの護衛につく。二人は反対者たちの妨害を物ともせず、見事なガンさばきを見せながら、無事死体を墓地まで運ぶのだった。

クリスとヴィンの凄腕と人間性に驚いたミゲルたちは、クリスのところに銃の購入について相談しに行く。これに対し、高い銃なんかを買うより用心棒を雇った方がいいとアドバイスをするクリス。ミゲルたちは事情を全て話し、クリスを村の用心棒として雇いたいと頼む。

クリスはこの要求を呑み、たったの20ドルの報酬でその役を引き受けるのだった…。

映画『荒野の七人』基本情報

タイトル 荒野の七人
製作年度 1960年
上映時間 128分
製作国 日本
ジャンル アクション

出演:ユル・ブリンナー 、 ジョージ・ケネディ 、 リー・ヴァン・クリーフ 、 スティーブ・マックィーン 、 チャールズ・ブロンソン 、 ジェームズ・コバーン 、 ロバート・ヴォーン 、 ロバート・ヴォーン

監督 ジョン・スタージェス 、 バート・ケネディ 、 ポール・ウェンドコス 、 ジョージ・マッコーワン
製作 ジョン・スタージェス
脚本 ウォルター・ニューマン 、 ウィリアム・ロバーツ 、 ウォルター・バーンスタイン
音楽 エルマー・バーンスタイン

映画『荒野の七人』フル動画予告動画

映画『荒野の七人』作品解説


主人公のクリスは、メキシコの貧しい村の人間に銃を買う手伝いを頼まれた。しかし農民たちが銃を買っても盗賊たちには勝てないと、わずかな謝礼と食事しか保証されない中、村を盗賊から守るため、相棒のヴィンとともに名うてのガンマン4人を仲間として集め村に向かう。

その途中、一度は追い返した若いガンマンを加えて7人となる。村では歓迎するムードの中、実際にはガンマンを怖がり怯える者もいた。村のあらゆる場所に仕掛けをつくり、また村人たちにも武器を持たせ、盗賊撃退に村を挙げて取り組んだ。

最初の対決では盗賊たちを追い返すことに成功したものの、盗賊たちが巻き返しを図り、いったん村は盗賊たちのが占拠してしまった。これには一部の村の人間の寝返りもあった。7人は盗賊たちに連れられ村て山まで追い出されるが、ガンマンたちを殺すことはせず、手を引いて街へ帰るよう言い渡して去っていった。

その後7人は村へ引き返し、盗賊たちとの壮絶な戦いを制し、村を救った。しかし、主人公のクリスと相棒、そして最後に加わった若者の3人しか生き残らなかった。

村を出ようとする3人であったが、村の女に惚れた若者は農民になって村に残ることとなり、クリスとヴィンの2人だけが荒野へ去っていった。

映画『荒野の七人』の見どころ


映画【荒野の七人】は、私の中で間違いなくベスト5に入る名作映画です。見所もたくさんあります。まず前半のユル・ブリンナー演じるクリスが棺の運び手になるシーン。ヴィンと一緒に馬車に乗ってからクリスがタバコに火をつける演技がゾクゾクするほどかっこいいので、これから見ようと思っている人は、絶対見逃さないでください。

また、七人の用心棒の中で一番村の子供に人気があったチャールズ・ブロンソン演じるベルナルド。彼が敵の銃に撃たれ(これは子供をかばったせいなのですが)死んでいくときに、子供達に「自分たちの親を弱虫なんて言うな」と諭すように言うところは涙なしには見られません。

そして、私の一番好きな俳優であるスティーブ・マックイーンが演じるヴィンは、この映画ではサブリーダー的な位置にいるのですが、厳格そうに見えるリーダーのクリスと違って、軽い感じが実に良いのです。

彼の見所は華麗なガンさばきも当然なのですが、一番は、用心棒が一人ずつ加わっていくたびに指でその人数をクリスに示すポーズがいかしています。その時にニヤッと笑うのですが、この笑い方もかっこいい!本当に絵になる男です。

他の用心棒もみんな魅力たっぷりなのですが、結局三人しか生き残らないところもガンマンの悲哀を感じさせてくれ、映画を見た後はジーンときます。

映画『荒野の七人』の感想


この映画が作られたときは、主人公のクリスを演じたユル・ブリンナー、盗賊の大将カルベラ役のイーライ・ウォラック位しか知られた役者はいなかったが、その脇を固める相棒役のヴィンはスティーブ・マックイーン、雇われたガンマン達も、ジェームズ・コバーン、チャールズ・ブロンソン、ブラッド・デクスター、ロバート・ボーンなどという、その後の活躍で、それぞれが映画の主役を張るようなものすごいオールスターの共演、という作品という事になっているところが一番の見どころ。

また役柄的にもそれぞれの個性が生きていて、銃よりも早くナイフを使うジェームズ・コバーン(個人的にはこの人が登場する場面が一番のお気に入りです)、農民の気持ちが痛いほどよくわかりとても親しくなり、その農民を守ろうと犠牲になるチャールズ・ブロンソン、わずかな報酬というのは嘘で実は多額の埋蔵金があるはずだと信じたまま死んでいくブラッド・デクスター、追われることを恐れる孤高のガンマン、ロバート・ボーンなど、それぞれのキャラクターも見事に描かれ、銃撃シーン以外にもとても楽しめる作品です。

原作となった黒澤明監督の「七人の侍」とは、また趣の異なる作品ですが、元の映画とは比較しなくても十分に楽しめる作品だと思います。

映画『荒野の七人』以外にU-NEXTで見られる映画をご紹介!

映画『荒野の七人』で監督をした、黒澤明の作品をピックアップしてみました。

【影武者】

●カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた、後期黒澤映画の代表作!

戦国時代。甲斐の武田信玄が「我もし死すとも3年は喪を秘せ」との遺言を残してこの世を去った。弟の武田信廉ら重臣たちは、織田信長や徳川家康が放った間者の目を欺き、「信玄死す」との噂を打ち消すため、信玄と瓜二つの盗人を影武者に仕立て上げる。

【椿三十郎】

●三船敏郎主演、仲代達矢共演、黒澤明監督の傑作娯楽時代劇!

森の中の社殿で、9人の若侍たちが密談していた。次席家老の汚職を城代家老・睦田に告げるも相手にされず、ただし大目付・菊井の賛同を得られたらしい。しかし、突如現れた浪人が「菊井こそが黒幕だ」と言う。案の定、菊井の手勢が社殿を取り囲み…。

【隠し砦の三悪人】

●黒澤明監督、三船敏郎主演による、戦国時代を舞台にした娯楽時代劇!

戦国の乱世。山名家と一戦を交え、敗れ去った秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継ぎの雪姫と数名の残党と共に隠し砦にこもった。秋月家再興のため、同盟国である早川領への脱出を計画する。それには敵地を通って早川領へ抜けるほかに道はなく…。

まとめ

映画『荒野の七人』動画フルが無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料で映画を楽しむなら、U-NEXTがオススメです!