映画『生きる』動画フルを無料視聴!DVDレンタルやpandora、Dailymotionより快適に見られる

●この記事では、1952年に公開された映画『生きる』動画フルを視聴する方法をご紹介しています。

野党と化した野武士を相手に、農民に雇われた侍たちが奮闘する時代劇。

黒澤明監督、三船敏郎主演による時代劇。雇われた侍たちによって村人が戦の心構えを得ていく様、泥臭くもリアルなアクション、身分による考え方の違いなど見どころ満載の作品です。

今回は、映画『生きる』を無料視聴する方法や、あらすじ見どころ、ネタばれ感想などもご紹介したいと思います。

↓↓↓今すぐ映画『生きる』の動画を見る↓↓↓


※最新の配信状況は、VODサービスサイトにてご確認ください。

映画『生きる』フル動画を無料で見るならここ!

映画『生きる』フル動画が視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

よく見られている人気の映画は・・・

・一番美しく

・續姿三四郎

・虎の尾を踏む男達

・わが青春に悔なし

・素晴らしき日曜日

・酔いどれ天使

・肖像

・野良犬

・静かなる決闘

・羅生門

など、たくさんの映画が視聴できます。

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。気になる映画があったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

映画『生きる』をブルーレイ・DVDで観たい方はTSUTAYAディスカスがオススメ!


〉〉TSUTAYAディスカス公式はこちら

映画は動画配信ではなく、やっぱりDVDやブルーレイでみたい!という方にオススメなのが、定額レンタルサービスの【TSUTAYAディスカス】です。

TSUTAYAディスカスの特徴ですが、

1、見たい映画をスマホで予約する

2、ブルーレイ、DVDがポストに届く

3、返却はそのままポストへ!

入会金・送料・延滞金はすべて0円なので、うっかり返却を忘れてしまっても安心!

またTSUTAYAディスカスでは、初めて利用する方のために、【30日間無料お試しキャンペーン】をやっています。

無料登録した際に1080ポイントがもらえるので、そのポイントを使って映画を無料で視聴することができます!

この機会に試してみてはいかがでしょうか?

オススメできない!こちらのサイトで無料視聴する

オススメする方法ではありませんが、最近は無料の違法動画共有サービスでも視聴できることが多くなりました。

しかし・・・

・音声や画質が非常に悪い
・画面サイズが小さい、音声が変換されている、一部のシーンの動画を省いている
・ジャマな広告が表示される
・ウイルスに感染、情報の漏洩

など、動画全てをまともに見ることはまず不可能なんですね。今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

視聴は自己責任にはなりますが、一応メジャーな無料動画共有サービスを載せておきます。

youtubeで映画『生きる』を見る
pandoraで映画『生きる』を見る
Dailymotionで映画『生きる』を見る
miomioで映画『生きる』を見る

上記のサイトで見られない場合は、こちらからご覧ください!

映画『生きる』あらすじ・ネタバレ


役所の市民課で、30年間務め続けている課長の渡辺勘治(志村喬)は、今日も淡々と仕事をこなすだけの無気力な日常を会社で過ごしていた。市役所内部では典型的な官僚主義がはびこり、市民の陳情などはおざなりにされ、たらい回しにする状況が続いていた。

ある日、渡辺は食事が進まないなどの体調不良を感じ、病院で診察を受ける。その時自分が末期の胃ガンであり、長くは生きられない状態であることを悟る。この時初めて、渡辺はこれまでの自分の人生は一体なんだったのかと苦悩するのだった。

早くに妻に先立たれていた渡辺は、ひとり息子の光男(金子信雄)とその妻の一枝(関京子)と同居していた。しかし、裏で光男夫妻は渡辺の退職金と年金を当てにしていて、家を買って渡辺と別居しようと考えていた。このことに気づいた渡辺は、息子夫婦に幻滅し、市役所を無断欠勤する。

そして今まで頑張って貯めてきた貯金から5万円だけをおろし、偶然知り合った小説家と酒を飲んだり、パチンコ、ダンスホール、ストリップ劇場etcと、遊び歩くのだが、それでも渡辺は決して満たされることはなかった。

ある日、渡辺は今まで無欠勤だった会社を休み、街を歩いていた。そこで偶然部下の小田切とよ(小田切みき)と出会うのだった…。

映画『生きる』基本情報

タイトル 生きる
製作年度 1952年
上映時間 143分
製作国 日本
ジャンル アクション

出演:志村喬 、 日守新一 、 田中春男 、 千秋実 、 小田切みき 、 藤原釜足 、 金子信雄 、 日守新一 、 田中春男 、 小田切みき 、 小堀誠

監督 黒澤明
製作 本木荘二郎
脚本 橋本忍 、 小国英雄 、 黒澤明 、 小国英雄
音楽 中井朝一

映画『生きる』フル動画予告動画

映画『生きる』作品解説


映画「生きる」は、1952年公開の、黒澤明監督作品。主演は志村喬。50年代の黒澤作品では唯一、三船敏郎が出演していない。ストーリーは、志村演じるしがない市役所の市民課長渡辺勘治が、体調を崩して診察を受けところから始まる。

医師は軽い胃潰瘍だと告げるが、渡辺はそれを胃ガンと受け止め、自らの余命がいくばくもないことを悟る。

その後の渡辺は、自らの人生を反芻し、役人になった当初の志を忘れて、日々の事務仕事を過不足なくこなしてきた役人としての人生に意味を見出せなくなり、仕事を休んでそれまでに貯えた金で遊蕩生活を送るも、空しさだけが残り、家族からも白い目で見られる。

そんな時、市役所を辞めて工員になろうとしていた部下の若い女小田切とよと偶然に出会う。小田切の奔放な生き方と生命力に惹かれた渡辺は、自分がガンであることを打ち明ける。すると小田切は渡辺に、「あなたも何かを作ったら」という。

この一言に触発された渡辺は市役所に復帰し、吹き溜まりのような空き地を住民から要望の出ていた児童公園にするべく、仕事にまい進する。渡辺の死後、葬儀には地元住民も訪れ、同僚などが渡辺の人柄、仕事振りなどを話し合う。

公園完成後、雪の舞う夜、ブランコに揺られながら渡辺が息を引き取るシーンはつとに有名。黒澤作品ヒューマニズムの頂点とも言われる。

映画『生きる』の見どころ・鑑賞ポイント


命短し恋せよ乙女~♪「ゴンドラの歌」を歌いながら、自ら完成させた公園のブランコに揺られる渡辺勘治こと志村喬の姿が長く脳裏に焼きついた作品でした。この場面があまりに有名すぎて、つい他の情景がかすんでしまいもしそうですが、他にも印象に残る場面がいくつもある映画です。

とりわけ印象に残っているのは、渡辺がまだ若く、市役所職員として充実した生活を送っていた頃を回想するシーンのひとコマに、子供が出場した少年野球を見物に行き、ヒットを放った息子を親ばか丸出しで応援する場面です。

ユニフォームには[SEIJO」の文字が一瞬見えたように思いました。チームがもし成城学園だとすると、監督の黒澤明の長男久雄の母校になります。こんなところに父親黒澤明が顔を覗かせていたのだなと思い、映画のシーンの情景とダブルイメージで印象に残りました。

また、渡辺の復帰後の仕事振りには餓鬼迫るものがあり、志村喬の熱演が光ります。公園建設に反対するヤクザとの対決など、すごい迫力があります。

更にはそうした敵対勢力を退けながら情熱的に公園を完成に導きながらも、渡辺の死後再び役所が停滞した雰囲気に戻っていく様の情景描写もリアルで、現在においても考えさせられる映画であると思いました。

映画『生きる』の感想


「主人公の渡辺のような生活をしている人は、この世の中に何人いるのだろう?」この映画を見て、私が最初に感じたことです。この「渡辺のような生活」というのは、渡辺が自分が末期ガンであることを知る前の生活のことです。

仕事へのやる気はなく、ただ流されるように働いて生きているだけ。きっと多くの人が同じように生きているのではないでしょうか?

私も一時期同じようなことをしていました。しかし、自分の老いに気づいた時、何事も楽しみながら生きていかないと、残りの人生勿体無いと思い、自堕落な生活から脱出することができました。

渡辺の場合、自分の死期が近いことを感じ、「とよ」という女性に「何かを作ってみれば?」とアドバイスされてから、人が変わったように仕事に没頭します。

結果、彼の頑張りで公園が建設されるのですが、「とよ」の言ったもう一つの言葉「私は今工場でおもちゃを作っている。こんなおもちゃでも、日本中の子供と繋がったような気分になる。」に大きな意味があるのでは?と思いました。

「誰かと繋がる」というのは、本当に素晴らしいことで、そこには孤独もなければ虚しさもありません。そこに渡辺は「生きる」意味を見つけたのだと思いました。

映画『生きる』以外にU-NEXTで見られる映画をご紹介!

映画『生きる』で監督をした、黒澤明の作品をピックアップしてみました。

【影武者】

●カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた、後期黒澤映画の代表作!

戦国時代。甲斐の武田信玄が「我もし死すとも3年は喪を秘せ」との遺言を残してこの世を去った。弟の武田信廉ら重臣たちは、織田信長や徳川家康が放った間者の目を欺き、「信玄死す」との噂を打ち消すため、信玄と瓜二つの盗人を影武者に仕立て上げる。

【椿三十郎】

●三船敏郎主演、仲代達矢共演、黒澤明監督の傑作娯楽時代劇!

森の中の社殿で、9人の若侍たちが密談していた。次席家老の汚職を城代家老・睦田に告げるも相手にされず、ただし大目付・菊井の賛同を得られたらしい。しかし、突如現れた浪人が「菊井こそが黒幕だ」と言う。案の定、菊井の手勢が社殿を取り囲み…。

【隠し砦の三悪人】

●黒澤明監督、三船敏郎主演による、戦国時代を舞台にした娯楽時代劇!

戦国の乱世。山名家と一戦を交え、敗れ去った秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継ぎの雪姫と数名の残党と共に隠し砦にこもった。秋月家再興のため、同盟国である早川領への脱出を計画する。それには敵地を通って早川領へ抜けるほかに道はなく…。

まとめ

筆者
黒澤明の命日だからこの作品について触れたくなった。おそらくこの世で最も誕生日の歌を有効活用した作品で、それだけでも評価に値するしあのシーンは見る度に震える。

命短し恋せよ乙女だけど、こう何かを一時は意識しても人は時と共に忘れてしまうのだろう。そんなメッセージも含まれていた。起伏が激しいストーリーではないものの、最後まで観たいと思える作品だった。

映画『生きる』動画フルが無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料で映画を楽しむなら、U-NEXTがオススメです!