映画『白痴』動画フルを無料視聴!DVDレンタルやpandora、Dailymotionより快適に見られる

●この記事では、1951年に公開された映画『白痴』動画フルを視聴する方法をご紹介しています。

巨匠×文豪!黒澤明がドストエフスキーの世界に挑んだ野心作!

ドストエフスキーを敬愛する黒澤明入魂の一作であると共に、本編時間のカット騒動などの逸話が残る作品。昭和20年代の札幌の街並みを切り撮った映像美は特に素晴らしいです。

今回は、映画『白痴』を無料視聴する方法や、あらすじ見どころ、ネタばれ感想などもご紹介したいと思います。

↓↓↓今すぐ映画『白痴』の動画を見る↓↓↓


※最新の配信状況は、VODサービスサイトにてご確認ください。

映画『白痴』フル動画を無料で見るならここ!

映画『白痴』フル動画が視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

よく見られている人気の映画は・・・

・七人の侍

・用心棒

・隠し砦の三悪人

・椿三十郎

・影武者

・天国と地獄

・赤ひげ

・蜘蛛巣城

・悪い奴ほどよく眠る

・生きる

など、たくさんの映画が視聴できます。

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。気になる映画があったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

映画『白痴』をブルーレイ・DVDで観たい方はTSUTAYAディスカスがオススメ!


〉〉TSUTAYAディスカス公式はこちら

映画は動画配信ではなく、やっぱりDVDやブルーレイでみたい!という方にオススメなのが、定額レンタルサービスの【TSUTAYAディスカス】です。

TSUTAYAディスカスの特徴ですが、

1、見たい映画をスマホで予約する

2、ブルーレイ、DVDがポストに届く

3、返却はそのままポストへ!

入会金・送料・延滞金はすべて0円なので、うっかり返却を忘れてしまっても安心!

またTSUTAYAディスカスでは、初めて利用する方のために、【30日間無料お試しキャンペーン】をやっています。

無料登録した際に1080ポイントがもらえるので、そのポイントを使って映画を無料で視聴することができます!

この機会に試してみてはいかがでしょうか?

オススメできない!こちらのサイトで無料視聴する

オススメする方法ではありませんが、最近は無料の違法動画共有サービスでも視聴できることが多くなりました。

しかし・・・

・音声や画質が非常に悪い
・画面サイズが小さい、音声が変換されている、一部のシーンの動画を省いている
・ジャマな広告が表示される
・ウイルスに感染、情報の漏洩

など、動画全てをまともに見ることはまず不可能なんですね。今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

視聴は自己責任にはなりますが、一応メジャーな無料動画共有サービスを載せておきます。

youtubeで映画『白痴』を見る
pandoraで映画『白痴』を見る
Dailymotionで映画『白痴』を見る
miomioで映画『白痴』を見る

上記のサイトで見られない場合は、こちらからご覧ください!

映画『白痴』あらすじ・ネタバレ


戦犯容疑から釈放された自ら癲癇性痴呆だという亀田(森雅之)が、青森から函館へと向かう青函連絡船で、赤間(三船敏郎)という男と出会います。赤間は札幌の金持ちの息子ですが、有力政治家の女に手を出そうとして勘当されていたが、父親が亡くなり実家へ帰る途中でした。

亀田は写真館でその政治家の女である妙子(原節子)の写真をに見惚れます。亀田は、彼がいないうちに父親の残した牧場を横取りした大野(志村喬)は、彼を香山(千秋実)という男の家に下宿させますが、香山は政治家がお払い箱にしようとしていた妙子を嫁にもらうことになっていました。

それを知った赤間は100万円で妙子を譲り受けます。赤間と妙子は東京に行き、亀田も後を追い、そして三人で札幌に戻ってきますが、妙子は赤間との結婚を渋り続け、亀田にも好意はあるものの、その気にはなりません。

大野の娘である綾子(久我美子)は亀田に惹かれていて、亀田も悪くは思っていないものの、亀田の目は妙子を向いています。それで綾子は香山との結婚を決意します。

それを知った妙子は亀田と綾子が結婚すべきだと考えますが、業を煮やした赤間が妙子を刺してしまいます。結局、赤間と亀田は精神病院で余生を送ることになりました。

映画『白痴』基本情報

タイトル 白痴
製作年度 1951年
上映時間 166分
製作国 日本
ジャンル アクション

出演:原節子 、 森雅之 、 三船敏郎 、 久我美子 、 志村喬 、 東山千栄子 、 柳永二郎 、 千秋実 、 千石規子

監督 黒澤明
製作 小出孝
脚本 久板栄二郎 、 久板栄二郎 、 黒澤明 、 久板栄次郎
音楽 早坂文雄

映画『白痴』フル動画予告動画

映画『白痴』作品解説


ドストエフスキーの代表作「白痴」を終戦直後の北海道に置き換えた黒澤明監督の大作です。

森雅之扮する主人公が原節子扮する政治家の妾と久我美子扮する金持ちの令嬢の間で心が揺れ動く様子、原節子扮する妾を巡る主人公と三船敏郎扮する友人の三角関係を軸に、愛とは何か、人はどう生きるべきなのかという人間の本質を問う作品になっています。

男性視点の作品が多い黒澤作品には珍しく、俳優クレジットのトップには原節子の名前があり、三船敏郎、志村喬ら常連が脇を固めています。原節子は当時30歳で、戦前から日本を代表する女優だった貫禄と美貌を見せ、森雅之も名優らしい好演をしていますが、黒澤映画の中では珍しくキネマ旬報のベストテンに入りませんでした。

もともと2部構成で、4時間を超す超大作として撮影したものを松竹の意向で166分に大幅カットしたため、多数にわたる登場人物を十分に描き切れない形になったといわれています。黒澤監督はこの映画の公開当時41歳。後世に残る大ヒット作を連発していた全盛期です。

4時間を超すオリジナルフィルムが現存していないため、カットしなければどのような作品になっていたのか分かりませんが、壮大なテーマを当時の超豪華キャストで描いた作品だけに、非常にもったいない気がします。

映画『白痴』の見どころ


基本がドロドロした三角関係の愛憎劇ですから、全編に緊張感が漂っていますが、その緊張感を最大にした原節子と久我美子の演技が抜群で、女性の怖さをまざまざと見せつけてくれます。

特に原節子は小津安二郎作品の「東京物語」や「晩春」で演じたきれいでやさしいお嬢さんではなく、業の深い女性を怪演しています。

同じ黒澤作品の「わが青春に悔いなし」でも後半、信念にとりつかれた猛女を演じましたが、今回は静かな何気ない場面でもものすごい目力を発揮し、強烈な存在感を見せつけます。

全身黒の衣装の場面では、まるで魔女にしか見えません。黒澤監督の演出らしいのですが、登場シーンの多くでまばたきせず、緊張感をさらに増幅させています。

一方、久我美子はオードリー・ヘプバーンのような可憐な美しさを見せながら、恐ろしいばかりのツンデレぶり。その変貌には驚かされました。

最大の見どころは4人が対峙するシーンでしょう。白痴の善人役の森雅之はともかくとして、存在感抜群の三船敏郎がどこにいるのか分からないほど2人の女優の間で霞んでしまいます。

もともとテーマが重く、難しい小説が原作ですから、分かりにくい映画であるのは事実ですが、昭和を代表する大女優2人の怪演は一度見たら忘れられない強烈なインパクトを残しています。

映画『白痴』の感想

そもそもドストエフスキーの「白痴」を下敷きにしているので、亀田はムイシュキン公爵で、赤間はロゴージンというふうに、モデルになる人物がいます。その原作を読んだうえであれば問題ありませんが、そうでないと幾分戸惑うかもしれません。

普通にDVDなどで出回っているのは2時間46分版なのですが、本来のものより1時間40分もカットしているためなのか、話の筋がわかりづらく、それぞれの感情の変化もあまり伝わってきません。4時間26分の完全版ならばどう描かれていたのか、興味深いところですし、残念なところです。

とはいえ、黒澤作品らしさは随所に見られ、美しい雪の札幌やその風景をうまく舞台としているし、構図も時代劇を得意とした黒澤らしさが出ています。役者陣も黒澤作品でおなじみの三船敏郎、志村喬、千秋実といった個性的な出演者がそろっていますが、特に注目すべきは森雅之と原節子の二人でしょう。

森雅之は有名作家であり、不倫の末に心中をした有島武郎の息子であり、母は男爵家の出身でもあるせいか、白痴の役でありながらどことなく品がありながら、デカダンな匂いのするまさにモデルとなったムイシュキン公爵を思わせる俳優です。

そして伝説の大女優原節子は当時としては大柄な体格と派手な顔を生かし、モデルとなったナスターシャのもつ強い一面をうまく表現しています。出来るなら4時間26分の完全版を見たいものです。

映画『白痴』以外にU-NEXTで見られる映画をご紹介!

映画『白痴』で監督をした、黒澤明の作品をピックアップしてみました。

【影武者】

●カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた、後期黒澤映画の代表作!

戦国時代。甲斐の武田信玄が「我もし死すとも3年は喪を秘せ」との遺言を残してこの世を去った。弟の武田信廉ら重臣たちは、織田信長や徳川家康が放った間者の目を欺き、「信玄死す」との噂を打ち消すため、信玄と瓜二つの盗人を影武者に仕立て上げる。

【椿三十郎】

●三船敏郎主演、仲代達矢共演、黒澤明監督の傑作娯楽時代劇!

森の中の社殿で、9人の若侍たちが密談していた。次席家老の汚職を城代家老・睦田に告げるも相手にされず、ただし大目付・菊井の賛同を得られたらしい。しかし、突如現れた浪人が「菊井こそが黒幕だ」と言う。案の定、菊井の手勢が社殿を取り囲み…。

【隠し砦の三悪人】

●黒澤明監督、三船敏郎主演による、戦国時代を舞台にした娯楽時代劇!

戦国の乱世。山名家と一戦を交え、敗れ去った秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継ぎの雪姫と数名の残党と共に隠し砦にこもった。秋月家再興のため、同盟国である早川領への脱出を計画する。それには敵地を通って早川領へ抜けるほかに道はなく…。

まとめ

映画『白痴』動画フルが無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料で映画を楽しむなら、U-NEXTがオススメです!