映画『羅生門』動画フルを無料視聴!DVDレンタルやpandora、Dailymotionより快適に見られる

●この記事では、1954年に公開された映画『羅生門』動画フルを視聴する方法をご紹介しています。

「羅生門」は1950年に公開され、翌年のヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した傑作です。野党と化した野武士を相手に、農民に雇われた侍たちが奮闘する時代劇で、相次ぐ戦に疫病、更には地震や火災によって荒んだ平安時代の京都が、本作品の舞台です。

黒澤明監督、三船敏郎主演による時代劇。雇われた侍たちによって村人が戦の心構えを得ていく様、泥臭くもリアルなアクション、身分による考え方の違いなど見どころ満載の作品です。

今回は、映画『羅生門』のフル動画を無料視聴する方法や、あらすじ見どころ、ネタばれ感想などもご紹介したいと思います。

↓↓↓今すぐ映画『羅生門』の動画を見る↓↓↓


※最新の配信状況は、VODサービスサイトにてご確認ください。

映画『羅生門』フル動画を無料で見るならここ!

映画『羅生門』フル動画が視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

よく見られている人気の映画は・・・

・一番美しく

・續姿三四郎

・虎の尾を踏む男達

・わが青春に悔なし

・素晴らしき日曜日

・酔いどれ天使

・肖像

・野良犬

・静かなる決闘

・羅生門

など、たくさんの映画が視聴できます。

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。気になる映画があったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

映画『羅生門』をブルーレイ・DVDで観たい方はTSUTAYAディスカスがオススメ!


〉〉TSUTAYAディスカス公式はこちら

映画は動画配信ではなく、やっぱりDVDやブルーレイでみたい!という方にオススメなのが、定額レンタルサービスの【TSUTAYAディスカス】です。

TSUTAYAディスカスの特徴ですが、

1、見たい映画をスマホで予約する

2、ブルーレイ、DVDがポストに届く

3、返却はそのままポストへ!

入会金・送料・延滞金はすべて0円なので、うっかり返却を忘れてしまっても安心!

またTSUTAYAディスカスでは、初めて利用する方のために、【30日間無料お試しキャンペーン】をやっています。

無料登録した際に1080ポイントがもらえるので、そのポイントを使って映画を無料で視聴することができます!

この機会に試してみてはいかがでしょうか?

オススメできない!こちらのサイトで無料視聴する

オススメする方法ではありませんが、最近は無料の違法動画共有サービスでも視聴できることが多くなりました。

しかし・・・

・音声や画質が非常に悪い
・画面サイズが小さい、音声が変換されている、一部のシーンの動画を省いている
・ジャマな広告が表示される
・ウイルスに感染、情報の漏洩

など、動画全てをまともに見ることはまず不可能なんですね。今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

視聴は自己責任にはなりますが、一応メジャーな無料動画共有サービスを載せておきます。

youtubeで映画『羅生門』を見る
pandoraで映画『羅生門』を見る
Dailymotionで映画『羅生門』を見る
miomioで映画『羅生門』を見る

上記のサイトで見られない場合は、こちらからご覧ください!

映画『羅生門』あらすじ・ネタバレ


長年の戦や地震、飢饉、疫病などで、世の中は乱れ、人の心が荒み切っていた平安時代の京都。朽ちて半壊している巨大な羅生門の下で、雨宿りをしていた杣売りと旅法師は、共に「分からない」と繰り返しつぶやきながら、呆然と座っている。そこへ同じく、雨宿りにきた下人が事情を聞くと、2人は関わった殺人事件を語りだした。

場面は変わり、杣売りが白州で証言している回想シーンに移る。3日前のこと、彼は山奥へ薪を取りに行った際、市女笠や侍烏帽子、守袋、切れた縄が点々と落ちているのを見つけ、それを辿っていくと、侍の死体を発見し、慌てて役人に届けたと述べた。事件現場には、そこにあるはずの侍の太刀と、妻の短刀が消えていたらしく、そのことを役人に尋ねられるが、自分が見つけた時、既に短刀はなかったと答えた。

次に旅法師は、3日前の昼下がり、山道で弓矢を携えた侍が、妻を馬に乗せて、一緒に旅していたのをすれ違いざまに見たと述べた。その後も、事件関係者の証言が続くのだが、目撃者として出廷していた杣売りと旅法師は、その内容を後方でしっかり聞いている。そんな中、下手人の多襄丸が、彼を捕らえたという男と一緒に登場する。

男は桂川沿いで苦しんでいる多襄丸を捕らえたといい、きっと落馬したのだろうと語った途端、多襄丸は男に罵声を浴びせ、桂川にいたのは、盗んだ馬を走らせているうちに喉が渇き、岩清水を飲んだら腹痛に襲われ、そこでうずくまっていただけだと吐き捨てた。ただ、その時多襄丸の傍らにいた馬と、そこに散乱していた矢は、殺された侍のものと判明していた。

多襄丸は、そのまま続けて、侍を殺害したのは自分だと語り始めた。その話によると、山中で昼寝をしていたところへ、侍夫婦が通りかかったという。妻に目をつけた多襄丸は、一計を案じ、夫を騙して縛り上げ、夫の目前で妻を手篭めにする。その後、立ち去ろうとした多襄丸に妻がしがみつき、決闘を促したので、夫と正々堂々と戦い、激闘の末に勝利するが、その間に妻は逃げてしまった。また、短刀の行方は知らないと語った。

その後妻は、寺に身を寄せていたところを発見されていた。次に、寺に身を寄せていたところを発見された妻の真砂が、泣き崩れながら証言する。辱めをうけた後、多襄丸が夫の縄の一部をほどき、そのまま立ち去ろうと歩き出すのを見て、夫の元へ駆け寄ったが、夫は軽蔑しきった冷淡な目で凝視してくる。耐え切れず、自分を殺してほしいと懇願したが、尚も、夫は無言で責める。取り乱し、気絶している間に、夫は妻の短刀を胸に刺して死んでいたという。

最後に、亡夫、金沢武弘の霊が巫女に憑依し、語りだす。妻は多襄丸に情を移した上、夫を殺すよう唆した。しかし、それを聞いて呆れた多襄丸が、妻を足蹴にしながら「この女を生かすか殺すか」と自分に決めさせようとしてきた。隙をみて妻は逃げ、多襄丸は武弘の縄を切り、去って行った。残された自分は妻の短刀で自害し果てた。

場面は羅生門に戻り、杣売りは3人とも嘘をついていると吐き捨てる。彼は事件に関わり合いになるのを恐れ、白州では作り話をしたが、一部始終を目撃者していたと告白した。その内容は、手篭めにした後、地に伏して泣く真砂に、多襄丸は自分の妻になってくれと土下座して頼み込むが、真砂は「無理だ」と断り、夫の縄を解き、あわや決闘かという雰囲気が生まれた。しかし、夫は争う気はないと言い、妻を強く責め離縁を言い渡す。

多襄丸は毒気を抜かれ、立ち去ろうとする。見捨てられた真砂は激昂し、男達を嘲り罵倒し、決闘をけしかける。後に引けなくなった2人は、剣を持つ手をガタガタと震わせ、転げまわり、醜態を晒しながら闘う。やがて長い泥仕合に決着がつき、多襄丸が勝利するが、真砂は結局逃げ出し、多襄丸も去り、後には死体だけが残された。

話し終わると、下人はゲラゲラと大笑いしながら、それも嘘だと吐き捨てた。杣売りは反論するが、取り合わない。と、突然泣き声がして捜し回ると、門の隅に赤子の姿があった。下人がその衣を剥ぎ盗ったの見て、杣売りは強く咎める。

それに対し、下人は開き直り、自己を正当化した。怒りで思わず胸ぐらを掴んだ杣売りに、下人は、行方の分からない武弘の刀と短刀のことを追及する。みるみるうちに勢いは消え、ただ無言で俯く様子は、杣売りが盗んだと態度で示していた。下人は、杣売りを殴りつけ、嘲笑いながら、衣を手に土砂降りの雨の中、消え去っていく。残された2人は呆然と立ちつくす。

時が経ち、雨が小降りになる頃、旅法師に抱き上げられ、あやされていた赤子に、杣売りは腕を差し出しながら、引き取って育てると申し出た。その言葉に旅法師は「お主のお陰で、私は人を信じていくことができそうだ」と心から謝意を述べた。杣売りは大事そうに赤子を抱え、晴れやかな顔で羅生門を後にした。

映画『羅生門』基本情報

タイトル 羅生門
製作年度 1950年
上映時間 88分
製作国 日本
ジャンル アクション

出演: 京マチ子 、 三船敏郎 、 志村喬 、 森雅之 、 千秋実 、 加東大介

監督 黒澤明
製作 箕浦甚吾
脚本 橋本忍 、 黒澤明
音楽 早坂文雄

映画『羅生門』フル動画予告動画

映画『羅生門』作品概要


ある時、うち崩れた羅生門の下で、杣売り、旅法師、下人の三人は雨宿りをしています。雨止みを待つ間、杣売りと旅法師は、とある奇妙な事件について下人に語り始めます。数日前、杣売りは薪を取るために入った山中で、侍である金沢武弘の死体を発見します。検非違使に届けでた杣売りは、取り調べを受けるために出廷しました。

侍を殺した容疑者として、盗賊の多襄丸が連行されます。彼によれば、金沢の妻である真砂を奪うため、金沢を捕縛しますが、真砂が殺し合いに勝った方の妻になると言ったことから、多襄丸は金沢を殺してしまいます。しかし、それは正々堂々とした真剣勝負であったことと、戦いの最中に真砂は逃げてしまったことを証言します。そして、今度は真砂の証言です。

彼女によると、多襄丸に手篭めにされたが、彼は金沢を殺さず逃げてしまったそうです。真砂は自分を殺してくれと金沢に懇願して気絶しますが、彼女が目覚めると夫はすでに事切れており、自分も後を追おうとしたが失敗したとのことです。食い違う証言に、巫女が取り調べの場に呼ばれ、金沢の霊を呼び出します。

金沢の霊は、真砂は多襄丸に惹かれ、彼に夫である自分を殺してほしいと求めるが、多襄丸は呆れ果て金沢の縄を解きます。すると真砂はその場から逃げ出し、多襄丸も姿をくらましたとのことでした。残された彼は、絶望のあまり短刀で自害したことを告げます。シーンは再び羅生門へと変わります。

杣売りによれば、3人共嘘をついており、実は自分は事件の一部始終を目撃していたが、自分に被害が及んでしまうことを恐れ、真相を話すことを黙っていたと言います。多襄丸は強姦の後、真砂に惚れてしまい、夫婦になることを提案しますが、真砂はこれを拒否して金沢の縄を解きます。しかし、今度は彼は彼女に武士の妻として自害するよう迫ります。

ところが彼女は、男たちの勝手な言い分に対して、二人を殺し合わせる方向に仕向けます。戦に馴れない2人は情けない姿で切り合いますが、結局、多襄丸がどうにか金沢を殺します。しかし、戦いの最中に真砂は逃げてしまっていました。

三者三様の意見は、自分たちの保身と見栄のためであったことを知り、旅法師は深く失望しますが、羅生門の下で捨てられていた赤子を大切に抱きかかえて引き取っていった杣売りの姿に、人間に対して希望を見出します。

映画『羅生門』の見どころ


この作品の見どころは、事件に直接関係した、多襄丸、真砂、金沢武弘の食い違う3人証言だ。多襄丸は、正々堂々戦い激闘の末に勝利した。その間に真砂は逃げたが追いかける気にならなかった。自分から見限ったのだと主張。真砂は、辱めを受けた自分を、夫の金沢武弘は侮蔑し、それに耐え切れず、自殺を図ったが死にきれなかったといい、自分に非はないと言う。

金沢武弘は、妻の真砂の裏切りを目の当たりにし、絶望する。2人が去った後、無念のあまり、妻の短刀で潔く自害したと言う。しかし、その一部始終見ていた杣売りが、語った真相は全く違う。多襄丸は真砂に求婚した際、土下座までしている。金沢武弘は、武士らしく戦わないばかりか、争いを避け、妻に一切の責任を押し付け、酷薄な態度をとる。

真砂は、2人の男に決闘をけしかけたものの、両者から断られたあげく捨てられ、激怒のあまり、狡猾な心情を吐露しながら、結局、決闘させることに成功する。そして、へっぴりごしで情けなく戦った末、多襄丸が勝ったものの、真砂にはまんまと逃げられてしまう。

この無様な事実を隠蔽し、虚栄心の為に自身の都合よく捻じ曲げ、欺く。それはたとえ死人になろうが変わることはない。杣売りは事実を目撃していた。冒頭で何度も「分からない」と言っていたのは、身勝手な嘘を平然とつく、人間そのものがわからないということになる。だが、杣売りは、事実は話しても、真実を語ったのだろうか。

その目で見た事実に、偏見や誤解が付加したかどうかまでは、描かれてはいない。真相は藪の中、読者の判断に委ねている。あと、羅生門の下で、座り込んでいる杣売りを中心の手前に位置し、旅法師が右側後方、下人が左側後方に立っているシーンは印象的だった。これはまるで杣売りの善の心と悪の心を具現化したようにも見える。

汚い人間の本性に染まった下人と、人を信じようとする旅法師が対立する。だが、その旅法師が、しだいに人間不信に傾いていく。しまいには、「人が人を信じられなくなったらこの世は地獄だ。私は人を信じる。私はこの世の中を地獄にしたくない」と柱にしがみつきながら大声で叫ぶが、全てが明らかになった時、打ちひしがれ、呆然と立ち尽くす。

そんな旅法師を救ったのは、杣売りの行動であり、旅法師は再び希望を見出す。人は、醜い心を持っている。自分の為なら他人をも欺く。だが、人を助ける尊い心も持っている。そして、人は人を信じずには、生きていけない生き物だ。

また、奇しくもこの作品は、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝き、戦後の日本国民に大きな希望となり、こん日も名作と称えられている。

映画『羅生門』の感想


当時の大映の重役たちのほとんどは、作品に対する理解を示しておらず、グランプリ受賞も期待していなかったそうです。日本でも公開当時はあまりヒットしませんでした。

「羅生門」という有名短編小説が芥川龍之介にはありますが、物語は「羅生門」とはほぼ関係がなく、むしろ芥川の「藪の中」を下敷きにしています。

雨宿りをするために偶然集まった3人の男達が、数日前に起こった殺人事件について語り合う内容が本編です。

いわゆる回想シーンのような形でストーリーは進行して行くわけですが、このような構成方法は70年近く前の映画としてはかなり斬新であっただろうと思われます。

斬新といえばもう一つ、この作品はカメラワークが秀逸で、特に太陽にカメラを向けたシーンに海外の批評家たちは一様に驚いたそうです。

木漏れ日の美しさを表現する手法として、今では何でもないことなのですが、当時はカメラを壊してしまうという意味でタブーとされていました。

また、この映画では光という要素が、物語の暗喩として多く用いられており、それぞれのシーンで何が表現されているのか、想像するのもまた楽しいところです。

さて、ストーリーの方ですが、殺人事件の容疑者たちが、それぞれ全く違った証言をして真相は何が何だかわけがわからなくなってしまうところに、この作品の妙味はあると思います。

しかしむしろサスペンス的な要素というよりは、人間の欲や愚かさといったものに焦点が当てられているように思います。

我が身可愛さからついてしまう嘘、それはいつの時代の人間にも変わらぬ闇の部分なのかもしれません。

映画『羅生門』以外にU-NEXTで見られる映画をご紹介!

映画『羅生門』で監督をした、黒澤明の作品をピックアップしてみました。

【影武者】

●カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた、後期黒澤映画の代表作!

戦国時代。甲斐の武田信玄が「我もし死すとも3年は喪を秘せ」との遺言を残してこの世を去った。弟の武田信廉ら重臣たちは、織田信長や徳川家康が放った間者の目を欺き、「信玄死す」との噂を打ち消すため、信玄と瓜二つの盗人を影武者に仕立て上げる。

【椿三十郎】

●三船敏郎主演、仲代達矢共演、黒澤明監督の傑作娯楽時代劇!

森の中の社殿で、9人の若侍たちが密談していた。次席家老の汚職を城代家老・睦田に告げるも相手にされず、ただし大目付・菊井の賛同を得られたらしい。しかし、突如現れた浪人が「菊井こそが黒幕だ」と言う。案の定、菊井の手勢が社殿を取り囲み…。

【隠し砦の三悪人】

●黒澤明監督、三船敏郎主演による、戦国時代を舞台にした娯楽時代劇!

戦国の乱世。山名家と一戦を交え、敗れ去った秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継ぎの雪姫と数名の残党と共に隠し砦にこもった。秋月家再興のため、同盟国である早川領への脱出を計画する。それには敵地を通って早川領へ抜けるほかに道はなく…。

まとめ

映画『羅生門』動画フルが無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料で映画を楽しむなら、U-NEXTがオススメです!