映画『わが青春に悔なし』動画フルを無料視聴!DVDレンタルやpandora、Dailymotionより快適に見られる

●この記事では、1946年に公開された映画『わが青春に悔なし』動画フルを視聴する方法をご紹介しています。

黒澤明監督の戦後最初の監督作品。

京大・滝川事件とゾルゲ・スパイ事件をモチーフに、ファシズムの吹き荒れる時代にあって自らの信念に基づいて強く生きる女性の姿を謳い上げたドラマです。

今回は、映画『わが青春に悔なし』を無料視聴する方法や、あらすじ見どころ、ネタばれ感想などもご紹介したいと思います。

↓↓↓今すぐ映画『わが青春に悔なし』の動画を見る↓↓↓


※最新の配信状況は、VODサービスサイトにてご確認ください。

映画『わが青春に悔なし』フル動画を無料で見るならここ!

映画『わが青春に悔なし』フル動画が視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

よく見られている人気の映画は・・・

・一番美しく

・續姿三四郎

・虎の尾を踏む男達

・わが青春に悔なし

・素晴らしき日曜日

・酔いどれ天使

・肖像

・野良犬

・静かなる決闘

・羅生門

など、たくさんの映画が視聴できます。

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。気になる映画があったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

映画『わが青春に悔なし』をブルーレイ・DVDで観たい方はTSUTAYAディスカスがオススメ!


〉〉TSUTAYAディスカス公式はこちら

映画は動画配信ではなく、やっぱりDVDやブルーレイでみたい!という方にオススメなのが、定額レンタルサービスの【TSUTAYAディスカス】です。

TSUTAYAディスカスの特徴ですが、

1、見たい映画をスマホで予約する

2、ブルーレイ、DVDがポストに届く

3、返却はそのままポストへ!

入会金・送料・延滞金はすべて0円なので、うっかり返却を忘れてしまっても安心!

またTSUTAYAディスカスでは、初めて利用する方のために、【30日間無料お試しキャンペーン】をやっています。

無料登録した際に1080ポイントがもらえるので、そのポイントを使って映画を無料で視聴することができます!

この機会に試してみてはいかがでしょうか?

オススメできない!こちらのサイトで無料視聴する

オススメする方法ではありませんが、最近は無料の違法動画共有サービスでも視聴できることが多くなりました。

しかし・・・

・音声や画質が非常に悪い
・画面サイズが小さい、音声が変換されている、一部のシーンの動画を省いている
・ジャマな広告が表示される
・ウイルスに感染、情報の漏洩

など、動画全てをまともに見ることはまず不可能なんですね。今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

視聴は自己責任にはなりますが、一応メジャーな無料動画共有サービスを載せておきます。

youtubeで映画『わが青春に悔なし』を見る
pandoraで映画『わが青春に悔なし』を見る
Dailymotionで映画『わが青春に悔なし』を見る
miomioで映画『わが青春に悔なし』を見る

上記のサイトで見られない場合は、こちらからご覧ください!

映画『わが青春に悔なし』あらすじ・ネタバレ


昭和8年、満州事変をキッカケに、軍閥や財閥、官僚たちは帝国主義的な思想の統一を企み、この主義に反対するすべての思想を「赤」であるとして弾圧していた。物語の舞台は、このような傾向が広がり始めた日本の京都である。

京都大学教授の娘八木原幸枝は、父親の生徒たちと共に平穏な日々を過ごしていた。しかし、ある日、幸枝の父八木原教授が京都大学から追放される。理由は、自由主義的な考えから、教授が日本の侵略主義を真っ向から批判したことにあった。

生徒たちの中心的存在である野毛と糸川の二人は、野毛が理論的で急進的、糸川は現実的で穏健な考え方であった。二人とも幸枝のことが好きだったが、幸江は野毛に反発しながらも、心が次第に惹かれていくのを感じていた。

それから間もなくして、京都大学で言論弾圧に対する大規模な学生運動が起こる。この運動には野毛も参加していたが、運動は政府によってすぐに抑え込まれてしまう。

学生運動がおさまった頃、かつてのように父の生徒たちが幸枝の家に集まって来るようになったが、その中に野毛の姿はなかった。実は野毛は左翼運動に参加し、仲間との交流を絶っていたのだった。

野毛がいないことに寂しそうな表情を浮かべる幸枝だった…。

映画『わが青春に悔なし』基本情報

タイトル わが青春に悔なし
製作年度 1946年
上映時間 110分
製作国 日本
ジャンル ドラマ

出演:原節子 、 藤田進 、 大河内傳次郎 、 杉村春子 、 三好栄子 、 河野秋武 、 志村喬 、 清水将夫 、 大河内伝次郎

監督 黒澤明
製作 松崎啓次
脚本 久板栄二郎
音楽 服部正

映画『わが青春に悔なし』フル動画予告動画

映画『わが青春に悔なし』作品解説

GHQが推奨する民主主義映画として終戦直後の1946年に公開された黒澤明監督の作品です。男性視点の映画が多い黒澤作品には珍しく、原節子を主演に据え、女性の視点から戦前戦中の日本社会、軍国主義に批判を投げつけています。

ストーリーは京都帝国大学で1933年に起きた思想弾圧事件の滝川事件、1941~42年にソ連のスパイ構成員が多数逮捕されたゾルゲ事件をモデルとし、2つの事件に巻き込まれた女性が自立していく姿を描きました。

ストーリーは京大教授の娘に生まれた原節子扮する主人公が大河内伝次郎扮する父の大学罷免後、その教え子で左翼運動にのめり込む藤田進演じる青年と結婚します。しかし、青年は反戦運動を指揮したとして逮捕され、やがて獄死するのです。

主人公は青年の実家の農村へ行き、杉村春子が演じる青年の母と2人で悲しみを忘れようとして農作業に打ち込みますが、村人から非国民、スパイとなじられ、辛酸をなめます。戦後、主人公は農村の女性の自立をテーマに社会運動を始めます。

この映画は京都でのロケが米国戦略爆撃調査団によって撮影されるなど、当初から政治色の強い作品として撮影が始まりました。労働組合の圧力でストーリーの後半を手直しする一幕もありました。

ただ、黒澤作品らしくテンポがよく、人気絶頂の原節子が主演を務めたこともあり、キネマ旬報の年間第2位に入るなど高く評価されています。

映画『わが青春に悔なし』の見どころ


黒澤監督は三船敏郎を度々、主演に選ぶなど存在感のある俳優を好みますが、この映画では原節子が美貌だけでなく、強烈な存在感を発揮しています。最大の見どころといえるのは青年の実家で農作業をするシーンでしょう。

せっかく植え終わった苗が村人にむしり取られても、めげずに農作業を続ける強い女を演じています。映画前半では本来のイメージのかわいいお嬢さん、若妻を演じていますが、農作業の場面では鬼気迫る演技を披露しています。

その姿は美女というより、何かにとりつかれた鬼女、猛女の風情です。今井正監督や小津安二郎監督、木下恵介監督らは原節子のイメージ通りにかわいい女性の役をキャスティングしましたが、美人女優のイメージを突き破る役を与えたところは黒澤監督ならではといえるでしょう。

戦前から戦中にかけ、原節子は今でいうアイドル的な人気を誇る女優でした。それが女性の持つさまざまな顔を1つの作品で演じ分け、美しいだけの女優でないことを世間に知らしめました。

それと同時に、日独合作の国策映画「新しき土」に主演するなど、戦前から戦中にかけて頻繁に軍国映画を彩ってきた原節子が、戦後の民主主義をイメージする女優に生まれ変われたのも、この作品のおかげだといえます。

映画『わが青春に悔なし』の感想レビュー


この映画はただの反戦映画ではないでしょう。キーワードは「自由」だと思います。なぜなら、昭和20年の場面で映し出される字幕「裁きの日….敗戦、そして自由甦る日」が表現しているのは、戦争が終わって甦るのは「平和」ではなく「自由」だと言っているからです。

それではその「自由」とはなんの自由か?それは、「思想の自由」であり、「言論の自由」であり、「表現の自由」なんだと思うのです。戦時下での抑圧された社会では、こういった自由は当然ありませんでした。

そんな異常な状態では社会には抑圧だけでなく様々な差別も発生します。それにしても、理不尽な弾圧や抑圧というものが、これほど凄まじいものなのかということを思い知らされます。

映画前半では、政府による言論弾圧が描かれていますが、後半では農村の一般人たちが一軒の農家を、容疑者の両親ということから迫害や抑圧をするのですから。そして、教授のお嬢様から農家へ嫁いだ未亡人幸恵を演じる原節子の演技には、ただただ圧倒されます。

かなり汚れた演技を監督から要求されたことだと思いますが、清楚なイメージをかなぐり捨て、見事に農家の嫁を演じ切っています。これは見所の一つと言っていいでしょう。

映画『わが青春に悔なし』以外にU-NEXTで見られる映画をご紹介!

映画『わが青春に悔なし』で監督をした、黒澤明の作品をピックアップしてみました。

【影武者】

●カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた、後期黒澤映画の代表作!

戦国時代。甲斐の武田信玄が「我もし死すとも3年は喪を秘せ」との遺言を残してこの世を去った。弟の武田信廉ら重臣たちは、織田信長や徳川家康が放った間者の目を欺き、「信玄死す」との噂を打ち消すため、信玄と瓜二つの盗人を影武者に仕立て上げる。

【椿三十郎】

●三船敏郎主演、仲代達矢共演、黒澤明監督の傑作娯楽時代劇!

森の中の社殿で、9人の若侍たちが密談していた。次席家老の汚職を城代家老・睦田に告げるも相手にされず、ただし大目付・菊井の賛同を得られたらしい。しかし、突如現れた浪人が「菊井こそが黒幕だ」と言う。案の定、菊井の手勢が社殿を取り囲み…。

【隠し砦の三悪人】

●黒澤明監督、三船敏郎主演による、戦国時代を舞台にした娯楽時代劇!

戦国の乱世。山名家と一戦を交え、敗れ去った秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継ぎの雪姫と数名の残党と共に隠し砦にこもった。秋月家再興のため、同盟国である早川領への脱出を計画する。それには敵地を通って早川領へ抜けるほかに道はなく…。

まとめ

映画『わが青春に悔なし』動画フルが無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料で映画を楽しむなら、U-NEXTがオススメです!