映画『姿三四郎』動画フルを無料視聴!DVDレンタルやpandora、Dailymotionより快適に見られる

●この記事では、1943年に公開された映画『姿三四郎』動画フルを視聴する方法をご紹介しています。

日本が世界に誇る偉大な映画監督・黒澤明の記念すべき監督デビュー作。

柔道の素晴らしさを知った主人公姿三四郎が、柔道を通じて人間的に成長していく姿を繊細かつダイナミックに描いた痛快娯楽作品です。

今回は、映画『姿三四郎』を無料視聴する方法や、あらすじ見どころ、ネタばれ感想などもご紹介したいと思います。

↓↓↓今すぐ映画『姿三四郎』の動画を見る↓↓↓


※最新の配信状況は、VODサービスサイトにてご確認ください。

映画『姿三四郎』フル動画を無料で見るならここ!

映画『姿三四郎』フル動画が視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

よく見られている人気の映画は・・・

・一番美しく

・續姿三四郎

・虎の尾を踏む男達

・わが青春に悔なし

・素晴らしき日曜日

・酔いどれ天使

・肖像

・野良犬

・静かなる決闘

・羅生門

など、たくさんの映画が視聴できます。

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。気になる映画があったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

映画『姿三四郎』をブルーレイ・DVDで観たい方はTSUTAYAディスカスがオススメ!


〉〉TSUTAYAディスカス公式はこちら

映画は動画配信ではなく、やっぱりDVDやブルーレイでみたい!という方にオススメなのが、定額レンタルサービスの【TSUTAYAディスカス】です。

TSUTAYAディスカスの特徴ですが、

1、見たい映画をスマホで予約する

2、ブルーレイ、DVDがポストに届く

3、返却はそのままポストへ!

入会金・送料・延滞金はすべて0円なので、うっかり返却を忘れてしまっても安心!

またTSUTAYAディスカスでは、初めて利用する方のために、【30日間無料お試しキャンペーン】をやっています。

無料登録した際に1080ポイントがもらえるので、そのポイントを使って映画を無料で視聴することができます!

この機会に試してみてはいかがでしょうか?

オススメできない!こちらのサイトで無料視聴する

オススメする方法ではありませんが、最近は無料の違法動画共有サービスでも視聴できることが多くなりました。

しかし・・・

・音声や画質が非常に悪い
・画面サイズが小さい、音声が変換されている、一部のシーンの動画を省いている
・ジャマな広告が表示される
・ウイルスに感染、情報の漏洩

など、動画全てをまともに見ることはまず不可能なんですね。今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

視聴は自己責任にはなりますが、一応メジャーな無料動画共有サービスを載せておきます。

youtubeで映画『姿三四郎』を見る
pandoraで映画『姿三四郎』を見る
Dailymotionで映画『姿三四郎』を見る
miomioで映画『姿三四郎』を見る

上記のサイトで見られない場合は、こちらからご覧ください!

映画『姿三四郎』あらすじ・ネタバレ


明治期中盤の1882年、主人公の姿三四郎は、福島県から、柔術家を目指して上京し、心明活殺流柔術指南の、門馬三郎の元を訪れ入門した。丁度この日の夜、柔術家たちが、矢野正五郎を襲撃する密談に集まっていた。

矢野正五郎は、東大出身の学士で、柔術に独自の理論を組み合わせた柔道を作り上げ、紘道館という道場を開いてた。柔術家からすれば、柔道そのものが気に入らない上、門馬三郎は、この紘道館と、警視庁の武術指南役の座を争っていたことなども重なり、以前から忌々しく思っており、多人数で矢野正五郎を闇討を、この日実行した。

それに、なんとなく付いて行った三四郎は、驚愕の光景を目にする。矢野正五郎はたった一人で、門馬ら同志六人を、バッタバッタと全員なぎ倒した。その圧倒的な強さと、敵に怪我をさせないように闘う人柄に感銘を受けるとともに、卑怯な門馬三郎を見限った三四郎は、すぐに矢野正五郎に弟子入りを志願した。

月日は過ぎ、三四郎は持ち前の才能を発揮してメキメキと上達し、今や紘道館の四天王の一人に数えられるほど強くなったが、慢心をおこし、街で絡んできた相手と喧嘩をして、師匠である矢野正五郎に「人間の道というものを分かっていない」と厳しく叱咤されてしまう。

三四郎は「師匠の命令であれば、今直ぐにでも死ねる」と言い、気概を示そうと庭の池に飛び込んだ。溺れないよう短い1本の杭にしがみつき、許しが出るのをじっと待った。他の弟子たちは許しを乞うが、矢野は取り合わない。凍える池の中から見た満月と、泥池に咲く白蓮の花を見て、三四郎は本当の強さとは何かを悟った。

数ヶ月たったある日、良移心当流柔術の達人、桧垣源之助が突然訪れ「一本、稽古を願おう」と言ってきたが、実は紘道館の実力を試しに来たのだった。三四郎の兄弟子である新関虎之助は一瞬で倒されて気絶してしまった。街で喧嘩をして以来、稽古を止められていた三四郎は、この時闘うことは出来ず、悔しい思いをする。

後日、神明活殺流の門馬三郎から他流試合の申し込みがあった。禁を解かれた三四郎は門馬三郎と因縁の対決をし、必殺技「山嵐」を決めて勝利するが、門馬を死なしてしまい、柔道を続ける意義を見失ってしまう。しかし、師匠の矢野正五郎の猛特訓により、三四郎は、ようやく戦う気力を取り戻した。

ある日、神社にお参りにきた矢野正五郎と三四郎は、神社でひたすら祈っている娘と出会う。この娘は小夜と言い、良移心当流師範、村井半助の娘だった。村井半助は三四郎に、警視庁武術大会での試合で対戦する相手であり、小夜は老いた父の勝利を願っていたのだ。

その姿を見て、三四郎は自分が試合にどう臨むべきか悩むが、隆冒寺の和尚から激励を受け、決意を新たにした。満を持し、柔術と柔道が雌雄を決する、警視庁武術大会が開催された。勝者が、警視庁武術世話係に決まる大切な試合である。

村井半助は、全力で三四郎にぶつかり、白熱した死闘が繰り広げられるが、必殺技の山嵐で止めを刺し、ついに倒した。遂に桧垣源之助は、三四郎に果し状を送り付けた。師匠の村井半助が負けたことで、弟子の桧垣源之助の野心は、水泡に帰したばかりでなく、妻に迎えようとしていた小夜の心も、三四郎に奪われてしまった。

一切の望みを絶たれた今となっては、宿敵三四郎を抹殺するしかないと固く決意していた。この果し状に対し、紘道館の誰にも告げることなく、三四郎は野試合の場所へと向かった。

1887年12月26日夜、右京ケ原にて死闘か始まった。実戦経験豊富な桧垣源之助は、三四郎を仮死状態にまで追い詰め、勝利を確信する。絶体絶命の窮地に陥りつつも、相手を冷静に観察していた三四郎は、一瞬の隙をついて必殺技の山嵐を連発し、辛勝した。

後日、三四郎は小夜の見送りを受けながら、機関車に乗って旅立って行った。

映画『姿三四郎』基本情報

タイトル 姿三四郎
製作年度 1943年
上映時間 79分
製作国 日本
ジャンル ドラマ

出演:藤田進 、 轟夕起子 、 月形龍之介 、 志村喬 、 花井蘭子 、 菅井一郎 、 大河内伝次郎 、 大河内傳次郎 、 河野秋武 、 清川荘司

監督 黒澤明
原作 富田常雄
脚本 黒澤明
音楽 鈴木静一

映画『姿三四郎』フル動画予告動画

映画『姿三四郎』作品解説


明治15年、柔術家を目指し会津から上京した姿三四郎(藤田進)は、神明活殺流の宗主門馬三郎(小杉義男)に弟子入りする。しかし、入門当日の夜に、門馬三郎は弟子と共に、敵対している修道館柔道の矢野正五郎(大河内傳次郎)を闇討ちするのだった。

けれど矢野は、たった一人で門馬たちを片付ける。矢野の凄まじい強さと、相手に怪我を負わせないような闘い方に感銘を受けた三四郎は、門馬の卑劣さを見限り、柔術から柔道への転向を決め、すぐに矢野に弟子入りする。

その後、修道館の四天王に数えられるほどの強さを身に着けた三四郎だったが、自分の強さに慢心するあまり、街でチンピラと喧嘩をしてしまう。これに対し矢野は「人の道を分かっていない」と三四郎を叱る。

反発する三四郎は庭の池に飛び込んで、「死んでやる」と叫ぶのだが、矢野は一向に取り合わない。一晩池に浸かったまま過ごした三四郎だったが、夜明け方蓮の花が美しく咲いているのを見たとき、己の未熟さに気付き、師匠の意図を理解するのだった。

矢野から稽古止めを命じられた三四郎。ある日、矢野の道場に良移心当流柔術の達人、檜垣源之助(月形龍之介)が道場破りに来る。そして、三四郎の兄弟子たちは一瞬で倒されてしまうのだった…。

映画『姿三四郎』の見どころ


この作品は、主人公の姿三四郎が、師匠であり、父親的な存在の矢野正五郎と、母親のような気遣いを見せる隆冒寺の和尚に支えられながら、才能を開花し成長していくストーリー。黒澤明の監督デビュー作で、こん日まで何度も映画化やドラマ化している大ヒット作です。

序盤の見どころは、三四郎が意地を張って池に飛び込み、そこで見る月や白蓮の美しさです。師匠の心を知り、慢心を改め、柔道への考え方が変わった三四郎の原点とも言うべき大切なシーンです。そして、門馬三郎や村井半助、桧垣源之助との対戦は必見です。

門馬三郎が、三四郎の必殺技で羽目板に体を打ち付け、観客に「あっ!死んだ」と確信させる斬新なスローモーション撮影の技術の高さは素晴らしいです。村井半助との他流試合は、雌雄を決するにふさわしく、シャープなカットが、スピード感や緊張感を生み出しています。

最も盛り上がる、桧垣源之助との死闘の場面は、初め、室内にセットを作り、扇風機を回して撮ってみたが気に入らず、野外での撮影という運びになったそうです。ロケ地として選ばれたのは、箱根仙石原でしたが、3日目にしてやっと「風雲急を告げる」にふさわしい風が吹き、慌てて撮影とのこと。

そして、苦労を重ねた末、ラストに相応しいシーンとなりました。CGの無かったこの時代、黒澤明監督の巧妙なテクニックに注目しながらこの映画を観ると、より楽しいと思います。

映画『姿三四郎』の感想


この映画の残念なところは、完全版が存在しないところです。噂では、関係者の知らぬところで縮小され、79分にされてしまったという話です。でも、いわゆるスポ根ものの映画として見ると、面白い作品なので、この手の話が好きな人にはオススメです。

『姿三四郎』は、一流の柔道家を目指す青年の物語で、現代の映画と比べてシーンの一つ一つでカメラワークが少なく、演出のテンポものんびりしているのですが、なぜか退屈しません。それは、この映画には無駄な台詞がなく、脚本が完成されているせいなのではないかと思うのです。

アクションシーンもやはりカメラアングルなどが平凡なのですが、その分、役者の演技への熱の入れようが伝わってくるので見ている方も熱くなってきます。

主役たちの演技も文句なく、藤田進は姿三四郎の真面目さ朴訥さをちゃんと表現しているし、矢野正五郎役の大河内傳次郎の貫禄ある演技や、檜垣源之助役の月形龍之介の不気味な演技など、どれを取っても素晴らしいの一語です。

最大の見どころは、ラストの檜垣源之助との決闘に臨むシーン。ススキが一面に茂る夜の原っぱで、冷たい風にさらされながら、空を仰いで三四郎が歌う『田原坂(たばるざか)』。男らしくてカッコいいシーンで、最高です!

映画『姿三四郎』以外にU-NEXTで見られる映画をご紹介!

映画『姿三四郎』で監督をした、黒澤明の作品をピックアップしてみました。

【影武者】

●カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた、後期黒澤映画の代表作!

戦国時代。甲斐の武田信玄が「我もし死すとも3年は喪を秘せ」との遺言を残してこの世を去った。弟の武田信廉ら重臣たちは、織田信長や徳川家康が放った間者の目を欺き、「信玄死す」との噂を打ち消すため、信玄と瓜二つの盗人を影武者に仕立て上げる。

【椿三十郎】

●三船敏郎主演、仲代達矢共演、黒澤明監督の傑作娯楽時代劇!

森の中の社殿で、9人の若侍たちが密談していた。次席家老の汚職を城代家老・睦田に告げるも相手にされず、ただし大目付・菊井の賛同を得られたらしい。しかし、突如現れた浪人が「菊井こそが黒幕だ」と言う。案の定、菊井の手勢が社殿を取り囲み…。

【隠し砦の三悪人】

●黒澤明監督、三船敏郎主演による、戦国時代を舞台にした娯楽時代劇!

戦国の乱世。山名家と一戦を交え、敗れ去った秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継ぎの雪姫と数名の残党と共に隠し砦にこもった。秋月家再興のため、同盟国である早川領への脱出を計画する。それには敵地を通って早川領へ抜けるほかに道はなく…。

まとめ

映画『姿三四郎』動画フルが無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料で映画を楽しむなら、U-NEXTがオススメです!