ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【9月12日放送】

この記事では、9月12日に放送された、石原さとみさん主演の2018年夏ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『高嶺の花』10話(最終回)の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT
TSUTAYAディスカス
hulu
ビデオマーケット
auビデオパス

※ 本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)が視聴できる公式動画配信サイトは、


・U-NEXT
・TSUTAYAディスカス
・hulu
・ビデオマーケット
・auビデオパス

上記のサイトでドラマ『高嶺の花』10話(最終回)が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・覚悟はいいかそこの女子。

・探偵が早すぎる

・義母と娘のブルース

・幸色のワンルーム

・探偵が早すぎる

・コウノドリ

・トドメの接吻

・健康で文化的な最低限度の生活

・刑事7人

・遺留捜査

など、人気のドラマが視聴できます。

1ヶ月の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)のあらすじ

2018年 9月12日(水)放送のドラマ『高嶺の花』10話(最終回)のあらすじをご紹介します。

もも(石原さとみ)は、千秋(香里奈)が直人(峯田和伸)を誘惑する様子を電話で聴いていた。ももを忘れられなくてもいい、最初は浮気でいいから、と迫る千秋。そんなやり取りに傷つきながらも、ももは電話を切れない。あの手この手で誘いをかける千秋に、直人は……。
すべてを失った龍一(千葉雄大)と、ともに生きていくと決めたなな(芳根京子)。彼女は、次期家元の座を降りて月島家を離れたいと市松(小日向文世)に申し出る。市松は、なぜかその望みを聞き入れて、ななを即座に破門する。ななの決断を知ったももは思いとどまらせようとするが、ななの決意は固かった。
その頃、龍一は市松と会っていた。ななが家元になりたがらないことすら、市松には織り込み済みだった。市松は龍一に、ももとの縁談を持ち掛ける。ももと結婚して月島流を支えれば、神宮流を率いる兵馬(大貫勇輔)に勝つことさえできると言われ、龍一は……。その直後、龍一は姿を消し、ななにも連絡が取れなくなる。そしてななは、ルリ子(戸田菜穂)から、市松がももと龍一の縁談を進めていると聞かされる。
月島家に戻ったももは、次期家元として正式に認められる。直人を呼び出し、月島流を継ぐことになったと知らせるもも。彼女は直人に、これまでの感謝の思いを語り、本当の意味で一人で立てるようになりたいと、別れを告げる……。
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)放送前の見どころと予想は?

ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

ここに来て結局ももが次期家元になるという、結果オーライの結末になりそうですが、直人のことは無理に忘れようとしているので、直人も佳代子達も納得できないと思います。家元とのわだかまりが解けたのかはわかりませんが、ななが辞退した以上、仕方なくという感じなのかもしれません。ももはあえて茨の道を選びそうですが、宇都宮とななはどこかで再会して幸せになるんじゃないかと期待しています。
ペンネーム:湊海 (女性・40代)
千秋の渾身のハニートラップが炸裂しました。フラッといきそうな直人でしたが、きっと直人らしく断るのでしょうね。素直じゃないももをどこまで直人が献身的に愛する事が出来るのかがポイントになっていくのでしょう。どういう形でももが直人を受け入れていくのか最後注目して見ていきたいです。幸せな絵をどうしても浮かべてしまうので、ぜひともハッピーエンドで終わって欲しいですね。
ペンネーム:グッチー (男性・40代)
最後に来て龍一がななに汚したくなかったと本音を語って、この人好い人だったんだと感心したりする本当はこんな事が言いたかったんだよっていうメッセージが是非欲しいです。今のままだと何が言いたいのか難しすぎて分からないです。もう一人の自分も子供の頃の自分で大人になったら二度と取り戻せないって理屈もよく分からないし性格の歪んだ芸術家の物語で終りは悲しい。最後にももはプーさんとくっつくんでしょうが唯一、性格のいいななの方が合ってる気がします。
ペンネーム:ゆっきー (女性・50代)
あなたといると落ち着き、ずっと直人の傍にいたい、自分なら直人の気持ちがわかり、寂しい思いをさせないとまで言った千秋と直人の関係が気がかりです。しかも、ももは直人が忘れられず、直人のスマホに連絡を取ろうとし、直人は板挟みになると思いますが、おそらく純真な直人は、ももと関係を修復するるのではないかと思います。する一方、ななは月島の家元の座を捨てて宇都宮と婚約しようとしますが、おそらく市松とルリ子は反対し、あらゆる妨害をするのではないかと思います。結局、ななは両親の静止を振り切って家出をするのか、月島家に残るのか興味深いです。もしかすると、ななは破門にされ、ももが家元の後継になるというあっと驚く逆転劇になるかもわかりません。
ペンネーム:アットレー (男性・50代)
月島の家元がだれになるかが楽しみです。ななは、龍一を支えて行きたいと言ったので、なながなることはないと思います。しかし、ももは、自分が家元の子供ではない母親の不倫の子供だったこと思い悩んでいるようですから、すんなり家元になるとは思えません。それを、どう乗り越えて、家元になるのかが見どころになると思います。
ペンネーム:ss (男性・50代)
この9話の流れから、どうしてももが家元になるのか、月島流が丸く収まるのか、見通しがさっぱりわかりません。なながいなくなったらももでいい、というのは市松も本当にどうかしていると思います。何かお互いを認め合えるようなきっかけがあるとは思うのですが、見当がつきません。直人とももにはいい関係に戻ってほしいと思います。結婚は当面なくても、それぞれの場所で応援し合えるような恋人になってほしいです。
ペンネーム:ねこっこ (女性・40代)

2018年夏ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)の見どころと感想は?

読者の皆様から頂いた、ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)の見どころや感想をご紹介します。

ass
見どころは?
龍一と生きてゆくと決めたななは家元にならない決意をし、ももは家元に納まることができるのか、直人とは結ばれるのか。また、もう一人の自分を失って、自分の生け花が分からなくなっているももがどうやって才能を取り戻してゆくのかが大事です。月島流家元は結局誰が継ぐのか、ももと直人の結末、ななと龍一の関係の行方、引きこもり中学生宗太の旅の終わりはどうなるのか、など最終的にどう決着がついてゆくのかに注目です。登場人物みんなの本当の気持ちがあぶり出されていき、ももの自分の生け花に対する予想外の答えとそこからの展開が見逃せません。

感想は?
ももが月島流ではなく、自分自身の新流派を立ち上げるという展開は予想外で、それによって全てが丸く収まるようになったところに唸ってしまいました。月島流家元になり直人と別れなければならないという決意から、自分を消化して極めた生け花は、月島流ではないが新流派として認められるだけの才能と価値があり、自分自身の流派ゆえに自分らしく人生が決められるようになって直人の店の2階で教室を開くことにする、というのは完璧なハッピーエンドだったように思います。自立できるようにならないといけないといって別れを告げたももの、これ以上ない自立の結果でした。色々なしがらみを考えずに自分らしさを極めていけば、人生は意外に全てうまくいくのだというメッセージを感じました。

さおり
見どころは?
月島家の次期家元には誰がなるかどうかということ、風間と千秋の間の関係はどうなってしまうかどうかということ、風間はももと今後関係を築いていくかどうかということ、宇都宮はななとどうしていくかどうかということ、また宇都宮とももの関係に進展は見られるかどうかということ、ももは風間のことをどう思うかどうかということ、風間に彼女ができる時が来るかどうかということ、ももと市松の間の関係はどうなるかどうかということ、高井は自分が本当の父親であるということをももに打ち明けるときが来るかどうかということ、風間は自分の気持ちに従って今後どのような行動を取るかどうかということが見どころである。

感想は?
ももが市松や兵馬らの眼の前で生け花をしている時に、直人のことを遠まわしに想っているという気持ちを話していたというのが素敵だった。兵馬がももに対し、「言葉もない」というのも共感を持てた。ももの言葉には説得力があって、誰もかも言い返せる雰囲気ではないと感じたからだ。市松ももものことを認め、新流派のことも認めたというのが良かった。市松からすれば、ななも、ももも、月島家には必要な人材だったのではないかと思う。それでも、ももとななのことを支援していくというのは、まるでももとなな二人の本当の父親の鑑であるのだと見えた。

ゆっきー
見どころは?
もも、なな、プーさん、家元それぞれのこれからと何が自分にとって一番大事な物かをそれぞれ考える。ななにとって一番大事なのは華道家として生きる事ではなく龍一だった。家元と血が繋がっていようがなかろうが、ももはやっぱり華道家として生きていく決意をする。プーさんにとってはももを割れにくい湯呑みではなく華奢で割れそうな高級なティーップのように大事にしたい存在だ。一人一人が今、自分のやらなければ往けない事を一生懸命に取り組む。ももは一斉一代の花を家元の前で生ける。月島流ではない流派を作ろうとするもも。プーさんと支え合って行きたいもも。母、千恵子の面影を見る家元。亡くなった母は最後までももを家元の子供だと言い切った。それが自分の仕事だと思っていたのだ。

感想は?
もう一人の自分とか、あまりにもストイックな我慢のような事とか芸術家の理屈は分かりません。素晴らしい才能を持っていたと言う母の話も納得できません。家元を愛していたから生け花自体を辞めてしまう。引いては家元の片な哲学で口を聞いて相手にされなくなり他の男性との子供も作ってしまう。私はお花の意味もよく分かりません。プーさんが高嶺の花を摘みに行き、ももの家の玄関に飾るっていうのも取って付けたような行動ですよね。それでももの気持ちが突き動かされるのか。でも、ももの心を動かしたのは、プーさんが苦労して手にいれた、たった一輪の黄色の高嶺の花でしたね。新流派万歳ですよ。花は素直な心で生けるのがきれいです。支え会う人は芸術家にとって邪魔にはならないはずです。もももななも、プーさんも、みんな幸せになって欲しいです。

neko
見どころは?
今まで散々ももに振り回されてきた直人ですが、最終話ではどんな展開が待っているのか、気になるところであります。そして千秋の誘惑に、直人はどう返すのか…たぶん、簡単に堕ちるほど馬鹿ではないと思います。直人にとってももは高嶺の花。けれど脆く、儚い花。二人が共になる事はもうないのかもしれません。一方妹のななは、龍一と一緒になる事を選ぶと思います。しかしすべてを捨てて自分について来ようとするななを、龍一は受け入れる事が出来るのだろうか…彼もまた、簡単にはそちらを選べない人間なのかもしれません。それぞれの登場人物のゴールが見える回になると思います。

感想は?
思い悩み続けたももの生け花が、月島ではない、オリジナルの彼女の花となり、新流派を立ち上げるという驚きの展開となりました。直人の生ける花が、彼女の心にヒントを与え、彼女の心を温かく包んでくれました。さよならを告げたももだったけれど、彼を一番大切な人を思いうかべて。直人が退院して戻ってきた自転車屋には、いっぱいの花が待ち受けていて、ももが愛情いっぱいに出迎えるハッピーエンドで良かったと思います。宗太も自転車の旅から戻り、いい顔になっていました。ななも、一度は絶望を感じてどん底に落ちてしまったが、最終的に愛を貫き、龍一といい感じになれてよかったです。

ノッポちゃん
見どころは?
ももとプーさんの今後が楽しみです。ちあきの仕掛けたハニートラップも、どんな事にも心がプーさんはももにたいして一途な姿勢が見どころでです。ちあきがももの親友と知ったらどうなるのでしょうか。ちあきもプーさんに心引かれ始めてるようだ。家元の真の心もまた、見どころの1つです。ももの華道家としての今後はどうなってしまうのか、華道家として真の華道家になれるのか。ななと母親はどうなるのか。家元はどうなるのか。日本一周をしている子は、やり遂げる事が出来るのか。毎回母の助言が素晴らしい、今回はどんな助言かが、楽しみです。

感想は?
プーさんがちあきのハニートラップにかかるかも、ももは携帯で話しを聞いている、男は下着姿でめのまに立たれたら、見ていて不安でしたが、やっぱりプーさんはももを裏切らなかった。分厚い湯呑みと高級なコーヒーカップの割れないのは大切にされる高級なコーヒーカップという話しは、とても納得した。ももが家元になり、プーさんにお弁当を作りプーさんを好きな気持ちに鍵をかけて、別れを告げるが、2人のやり取りがちょっと面白かった。新しい流派で実の父を肯定し、プーさんと生きて行きたいと家元に、私はお花と、見せつけプーさんの元に行きカッコ良かった。いつも母の助言が正しかった。

いちご
見どころは?
微妙な最終回でした。中途半端なかんじがありました。もう1話ほどあると思えましたがこれが最終回であり皆バラバラで中途半端でけっきょくなんだこれと私にはそう思えました。龍一はどこへ行ってしまったのかが特に気がかりだとおもえました。きっと龍一は忘れた自分を取り戻しに行くんじゃないでしょうかなと自分ならそう考えました。結論があやふやでしたのでまた続きが見たいなと、とてもそう感じられました。そしてこんどは最後はななと結ばれて欲しいです。一方の直人は千秋の誘惑を物ともせず立派な所を見せてくれることを期待しました。

感想は?
龍一はどこへ行ってしまったのかがきになりました。きっと龍一は忘れた自分を取り戻しに行くんじゃないでしょうか?どこへいったのかまったくそれは分かりませんけどね。そして、最後はななと結ばれて欲しいとおもえました。一方の直人ですが、千秋の誘惑を物ともせずにそして立派な所を見せてくれることでしょう。しかし、ももは月島の次期家元に戻りそう。そうなると直人との関係は別に、良いんじゃないですかとおもいました。きっと、出来が悪いと悩んでいますが、ももの出来は悪くないんでしょう。問題はもっと別の所にあるのだとおもえました。

2018年夏ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『高嶺の花』10話(最終回)の動画が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!