ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【9月9日放送】

この記事では、9月9日に放送された、NEWSの加藤シゲアキさん主演の2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

2018年夏『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT ×
TSUTAYAディスカス ×
hulu
ビデオマーケット ×
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話が視聴できる公式動画配信サイトは、


・hulu

上記のサイトでドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

huluでは、2周間の無料お試し期間があり、全部のドラマ作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・高嶺の花

・トーキョーエイリアンブラザーズ

・ゼロ 一獲千金ゲーム

・サバイバル・ウェディング

・探偵が早すぎる

・崖っぷちホテル!

・Missデビル 人事の悪魔・椿眞子

・正義のセ

・トドメの接吻

・この世界の片隅に

など、人気のドラマが見放題となっています。

2周間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話の見逃し配信動画を無料で見るならhuluがオススメ!

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのhuluについてご紹介します。

Huluでは、『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話が無料視聴できます。

Huluは、ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えたオンラインビデオ配信サービスです。 月額933円(税抜)で全コンテンツ見放題!さらにマルチデバイス対応なので、いつでもどこでも視聴可能です。

huluの強みはなんといっても海外作品が多いところ!数百本以上の長編映画や数千本以上のテレビ番組を見放題で楽しむことができます♪

huluのお試し無料期間は2週間です。いつ終わるかわからないので今のうちに登録してドラマをたくさん視聴しちゃいましょう!

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』第9話のあらすじ

2018年9月9日(日)放送のドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』第9話のあらすじをご紹介します。

ついに勝者の条件である、4つ目のリングを標(佐藤龍我)が獲得した。
あと1つが目前だったゼロ(加藤シゲアキ)は愕然とするが、在全(梅沢富美男)の思いつきで20分の延長が全員に与えられた。

最後のチャンスに皆が奔走する中、ゼロは1000億円を手にした後に標が企てている“在全を倒す”計画を聞き、その全貌に驚愕する。
「無謀だ。危険過ぎる!」
標を止めるためにも決勝に進みたいゼロは、ゴミ屋敷の中からリングを探す「失われたリング」に挑む。まだ誰も成功していないため、インチキだと噂されていたが、ゼロは時間ギリギリでゲームに潜むカラクリに迫っていく。

そして決勝戦―。
「来たよ、標くん」
標の前にゼロが現れた。行われるのは一対一の心理戦「ブレークダウン」。
それぞれの前にはリングの入った4つの箱が並ぶ。相手の箱の中から鉄板で守られてない一つを見破り、ハンマーで叩き割れば勝利だが、3回勝負で守りに使える鉄板の数は限られるため水面下での駆け引きが必要だった。
「君を勝たせるわけにはいかない」
圧倒的な力を見せつける標を相手に、二人の壮絶な頭脳戦が繰り広げられていく。(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話放送前の見どころと予想は?

ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

導が4つ目のリングを獲得したことにより、ゲームは全体的に終了となり、導が王になるのだという放送が鳴り響いていた。それを聞いたゼロらはゼロが4つ目のリングを獲得して王になるのだと思っていたため、その放送に衝撃が出る。ゼロは導と直接対決をしたいということを在全に申し込み、対決が始まるという展開になるという展開を予想し、その展開になるかどうかが楽しみなポイントである。
ペンネーム:あかり (女性・20代)
やはりわかってはいたものの標が4つ手に入るのは読めてはいたかと思います。ですが、標は冷徹で寡黙な男であり、零の才能こそ認めてはいるものの未だに謎が多いキャラクターであるため今後どのように接していくのかが気になるところです。また零は一度クォーターゲームで標に負けており、クリアタイムでも、アイディアでも完全に標に負けていたためそれも兼ねて、今後のリベンジ戦の行方が気になるところです。
ペンネーム:tp (男性・30代)
ついにリングを4つ揃えた標と、それを止めなければならないという零の戦いが待っているようなので、とてもワクワクしています。しかし、リングを4つ揃えたら王だという話だったはずが、何故二人が戦うことになっているのか疑問です。恐らく、また在全の何かしらの思惑だとは思いますが、一体、どのような経緯で二人が戦うことになるのか、そこが明らかになる事も、とても楽しみです。
ペンネーム:さきママ (女性・30代)
残り時間が少なくなって来たら、もう時間がないから一人は見捨てるしかないと判断する人は少なくないと思います。それに、やけくそでなんでもいいから答えを出してしまえ!と思う人もいます。こんな状況をどう収めるのかと思っていたら、周りの仲間が助けてくれました。ゼロを信用し、ゼロの良さを分かっているからなんでしょうね!これからますますゼロの味方が増えていく事でしょう。しるべくんはみんなが知らない間に、リングを4つ獲得していましたが、予告ではゼロがそれを止めています。4つ獲得すると命に危険が迫ったりするのでしょうか。しるべくんはゼロの言うことを聞くのでしょうか?次回が待ちきれません!
ペンネーム:おやき (女性・40代)
一足先に、しるべがリングを4個獲得しました。ゼロにとっては最大のライバルであり、しるべに勝たない限り、勝利はありません。ゼロとしるべの一騎打ちは、どちらに軍配が上がるのかが楽しみです。冷静沈着で、スピードがあるしるべに勝つ方法は、心を乱すことしかない気がします。どんな人でも全勝するのは、難しいですから。
ペンネーム:ふじお (男性・40代)
ついに最強のライバルである標くんが4つ目のリングを手に入れたようでした。しかし在全の気まぐれによってゲームをあと20分延期するみたいです。予告から予想すると、ゼロも無事にリングを4つ手に入れることができそうで安心しました!しかし標くんと直接対決のシーンも出ていたのでまだまだどうなるかわかりませんね。心理戦のようなので、ポーカーフェイスの標くんにどう立ち向かうのか、楽しみにしています!
ペンネーム:てんにー (女性・30代)

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話の見どころと感想をご紹介します。

tpo
見どころは?
原作と異なるストーリー展開となった第9話、本来ならば飛ばしたゲーム”ジャックルーム”があったものの、まさかそれと酷似したゲームを行うため原作ファンからしたらうれしい限りであります。そしてその対戦相手が在全側の刺客ではなくまさかの標自身が相手となり、一度クォータージャンプで敗北していることもあり、早めにリベンジ戦が行われたのは視聴者側としては熱くなる展開でもありました。内容はジャックゲームとは異なるものの、すべてガードを利用して守ったり、在全側が零に勝たせないように標に手助けをしたりとやはり零に対して厳しくしているところなどが演出されているため、いかに厳しくしているかが感じ取れました。原作と異なる最後は必見といえるでしょう。

感想は?
原作と異なるスタートダッシュであり、挑戦する順番も異なってはいたものの、在全が用意したアトラクションも一部異なっているものこそあったものの全部挑戦したため原作ならではの、戦略・知略・残虐さを兼ね備えたスリルあふれるイベントがすべて見れたのは良かったです。また先ほども記載したとおり、標との再戦も早期に行われ、原作にはないオリジナルストーリーで進行しており、先の読めない展開だった点が今回の最大の見どころでもあり、良かった点でもあります。そして、キャスティングが変更されていた後藤が最後に零のところに立ちふさがるのも予想外すぎて先が読めなく次回が気になるところです。

へまちゃ、
見どころは?
勝者の条件である、4つ目のリングを佐藤龍我演じる標が獲得した。あと1つ目前だったゼロは愕然とするが、梅沢富美男演じる在全の思いつきでチャンスを掴むことができた。加藤シゲアキ演じるゼロと佐藤龍我が演じる標が一対一の心理戦に挑むところが見所です!圧倒的な力を見せつける標、それに立ち向かうゼロ、2人の壮絶な頭脳線がとても面白いです。また、他の人たちがどのような動きを取るのかというのも見どころな点であると思います。

感想は?
ゼロと標の頭脳戦は本当に毎回楽しみにしながら見ています。どんな展開があるのか予想ができないのでハラハラドキドキします。ゲームのカラクリに気づく人は本当にすごいと思います。標とゼロ、2人とも運任せにして戦うことがないので、どうやってお互いの心の中を覗いて行くのかが見ていて面白いなと思いました。頭脳戦であまり理解できない点もありましたが、話の内容としてはとても面白いです。原作も読んで見たいと思いました。

いくみん
見どころは?
ゼロが標との決勝戦に挑むために、最後のリング獲得に翻弄する。残り5分で最後のゲームに挑戦するために今まで集めたリングを2つ違う挑戦にあげてまでゲームに挑戦するところである。それだけゼロはゲームに勝つ確信を持っていた。また決勝戦でも、標に問いかけて説得し、ゼロのことを信じさせ、見事に勝利した。標が心のどこかで信頼できる大人を必死に探していることを読みとり、その大人こそゼロであったのだと視聴者にも感じさせた。

感想は?
ゼロが決勝戦に行くことはわかっていたが、最後の1個となる4つめのリングを獲得するために2つのリングを他のプレーヤーに渡してまで挑戦することになるとは予想だにせず面白かった。また今まで苦労して3つのリングを集めたのに、最後のゲームは今までのゲームの難易度に比べて簡単なように感じた。決勝戦のなかで、標が必死に隠していた心の闇(信頼できる大人がいないということ)までをも見破って勝利したゼロはやっぱり素晴らしいと思った。

Ruby
見どころは?
最初に4つのリングを獲得したのは標。それで敗北が決定したと落ち込む民衆とゼロ。しかし、ざいぜんの計らいにより救済処置による異例の決勝戦参戦のためのリング獲得ゲームの開始。みんなの協力もあり、難なくリングをゲットし決勝戦に向かうゼロ。さぁいよいよゼロと標の一騎討!権力と財政力の蔓延るこの世界の歪みに対抗しようとする想い。それぞれにこの世界を変えようとしている二人が対決。必死に標を止めようとするゼロの気持ちに標が答えてくれて、ゼロの勝利。お互いの勝負の際に絡み合うゼロが標を想う気持ちが標を動かすのが何とも見所ですね。

感想は?
今のところゼロ一攫千金ゲームを全話見ていて、前回の終わりで標が4つ獲得でまさかの最終回!?って思っていたのですが、ざいぜんの救済処置により、ゲームが新たに行われ、ゼロと標の一騎討ちが実現してひとまず安心しました!しかし、圧倒的な標の戦略、力、攻略に手も足もでないゼロ。これは終わってもう終わりなのかなって思いましたがゼロの戦略により標の揺らぐ想い。周りの協調性、グッと来るものがありました。初めでは考えられなかった協調性もゼロを中心として変わっていく姿が毎回楽しくて仕方ありません。

てんにー
見どころは?
標くんがリングを4つ手に入れましたが、それで終わりでは面白くないという事でゲームを20分伸ばします。そのおかげでゼロはサクッとゲームをこなし、リングを4つ獲得することができます。標くんの財前を倒すための無謀な計画を阻止するためにゼロは標くんに挑戦します。ポーカーフェイスを極めている標くんとのゲームは心理戦です。圧倒的に不利ですが、どのようにして標くんにゲームで勝ってどのようにして財前に向かうのかが見所です。

感想は?
感覚で勝負に挑んでくる標くんに対して、考えすぎるゼロはどう挑むのか終始ドキドキするゲームでした。ゲームの途中で峰子がフェイクを渡したり、こういう不正は正直やめてほしいですが…それでもゼロが勝ってくれるので見ていて安心しました。周りの人がゼロに加勢しだした時は正直びっくりしましたが、こんな世界を変えたいと思っているのはみんな同じだったんだな、と気づきました。お金は人を狂わせますが、ゼロが変えてくれると、私も信じています!

さおり
見どころは?
リングを4つ獲得したという導がそのまま王になってしまうかどうかということ、ゼロは4つのリングを集めることができるかどうかということ、セイギやユウキ、さくらはゼロの味方でいてくれるかどうかということ、ゼロが4つ目のリングを獲得するために挑んだゲームとはどのようなゲームであるかどうかということ、ゼロはそのゲームに対してどのようにクリアしていくかどうかということ、導は世界を変えるという目的を貫き通していくかどうかということ、ゼロと導どちらが勝つかどうかということが見どころである。

感想は?
ゼロはなぜドアノブの中に三つのリングが入っているということを見抜けたのだろうかと驚いた。今までゼロが挑んできたゲームにはどれも命が関わっているにも関わらず、宝探しのゲームでは命に関わりがないということに意外なのだと感じた。これなら誰でも挑戦できるのではないかと思った。ゼロが今まで獲得してきたリングを挑戦者に譲るということは、自分は3つのリングを宝探しゲームで獲得するという自信があったのだということが伝わってきた。そういうゼロが格好良かった。

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』9話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、huluがオススメです!