ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【9月2日放送】

この記事では、9月2日に放送された、NEWSの加藤シゲアキさん主演の2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

2018年夏『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT ×
TSUTAYAディスカス ×
hulu
ビデオマーケット ×
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話が視聴できる公式動画配信サイトは、


・hulu

上記のサイトでドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

huluでは、2周間の無料お試し期間があり、全部のドラマ作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・高嶺の花

・トーキョーエイリアンブラザーズ

・ゼロ 一獲千金ゲーム

・サバイバル・ウェディング

・探偵が早すぎる

・崖っぷちホテル!

・Missデビル 人事の悪魔・椿眞子

・正義のセ

・トドメの接吻

・この世界の片隅に

など、人気のドラマが見放題となっています。

2周間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話の見逃し配信動画を無料で見るならhuluがオススメ!

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのhuluについてご紹介します。

Huluでは、『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話が無料視聴できます。

Huluは、ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えたオンラインビデオ配信サービスです。 月額933円(税抜)で全コンテンツ見放題!さらにマルチデバイス対応なので、いつでもどこでも視聴可能です。

huluの強みはなんといっても海外作品が多いところ!数百本以上の長編映画や数千本以上のテレビ番組を見放題で楽しむことができます♪

huluのお試し無料期間は2週間です。いつ終わるかわからないので今のうちに登録してドラマをたくさん視聴しちゃいましょう!

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』第8話のあらすじ

2018年9月2日(日)放送のドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』第8話のあらすじをご紹介します。

ゼロ(加藤シゲアキ)のリングは2つになった。あと2つ…。そんな時、ゼロについて行けば確実にリングが獲れるからと、末崎(ケンドーコバヤシ)が、21人参加のゲーム「魔女の館」の挑戦者を勝手に集めてしまった。そんな他人任せの挑戦者達にゼロは不安を覚える。
「ケケケケケ…ようこそ魔女の館へ」
兵士が壁に描かれた部屋。その中央に立つ魔女像が、耳障りな高笑いと共に、峰子(小池栄子)の声で話し出す。
「捕らわれの21人が、生きて出る方法はただひとつ。この部屋にかけられた魔女の呪いを解くこと」
そのためには部屋に隠された「見えない数字」を解く必要があった。
数式の計算には全員の協力が必要。しかしついて行けない挑戦者はゼロを信用出来ずに反乱を起こす。
「うわあああ!」突然壁から無数の槍が飛び出し、ひとりの挑戦者の腹を刺した。
時間内に正解しなければ、全員串刺し―。槍の壁がじわじわと接近する中、間一髪でゼロが答えを送信するが…。
「馬鹿な!?」目に飛び込んできたのは『不正解』の文字。
「騙された!」「リーダー失格!」暴徒化した挑戦者が一斉にゼロを攻撃し始める。

(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話放送前の見どころと予想は?

ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

次回は21人で参加するゲームにさくらが呼び掛けているのを見てしまったため、参加することになるゼロ達がどうなるのかとても気になりました。すごく怖そうなゲームで、部屋からとげが出てきたり、すごく危険だと思ってしまったので次回もどうなるのかとても楽しみです。アンカーゲームよりも怖いものが存在するのかとても期待しています。
ペンネーム:momon (女性・20代)
さくらがたくさんに人数を集めて何かしようとしていました。次のゲームはまた大人数で参加するゲームのようなので、そのための人数集めでしょうか?どっちにしろゼロについていくのは間違い無いと思います!ゼロのことを信用してついてくる人もいれば、リングが確実に取れるから利用してやろう!という人もたくさんいそうで怖いです。でもさすがにあんな大人数をまとめるのはゼロでも難しそうなので、どうなるのか楽しみにしていたいと思います!今回は標くんの活躍がなかったので、来週あたりまたでてきてほしいです!
ペンネーム:なーにゃ (男性・20代)
大勢の人が参加するゲームで、犠牲者が出そうな感じがします。一歩間違えれば、人間が串刺し状態に、なってしまいます。ゼロが得意な数学で、ゲームの死角を見抜くような気がします。リングの数を増えていき、しるべに追いついてきました。考えに考えてのゼロの演技もなかなかですが、クールで即決な判断のしるべも見ものです。
ペンネーム:ふじお (男性・40代)
ゼロやヒロシ、ユウキがリングを獲得したのを見たさくらやセイギはもはやゼロのことを信じていいのだと判断するようになる。ゼロの元にはチカラ、スナオ、ヒロシだけではなく、ユウキやセイギ、さくらも加わってくるという形になった。彼らはゲームに挑んでいき、クリアすることでリングを獲得しようという目的を強く持つようになるという展開を予想し、その展開になるかどうかが楽しみなポイントである。
ペンネーム:つばき (女性・20代)
ゼロがアンカー問題を言い当て、ホッとしたのもつかの間、今度は問題の場所を入れ替えられてしまいます。そしてアンカー問題はゼロが答えられないように操作され、ゼロが仲間のミスによって死ぬように仕向けられます。問題って、解けないように途中で変えてもいいものなの?!とちょっとビックリしました!予想外がありすぎて次回もどうなるか予想出来ない所が、楽しみなポイントですよね!ルールを無視されたゼロも負けてはいません!心理をうまく操って、わざとユウキに間違えさせました。間違えさせるなんて思ってもみませんでした!次はどう来るのか楽しみです!
ペンネーム:おやき (女性・40代)

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話の見どころと感想をご紹介します。

てんにー
見どころは?
前回の予告でさくらが勝手に人数を集めていたのはやはり次のゲームのためでした。ゼロについていけば必ずリングが手に入ると、適当な人たちを集めてしまいます。ゲームである魔女の館に入りますが、案の定まとまりがなく、ゼロのいうことをなかなか聞いてくれず苦戦します。焦る中、冷静を保ち問題を解いていきますが、二回回答できるうちの一個目をはずしてしまいます。それによってさらにまとまりがなくなりますが、もみ合いになった時に転がってきたサングラスに映った隠し文字に気がつき、間一髪でクリアすることができます。間髪入れずに最終問題がだされますが、セイギやユウキの協力もあり21人全員助かるというお話でした!
感想は?
またまた命がけのゲームで本当にハラハラものでした。しかも今回は21人という大人数をゼロが背負うことになり、責任感がハンパないなあと思いながら見ていました。そんなゼロに対して、周りのモブキャラたちは緊張感がなく、まとまりがなくて本当にイライラしました(笑)リングが取れた瞬間に寝返ってゼロに謝りに来ましたが、私だったら絶対あんなアッサリ許せません!ゼロは心が広いなあー。だから人が付いてくるんだと改めて感じました!
ふじお
見どころは?
隔離された部屋に21人入り、答えを間違えると、全員串刺しになってしまう残酷なゲームです。解答は2回までで、時間制限があり、矢が迫ってきます。代表のゼロの指示に従わなくてはいけないのに、仲間を乱す行動をする者が少数いました。ゼロの言うことは絶対なので、指示通り動いていれば助かる見込みはあります。数学が苦手な人ばかりで、なかなか上手く行きません。ゼロはその時、助かる方法を見つけて全員救出に成功します。
感想は?
部屋の形をルート2で気付いたゼロは、数字に変換して1.41421356の次の数字を言い当てます。みんなで解いた数字が重なることもあり、23で解答ボタンを押しましたがアウトでした。その時、鏡文字に気付き四捨五入と書いてあり、23の次の数字が7なので、24で再度ボタンを押します。2回目で答えを成功させたゼロに対して、反発していた人達はゼロに謝りました。ゼロも一回目を間違えたので、あってはならない事と謙虚な人です。数学が苦手な人は、ただ面倒くさいだけだと思います。やらないといつまで経っても苦手なままです。
おやき
見どころは?
第8話のステージは”魔女の館”です。中心には”皆殺しの魔女”と言う不気味な像が置いてありました。それには数字と決定ボタンが!ちょっと古い感じの角ばった、押すとしっかり出っ張りが引っ込む、ちょっとレトロな機械。問題は、部屋の中に隠れた数字を見つけ、魔女の呪いを解くと言うものだった。外れると皆殺しと言うことでした。ゼロが問題を解くまでの間、また今回も、混乱した人達の揉め事が起こります。この状態でどのようにゼロは答えを導き出すのでしょうか。
感想は?
よくゼロは後ろでもめている中、冷静に問題をとけるな〜と感心しました!しかも毎回時間に間に合って、正解しています。そのうえ、残り時間がギリギリでも、全員生還と言う考えをを絶対に曲げません。死ぬ覚悟まで出来ています。話の途中で、ユウキに「また人の命預かってんの!?」と言われる程でした。きっとこんな人は、友達が多いんだろうなーと思いました。今回の問題も、私は全く解けませんでした。脳トレにもなるドラマですね!
さきママ
見どころは?
今回は、21人という大人数でのゲーム参加となります。最初こそ、零がいるというだけで安心を感じていたのか、レベルがハードな割には、皆が軽い気持ちでゲームに参加します。しかし、答えを導き出すのに手間取る零に対して、反発心を見せる者たちが現れます。終いには、零が信用できないからと、パッと思い付いただけの答えを打ち込もうとするものさえ出てきます。零が追い詰められるなかで、助け船を出すのは、なんとユウキとセイギなのです。皆の心がまとまるのか、ユウキとセイギはどこまで手を貸してくれるのか、そのあたりが見どころとなります。
感想は?
そもそも21人をかき集めたさくらを始め、零がいるから大丈夫と軽い気持ちで、本来ならば恐れなければならないハードのゲームに挑んで行く人達に腹立たしさを感じました。王になりたいと言うわりには他力本願、しかも、零が少し難しい話をすれば、「分からない」「面倒臭い」という理由で零に難癖をつけて非難し、自分勝手な行動を取り始める始末。元々対立していた者達同士とは言え、言動が勝手すぎて本当にイライラしました。そんな人達にも、自分の非を認めて謝罪した零は、尊敬に価すると感じました。
tp
見どころは?
前回末崎兄の誘いにより、リングがないorリング1個という才能のないメンバーでも力を合わせて乗り切るよう話しかけられ、前々から気になっていた21人のチームによる参加で挑戦する大イベントが行われるものの、イベント内容は参加者21人を矢や槍で刺殺しようという残虐な部屋であった。その後、結束したり、仲間割れを起こしたりしたりするものの無事攻略した。このストーリーの見どころは原作以上に緊迫感が伝わり、零の失態に対しての内乱のところや、末崎兄の代わりに参加したユウキ・セイギが零と再度結束するところが今回の最大の見どころといえるでしょう。また原作以上に不気味な魔女の置物の完成度もかつ目したいところでもあります。
感想は?
従来同様2話に分けて放送すると思っていたら、あっさり1話完結してしまうため少し驚きました。もっとも原作にはない緊迫感・臨場感を出すため、開幕すぐに負傷者を出すことにより参加者に恐怖を煽らせ、そして零にすべてを託し進めていくというサクセスストーリーは原作とは違うもののよい感じだと思いました、外枠の鏡文字のところ等もちゃんと作っていたのもさすがだとは思いましたが、さすがに床がなくなり無数の針による刺殺のところは省かれましたが、そのようなことをしなくても緊迫感と零の義賊の精神は保てていてよいかと思いました。
あかり
見どころは?
ゼロは次にどのようなゲームに挑戦するかどうかということや、そのゲームの難易度とはどれくらいであるかどうかということ、ゼロは誰とともにゲームに参加するかどうかということ、魔女の館でゼロら21人は無事にクリアして、完全密室から脱出することはできるかどうかということ、誰1人でも命を落としてしまうことはなくてすむかどうかということ、導とゼロのどちらかが先に4つ目のリングを獲得することができるかどうかというのが見どころである。
感想は?
数字という専門的知識がないと魔女の館をクリアすることは結構厳しいのだと感じた。ゼロがゲームに挑戦する前に、ゼロについてくるようにという指示に対し、全員が頷いていたにも関わらず、途中からゼロに従わなくなっていく人々が続発するというのは仕方ないと思った。命を懸けているからこそ、皆は死にたくないという思いを持っているからこそゼロを信じられなくなってしまっているのだと思った。その最中でゼロが正解を導き出し、ゲームをクリアすることができたというのが良かった。

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』8話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、huluがオススメです!