ドラマ『チア☆ダン』9話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【9月7日放送】

この記事では9月7日に放送された、土屋太鳳さん主演の2018年夏ドラマ『チア☆ダン』9話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

また、ドラマ『チア☆ダン』9話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください!




2018年夏ドラマ『チア☆ダン』9話のあらすじ

関西予選大会を2位で入賞し、全国大会に進めることになったわかば(土屋太鳳)率いる福井西高校チアダンス部ROCKETS。
結成1年で全国大会に進んだ奇跡に福井西高校のみんなもROCKETSたちに期待が高まる。入院中のチアダンス部顧問の太郎先生(オダギリジョー)もあとは検査を残し、もうすぐ退院することが出来るまでに回復した。
全国大会に向けて練習を進める中、膝に違和感を覚えるわかば。気にしないようにするも、あおい(新木優子)が異変を見抜き病院に連れていく。診察の結果、膝の靭帯損傷。治るには1カ月以上かかるという。
全国大会まで39日を切った日に通告された現実に、戸惑いを隠せないわかば。踊れなくてもやれることはいっぱいあるというあおいの言葉を聞いたわかばは、次の日、朝練中のROCKETSの元へ行くと、自分は全国大会には出ないと宣言をする。
踊れなくても私はROCKETSのメンバーだからと積極的にみんなのフォローを行うわかばだが、汐里(石井杏奈)は納得がいかない。しかし、「一番大事なのはROCKETSがJETSに勝つことだから!」とわかばの意見は変わらない。
怒りを抑えられない汐里は、わかばに「もうROCKETSに来なくていい」「全国大会で優勝するためには、わかばにいてほしくない」と言ってしまう。
呆然と部室を出ていくわかば。太郎先生からは思う存分休んだらいいと言われてしまい――
結成以来、最大のピンチを迎えたROCKETSが下す最後の決断とは――!?
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』9話の見逃し配信を無料視聴するならParaviがオススメ!

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』9話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのParaviについてご紹介します。

Paraviは、2018年4月1日にサービス開始された新しい公式動画サービスです。

とにかく国内ドラマに強く、放送中のドラマ『チア☆ダン』9話を見逃してしまってもここで見ることができるので安心!

国内最大級のドラマアーカイブ数で、TBSのドラマはもちろん、話題の人気作品や名作を多数配信しているところも魅力的なサービスです。

ドラマ以外にも、アニメや報道、経済番組なども見放題で楽しむことができます!

今なら、登録月が無料で見放題になる、無料お試しキャンペーンをやっていますので、試してみてはいかがでしょうか?

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページにてご確認ください。




2018年夏ドラマ『チア☆ダン』9話の放送前の見どころと予想は?

Rocketsの皆が次々へと進路を決めていくのを見たわかばは焦りを覚え、チアダンスで全米制覇をした後の自分は何をしたいかと感じた結果、あおいのようにどこかの学校に行ってチアダンスのコーチをやりたいという理想を持つようになり、関東予選大会に向けてチアダンスの練習に励んでいくという展開を予想し、その展開になるかどうかが楽しみなポイントである。
ペンネーム:あかり (女性・20代)
いよいよ関西予選の日になっていましたし、クライマックスに向かっているなあとなんだか寂しく思います。そんな中わかばは大会前に骨折してしまうようなので最後までチアダンから目が離せません。わかばはしおりから本当は踊りたいくせに!ときつい言葉を浴びせられていましたが、骨折した相手に言っても…と思いますが、それもなにかわかばがしおりたちに言ったからなのかもしれませんし、来週が楽しみです。
ペンネーム:ぱるる (女性・20代)
今度はわかばのピンチのようですね。わかばが大きな大会の前にけがをした感じでしたね。わかばは大会に出場しないと言ってた予告でしたけど前に妙子が同じような状況の時、できない人を出場させなかったら最後出られる人が誰も居なくなるって自分が言ってたので部員達が絶対、何があってもみんなで出ようって言うと思います。たとえ、それが高校生の最後の競技で負けてしまったとしてもわかばなし、で勝っても意味がないと判断するのではないかと思います。
ペンネーム:ユッキー (女性・50代)
わかばは膝を怪我してしまいます。踊れなくても出来ることはあるとあおいに言われて全国大会には出ないことに決めましたが、それが原因で汐里と言い争いになってしまいます。汐里は本心で言ったわけでは無いと思います。結成当時からずっと二人で頑張ってきたので勝手に決められてしまって寂しいのだと思います。わかばがどんな決断をするのか楽しみです。
ペンネーム:たかは (女性・30代)
楽しみなポイントはまず、最後に出てきた真っ赤なフラメンコ風の衣装で、どんな演技を見せてくれるのかということです。ロケッツらしくない衣装に感じましたが、何か意味があるのではないかと楽しみにしています。今後の展開は、ロケッツが全米制覇を果たし、ついに卒業を迎えそれぞれが夢に向かって進んでいくと言う結末だと思います。青春ドラマなのでそうならないと逆に困りますw
ペンネーム:るいじ (女性・30代)
全米を前にして、わかばがケガをしてしまうところが予告で流れていたので、何かしらトラブルがあるのかなと思っていました。わかばは、ケガをきっかけに、部長として明るくやっていた気持ちが壊れてしまい、それを春馬の応援や太郎先生が復活することで、リハビリも早く進むのだと予想します。わかばが、全米に行く時、春馬はわかばに告白し、汐里は失恋をきっかけに、アルバイトなどをしてアメリカ留学を志すでしょう。
ペンネーム:がーる (女性・30代)

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』9話を見た人の感想は?

皆様から頂いたドラマ『チア☆ダン』9話の見どころや感想をご紹介します。

ビビ
見どころは?
全国大会まで残りわずかな時に膝を怪我してしまった若葉。複雑な思いを抱えたまま若葉が考え出した答えは、チームのために全国大会は出場しないこと。その答えに納得のいかないチームメイトと若葉はぶつかり合ってしまう。悩んでも答えが出ない若葉は漆戸先生に相談に行く。そこで、本当に大切なことに若葉は気づく。本当に大切なことは、皆を信じること。自分に正直になること。そして、若葉はチームメイトに本当は皆と踊りたい!全国大会に出場したい!と本音を告げる。そんなチームメイトの絆、若葉の成長が見所です!

感想は?
若葉が膝を怪我して、辛くて辛くてたまらない時にチームメイトともぶつかってしまう。本音が言えない辛さ。でも、自分のせいで全国大会前にチームに迷惑をかけなくない若葉の気持ちが痛いほど分かる9話でした。本音は皆と踊りたい、全国大会に出たい。そんな若葉が本音を言いに来てくれるのを待つチームメイトの優しさに心を打たれました。厳しいことを若葉に言ったのはわざとで、若葉も入れて全国に出たいとゆうチームの絆がとても感じられて感動しました。

ノゴロー
見どころは?
膝の靭帯を損傷をしたわかば(土屋太鳳)。全治に1ケ月以上かかるとの診断だが、果たして大会に間に合うのか?本心は踊りたいわかばだが…ROCKETSのためにあえて自らはサポートに回る決断をする。汐里(石井杏奈)らチアダンス部のメンバーは、そんなわかばにどういう反応をするのか?いままで、キャプテンとして、ROCKETSを引っ張ってきたわかば。ROCKETSのためにサポート役に回ることを決めたが、はたしてそれは正しい決断なのか。「もっと、自分たちにわがままを言ってほしい!」というROCKETSのメンバーの隠されたわかばへの本心が見どころです。そして、太郎先生(オダギリジョー)は全国大会までに顧問に復帰できるのか。ケガをしたわかばの気持ち…太郎先生は誰よりもわかるはずです。顧問として太郎先生がわかばにかける言葉や言動にも注目です。

感想は?
ROCKETSの結束が素晴らしいです。20人そろってこそROCKETSという仲間意識が、眩しすぎる!迷惑をかけたくないというわかばと、迷惑をかけてほしい、頼って欲しいというROCKETSのメンバーの思いが共に美しい。また、その衝突と素直になれない両者がもどかしさこそが「青春」ですね。チームは誰がミスしてとか、迷惑をかけたとかではなく、全体でカバーするもの。スポーツマンシップに感動しました。桜沢教頭(木下ほうか)がすっかり人格が変わってしまったのが滑稽です。代行顧問終了で、花束をもらってデレている姿がちょっと可愛らしかったです。本ドラマで一番、変化があったのは教頭だと思います。

みかん
見どころは?
全国大会に行ける事となった、ROCKETSのメンバー。日々練習に励んでいたが、主人公のわかば(土屋太鳳)が、練習中に、右膝の違和感を感じる。姉でコーチの、あおい(新木優子)が、異変に気付いて病院へ。そこで、靭帯を損傷で全治1カ月と診断される。全国大会まではあと39日。どうしても、出たいというわかばだが、医者からは、「現状では厳しい」との言葉が。わかばは、打倒JETSの為、「全国大会には出ない、サポートにらまわる」とメンバーに告げる。

感想は?
怪我をしても、笑顔で振る舞いサポートしていたわかばが、全国大会に出ないと宣言。だが、「もう来なくていい」と仲間に言われる。20人で踊れる最後の大会。わかばのいない所で「誰よりも一緒に踊りたいはず。」「誰よりもJETSに勝ちたいと思っているはず。」と、仲間は言う。仲間達が、わかばに怪我を治して戻ってきて欲しいと思い、わかばが自分で戻りたい、一緒にやりたいと言ってくれるのを待っていた事を知った時、わかばに本当の笑顔が戻って、とても感動した。

mirokichi3
見どころは?
全国大会出場を決めたROCKETSは周囲から注目されて、部員達もさらにやる気を出しました。練習にも力が入りましたが、わかばは膝に異変を感じました。果たして、わかばの膝は大丈夫なのか気になります。 わかばの影響を受けて、部員達も動揺を隠せない状況になりそうです。汐里もわかばの事が心配なはずですが、ちゃんと気持ちが伝わるのか気になります。気持ちを確かめ合って、20人全員で全国大会に出場することが出来るのでしょうか。

感想は?
わかばは全国大会を目の前にして、膝を怪我してしまいました。完治には1か月以上かかる状態でわかばは落胆しました。夢を目の前にわかばに起きた出来事は、とても悲しかったです。また、このタイミングに怪我が重なってしまった事で踊れなくなってしまった気持ちは辛かったと思います。 部員達もわかばが本心を隠しているのに気付き、冷たく接しました。わかばは太郎先生に相談に行ったり、自分の気持ちを整理していましたが、苦しかったと思います。太郎先生のアドバイスもあり、本心を部員達に伝えました。そして、皆もわかばの事を思っていて、待っていた事に感動しました。

sora
見どころは?
父親に会いに東京へ行った生徒が帰りに偶然男性の若者に絡まれているところを発見してしまう。後輩を助けるた為に事件に巻き込まれてしまった。後日弁護士から被害届をディジタルしたとの連絡か入り無実ではあるが生徒は仲間に迷惑がかかるからと退部を決意する。しかし学校全体で生徒の無実を証明しようと奮闘する。仲間を信じて、無実を証明し、一人でも欠けてはいけないと生徒が立ち上がるも、それを聞いた教頭先生が生徒と二人で東京へ行き、無実を証明する事を生徒たちに宣言する。

感想は?
仲間を信じる事の大切さや、助けるための思いやりに感動しました。しかしそれと同時に、ネットの怖さや犯罪に巻き込まれる若者の切実な思いも痛感しました。後輩が困っていたら助けるという当たり前の事が、こんなにも大きな事件に巻き込まれることは、助ける時には思いもしないことだと感じました。大会に出られなくなるなら、退部を決意する生徒が夢を諦めざる終えない。そんな生徒を学校全体で信じ、支え、証明する背景に感動しました。特に、生徒が無実を証明する為に東京へ行こうとした時に、教頭先生が無実を証明すると宣言する場面。弁護士と男性の前で大きな声で断言する場面は本当に感動しました。

ぽち
見どころは?
栞がロケッツを辞める…?!栞の過去が…暴力?!今までロケッツを若葉と栞で引っ張ってきたけど…栞が父親と一緒にアメリカに行くと宣言。アメリカでチアダンをする事が夢だった栞は何故突然ロケッツを辞めると言ったのでしょうか?栞に隠された過去も徐々に分かっていきます。いつも強がりのまきの涙のわけも気になる所です。1人1人考えている事も思ってる事も違いますがロケッツは全米制覇!と大きな夢と課題もあるので栞がロケッツを辞めると伝えた時のみんなの反応も気になる所です。

感想は?
ロケッツの絆が今まで以上に深まったと思います。まきの涙にうるっともらい泣きしてしまいました。若葉の言葉1つ1つ意味があってそれをみんなに素直な気持ちで毎回伝えたり簡単に出来る事じゃないのに凄いなと思いました。栞と若葉が作り上げてきたロケッツですがまきや他のメンバーもお互いを信頼し最初の頃より強くなってきたと思います。教頭先生が特にかっこよかったです!笑いあり涙ありのドラマですごくいいなって思いました。目指せ!全米制覇!!!




2018年夏ドラマ『チア☆ダン』9話のツイッターでの反応や評価は?

https://twitter.com/tomoe15270646/status/1037585742115926016

まとめ

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』9話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

無料でドラマ『チア☆ダン』9話の動画を楽しむなら、Paraviがオススメです!