ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【9月4日放送】

この記事では、9月4日に放送された、吉岡里帆さん主演の2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム
U-NEXT
TSUTAYAディスカス
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・FODプレミアム
・U-NEXT
・TSUTAYAディスカス
・ビデオマーケット
・auビデオパス

上記のサイトでドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・この世界の片隅に

・青と僕

・義母と娘のブルース

・ハゲタカ

・モンテ・クリスト伯

・いつまでも白い羽根

・チア☆ダン

・健康で文化的な最低限度の生活

・翳りゆく夏

・遺留捜査

など、人気のドラマが見放題となっています。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話のあらすじ

2018年9月4日(火)放送のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話のあらすじをご紹介します。

ケースワーカーとして2年目を迎えたえみる(吉岡里帆)のもとに、利用者の赤嶺岳人(音尾琢真)が病院に搬送されたと連絡が入る。過度な飲酒で膵臓(すいぞう)を壊し、アルコール依存症の疑いもあるという。しかし、当の本人は治療する気ゼロで、このまま飲み続ければ間違いなく死んでしまう。もう二度と利用者を死なせたくないえみるは、必死に説得し、何とか禁酒を約束させるが、数日後、赤嶺は再び酒を飲んで大暴れする。約束をいとも簡単に破られたことにショックと怒りを覚えるえみるだったが、調べてみると、アルコール依存症はれっきとした病気で、自分の意思では治せないことを知る。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第8話
まずはアルコール依存症について知らなければ…と考えたえみるは猛勉強を開始。半田(井浦新)のアドバイスで、断酒を目指す人たちが集まる“断酒会”を訪ね、驚くべき実態をまざまざと見せつけられる。アルコール依存症患者と向き合うのは、ケースワーカーとして最も困難な作業だと知る半田から、「その覚悟はありますか?」と問われたえみるは、治療のきっかけを与えられるのは自分しかいないと奮起し、早速、そのチャンスが訪れる。

再び病院に搬送された赤嶺は、「次は、命はありませんよ」という医師の言葉と、えみるの熱い説得でようやく治療に専念することを承諾。ところが、結局本人はいまだに自分が病気だという自覚がないままで…。えみるはアルコール依存症が“否認の病”と言われる理由を思い知る。どうしたら病気だと自覚させ、治療につなげられるのか――。思い悩んでいると、見かねた石橋(内場勝則)がえみるに声をかけ、ある出来事を話し出す……
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話放送前の見どころと予想は?

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

アルコール依存症の男性が保護申請に来て義経が担当します。しかし、本人は酒を飲み過ぎて職場に遅刻したり無断欠勤をして、折角、就労しても解雇されてしまいます。それでも義経はハローワークに行かせようとします。京極係長は、ただの怠け者だから保護費を支給する必要はないと言います。しかし義経が男の自宅に行くと酒瓶が散乱しており、アルコール中毒ではないかと疑い、義経は京極係長には、本人には自覚がないが依存症治療が必要なので、保護費を支給し治療させないと就労できないと説得します。それでも男は自分には酒しかないと自暴自棄になりますが、義経は粘り強く説得して漸く、男は専門施設での治療を決断するのではないかと予想します。義経が信念を持って京極係長を説き伏せる姿や、男に寄り添い説得する姿に期待します。
ペンネーム:ドラゴン (男性・50代)
えみるはアルコール依存症のケースワーカーと向き合うことになります。アルコール依存症は自分が病気だという認識がないので治すのが難しいと聞きます。そんな受給者をケースワーカー2年目のえみるが立ち直らせることができるのか心配です。えみるは新人の時に担当受給者が自殺した過去があるので、もうそんな経験をして欲しくないです。
ペンネーム:たかは (女性・30代)
義経らは生活課で仕事をするということにやりがいを感じるようになってきた。そこで生活保護を申請したいという利用者が現れ、その人の話を聞いて、生活保護を利用することでの是非を判断した上に、生活保護への手続きを行うという展開になるのだと予想する。栗橋が笑うというシーンが増えてくるかどうかが楽しみなポイントとする。
ペンネーム:かえで (女性・20代)
アルコール依存症の方に、どのように義経さんは働きかけていくのかが楽しみです。生活保護でアルコール依存症の人は、正直ちょっと嫌ですがしっかり治療してもらわないといけないと思います。また、阿久澤産の娘さんが何を考えているのかもとても気になります。阿久澤さんが幸せそうにしているので、余計に娘さんの真顔や何か考えている様子が怖いです。
ペンネーム:ちぃこさん (女性・30代)
アルコール依存症は、一生の闘いになる病気です。1滴でも飲んだことで、それが呼び水になって、たとえ10年治療を頑張って治ったと思っても再発する例もあります。第8話は、そんな病気を抱えた人のケースワーカーとなったえみる(吉岡里帆)の葛藤が描かれます。2年目になっても、対する相手が違えば、すべて新規です。その中で、完治の無い病気と向き合う姿が楽しみです。
ペンネーム:hana (女性・40代)
次回は久しぶりに吉岡里帆さん演じるえみるに焦点が戻る話になるので、また一生懸命駆けずり回ってアルコール中毒の問題などを色々と解決しようと頑張るストーリーになると思います。様々な感情表現をすると思うので、このドラマが始まってから大分時間が経ったので、力の入り過ぎない自然な成長した演技を期待したいと思います。
ペンネーム:イカロス (男性・30代)

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話の見どころと感想をご紹介します。

ねこっこ
見どころは?
えみるはアルコール依存症の赤嶺に手を焼いていた。本人は酒が飲みたいと言う衝動を抑えることができないだけでなく、暴れても体を壊して入院しても、依存症の自覚が全くない。専門病院に入院をしても、自助会の活動を馬鹿にして、反抗的に居酒屋への就職を決めてしまった。心配するえみるをよそに、最初は順調にいっていた赤嶺だったが、かつての妻子の悪夢がきっかけで、再度飲んでしまい、しかも失踪してしまう。「失踪が続くなら生活保護停止」という危機に陥り、えみるが自信をなくしかけた時、川べりで飲んている赤嶺が見つかる。「こんなだめな人間困ったでしょうがないでしょ」という赤嶺にえみるは決死の覚悟で「生きて」と言い、娘に似たえみるの思いが通じた赤嶺は、再起を決心する。

感想は?
自助会の人の態度が、はじめは「どうせ再発するんでしょ」というような見下した態度に見えたのですが、そうではなくて、経験から来るものだったとわかった時にはハッとしました。「ここまで来れたって言う事はもう一度1からやり直せる」という言葉には感動しました。それにしても、赤嶺はえみるが担当でラッキーでした。えみるの同僚でも何人か投げ出しそうな人がいますし。またえみるだからこそ、係長や半田、石橋ら先輩もアドバイスを与えて励ましたんだと思えるからです。娘に似ていたという要素も大きかったと思います。

rinngo
見どころは?
えみるが担当することになったのは、アルコール依存症の男性でアルコールが辞められない人とどう接していくのかが見どころです。アルコール依存症だという自覚がないため、簡単に辞めようと思えば辞めれると思っているのでアルコールについ手が出てしまうのが問題でした。アルコールを飲み続けると命に関わってしまうため、えみるが一生懸命やめさせようとするところがとてもすごかったです。えみるの思いが届くのかとても気になりながら見てしまいます。

感想は?
えみるはまず病院でアルコール依存症だという自覚を持ってもらうことにして治療することになったのですが、治療から帰ると居酒屋でバイトしだしたところがとても驚きました。居酒屋はアルコールがたくさんあるし、誘惑もたくさんあったのでどうなることかとひやひやしてしまいました。居酒屋で飲むことはなかったのですが、家に帰って飲んでしまったところがとても残念でした。えみるに赤嶺さんが失踪したことを伝えられたため、えみるが信じられなくなってしまったところが可哀そうだったけど、しっかりとえみるの思いが届いてとても良かったと思います。

ちこ
見どころは?
アルコール依存症の男性の保護受給者と、義経さんとの関わりが見どころです。アルコール依存症と名前は知っていても詳しく知らない人も多いと思います。今、アルコールがやめられない人とかも参考になると思うので、今回の回を見て知り合いにアルコール依存症の人がいる人は何か行動を起こせると思います。アルコール依存症はとても大変な病気なんだと今回の回を見て思いました。そのあたりのことも理解しやすい内容になっています。

感想は?
アルコール依存症というのは、本人がまず自覚することが大事ということは初めて知りました。確かにお酒を飲まなければいいと簡単に思うけど、やめられない。お酒が好きで、毎日お酒を飲んでいる人とどう違うのかなと思いました。難しい問題だなと感じました。私自身は、お酒は飲まないけど主人が毎日飲んでいるので、アルコール依存症になったら怖いなと思いました。アルコール依存症の男性の家に若い女性が一人で行くのとかはとても危険だなと感じました。何かあってからでは遅いです。

えれん
見どころは?
まず、物語の時系列が2年たち、吉岡里穂が演じる義経がどれだけ成長しているのかということです。今回のケースでは、生活保護受給者が、アルコール中毒という一味違う状態なので、これを成長した義経がどう対処するかが見どころです。義経だけでなく、2年たって、他の生活課のケースワーカーたちがどう変わっているのかも気になるところです。また、遠藤憲一演じる阿久沢が、娘とちゃんと生活できているのかも注目ポイントです。

感想は?
アルコール依存症は本当に恐ろしい病気だなと思いました。あれほど強い意志をもってやめていたのに、突如、飲みだして、失踪しようとするほど大変だとは思いませんでした。そして、家族や仕事、健康と人生で大切なものをどんどん奪っていくのも恐怖でした。そんな恐ろしい病気にも、粘り強く対応する義経はとてもかっこいいと思いました。私も生活保護を受ける際には、彼女の様なケースワーカーに対応して欲しいと思いました。そして、ラストシーンで阿久津の娘が倒れたことが衝撃でした。

ふじお
見どころは?
重度のアルコール依存症の赤嶺さんの回でした。福祉のお金で、仕事もせず、お酒を購入しています。部屋で倒れている赤嶺さんを義経さんは発見して、救急搬送します。原因は膵炎でしたが、アルコール依存症の治療に切り替えることに成功します。元気になった赤嶺さんでしたが、就職先が居酒屋であり、これではまたお酒の誘惑に負けてしまいます。その後、失踪した赤嶺さんを義経さんは見つけ出します。ここで義経さんは、赤嶺さんを突き放してしまいます。

感想は?
赤嶺さんの今後の事は、自分でも分からないと思います。酒を止めるとみんなに誓っておきながら、見事に期待を裏切ってしまいました。酒に頼る人は、自分の意思が弱いからだと思います。家族に会いたいけど、15年間絶縁状態なので、自分でも気づいていると思います。部屋の乱れが、心の乱れと言うように、部屋がきれいだと精神も安定します。自分でクズとか言う前に、自立できることが大事です。そしたら、誰も何にも言わなくなります。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』8話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!