ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月28日放送】

この記事では、8月28日に放送された、吉岡里帆さん主演の2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム
U-NEXT
TSUTAYAディスカス
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・FODプレミアム
・U-NEXT
・TSUTAYAディスカス
・ビデオマーケット
・auビデオパス

上記のサイトでドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

FODでは、1ヶ月の無料お試し期間があり、見放題対象作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・グッド・ドクター

・絶対零度

・限界団地

・コード・ブルー

・テラスハウス

・リッチマン、プアウーマン

・青と僕

・シグナル

・ラブホの上のさん

・コンフィデンスマンjp

など、人気のドラマが見放題となっています。

1ヶ月の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話のあらすじ

2018年8月28日(火)放送のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話のあらすじをご紹介します。

頭脳明晰(めいせき)な優等生・栗橋(川栄李奈)は、その豊富な知識と福祉に対する高い意識でバリバリと仕事をこなす、同期随一の“できる”ケースワーカー。しかし、そんな彼女には欠点がある。優秀すぎるが故に、“できない”人の気持ちが分からず、人前で笑うのも苦手。利用者に全身全霊でぶつかり、笑顔で接するえみる(吉岡里帆)を見て、人知れずコンプレックスを感じていた。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話
そんな栗橋が頭を悩ませていた利用者が中林吉徳(池田鉄洋)。姉を一年前に亡くして以来、働く意欲が全く感じられない。このままでは税金のムダ遣いにしかならないと考えた栗橋は、求職活動をするように口頭で指導。しかし中林は求職活動をしなかったため、栗橋は生活保護廃止につながる内容を文章化した“指示書”を発行。すると翌日、“指示書”を持って中林が役所を訪れた。離席中だった栗橋に代わって、中林から偶然話を聞いたえみるは栗橋に、中林は文字が反転したり、歪んで見えたりする発達障害の一つ“識字障害”だと告げる。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話
「ハリウッドスターや有名人もカミングアウトしてる」とえみるが語る通り、識字障害を持った人は一定の割合で存在する。しかし、字の読み書き以外のことは普通にできるため、気付かれにくいのだ。苦しみ抜いて生きてきた中林の事情も知らず、一方的に保護を打ち切りかけた栗橋は、顔には出さないものの落ち込み、半田(井浦新)や同期のメンバーも彼女を心配する。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話
しかし、翌日には、栗橋は完全に立ち直っていた。識字障害について猛勉強し、中林の障害者手帳の取得を可能にした上で、理解ある就労先を見つけるために動き回る。自らの信念に従い、ケースワーカーとしてのミッションを果たそうとする栗橋。しかし、肝心の中林とは、全く気持ちが通じ合っておらず、問題はさらに大きくなってしまう。コンプレックスを克服できずにもがく栗橋に、えみるは友人として言葉をかける。

一方、えみるは、街中で娘の麻里(阿部純子)といっしょにいる阿久沢(遠藤憲一)に遭遇。2人がこれから一緒に暮らすと聞くと、「本当に良かった!」と涙を流しながら大喜びするえみる。しかし、麻里は…?
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話の見どころと感想をご紹介します。

イカロス
見どころは?
今回もえみる以外の出演者がメインの物語で、遂に川栄李奈演じる栗橋に焦点が当てられた物語になっていることが、まず興味深いと思います。今までは出番が少なくどんなキャラ設定になっているかわかりませんでしたが、今回のドラマでは自身の天真爛漫な感じのキャラと全く違う、全く笑わないクソ真面目でカタブツの役なので、それをどう演じるかを見ていました。一番の見所は以前栗橋に励まされた、えみるが逆に励ましの言葉を栗橋にかけるシーンだと思います。

感想は?
このドラマは視聴率が悪くネットでは打ち切りの噂も出ているので、どうなることかと見ていましたが、結果的に今回もそれほど面白くはありませんでした。やはり生活保護というテーマが重たく難しいと思います。池田鉄洋というゲストの人選も面白みがありません。前回同様に劇中の音楽がシーンの雰囲気と全くあってなく、感情移入できない感覚があります。全く字が読めない識字障害というものが存在することを初めて知りました、そしてあのトム・クルーズもその症状があるということは驚きでした。このドラマは、前回からちょっとしたうんちくが入るようになり、それが一番興味深いと思いました。

hana
見どころは?
見てほしいところは、7話で取り上げられているこの脳の障がいに苦しむ人が多い事を、多くの人に知ってほしいです。程度の差はあるのですが、小学生で、教科書が読めないから始まるこの病気があると、子供を指導する親・教師に知ってほしいです。また、書く時もすべてが歪んで見えるのに、周りはふざけて書かないと、真面目にやっているのに怒られる子供たちの例の文献も読みました。見どころとしては、自分も知らなかったその病気に、真直ぐに向き合っていく栗橋(川栄李奈)の姿勢です。知らない事を徹底的に調べることで、利用者と向き合う、とても素敵なケースワーカーとしての頑張りが描かれています。

感想は?
健康で働けるようにしか見えない中林吉徳(池田鉄洋)の担当になった栗橋(川栄李奈)は、彼の生活保護を打ち切ろうとしますが、彼には働けない事情がありました。この病気は、このドラマで、初めて知るそんな人も多いのではないでしょうか。実際に近くにいても、教科書が使えないという事で、特別支援学校に通学するケースもあるからです。だから栗橋が、ハローワークでケンカ腰になってしまったのも、知らない事だから理解できないそんな態度の職員を見たからだと思います。無表情で、笑わない栗橋は、誰よりも努力家で、頑張り屋で、それを周りが理解した時、栗橋も笑います。今回も心が温かくなるお話でした。

ちぃこさん
見どころは?
笑わない栗橋さんは、生活保護の受給者と心を通わせることができるのかが見どころです。受給者の中林さんは、やる気がないような態度ですが、どうして求職活動をしないのか、その理由も驚きのものです。そして、中林さんは生活保護を打ち切られてしまうのか、中林さんの今後はどうなってしまうのかも気になるところです。一人ひとり色んな事情があるんだなということと、人はそれぞれ向き不向き、いろんな性格の人がいるということがわかります。

感想は?
栗橋さんは無愛想だということで、今までも損することが多かったのではないかなと思います。だけど、あめり笑わない栗橋さんが少し笑うだけで相手の人はとても嬉しくなるだろうなと思いました。笑わないから怒ってるように見えるけど本当はとても受給者のことを考えているいいケースワーカーさんだなと感じました。読み書きができないというのは普段の生活であまりにも支障をきたすなと思いました。まだ小さいわが子がそのような障害があったら全力でフォローしたいと思いました。

かえで
見どころは?
栗橋はなぜあまり笑顔を見せないのか、中林はなぜ就職意欲を見せないのか、求職活動への意欲も見せないのか、栗橋は中林に対してどのように接していくか、中林はなぜ文字の読み書きをすることができないか、識字障害である中林はどのような方法で仕事を見つけることになるのか、中林は識字障害であることが判明したことを受けて栗橋は中林がこの先、生活保護を受けることができるためにはどうすればいいかということを考えることはできるかどうかが見どころである。

感想は?
栗橋は中林が識字障害を持っているからといって、中林を差別にせずに、中林にも自分に合った仕事を見つける権利を持っているということをハローワークの方に訴えていたというのが勇ましい行動なのだと思った。栗橋は中林の気持ちが分からないかもしれないが、中林のことを障害者だと扱っていないということが明らかに伝わってきた。中林は栗橋を通して仕事を見つけることができたのに対し、栗橋も中林を通して笑うことができたというのは良かった。

たかは
見どころは?
栗橋は担当受給者である中林の障害に気づくことが出来ずに、生活保護受給を停止する旨の指示書を発行してしまいます。そのことで上司にも注意を受けて落ち込みますが、翌日には立ち直っていました。障害のことを理解しようと一生懸命に勉強してなんとか中林の就職先を見つけようとします。しかし、中林からは一番理解していないのは栗橋だと責められてしまい、担当を外されます。ショックを受ける栗橋ですが、えみると話して気持ちが楽になりまたケースワーカーとして頑張ろうと思うのでした。

感想は?
同期の中で一番仕事が出来る優等生タイプの栗橋が壁にぶつかることになります。なんでも器用にこなしているように見えた栗橋ですが、人と笑顔で接することが出来ないというコンプレックスを持っていることがわかります。そのせいで今まで誤解されることもあったのだと思います。しかし、栗橋は同期が悩んでいる時にそっと手を差し伸べてくれる優しい面も持っていると思います。もっと自分に自信を持って欲しいと思いました。中林も栗橋に刺激されて新しい一歩を踏み出すことが出来ました。栗橋には今のまま頑張って欲しいです。

ドラゴン
見どころは?
義経の同期の栗林は中林という保護費支給者に難儀しています。栗橋は中林に何故、就労意欲を見せないのかと尋ねても答えません。そして栗橋が生保法27条による指導指示書を提示して就労意欲がないと保護費支給が取り消しになると言い、中林に文書を読んで欲しいと言っても読まないのです。後日、義経が対応すると中林が字が読めないようだと栗橋に言います。中林は姉の死亡で困窮していると言います。栗橋は課長に責任を追及されます。栗橋は中林を病院に連れて行き精神科で識字障害と診断して貰い、ハローワークに行きますが就労は難しいと担当者に言われます。一般企業は従業員の2.2%の障害者を雇用する義務があると栗橋が食い下がります。しかしハローワークからは上司の課長にクレームが入り、栗橋は担当を外されます。しかし中林は栗橋に自分の姉に似ている気がすると言います。姉が病気になっても力になれず亡くなり情けないと言いますが、栗橋は、しっかり生きなきゃと怒りますが自分の為に怒ってくれて嬉しいと中林は言います。中林は栗橋と本屋に行き字の練習帳を買い勉強を始めました。中林は工場勤務が決まりました。そして中林から御礼の葉書が届きました。

感想は?
平田が識字障害の人を見分けるのは難しいと言いますが確かに本人にもプライドがあり告白しにくいでしょうし第三者も尋ねにくいと思います。義経がトム・クルーズやスピルバーグがもそうだと言いますが、ハンデがあっても活躍している人もいるので周囲の理解と本人の努力次第で社会で活躍できるのだと思いました。障害者と栗橋が繰り返し言った時、自分の気持ちが理解できていないと中林は怒ってしまいます。栗橋は中林を傷つけてしまいケースワーカー失格だと嘆き、無意識に自然に人と話していて笑える人が羨ましいと言います。義経は栗橋には自分の意見を貫く強さがあり、ぶれないのが羨ましいと言います。確かに、栗橋は優秀ですが、笑顔が少なくて人当りがきついようです。しかし、悩みや弱みをさらけ出した時に人は笑顔になれ、周囲を幸せにできる事を利用者から教わったと言う栗橋の独白があり、中林の就職が決まって初めて中林が笑顔を取り戻したのは感動的な場面でした。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!