ドラマ『高嶺の花』8話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月29日放送】

この記事では、8月29日に放送された、石原さとみさん主演の2018年夏ドラマ『高嶺の花』8話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『高嶺の花』8話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『高嶺の花』8話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

ドラマ『高嶺の花』8話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『高嶺の花』8話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT
TSUTAYAディスカス
hulu
ビデオマーケット
auビデオパス

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『高嶺の花』8話が視聴できる公式動画配信サイトは、


・U-NEXT
・TSUTAYAディスカス
・hulu
・ビデオマーケット
・auビデオパス

上記のサイトでドラマ『高嶺の花』8話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・覚悟はいいかそこの女子。

・探偵が早すぎる

・義母と娘のブルース

・幸色のワンルーム

・探偵が早すぎる

・コウノドリ

・トドメの接吻

・健康で文化的な最低限度の生活

・刑事7人

・遺留捜査

など、人気のドラマが視聴できます。

1ヶ月の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

ドラマ『高嶺の花』8話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『高嶺の花』8話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『高嶺の花』8話のあらすじ

2018年 8月29日(水)放送のドラマ『高嶺の花』8話のあらすじをご紹介します。

もも(石原さとみ)は兵馬(大貫勇輔)の生け花に魅了され、彼と交流を深める。兵馬は、ももが華道家として必要な“もう一人の自分”を失っていることを見抜いていた。彼はももに、それを取り戻すには、誰もいない場所に一人ぼっちで咲く高嶺の花の覚悟が必要だ、と助言する。

直人(峯田和伸)は千秋(香里奈)と親しくなる。商店街の人々は、千秋が直人の新しい恋人になるのではないかと盛り上がり、二人を結びつけようとする。そんな周囲の思いをよそに、直人は図書館で生け花の本を何冊も借りて、ももの苦悩を理解しようと読みふけるのだった。
ももとなな(芳根京子)の技量を見極める「俎上」の日を迎える。選ばれた6人の師範と市松(小日向文世)が、二人の作品を見て投票し、どちらが次の家元にふさわしいか決めるのだ。俎上に参加する師範はルリ子(戸田菜穂)の息がかかった者ばかり。ここまでは、ルリ子の策略通りだった。しかし市松は、ももとななが花を生ける様子を非公開にし、どちらが生けたのかわからない状態で作品だけを見て投票をする、と宣言。この方法では確実にななを勝たせることができないと、ルリ子は慌てる。見学に来ていた兵馬は、市松の狙いを察していた――。

花を生けながら、ななは龍一(千葉雄大)への思いを噛みしめ、ももは直人との日々を思い出してしまう。二人が生けた花は、対照的なでき上りだった。一方は絢爛豪華で鮮やか、もう一方は限りなく淡い色合い。師範たちの投票は3対3の同数に、最後に市松がどちらに票を投じるかで、次期家元が決定するのだが……。
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『高嶺の花』8話の見どころと感想は?

読者の皆様から頂いた、ドラマ『高嶺の花』8話の見どころや感想をご紹介します。

もこさん
見どころは?
今回の見どころは、やはりお家元を決める姉妹対決と、ももがもう一人の自分を取り戻すために神宮兵馬に抱かれに行く場面です。特に、兵馬に抱かれに行ったももを、ぷーさんが連れ戻しに行く場面は、最高にときめくこと間違いなしです。ももをお姫様抱っこして連れて行く姿や、ももを救い出した後のエレベーターでの二人のやり取りもすごく感動的で「ここぞという時に決めてくれればそれでいい」と言った、ぷーさんのお母さんの名言がとにかく活きていました。

感想は?
姉妹対決の末に、敗退してしまうももが、どんどん壊れていく感じが見ていて恐ろしい回でした。こんなに、ももが苦しんでいるのに、ぷーさんは新庄千秋と良い雰囲気になってきている感じで、もどかしくて仕方がなかったです。しかし、この後からの流れが最高に良かったです。ななからSOSを受けてももを連れ戻しに行くシーンは、最高にかっこよくて惚れてしまいました。やはり、二人は愛し合っているんだなと再認識させられる最高の場面でした。あと、ぷーさんが兵馬にもう一人の自分と言うのが、子供の頃の自分ではないかと言い当てるシーンも、ぷーさんの凡人とは違うすごさが出ていて良かったです。

みっちりねこっこ
見どころは?
盛り上がりの頂点は、やはり俎上の結果でした。家元が自分のたくらみをしくじることはないと思いましたが、ななを選んだ瞬間はやはり空気が大きく動いたような感じがありました。「ななは成長が著しい、ももは高慢で衰退」と決めつけた家元のもっともらしさがなんとも憎たらしいシーンでした。その後のももの壊れっぷりは激しく、ななも心配して、直人に助けを求めます。その後の展開は早く、直人はなぜか千秋の車でももを救出に向かいます。ももは後活けの自分を取り戻すため、兵馬に抱かれようとしていましたが、直前に気絶してしまい、無事直人に抱きかかえられて帰るのでした。

感想は?
直人がなぜにここまで芸術に理解があるのか、少々不思議に思ってしまいます。かなり勉強を重ねたとは思うのですが、それにしてもななでも持て余すももの気持ちに寄り添えるのは、出来すぎと感じます。やはり母の格言のおかげでしょうか。それにしても、ショックの大きかったももが、直人達の助けがないとどうなっていたか怖いです。兵馬に抱かれても「もう一人の自分」は取り戻せなかったでしょうし、その時の失望は大きすぎると思うからです。

湊海
見どころは?
今回はやはりももとななの対決が一番のポイントだったと思います。勝負の行方は、ふたりの作品だけを見て家元が公平に決めたように見えましたが、同点決勝に持ち込むのは決まっていたようだし、やはりななが勝つように裏工作をしたようにも感じられました。あれだけ華道を否定して、月島家から逃げようとしてきたのに、いざ家元への道を閉ざされると絶望感でパニックに陥ってしまったももは、皮肉だけど紛れもなく芸術家なんだと思いました。

感想は?
母親の遺言というプレッシャーの中で、断腸の思いで直人を振り切り、必死で家元になる覚悟を決めたももが、絶望感に打ちのめされて壊れていく姿は、見ていてとても痛々しかったです。家元はきっと、もものこういう姿を見たかったんだと思います。これが、自分を裏切った妻への復讐なんだと思いますが、何の罪もないももをここまで身も心も痛めつけるのは、あまりにも残酷過ぎると思いました。そんなももを見てられなくて、必死に慰める高井に親心を感じますが、事情を知らないももが無下にあしらってしまうところがもどかしかったです。でも、最終的に絶妙なタイミングで助けに来た直人にホッとしました。

たかは
見どころは?
ももとななは次期家元を決めるために争うことになりました。明らかにももの方が優れていましたが、家元の思惑通りにななが次期家元に決まりました。ももは自分が家元になれなかったことに相当なショックを受けます。亡くなった母親の願いを叶えられなかったことで自分を責めてしまいます。自暴自棄になりもう一人の自分を取り戻すために兵馬に会いに行きます。しかし、ななからその話を聞いた直人はももを助けに兵馬の元を訪れました。

感想は?
ももは家元に言われた通りに罪悪感を得るために直人と別れました。しかし、次期家元になることができずにとても可哀想でした。家元は本当に冷酷で残酷な人だと思いました。直人は酷いことをされたのにそれでもももの事を理解しようと一生懸命で、何て優しいのだろうと思いました。兵馬に会いに行ったももを連れて帰るシーンはとても男らしくてカッコよかったです。そんなところにももは惹かれたのだと思います。また二人が一緒になることを願っています。

ゆっきー
見どころは?
ももは兵馬から言われた家元になるには欲望から離れた断崖絶壁で咲く一輪の花(高嶺の花)になる覚悟が必要だと言う言葉にストイックになる。一方、プーさんはももの苦しみを分かりたいと生け花の本を借りて勉強する。兵馬は人の手の届かない所から下界に降りて恋なんかするから自分を見失う。心に蒔いた種を焼き尽くす為に好きではない自分に抱かれてリセットしろと言う。そんな兵馬の所にプーさんは行き、彼女を騙すのは止めて欲しい。次は有りません、と断言。もう一人の自分を取り戻す、と言う事柄に二人の男性は違う方法でももに手を差しのべようとする。まだまだパニックのももではあるが…。

感想は?
家族の心がバラバラになっても時期家元の跡目争いは必要なのでしょうか?娘の心は崩壊し母と娘は断絶、妻は夫に疑心暗鬼って普通ではあり得ない光景ですよね。ななには限りない成長を感じた、ももは衰退を感じたとか言ってましたが自分の都合のいいように人を動かして人の心を操った心の成長って歪んでますよ。凡人には意図がさっぱり分からないのですが、さすがプーさん。図書館で勉強した甲斐があったようで兵馬が何者?って言ってましたね。最後に勝つのは私利私欲ではなく好きな人の為に何か役に立ちたいと言う気持ちだと信じたいです。

つばき
見どころは?
月島家の次期家元を巡る争いはどのような形式でどのような基準で決めるのか、結局月島家の次期家元はももになったのか、それともななになったかどうか、ななとルリ子の間の関係はどうなっているか、ななとももの間の姉妹関係は順調かどうか、ななと宇都宮の関係も、ルリ子と宇都宮の関係もどうなっているか、ももと兵馬の間の距離、それから風間と千秋の間の距離は縮んで行ったかどうか、風間とももはもう二度と付き合うことはないかどうかが見どころである。

感想は?
千秋は足元の豆で、ももは高嶺の花だという話は千秋にとってあまりにも失礼な話なのだと思った。それでも千秋がノリで言ったということは、千秋は優しいのだと感じた。さらに、千秋はわざわざ風間を、ももがいるという兵馬のところまで送って、ももを抱えてやってくる風間を見守るというのは、千秋にとってどのような心境なのだろうかと気になった。千秋は風間のことが好きだという気持ちがあるかどうか分からないので、次回明らかになってくれたら良いのだと思った。

2018年夏ドラマ『高嶺の花』8話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『高嶺の花』8話の動画が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!