ドラマ『dele(ディーリー)』6話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月31日放送】

この記事では、8月31日に放送された、山田孝之さん、菅田将暉さん主演の2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』6話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『dele(ディーリー)』6話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『dele(ディーリー)』6話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

2018年夏『dele(ディーリー)』6話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『dele(ディーリー)』6話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT
TSUTAYAディスカス ×
hulu
ビデオマーケット ×
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』6話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・FODプレミアム
・U-NEXT
・TSUTAYAディスカス
・hulu
・ビデオマーケット
・auビデオパス

上記のサイトでドラマ『dele(ディーリー)』6話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・覚悟はいいかそこの女子。

・探偵が早すぎる

・義母と娘のブルース

・幸色のワンルーム

・探偵が早すぎる

・高嶺の花

・チア☆ダン

・健康で文化的な最低限度の生活

・刑事7人

・遺留捜査

など、人気のドラマが視聴できます。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』6話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』6話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』第6話のあらすじ

2018年8月31日(金)放送のドラマ『dele(ディーリー)』第6話のあらすじをご紹介します。

長野の別荘地で、雪に覆われ眠るように死んでいる家出少女・石森純子(山田愛奈)が見つかった。遺書はなかったが、警察は自殺と判断。しかし、純子の両親・石森俊一(横田栄司)と石森美穂(霧島れいか)の気持ちは収まらない。愛娘の自殺原因を知りたいと切望する石森夫妻は、弁護士・坂上舞(麻生久美子)のもとへ。フリープログラマー・坂上圭司(山田孝之)とその相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)に引き合わされた夫妻は、純子が日記をつけていたパソコンのパスワード解除を依頼する。

 実は、俊一には自殺の原因に心当たりがあった。純子が家出する前の行動から、通学していた中学校でいじめに遭っていた可能性が高いというのだ。さしあたり、純子のスマホから消去されていたデータを復元した圭司は、同級生たちとの仲睦まじい写真や動画を発見。そこに写っていた小川優菜(中田青渚)らと接触した祐太郎は、“思わず言葉を失う動画”を新たに入手してしまう…。

 やがて苦労の末、圭司は純子のパソコンへ入り込むことに成功。ところが…データが何も残っていないという、まさかの状況に直面する! 死ぬ前にデータを消したのは、身辺を綺麗に整理しようと思ったからなのか…。それとも、見られるとヤバいものが入っていたからなのか…。この謎多き現実が、圭司に火をつける。「根こそぎさらってやるよ。全部復元して、謎を解いてやる」――取り憑かれたように純子のパソコンと格闘する圭司。そんな彼の前に“果てしなく深い闇”が立ちはだかる!
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』6話の放送前の見どころと予想は?

次回は雪の中で亡くなっていた家出少女石森純子(山田愛奈)の話だが、なぜ彼女が自殺を選んでしまったのか、学校であっていたいじめが原因なのか、純子のパソコンのデータが残っていなかった謎、そして消されたデータには一体何が残っていたのか等、たくさんの謎が隠されていて圭司と祐太郎がどのようにして解決していくかが気になるところだ。

ペンネーム:みー (女性・30代)

次回はいじめを苦に自殺したのではないかと思われる少女の過去を探っていくという、ちょっとミステリー要素が入ってくるんじゃないかと思います。パソコンのパスワードを破るとか、消されたデータを復元するとか、圭司の犯罪すれすれの行為にはかなりドキドキしてしまいますが、予想の斜め上を行く結末に辿り着きそうな気がします。次回も圭司の人間離れした手腕に期待しています。

ペンネーム:湊海 (女性・40代)

命を自分で落としてしまった女性の謎を解くために祐太郎と圭司が奮闘するところがとても楽しみです。圭司は彼女のパソコンを開いて事実を探そうとするので、どうやって彼女のパソコンの暗証番号に気づくことになるのか、きっと祐太郎が聞き出した情報によって開くのではと予想しているのでその番号が何なのかとても楽しみにしています。

ペンネーム:run (女性・20代)

第5話で圭司と祐太郎のそれぞれの過去が少しだけ明かされました。予告によれば、次回は祐太郎の死んだという妹と同年齢の少女の自殺するという話のようですし、彼らの過去についても、事件とリンクして更に明らかになっていくのではないかと期待しています。また第5話では麻生久美子さん演じる舞の登場がありませんでした。次は活躍を期待したいです。

ペンネーム:スナフキン (男性・50代)

6話は、次のストーリーも楽しみなのですが。5話で明らかになったケイの女性関係がとにかくどうなっていくのか、ただ、ただ楽しみです!!山田孝之が菅田将暉を少しづつ受入れて信頼していく感じも今後楽しみですね。野良猫が飼い猫になるのか。笑個人的には麻生久美子がとても好きなので麻生久美子の出る尺が増えると嬉しいなーと感じてます♪

ペンネーム:chocomin (女性・40代)

第6話の見どころは、なぜ純子が、自殺したのかという所です。いじめではないとしたらその理由は、何なのか興味深いです。展開予想としては、実は、純子は、いじめをしていた。しかし、純子が、いじめられるようになった。データの中には、純子が、いじめをしていた記録が、あるのだと思います。小川優菜は、純子にいじめられていた人物でその後に純子をいじめる生徒だと思います。

ペンネーム:はるか (女性・40代)

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』6話を見た人の感想は?

読者の皆様から頂いた、ドラマ『dele(ディーリー)』6話の見どころと感想をご紹介します。

maron
見どころは?
自殺した学生はなぜ死んだのか。他殺ではないけど理由がわからないから家族や周りの人達が苦しんでて、それを突き止めた時、衝撃の事実が。思いもよらない所が、思いもよらない事実を突きつけられた少女の苦悩。それを知った時に取った行動が現代のITと心の闇が垣間見れる。また二人のコンビも対照的ではあるけど、ちゃんとチームワークがなってて、そこもまた面白いところ。お互いの不足な部分を補って成立する会話や説得が見どころです。

感想は?
最初に少女の雪の中の死体から始まる衝撃的な映像でしたが、予想外の展開でいじめ問題に。しかも今の現代はSNSを使うこと無くいじめが行われているというのも知らなかった。ふたりの対象的なキャラがうまく噛み合い、昔の探偵物語を彷彿させるようなドラマ仕立てがなんとも言えない。またこのドラマの登場人物はストーリーに関係なく美男美女ばかり。やっぱりTVってこうでなくてはと見てて思いました。見ているだけで見惚れるし、それでもちゃんと感情移入も出来る。ハッカーという役どころも毎回カッコいい。

サッカーボーイ二世
見どころは?
ある女子中学生・純子が自殺し、その両親がいじめが原因ではないかと原因究明を依頼される圭司(山田孝之)と真柴(菅田将暉)。親友の4人組を見つけ、その一人のスマホからほかの女子へのいじめの画像を発見し、その女の子の自殺未遂を止める。そのスマホの持ち主優奈に事情を聴くが、いじめてなんかない、元カレと付き合っているだけでそんなことが原因で死ぬ弱い子じゃないという。圭司は純子のPCの中身データを復元したが、その自殺の原因とその後の展開がおもしろい。

感想は?
ドラマ中に、本当にいじめで自殺未遂する女の子が出てくるなど、現代によくある女子中学生のいじめが原因の自殺かと思わせて、そのほかの周りの人間の汚さ、身勝手さが理由だったことがわかるが、そのことだけで絶望して自殺したわけでなく、その裏に、闇サイトのような中にいたある男とのやりとりで最終的に自殺に追い込まれたというストーリーはなかなか展開が緊張感があってワクワク感もあっておもしろかった。名前通り純粋すぎた女の子の悲しい結末を描きたかったのだろうか。また回が進むにつれて、山田孝之と菅田将暉の少しコミカルなやりとりもおもしろい。

スナフキン
見どころは?
自殺した純子(山田愛奈)がなぜ死を選んだのかを、両親の依頼で圭司(山田孝之)と祐太郎(菅田将暉)が探りますが、本人たちは些細な事だと考えている小さな悪意や、他人には見せられない隠し事も、ネット上に痕跡を残せばひとつの情報であり、それを意識的に集めることは可能です。更にちょっとした操作を加えれば、実際にこういう事も起こり得るだろうと思います。それらの負の情報を、圭司たちはどう思い、どう処理するのかが、第6話の見どころです。

感想は?
他人は知らない筈のちょっとしたスマホのやり取りの中だから、イジメていたと自覚がない少女が出てきますけど、無自覚が一番怖いですね。よく言われていることだけど、そろそろ「イジメ」という言葉を止めて、脅迫とか暴行とか、教育とは離れて、犯罪として認識すべきですね。もし純子の両親が真実を知ったら、どういう顔をするのでしょう。自分たちの隠していた行いも原因のひとつなわけで、いかに自殺教唆をした者が別にいたとしても、明るみに出すのを望まないかもしれない。だから真実を知らせない代わりに、圭司が報復したのかなと思います。

ヤミメン
見どころは?
坂上らが自殺をしようとした娘を救いますが、最初は間柴が、死ぬことはない、居場所がないなら見つければいい、逃げる場所がわからないなら教えてあげるからと言いますが、娘は生きているのが怖いと言って、飛び降りようとします。その時、坂上が、だったら何でさっき、落ちなかったと言ったのには、びっくりしました。助けるつもりが、逆効果になるかも知れないと思いました。すると、まだ生きていたいんだろう、やり残したことがあるから自分の心が止めたんだ。それが何なのか考えてから死んでも遅くない、自分の心を裏切るな、自分達が問題解決してやるから約束する、信んじろと言ったのは、けだし、名言でした。まさに息を呑む大きな山場でした。
そして最大の見せ場は、TAPIRという、ばくという夢を食う動物の名前で娘の心の忍び込み、この世界の本当の汚さを見せてやると言う誘い文句で娘を絶望に追い込み自殺を教唆した男を坂上が突き止めて捕え、二度と悪事ができないように監視すると怒りを込めて言う場面でした。

感想は?
親の所有する別荘地で石森という中学生の家出少女が自殺しますが両親は自殺の原因を知りたくて弁護士の坂上の姉に相談します。坂上は娘のパソコンのパスワードを解除を依頼されます。一方、父親は娘が死ぬ前に学校を不登校になっており虐められていたと言います。真柴は小川という女学生のスマホを奪い坂上がデータを覗くと娘が亡くなる2週に撮られた、関根という学生が校舎の屋上で虐められている動画がありました。坂上らは関根の家に行くとビルの屋上から飛び降りようとした娘を助けます。一方、小川は石森が自分の彼氏と付き合っていたが石森は死ぬ3ケ月前に彼とは別れ、自分が彼と交際したが、それで死ぬ筈はないと言います。坂上は石森のデータを復元すると、SNSに友や元彼の悪口を書き込んでおり、アクセスした人間が世の中の汚いことを教えてやると言いい娘の親の不倫や友達の自分への悪口などを教えていました。しかも自殺を教唆されたとわかります。坂上は人物に会いパソコンを警察に押収して貰い永遠に監視すると言います。14歳の少女の相談相手になるふりをして弄び、絶望させて自殺に追い込んでしまう大人の悪事は許せないと憤りを感じました。

さくら
見どころは?
長野県で雪に積もれて純子はなぜ自殺しまったかということが明らかになってくるかどうかということや、純子のパソコンにはどういうデータが入っているかどうかということ、純子は学校でいじめにあったからこそ自殺してしまったかどうかということ、坂上や祐太郎はどういう方法で純子の自殺の真相を突き止めることができるかどうかということ、純子と一緒にいたグループはどのようなグループであるかどうかということが見どころである。
感想は?
祐太郎が優菜の携帯を盗んだのはやってはならない行動ではないかと思わずハラハラしてしまった。いじめの動画という証拠がある以上、優菜は祐太郎が携帯を盗んだことを警察に被害届をしないで済んだというのがよかったのだと思ってしまった。SNSは本当に恐ろしいのだと感じた。純子を取り巻く世界がどれほど汚いかということを純子に見せつけるというのはまるで恐ろしい。これこそがSNSのでメリットだと感じた。SNSを通して人の闇を見てしまうのは気分が良くないのだと思った。
kana
見どころは?
見どころは、少女が死んだ理由が暴かれて行くシーンです。それを知るのに少しだけでは、納得できなくて、圭司(山田孝之)は、消された内容の奥の奥まで突っ込んでいきます。そしてそこにたどり着いたときに、少女の心に、闇という毒をまき散らした獏(バク)という存在を見つけます。そこへたどり着くまでの、圭司のいら立ちが見どころの一つです。そして、アナログな佑太朗が、獏が撒いた毒を何とかしたいと、お金にもならないのに、飛んで行っておせっかいを焼いている所。人懐っこい佑太朗の、笑顔が見どころです。

感想は?
「あんたの毒を巻いたところへ俺の相棒が行っているよ」今回、ドラマの内容も良かったのですが、真柴祐太郎(菅田将暉)のことを坂上圭司(山田孝之)が相棒と呼んでその行動を評価しているところが、一番うれしくなりました。姉が連れてきた、めんどくさい生き物だったはずの佑太朗が、圭司にとって、相棒と呼べる存在になっている、圭司の心の変化がずっと見て来て一番よかったです。6話の見どころは、人の心を、あやつっておきながら、現在の法律では、それが大した罪にはならない事、心の中に入り込んで人の心を壊す事こそ罰してほしいです。インターネットのおかげで、全く知らない人と出会えて、知らないから話せる心、それが悪用される時代になってしまいました。ラストシーンで、祐太郎が、毒をばらまかれた少年と外に出かけるシーン。実際精神科のお医者さんに聞くと、お日さまの光を浴びるのはセロトニンという物質が脳に作用して、元気になれるのだとか。アナログな佑太朗は、きっとそんな事も考えずにつれて行っているのだと思いますが。

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』6話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『dele(ディーリー)』6話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!