ドラマ『ハゲタカ』6話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月23日放送】

この記事では、8月23日に放送された、綾野剛さん主演の2018年夏ドラマ『ハゲタカ』6話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『ハゲタカ』6話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『ハゲタカ』6話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

2018年夏『ハゲタカ』6話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『ハゲタカ』6話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT
TSUTAYAディスカス ×
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』6話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・U-NEXT
・ビデオマーケット
・auビデオパス

上記のサイトでドラマ『ハゲタカ』6話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・dele

・探偵が早すぎる

・部長風花凛子の恋

・幸色のワンルーム

・ヒモメン

・高嶺の花

・GIVER

・健康で文化的な最低限度の生活

・限界団地

・遺留捜査

など、人気のドラマが見放題となっています。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』6話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』6話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』第6話のあらすじ

2018年8月23日(木)放送のドラマ『ハゲタカ』第6話のあらすじをご紹介します。

 
総合電機メーカー『あけぼの』とPCメーカー『ファインTD』が統合に向けて動き出す中、それを阻止するべく、鷲津(綾野剛)率いるサムライファンドは『あけぼの』に対してTOBを行うことを発表。記者会見を開き、『あけぼの』現経営陣と『ファインTD』の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)を真っ向から非難する。
思いがけない先制攻撃に対し、滝本は大金をチラつかせ鷲津を牽制。泣き落とし、恫喝、とさまざまな方法で『あけぼの』から手を引かせようと画策する。それでも鷲津が引かないと知ると、今度はマスコミを使って一大ネガティブキャンペーンを開始。新聞や週刊誌に一斉にハゲタカ外資を批判する記事が掲載される。
そんな工作には屈することもなく、サムライファンドは『あけぼの』株のさらなる買い付けを推進。筆頭株主となって、『あけぼの』と『ファインTD』の統合にストップをかけるというのが鷲津の狙いだった。
さらにマスコミの攻勢を逆手に取り、テレビの報道番組に出演した鷲津は、その場で「『あけぼの』を狙う『ファインTD』の背後には、アメリカ最大の軍需産業ファンドが潜んでいる」と告白。「外資に操られ日本の技術を売り渡そうとする輩は下劣な売国奴だ」と、ふたたび語気を強めて批判する!
やがて滝本の背後にいた軍需産業ファンド『プラザ・グループ』が、直接『あけぼの』買収に動き出し…?

一方、鷲津が去ったホライズンジャパン・パートナーズによって売却された『日光みやびホテル』の株は、外資系ホテルグループ『クラウンセンチュリーホテル』によって買い取られていた。しかし『クラウンセンチュリーホテル』の傘下に入るにあたり、突きつけられた条件は貴子(沢尻エリカ)にとって受け入れがたい点が多く、交渉が難航する。「自分に何かできることはないか」――そう問う鷲津に、貴子は…。

やがて、壮絶な株の買い付け合戦を繰り広げていたサムライファンドと『プラザ・グループ』に、新たな展開が…!
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』6話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『ハゲタカ』6話の見どころと感想をご紹介します。

キョウ
見どころは?
ホライズンを解雇された鷲津が、サムライファンドを立ち上げてまで買収にこだわったアケボノをアメリカ軍産ファンドから守り抜くことが出来るのかどうか、ハゲタカ同士の滝本との決着はどうなるのか?新見の裏切りによって社長職を追われた諸星と芝野の立ち位置はどうなってしまうのか?また、外資に売られてしまった日光みやびホテルはどうなってしまうのか?第二部の幕引きとしてこれらそれぞれをしっかりまとめてくれるのかどうか?

感想は?
「新見会長移り気過ぎませんか?滝本に担がれたかと思うと社員達の泣き落としに一転善人面してしまって、人の意見でそんなにコロコロ経営方針が変わっていてよくこれまで一大で老舗家電メーカーを経営してこられましたね?」まあ、日本の経営者など実際にもこの程度の人物が多いのでしょうから仕方がないのかもしれませんが、彼の立ち位置の変わりようで大きなお金が動いて人も大騒ぎしたことを考えると、「ハゲタカ」の趣旨からしても彼は罰を受けるべきでした。

まんぼう
見どころは?
第二章の完結ということで、ついにファインTDとサムライファンドのTOB対決が決着します。注目点は資金力に劣るサムライファンドが、直接あけぼの買収に乗り出してきたアメリカ大手軍事産業ファンドのプラザグループに、どうやって対抗するのかです。ポイントは情報。やはり現代社会は情報を握るものが強いのですね。それと同時にあけぼの社員の動きは、賛否はともかく、かつて企業戦士といわれた世代が、どうしてそんなに会社に尽くすことができたのか、その一端を見せてくれているように感じます。

感想は?
鷲津(綾野剛)は最初から資金力では勝てないと織り込み済みで、情報戦が勝負だと考えていたのでしょう。そもそもドラマ内で終始情報の重要性を強調していましたし、当然の展開だといえますが、まさか内閣総理大臣まで脅すとは思いませんでした。彼はFBIとのコネクションも持っているのですね。それくらいでないと情報戦の世界では勝てないのでしよう。一方、貴子(沢尻エリカ)は買収を受け入れざるを得なくなったものの、内側からの改革を目指し、毅然とした姿がよかったです。

つくだに
見どころは?
前回、鷲津があけぼの電機のTOBを発表したところで終わったが、そこからファイン社長役の高嶋政伸が一気に反撃してくるところから始まった。ファインが何とかあけぼの電機から手をひいて欲しいとのことだったが鷲津は断った。そのあとの鷲津代表のサムライファンドのネガティブキャンペーンが行われ、どうなるのかが見物でした。しかし、反対にマスコミを使い、テレビ朝日の大下アナが特別出演したドラマ内の番組であけぼの電機を狙うファインTDの背後には、アメリカ最大の軍需産業ファンドが潜んでいると暴露し、あけぼの電機の買収賛成組やファインを下劣な売国奴だと言って反対に罵るところは鷲津の底力が感じられる。そうこうしていると、軍需ファンドが自分からTOBを仕掛けてくることになった。そのファンドからのTOBに対しては、鷲津はFBIからの不正情報を手に入れ、それを使い、飯島を通じ、総理大臣まで動かしてあけぼの電機を手に入れようとするところが見物です。そして、日光みやびホテルでは外資のホテルチェーンへの傘下になるが、単に傘下に入るだけでなく、ホテルをよくするために意見を言いまくると言い放ったとこも見どころいっぱいです。。

感想は?
先週からのあけぼの電機の買収劇の続きで、高嶋政伸が社長のファインと綾野剛演じる鷲津との争いが見物でした。今日は最初から高嶋政伸が鷲津を料亭に呼んでアタマを下げるシーンからでもう負けたと観念したのかと思いきや、諦めてくれとアタマを下げるとはなかなか面白いスタートでした。それであっさり断られると、鷲津のネガティブキャンペーンとは今の時代を反映しているシーンだなとつくづく思わされました。また、あけぼの電機会長が高嶋政伸と結託していたが、最終的にファインのバックにいたアメリカの軍事ファンドが直接TOBに参加してきて、思い通りにならないと分かってもなかなか会長辞任しないのは往生際が悪い官僚みたいやなと考えさせられました。あと、テレビ朝日の大下アナが鷲津との番組内対談で出ていたのはとてもリアルだった。

あかり
見どころは?
あけぼのを買収することは諦めて欲しいと言って土下座した滝本に対し、鷲津はどのような対応を取ったか、ファインの後ろ盾となっているアメリカの企業プラザの威力とはどのくらいあるのだろうか、プラザの不正を告発することを目的とした鷲津はどのような方法でプラザの不正を告発したか、TOBとはどのような買収のことであるか、果たして鷲津は滝本との勝負を経てあけぼのを買収することに成功できたかどうか、が見どころである。

感想は?
鷲津に対して土下座した時の滝本は、土下座してまでもあけぼのが欲しいのだと感じ、さらに10億円を用意していたというのには驚いてしまった。だが鷲津は表情を崩すことがなく、冷静に滝本が仕掛けたカメラを取り上げて、鷲津が10億円を取る時の映像を撮るつもりだったということが発覚した時は、滝本は何て酷い人間なのだろうかと驚いてしまった。滝本はお金に溺れてしまったのに対し、鷲津はお金に溺れていないのだと伝わってきた。

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』6話のネットでの評価は?


https://twitter.com/myusha126/status/1032914855177506816

まとめ

2018年夏ドラマ『ハゲタカ』6話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!