ドラマ『刑事7人』6話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月15日放送】

この記事では、8月15日に放送された、東山紀之さん主演の2018年夏ドラマ『刑事7人』6話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『刑事7人』6話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『刑事7人』6話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

2018年夏『刑事7人』6話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『刑事7人』6話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT
TSUTAYAディスカス ×
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『刑事7人』6話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・U-NEXT
・ビデオマーケット

上記のサイトでドラマ『刑事7人』6話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・覚悟はいいかそこの女子。

・探偵が早すぎる

・義母と娘のブルース

・幸色のワンルーム

・探偵が早すぎる

・高嶺の花

・チア☆ダン

・健康で文化的な最低限度の生活

・刑事7人

・遺留捜査

など、人気のドラマが視聴できます。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『刑事7人』6話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『刑事7人』6話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『刑事7人』6話のあらすじ

2018年8月15日(水)放送のドラマ『刑事7人』6話のあらすじをご紹介します。

片桐正敏(吉田鋼太郎)が、いつになく真剣な顔で『九頭竜商店殺人事件』の捜査資料に目を落としている。それは、間もなく20世紀が終わろうとしていた2000年12月31日に発生した事件。九頭竜商店の夫妻が胸から血を流して死亡し、唯一の目撃者だった中澤皐月(鷲尾真知子)が、「左頬に大きな青いアザがある男を見た」と証言。やがて所轄署刑事の広岡健吉(清水宏)が証言通りの男を連行するが、のちに誤認逮捕だったことが判明…。いまだに真犯人が明らかにならないままになっていた。

『獅子身中の虫』と書かれた古いメモ帳を隣に置いた状態で資料を見つめる片桐、その片桐を気にする天樹悠(東山紀之)。そこへ海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)が資料係に戻ってくる。3人は資産家殺人事件の捜査にあたっていたが、警務部長・寺山章吾(宅麻伸)のお手柄で一日足らずで犯人が逮捕されたという。

だが数日後、交番に18年前の証言者・皐月がやって来る。皐月は「犯人は別にいる」と訴え、しかもそれは“左の頬に大きな青いアザがある男”だというのだ。なぜまたもや虚偽の証言で捜査をかく乱しようとするのか…? 対応にあたった野々村拓海(白洲迅)は「犯人はすでに捕まっている」と伝えるが、皐月は頑として主張を譲らない。

なんとか野々村が皐月を帰らせるが、そのことを聞いた片桐の表情が一変、「俺はその女を、ずっと探してたんだ…!」。

実は18年前、証言をしたのち皐月は姿を消していた。なぜそれが今になって現れ、当時と同じ証言をわざわざ告げにきたのか。目的を知るために皐月のもとへと向かう片桐だが、同じ頃、皐月は路上で倒れ病院に緊急搬送されていて…?

果たして“嘘つき女”こと皐月の目的は何なのか?そして片桐が18年前の事件に固執する理由とは? 闇に閉ざされた“20世紀最後の未解決事件”の真相が明らかになったとき、天樹ら専従捜査班の7人はある大きな岐路に立たされることになる…!

(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『刑事7人』6話放送前の見どころと予想は?

ドラマ『刑事7人』6話放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

刑事資料係の天樹は、花形刑事だったのに今では不本意な部署に配属され心ではどのような闇を抱えているのでしょうか。人間、自分の望んだものと反対の環境になると落ち込み人生をなげだしたくなりそうですが、天樹は違います。相談者に寄り添い事件を鋭い推理と洞察力で解決していきます。そんな天樹の推進力を楽しみに今後も期待しています。
ペンネーム:ドラマ大好き男子 (男性・50代)
前シリーズより天城がほほ笑むようになったと思う今回のシリーズ。この専従捜査班が過去の事件と現在の事件を結び付けて解決していくストーリーが前クールで波留と鈴木京香の「未解決の女」に似ていると思っています。片桐が過去のある事件を解決させたく集めた専従捜査班だということは1話めの最後にその振りがあったので、それに向けての伏線がそろそろ出てくる頃かなと期待しています。海老沢(田辺誠一)は次はいつ出てくるのでしょうか。
ペンネーム:mboeklol (女性・40代)
出版社の社会部記者が殺害されました。胸ポケットからは、2年前の白骨遺体の現場写真と、胃の中からは、SDカードが見つかりました。なぜそのようなものを持っていたのでしょうか。そして、税率が軽減された国でペーパーカンパニーをつくり、税を、免ぜられることを示したパラノ文書を調べていたことも。それは、国交省の大臣も関与しています。それを調べたために、口封じで殺されたのでしょうか。パラノ文書には、富裕層の企業だけでなく、一般の個人名も。なぜ、個人名が使われたのでしょうか。白骨遺体、パラノ文書、大臣の裏金疑惑と、2年前の出来事に、隠されたものとは。
ペンネーム:ふなな (女性・50代)
楽しみな所は、高橋かおりさんが、出演する所です。子役の頃から観ているので最近は、大人になりサスペンスドラマで活躍しているなと注目している女優さんです。展開の予想としては、殺害された長谷川は、大臣のスキャンダルの証拠を掴んだために殺害されたと思います。そして、個人情報を利用していたのが、前橋大臣だと思います。
ペンネーム:はるか (女性・40代)
被害者の胃からSDカードが発見されるというお話のようで、現代っぽい事件で、興味が湧きます。予告編を見ると、上からの圧力で事件の真相を突き止めることを阻止されてしまっているようなので、「天樹悠が上層部に負けることなく、どのように真実にたどりつくのか。」を期待しています。SDカードに隠された秘密と、記者が伝えたかったことなど、予告を見るだけでも謎がいっぱいなので、6話の放送が楽しみです。
ペンネーム:かえで (女性・40代)
次回は片桐(吉田鋼太郎)が正式にメンバーを招集しますが、やがて政治家につなかって圧力がかかるようです。「パラノ文書」というのが問題になるらしいですが、それは明らかに「パナマ文書」のパロディですね。権力に屈しないパターンはよくある展開ですが面白いのは確か。なので楽しみです。それにしてもメンバー招集なのに海老沢(田辺誠一)がいないようです。彼はいったいつでてくるのでしょう?それも楽しみです。
ペンネーム:まんぼう (男性・50代)
次回はジャーナリストの死と胃袋のSDカードと二年前の白骨遺体という、とても生々しい事件のようで、ここ2回と色合いが違うのが、楽しみです。片桐係長がまた音頭をとって「専従捜査班だ」と言うように公式サイトには書いてある一方、TVの予告では「これ以上掘るな」と言っていたので、成り行きが見えない感じもしますが、いつもの通り上からの圧力に屈しないところを見せてほしいです。
ペンネーム:ねこっこ (女性・40代)
片桐から事件が発生したので捜査するようにという指示が入り、天樹や野々村、水田、青山が捜査を始めた。事件の犯人が誰なのか目星はついたものの、絶対にその人物が犯人だという確信がないという状況の最中、野々村が事件解決につながる糸口を見つけ、天樹が推理を展開し、無事に犯人を逮捕するという展開を予想し、その展開になるかどうかが楽しみなポイントである。
ペンネーム:がっき (女性・20代)

2018年夏ドラマ『刑事7人』6話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『刑事7人』6話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!