ドラマ『この世界の片隅に』6話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月19日放送】

この記事では8月19日に放送された、松本穂香さん、松坂桃李さんが主演の2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』6話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

また、ドラマ『この世界の片隅に』6話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください!




2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』6話のあらすじ

昭和20年春。呉にも空襲がやってきた。北條家に被害はなかったが、戦争の陰が日に日に濃くなっていく。そんなある日、北條家ではこんなご時勢だからと花見が企画される。その花見は幸子(伊藤沙莉)に周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会でもあった。

一行が公園に向かうと大勢の市民が桜を楽しんでいる。いつ空襲に遭うかわからない非常時だが、考えることは一緒らしい。サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)は満開の桜に心が和む。しかし、すずは人ごみの中にリン(二階堂ふみ)を見つけてしまい、逆に心乱れる。初対面の幸子と成瀬を皆で盛りたてる中、すずは家族の輪から離れリンと接触する。お互いに言いたいことはあるのだが、すずとリンの会話は噛み合わない。しかし、すずはリンに全てを見透かされている気がして…。

花見からしばらく経ったある日、ラジオから工場が爆撃されたというニュースが。その工場には円太郎(田口トモロヲ)が勤めている。被害は軽微だと報道されているが、帰宅した周作は職場で壊滅的だと聞いたという。さらに、文官だった周作が武官になることになり、教練のため三ヶ月ほど家に帰れないという。突然の報告にすずは絶句する。
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』6話の見逃し配信を無料視聴するならParaviがオススメ!

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』6話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのParaviについてご紹介します。

Paraviは、2018年4月1日にサービス開始された新しい公式動画サービスです。

とにかく国内ドラマに強く、放送中のドラマ『この世界の片隅に』6話を見逃してしまってもここで見ることができるので安心!

国内最大級のドラマアーカイブ数で、TBSのドラマはもちろん、話題の人気作品や名作を多数配信しているところも魅力的なサービスです。

ドラマ以外にも、アニメや報道、経済番組なども見放題で楽しむことができます!

今なら、登録月が無料で見放題になる、無料お試しキャンペーンをやっていますので、試してみてはいかがでしょうか?

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページにてご確認ください。




2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』6話放送前の見どころと展開予想は?

ドラマ『この世界の片隅に』6話放送前の見どころ展開予想をご紹介します。

お花見ですずはリンと偶然会います。リンに嫉妬しているすずがどんな会話をするのか気になります。きっと周作とのことを聞きたいけど怖くて聞けないのだと思います。リンはまだ周作のことが好きなようなのでとても気になります。そんな中、周作が教練で家を空けることになりました。すずの兄が戦死したり、水原も危険な場所に行くことになって徐々に戦争が激しくなって来てすずたちが心配です。
ペンネーム:たかは (女性・30代)
戦争がかなり身近になっていて旦那との別れが来てしまったようです。二度と帰ってこれるか分からない人を見送るのはどんな気持ちなのでしょうか?現代では体験できない気持ちをどう表現してくれるのか?そんな不安な気持ちを抱えながらも必死に家族を守ろうと行動する。どんどん頼りがいある人に成長しているすずが旦那の留守中にどんな行動をするのか期待しています。
ペンネーム:りょうママ (女性・20代)
呉にも空襲がくるようになり、不安な日々の中、花見をすることになります。そこでリンと再会するすずはどんな話をするのか、周作とリンは言葉を交わすのか、気になるところです。戦況が変わり、円太郎の勤める工場が爆撃されたり、周作が武官の教練で離れて暮らすことになるなど、次々と試練が待ち受けているのですずたちの身にも何か起こるんじゃないかと、嫌な予感でざわざわします。
ペンネーム:hotoke (女性・40代)
空襲が多くなり戦火の匂いがする中で、桜を楽しもうと花見がもようされる。そしてその花見が、幸子のお見合いというなんとほのぼのとした人間らしい暮らしがあったと思うと楽しみです。花見の中で、すずは、夫の周作の元恋人のリンを見つけるようです。すずは、周作とのことを聞きたいのだが、聞いたら、周作と心が離れそうと思っているのでしょう。ギクシャクした中で、リン話をし、二人の秘密となっているので、すずは、そのことを飲みこんで生きて行く覚悟をその場でして、昔のことと整理できるのではと期待します。
ペンネーム:ss (男性・50代)
リンは、すずがリンの後輩を通じて渡した周作からの茶碗のことは、自分から言わないと思います。周作は、戦地に行くことになったので、リンとのことを言うと思いますが、すずは無事に帰って来てくれればいいと思い、気にしないでしょう。周作が戦地に行った後、妊娠が分かると思いますが、栄養不足で大変だと思います。リンは原爆の時に、すずを守って死んでしまうような気もします。
ペンネーム:現代語訳 (女性・30代)
太平洋戦争が佳境にはいっているのに楽しみとはおこがましいかもしれませんが、桜の木の上ですずとリンが笑いあっているシーンがあったので、なんでこういうことになったのだろうと、次回が気になって仕方ないです。また、予告の雰囲気からすると周作にも異変が起きるようなので、すずにはしっかりと支えてあげてほしいです。
ペンネーム:ねこっこ (女性・40代)
次回はいよいよ呉にも空襲が遂にやって来たようです。広島が舞台のこのドラマです。何事もなかったでは話は進まないとは思いますが悲しい話にならなければ良いな、と思っています。昭和20年になりましたので終戦も近づいてはきてますがお兄さんの訃報に家族が心を痛めたりする姿がリアルで戦争を知らない私達には計り知れない家族の悲しみは大きいですね。みんなが生き残って欲しいですね。
ペンネーム:ゆっきー (女性・30代)
呉にも戦争の空襲がやってきて、次々と空襲される。円太郎が勤めている工場も爆撃され、壊滅的だと言うことだが無事なのか気になります。周作が幸子に同僚を紹介するために、花見が開かれたが、そこの場で、すずはリンを見つけ、2人で話しをするのであった。そこで2人がどんな話をするのか、楽しみにしています。確信を付いた話ができるのでしょうか。
ペンネーム:sati (女性・30代)
次回6話はいよいよ戦争の影が色濃くなり、すずにも危険が迫ってきそうな気がします。戦争が佳境になり、すずの平和な日常が壊れていき、家族にも大きな試練や変化が起きそうでどうなるのかドキドキしてしまいます。また徐々に明かされる現代パートでの主人公と、すずとの繋がりなどもなにがエピソードが出てくるのではないかと期待しています。
ペンネーム:れれ (女性・20代)
いよいよ、すずの住む街にも米軍の戦闘機が飛び回るようになり、空襲警報も頻繁に鳴るようになっています。この頃には、すずたちの身にも危険が差し迫っている様子や、このような状況の中、どのように精神状態を保っていったのかということが視聴者にわかりやすく描いてくれることを期待しています。また、すずの夫も戦地に出向くこととなり、その別れの様子も丁寧に描いてくれることを楽しみにしています。
ペンネーム:MINA (女性・30代)

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』6話のツイッターでの反応や評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』6話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

無料でドラマ『この世界の片隅に』6話の動画を楽しむなら、Paraviがオススメです!

Paraviでドラマ『この世界の片隅に』6話を無料視聴する