ドラマ『この世界の片隅に』5話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月12日放送】

この記事では8月12日に放送された、松本穂香さん、松坂桃李さんが主演の2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』5話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

また、ドラマ『この世界の片隅に』5話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください!




2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』5話のあらすじ

昭和19年12月のある日、すず(松本穂香)が水汲みをしていると、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)が現れた。水原はすずに会いに来たと言う。すずは水原を北條家に連れて行くが、水原は今晩泊めて欲しいと言い出す。 サン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は突然の客にびっくりするものの、やがて状況を楽しみ始める。

帰宅した周作(松坂桃李)は水原の顔を見て以前会ったことを思い出す。しかし周作が知らないすずの過去を水原が話すのを聞き不機嫌に。水原は周作の気持ちも知らずひたすら笑顔ではしゃぎ続ける。二人に挟まれすずは気が気でない…。

やがて夕食も終わり、居間には水原と周作の2人だけに。水原は戦艦での様子や思いを吐露する。それを聞いた周作は水原に納屋で寝てくれと言い渡し、母屋から追い出してしまう。そしてすずにも2人で昔話をして来いと水を向ける。
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』5話の見逃し配信を無料視聴するならParaviがオススメ!

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』5話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのParaviについてご紹介します。

Paraviは、2018年4月1日にサービス開始された新しい公式動画サービスです。

とにかく国内ドラマに強く、放送中のドラマ『この世界の片隅に』5話を見逃してしまってもここで見ることができるので安心!

国内最大級のドラマアーカイブ数で、TBSのドラマはもちろん、話題の人気作品や名作を多数配信しているところも魅力的なサービスです。

ドラマ以外にも、アニメや報道、経済番組なども見放題で楽しむことができます!

今なら、登録月が無料で見放題になる、無料お試しキャンペーンをやっていますので、試してみてはいかがでしょうか?

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページにてご確認ください。




2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』5話放送前の見どころと展開予想は?

ドラマ『この世界の片隅に』5話放送前の見どころ展開予想をご紹介します。

なんといっても リンと周作の関係が気になって仕方がない。すずがすねてる姿も可愛いが、これからどうなるのか興味津津です。もう昭和19年の年末まで描かれておりあと8ヶ月 ヒロシマ原爆 どんな展開がまっているのか早くみたいです。誰がなくなり、誰が生き残り、どう繋がっていくのか本当に楽しみになってきました。
ペンネーム:トムルナ (男性・30代)
次回、海軍に入隊した幼馴染の男性が、突然すずの元を訪れます。驚いたすずでしたが、これまでの流れによると、その男性はすず想いを寄せていたようです。そして、これから激戦地に向かう前に、すずに会いに来たようです。しかし、夫がすずと男性との仲に嫉妬するなど、急な展開が予想されます。でも、きっとすずは、嫉妬してくれた夫に愛情を感じるのではないでしょうか。
ペンネーム:keiko (女性・30代)
突然、すずのところにやってきた水原が、一体何のために来たのか気になるところです。すずがリンに焼きもちを焼き、自分はしょせん代用品だからと拗ねていた展開が、5話では逆転しそうで面白いです。一度、周作と水原が会っていてお互いに良い印象だったという伏線があるだけに、周作は水原を追い出すわけにもいかず、すずは鈍いのでふつうに水原と喋りそうだし、その光景を前にやきもきしている周作という絵図が楽しめると思います。
ペンネーム:hotoke (女性・40代)
すずの元に突然が軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎さん)が現れた。水原はすずに会いに来たと言うが本当の所、何をしに来たのだろうか。家に泊めてほしいと言うし、周作はちょっと自分の知らないすずの話をする水原の事で不機嫌になって行く。だが、話を聞いていき、きっとこれから戦地に行ってしまうともう戻ってこれない事を悟った周作はすずと二人きりにしてあげる事にする。果たして結末はどうなるだろうか楽しみ。
ペンネーム:夏色 (女性・20代)
すずの前に水原が来た場面が、予告にあったので、水原は戦地に行く前にすずにダメ元で気持ちを伝えようと思ったからだと思います。だから、後悔ないようにデートをしにすずを街へ連れ出すと思います。すずがキャラメルが好きなのを知っている水原が、買ってやろうとしますが、周作の事を思い出して、すずは水原に旦那がいるからムリだと言うと思います。4話で、周作の元恋人がリンだったと思ったすずがモヤモヤしていたことから、水原がなぜか引きよせられたのだと思うので、すずは幼馴染だからこそ、水原に周作の愚痴を言って、それを見た周作はどうして自分に思っていることを言ってくれないのかと初めてすずに焼きもちをやくでしょう。
ペンネーム:いつつ星 (女性・10代)
来週以降はすずも周作が過去に縁談があった話しを聞いて、周作とすずの間に溝が生まれてきます。この2人の関係がどうなるかも気になります。あと、空襲が本格的になっていき、この空襲の影響で夫婦関係はもちろん家族や広島にいるすずの両親や径子の長男の久夫がどのような状況になっていくのかが注目ではないでしょうか?
ペンネーム:つくだに (男性・40代)
すずの元を水原が訪ねてきます。そして北条家に泊まる事になりました。幼い頃のすずを知っている水原のことを周作が良く思わないのは理解できます。ヤキモチを焼くほどすずの事が好きなのだと安心します。すずは幼馴染に会えて嬉しいと思います。実家から遠く離れた場所で頑張っていたので水原に会えた事で少しホッとできたのではないかと思います。
ペンネーム:たかは (女性・30代)
幼馴染の水原の登場が楽しみです!1話でも水原はすずのこと好きそうな素振りを見せていたので、結婚したすずにどんな反応を見せるのか気になります。予告では周作がすずに嫉妬をするようなシーンもありました。リンさんのことで良い感じだったすずと周作の関係が変わりつつあったので、この嫉妬が二人の関係をどのように変えていくのか楽しみです!すずと周作のラブラブな感じには癒されてきたので、またほっこりするような二人のシーンが見たいです!
ペンネーム:ファンディーナ (女性・30代)
5話での、見どころなどはやはり水原さんと周作さんのやり取りなどが楽しみなポイントの一つ。ですが、物語の展開としては晴美ちゃんの身に何かが起こってしまうのではないかと凄く不安になりました。空襲もひどくなってくる様子でしたし、今までは呉には何も空襲はなかったのに、すずさんのお母さんも凄く泣いていたので、今回の4話の様にところどころ笑顔がある回ではなく、涙が多い回になりそうなのですが、周作さんとすずさん達はどのように乗り越えていくのかもとても注目しておきたいポイントの一つです。
ペンネーム:ren (女性・20代)
次回は周作のヤキモチが予告されているので、本当に楽しみです。アニメ映画にはなかった、すずと周作のヤキモチのすり合わせのような感じになる様子がうかがえて、これでさらに「雨降って地固まる」というような流れになるのだろうな、と期待しています。もう戦争の最終局面まで8ヶ月程度、今後がどう描かれるのかが怖くも、楽しみです。
ペンネーム:ねこっこ (女性・40代)

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』5話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いたドラマ『この世界の片隅に』5話の見どころと感想をご紹介します。

たかは
見どころは?
すずの幼馴染の水原が突然すずの元を訪れます。北条家に泊めてもらうことになりますが、周作は水原に納屋で寝て欲しいとお願いします。そしてすずにも納屋に行くように促します。昔話で盛り上がり水原はすずにキスをしようとしますがすずはそれを拒否します。そして朝になり二人は笑顔で別れました。すずは自分を納屋に行かせた周作に怒りを覚え、ある日それが爆発します。電車の中で喧嘩になった二人ですが、車掌の言葉ですぐに仲直りをするのでした。
感想は?
いつもは優しくて穏やかな周作ですが、水原に対して嫉妬しているのが見ていてわかりました。すずに対して馴れ馴れしく呼び捨てにする水原にヤキモチを焼く気持ちはよくわかります。すずのことがそれだけ好きなんだと少し嬉しくなりました。すずは自分を納屋に行かせた周作に怒りを覚えます。我慢していたすずですが、ある日二人は言い争いになります。今までは言いたいことがあっても我慢していたと思いますが、今はなんでも言い合える関係になったのだと安心しました。
りょうママ
見どころは?
海軍さんとどんな関係を結んでしまうのか?夫がとった行動が今では考えられない事で見ていて昔だからか…と思います。どんな思いでいるのか、きっと心が苦しいでしょう。戦火もどんどん近づいてきていて兄の訃報もついに届いてしまいました。町を歩いていて直ぐ上を敵機が飛んでいくなんて信じられないような光景が現実になっていきます。そんな中でも揺れる夫婦の心が見所だなと思いました。昔も今も好きな人を思う気持ちは変わりません。
感想は?
今回は突然やって現れた幼馴染との掛け合いが見所だったと思います。海軍さんなので無下にも出来ず、本当なら帰ってほしいだろうに、すずは旦那に閉め出されてしまいます。まるで差し出された物です!このまま一緒に夜を過ごしてしまうかドキドキしたけど結局は付き添っていただけの2人はある意味心のどこかで結ばれてるんだなと思いました。それがきっかけの痴話喧嘩が見ていて笑っちゃいけないけど仲いいんだなと思わせてくれました。
hotoke
見どころは?
水原が突然、すずの元を訪ねて来て「一晩泊めてほしい。」と言い出し、北條家はふたりの関係を勘繰りながらもこの状況を面白がって受け入れます。周作がもう会えないかもしれないからと、すずと水原を二人きりで過ごさせますが、すずには真意が伝わらず周作とはぎくしゃくしたまま時が過ぎていきます。水原の秘めた想いやすずへの願いが語られ、死を覚悟した青年の明るく振舞う最後の夜は見どころです。浦野家では要一が戦死するも、キセノだけはその死を受け入れられずにいる理由が切ないです。すずと周作の痴話喧嘩もほほえましく、より夫婦として絆が深まりそうです。
感想は?
図らずも水原とすずがふたりだけで一晩過ごすことになり、すずはどうするんだろうと少しドキドキしました。水原が今まで言えなかったすずへの想いが溢れていて、キスくらいならしてあげてもバチは当たらんよ、とすずに言いたかったです。それでも、白い羽根がふたりの大事な思い出になるんだろうなと、叶わない恋路の行方を見て切なくなりました。要一が戦死して骨の代わりに石ころが入ってるのを見たら、一気に悲しくなってしまい、キセノの慟哭がずっと印象に残ります。戦争なんて、と思っていたら、すずは周作と仲直り出来たのは要一のおかげだと感謝していて、なんだかほっこりした後しんみりしました。
ss
見どころは?
海軍に行ったすずの幼なじみの水原が北條家を訪ねてきて、サンや径子のすずとの仲を疑う反応が見どころです。周作も気を遣って、すずと水原をふたりっきりにさせたりとつらい表情が面白いです。水原が最後を覚悟してすずに会いにきたのが伝わってきて、ふたりっきりになったすずはさてどうなるのでしょうか、そして、朝帰りをしたあとのすずと周作のギクシャク感も見逃せません。そのまずい雰囲気に、いいタイミングで何も知らなかった人物が北條家に帰ってきてみんながなぜか呆れ顔する場面も良いです。
感想は?
海軍に行っていた幼馴染の水原はみょうに明るく振舞うところが、最後を覚悟し、初恋のすずに会いにきたことが十分伝わってきます。サンや径子は、もちろん、すずとの関係を疑い、ふたりがこそこそ想像するシーンが、逆に、当時の、最後を覚悟した兵隊さんのもの悲しさとそれに気遣うまわりの人々の様子が分かります。周作も、水原の思いを感じ、納屋に泊めて、すずがそこにいったとしても自分には聞こえない距離におくという複雑な心境をそこで表現しています。すずを水原の納屋に送り出し、母屋の鍵を閉めてしまう場面は、周作の覚悟が伝わります。すずも水原の最後の思いに答えようとしますが、周作が好きだということを認識し、周作を怒ってしまうところは、戦時下の中でも、まともな感情があって嬉しかったです。
現代語訳
見どころは?
周作は、すずと水原を一緒の部屋に閉じ込めてしまうところが見どころと言えます。予告などでは、すずの初恋は水原だと言っていましたが、すずは恋愛に疎そうなので、「そうだったの?」と思っていました。水原に抱きしめられた時、「私はこれを望んでいたのかもしれないね。」と言うので、夫がいるので浮気はしないだろうと思っていたのにとハラハラする場面も、気になるところです。そんな周作にイライラしたすずは、リンとの関係を問いただせるのかも、見どころです。周作と喧嘩する場面が予告にも合ったので、離縁して水原と一緒になるとすずは言いだすのかな?と想像してしまいます。
感想は?
佳代が友達になった老人は、「北條」としか名乗りませんでしたが、すずではなく、すずの娘だと思いました。すずだったら、普通に「こちら、すずさん。」と直接紹介すると思うからです。視聴者が誰だろうと予想できるように設定されていると思います。すずの母が、「これは陽一ではない。」と遺骨の箱を見て言ったのは、確かなことではないし、どこかに逃げていて、仮に戻ってくるかもしれないので、納得できました。意外にも生きていると言うパターンも悲しい世の中、ありだと思います。すずのおばあちゃんが、「こんな石!」と言って捨てて、もっと良い石を入れようと言ったり、陽一の背の高さまで座布団を積み、遺骨を座らせると倒れてしまった場面も、面白かったです。嫁に行くなら、こういう家庭が良いなと思いました。
ねこっこ
見どころは?
北條家に水原が現れました。戸惑うすずが止める間もなく、お土産などを出して泊めてほしいと依頼するのです。次の戦地では死ぬかもしれないという水原に、周作は納屋の二階に泊まるよう言い、すずにアンカを持たせて行かせます。母屋にカギをかけられ、すずは水原と一晩昔語りをして過ごすことになります。また、すずの兄の死が伝えられ、周作とすずは実家に駆けつけます。お骨の代わりに入っていたさえない石を見て、すずの母は泣きじゃくるのでした。
感想は?
すずに対する周作の気持ちが、複雑ながらもよく伝わってきて、面白かったです。顔に出さずにやきもちを焼いて寝付けない様子なのに、その後しらんぷりしてすずに声をかけないあたりは、昔風の日本男児なんだんぁと感心しました。しかし、本当に骨箱に石一つ、ということがあったんですね。母親の時間差できた大きな嘆きに、胸がえぐられるように感じました。また帰りの電車の中での大喧嘩は、2人が本当はよく愛し合っているということがわかる場面で、羨ましくなってしまいました。
ゆっきー
見どころは?
周作さんと水原さんの男心についてのお話です。切羽詰まった男心は究極に優しいです。水原さんは死ぬかもしれない自分の立場から恥も何も考えず戦地へ向かう前すずに思いの丈をぶつけに来ますが周作さんの優しさがなけれなし得ない出来事でした。甘えようがキスしようとされようがすずは周作さんが好きです、と突っぱねます。すずに昔話をしてくるようにと水原さんの所へ行かす周作さんの気持ちは内心ぐちゃぐちゃだったと思います。それでも水原さんの事を自分の事のように考えて行動を起こす周作さんの優しさは神対応だったと思います。
感想は?
すずが水汲みをしていると水原が現れた。すずは家に連れて帰る。さんと径子がすずの昔の男じゃないかと噂する。そこへ周作が帰宅し水原と同時に前、会った事を思い出す。夕食の時、水原はテンション高くすずの昔話をし周作は機嫌が悪い。周作は水原にここに泊める訳にはいかないので納屋に寝て貰うことにする。昔話をしてこいとすずにあんかを持って納屋に行かせる。水原はすずに思いの丈をぶつけキスしようとするがすずは周作が好きだと言う。水原は自分が死んでもすずには笑って思い出して欲しいと戦地へ向かう。昭和20年になりすずの兄の訃報が知らされる。遺骨も無く実感が湧かないが家族は哀しみにくれる。ある寒い雪の降る日すず以外の家族が風を拗らせザボンを買いに行く途中、すずはりんにリンドウの茶碗を持っていく。そして、呉にも遂に空襲がやって来たようだ。
sati
見どころは?
すずの初恋の相手、水原さんが突然現れた。驚くすずに、家族たち。そしていきなり泊めてもらうと言い出し更に驚く。水原さんはもうすぐ戦争で帰らぬ人となるかもしれないと言うことを周作に言うと、周作は水原さんとすずを2人きりにさせた。周作なりの優しさだったのだが、すずは周作のその行動に怒っていた。戦争に行っていた、すずのお兄さんが亡くなったとの知らせが入り、実家へ周作と一緒に帰ったが、お兄さんの遺骨だと思っていた骨壺の中には石が入っていた。帰り道、2人は思っていたことを口にしケンカとなるが、お互いに好きなのでそれで仲直りをした。素敵な関係だと思う。
感想は?
すずは、周作とりんさんの関係が気になっており、周作はすずが水原さんのことを好きなんだと思っていて、お互いに気持ちのずれがあったのでもどかしかったです。けれど最後に二人はケンカをして、自分の思いを口にしたことで、周作さんの誤解も解けて仲直り。よかったです。りんと周作さんのことはまたに持ち越しになりましたが、すずの誤解も解けてほしいなと思います。戦争という時代は、悲しみや切なさがたくさんあるなと思いました。
れれ
見どころは?
5話はたくさん今後のポイントになるエピソードがありますが、やっぱり一番のみどころはすずと周作と、すずの幼なじみとの三角関係です。突然、北条家を訪ねてきた幼なじみの出現に家族は沸き立ちます。すずもとまどうし、周作もなんだかイライラしてるし、幼なじみはすずが結婚しているのを知っているのにぐいぐいアプローチしてきます。すずと周作は一体どうなっちゃうの?っていうラブストーリーの展開が5話は一番面白いです。
感想は?
今回の5話はすずだけでなく、まわりを取り巻く登場人物の様々なエピソードが盛りだくさんでした。ラブストーリー、すずの家族のエピソード、戦争など話が急展開した5話でした。その中でも、仲良くしていたすず夫婦が喧嘩したり気まずくなったりと初めて夫婦の危機感が訪れてヒヤヒヤさせられました。特にすずと周作と幼なじみとの三角関係にドキドキしてしまいました。今まで平凡な日常をほんわかと描いていましたが、今回はシリアスな展開が多かったです。
MINA
見どころは?
これまでは、戦時中といってもすずの住む街にはほとんど被害がなく、食料などの配給が減ってしまうくらいの影響しかありませんでした。しかし、実の兄が戦死したり、戦地に向かう直前の幼馴染が訪ねて来たり、すずの周囲にも戦争が徐々に近づいてきている様子が描かれています。そして、すず夫妻の絆が深まる場面もあり、改めて幸せを実感するシーンもあり、すずの夫への揺るがない心を描いた場面に関しても見どころの一つだと思います。
感想は?
すずのところに、幼馴染の水原が訪ねてくるシーンから物語は始まります。突然のことに驚くすずだったのですが、さらに水原は北条家に泊めて欲しいと願い出るのでした。仕方なく水原を泊めることになるのですが、なかなか子供に恵まれないすずのことを思い、すずの夫は、すずと水原を夜に二人きりになるように仕向けるのでした。しかし、そのような場面に直面しても、すずの夫への想いは揺るがないものであり、夫婦の絆を改めて実感するのでした。

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』5話のツイッターでの反応や評価は?

https://twitter.com/jnjn_knkn/status/1031856898226569216

まとめ

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』5話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

無料でドラマ『この世界の片隅に』5話の動画を楽しむなら、Paraviがオススメです!

Paraviでドラマ『この世界の片隅に』5話を無料視聴する