ドラマ『義母と娘のブルース』7話の見逃し配信を無料視聴!【8月21日放送】

この記事では8月21日に放送された、綾瀬はるかさん主演の2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』7話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

今回は、今もっとも話題のドラマの1つとなっている『義母と娘のブルース』の7話について見てまいりたいと思います。

とにかく、視聴者からの注目度がとても高いものとなっている、ドラマ『義母と娘のブルース』。7話はいったいどのような展開になっていったというのでしょうか。

それではさっそく、ドラマ『義母と娘のブルース』7話を無料で見る方法や見どころ、ネタバレ、キャスト、視聴率をチェックしていきたいと思います。




2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』7話のあらすじ

みゆき (上白石萌歌) に仕事をすることの尊さを伝えるべく、商店街で寂れている 「ベーカリー麦田」 に再就職することにした 亜希子 (綾瀬はるか)。だが、店を開けているだけでも赤字になっている 「ベーカリー麦田」 は亜希子の想像以上の状態だった。
店長の 麦田 (佐藤健) は、経営にはまったく無頓着で、昨日の売れ残りを温めて店頭に並べる始末。それでも亜希子は、みゆきのために「ベーカリー麦田」の立て直しを決意し、キャリアウーマンだった頃の知識を駆使して立て直しのプランを精一杯考える。
そんな亜希子の再就職に、隠れた想いがあることに気がつかないみゆきは、運命的に再会した 大樹 (井之脇海) から、突然生まれて初めての告白をされ悩んでいた。
「今は受験だから勉強に専念しなきゃいけない」 という理由で断るみゆきだが、大樹から「家庭教師をしてやる」と提案され、自然と一緒に過ごす時間が増えていく二人。
大樹と一緒に勉強していることで、亜希子に対して少し後ろめたさを感じるみゆきは、ベーカリー再建で忙しい中でも、家事も完璧にこなしてしまう亜希子に対し、劣等感に似た複雑な気持ちが生まれていた。
「亜希子の本当の娘だったら、亜希子に似て何でもできる人になれていたのか…」 と葛藤するみゆきは、亜希子に自分の今の気持ちをぶちまけてしまう。
(引用元:公式サイト




2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』7話の見逃し配信を無料視聴するならParaviがオススメ!

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』7話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのParaviについてご紹介します。

Paraviは、2018年4月1日にサービス開始された新しい公式動画サービスです。

とにかく国内ドラマに強く、放送中のドラマ『義母と娘のブルース』7話を見逃してしまってもここで見ることができるので安心!

国内最大級のドラマアーカイブ数で、TBSのドラマはもちろん、話題の人気作品や名作を多数配信しているところも魅力的なサービスです。

ドラマ以外にも、アニメや報道、経済番組なども見放題で楽しむことができます!

今なら、登録月が無料で見放題になる、無料お試しキャンペーンをやっていますので、試してみてはいかがでしょうか?

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページにてご確認ください。




2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』7話放送前の見どころと予想は?

ドラマ『義母と娘のブルース』7話放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

亜希子はパン屋で忙しく働きますが、家のことも手を抜かずに頑張っていて亜希子らしいと思います。そんな完璧な姿にみゆきは劣等感を抱くようになってしまいます。みゆきの気持ちはよくわかります。亜希子はなんでも器用にこなしてしまうのでみゆきは自分の出来なさ加減が嫌になってしまったのだと思います。親子関係に溝が生まれて心配ですが、きっとまた仲の良い二人に戻ると思います。
ペンネーム:たかは (女性・30代)
みゆきとひろき君の可愛い恋愛が始まりそうで楽しみですね。佐藤健君は何なの?ってずっと疑問でしたが節目節目で出会ってた奇跡を起こす人だったんですね。亜希子が、あんぱんで商売始めそうですね。一見、潰れそうなパン屋?もうちょっとキャリア生かそうよ。とか思うけど亜希子の事だから大きな事業に発展させそうですね。ひろき君はいい子ですって小3の頃から亜希子は言ってましたね。本当にいい子に育ってますね。みゆきちゃんと上手くいったら良いですね。
ペンネーム:ゆっきー (女性・40代)
亜季子はベーカリー麦田で働くようになり、雇われている立場であるにも関わらず、ベーカリー麦田のことを想って経営をどう立て直すかというのを麦田に対し、様々な意見を出したら、麦田はイライラするようになり、なぜ雇っている側が雇われている側に意見を言わないといけないのだろうかと麦田が亜季子に指摘してしまうという展開が出るのではないかと予想する。亜季子は麦田もベーカリー麦田も立て直すことができるかどうかが楽しみなポイントである。
ペンネーム:あかり (女性・30代)
大樹とみゆきに恋の予感が生まれそうなので、ふたりの今後が気になります。亜希子のほうは、ベーカリー麦田の再建という大きな難問を抱えることになりそうですが、元キャリアウーマンの手腕を生かして、何とかピンチを切り抜けていくんじゃないかと思います。みゆきは、完璧な亜希子に劣等感を感じてくるようなので、ふたりの絆の崩壊とか、波乱の展開になっていくような気がしてちょっと怖いです。
ペンネーム:湊海 (女性・40代)
倒産寸前のパン屋で働くことになった亜希子が、持ち前の分析力と営業スキルを大いに発揮してどのようにパン屋を建て直すのかすごく気になります。9年ぶりに再会したみゆきちゃんとひろきくんは、付き合うのか、そもそもみゆきちゃんに恋という気持ちが亜希子さんに育てられたのでわかっているのかどうかがわからないので、どうなるのか楽しみにしています。
ペンネーム:りり (女性・20代)
亜希子の仕事や高校生になったみゆきの恋の行方です。やめておけと止められたパン屋の仕事ですがしょっぱなからうまく行くとは思えません。しかしキャリアウーマン時代の経験を生かして多少の困難があってもうまくやっていけるような気もします。しかし家事との両立はできるのか気になります。みゆきはヒロキくんに告白されていましたがその後どうなるのか楽しみです。
ペンネーム:ぱるる (女性・20代)

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』7話の見どころと感想

ドラマ『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴さんのコミックが原作です。

キャリアウーマンだった宮本亜希子が、夫の宮本良一の死後、夫の連れ子である宮本みゆきと、実の親子のようなきずなで結ばれるまでを描くという感動的なストーリーなのでした。

それでは、ドラマ『義母と娘のブルース』7話はどのようなストーリーとなっているのか、さっそく確認していきましょう。

宮本亜希子はベーカリー麦田に初の出勤となりました。そんな彼女を迎える、麦田章。一方、宮本みゆきは、ユナに向って、黒田大樹からの告白を断ったと伝えます。

それは、宮本亜希子のために偏差値の高い大学へ行きたかったからでした。が、そんな宮本亜希子はベーカリー麦田が流行らないことにおどろきます。

さっそく麦田章にそのことを指摘しますが、彼は現状が分かっておらず、頼りになりませんでした。

さて、宮本亜希子を見かけた宮本みゆきでしたが、そこに黒田大樹がやって来ます。

告白を受け入れなかった理由を尋ねる黒田大樹に、宮本みゆきが受験勉強を持ち出すと、彼は自分が教えてやるといいました。

宮本亜希子はベーカリー麦田の再建に動き出すことに。結果、店は繁盛の兆しを見せ始めます。

下山和子に協力してもらったこともあって、大賑わいになる、ベーカリー麦田。そんな義母に負けじと宮本みゆきもがんばりますが、勉強はさっぱりなのでした。

さて、ベーカリー麦田は早くもまた傾き始めることに。アンパンしか客に受けていないことが原因だったのです。

宮本亜希子は麦田章を叱咤しますが、これが彼の逆鱗に触れ、そのままクビを通告されてしまうのでした。

宮本みゆきは黒田大樹といるところを宮本亜希子に見つかり、自習室へ行ったというウソを指摘されることに。

それはそうと、2人が交際しているものとかん違いしている様子の、宮本亜希子。宮本みゆきはそれをさっそく否定するのでした。

さて、宮本亜希子は、志望校の再検討を持ちかけますが、宮本みゆきは冷静さを欠いてしまいました。

一方、ベーカリー麦田に友井智善が来店し、麦田章は、宮本亜希子の悪口を言ったところ、彼から逆に気があるんじゃないかと冷やかされます。

やがて麦田章は宮本亜希子からの提案を発見し、友井智善も納得し、解雇を後悔し始めます。結局、宮本亜希子はベーカリー麦田に復帰することに。

一方、宮本みゆきのことを励ましていく、黒田大樹。宮本亜希子は、宮本みゆきが義母と自分を比較して悩んでいることを麦田章に相談しました。

これに麦田章は、自分と父親もそうだったと語るのでした。やがて、宮本みゆきが黒田大樹と来店し、志望校の件で揉めたことを謝ります。これに対して、宮本亜希子も謝ることに。

そんな宮本亜希子に好意を抱いていると自覚してしまう、麦田章。宮本亜希子は避妊について宮本みゆきに質問しますが、些細なかん違いから、てんてこ舞いに。

一方、麦田章は宮本亜希子にすっかり惚れこんでしまっていたのです。

ドラマ『義母と娘のブルース』は、7話もあいかわらず、充実したものとなりました。感動あり、笑いありという絶妙さが、いつにも増してたまりませんね。

次回以降、宮本亜希子と麦田章の関係がいったいどうなっていくのか、とても楽しみです。

ドラマ『義母と娘のブルース』7話のキャスト”綾瀬はるか”

ドラマ『義母と娘のブルース』で主人公の宮本亜希子役を演じているのは、綾瀬はるかさんです。

綾瀬はるかさんは、1985年3月24日、広島県出身の33歳。

ホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞を受賞したことによって、芸能界へ入ることになりました。

ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビューし、その後、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』でブレイクすることに。

女優としての活動で有名ですが、一方では、シングル「ピリオド」のリリースで歌手としてもデビューしています。

2013年には、NHK大河ドラマ『八重の桜』で主演して、おおきな話題となりました。そんな綾瀬はるかさんは、これまでに多数の作品で活躍してきました。

映画では、『おっぱいバレー』、『海街diary』、『高台家の人々』、『本能寺ホテル』、『今夜、ロマンス劇場で』など。

ドラマでは、『白夜行』、『ホタルノヒカリ』、『JIN-仁-』、『わたしを離さないで』、『精霊の守り人』など。

2019年には、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にも出演予定の綾瀬はるかさんの今後の演技に期待ですね。

ドラマ『義母と娘のブルース』7話の視聴率

ドラマ『義母と娘のブルース』7話については、視聴率がどうなっているのかも気になります。といいますのも、本作は2018年7月クールの連ドラでもまれに見る高視聴率をほこっていたからなのでした。

1話は11.5%、2話は11.3%、3話は12.4%、4話は12.2%、5話は13.1%、6話は13.9%。なんと、過去6回の放送がすべて視聴率2ケタ台で、6話は過去最高記録だったのですね。

それでは、7話の視聴率がどうなったのかということですが、さらに上回る15.1%を記録していました。

まだ最終回まで数話ありますから、これからどうなっていくのか、とても楽しみですよね。

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』7話のツイッターでの反応や評価は?

まとめ

今回も、綾瀬はるかさんの演技に脱帽させられましたね。

シリアスな役からそうでもない役まで、多数、こなしてきた彼女ですが、両方を兼ね備えたドラマ『義母と娘のブルース』の宮本亜希子役は、まさにはまり役だといえるでしょう。

最終回まで、彼女の義母としての活躍から、目が離せなくなっていきそうですね。8話にもぜひ、期待していきましょう。

さて、2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』7話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

無料でドラマ『義母と娘のブルース』7話の動画を楽しむなら、Paraviがオススメです!