ドラマ『チア☆ダン』5話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月10日放送】

この記事では8月10日に放送された、土屋太鳳さん主演の2018年夏ドラマ『チア☆ダン』5話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

また、ドラマ『チア☆ダン』5話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください!




2018年夏ドラマ『チア☆ダン』5話のあらすじ

福井商店街のお祭りで踊りを披露したわかば(土屋太鳳)率いる福井西高校チアダンス部・ROCKETS。ステージは大成功に終わり、さらにチアリーダー部1年生の芙美(伊原六花)とカンナ(足立佳奈)も加わり部員は10人となった。

 福西祭が近づき賑わいをみせる校内で、チアダンス部の部室が荒らされる事件が勃発!望(堀田真由)率いるチアリーダー部が、芙美とカンナがチアダンス部に入った腹いせでやったに違いないと怒るROCKETS一同。そんな中、部室にやって来たわかばと麻子(佐久間由衣)が目にしたのは、芙美を心配そうに囲む汐里(石井杏奈)、茉希(山本舞香)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)、カンナの姿だった。

 話を聞くと、芙美がチアリーダー部たちによって足に怪我を負わされたという。堪忍袋の緒が切れた汐里、茉希、渚はチアリーダー部の元へ行こうとするが、わかばはそれを阻止し、1人でチアリーダー部の部室へ向かう。果たしてチアダンス部とチアリーダー部の争いはどこまで行ってしまうのか!?

 その一方で、チアダンス部の練習を見ていた顧問の太郎(オダギリジョー)は、今のROCKETSにはコーチが必要だと感じる。そこでコーチを探すために東京へ向かうが、適任者はなかなか見つからない。諦めて帰ろうとした時、前任校の生徒である木田(岐洲匠)に似ている男性を見つける――。
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』5話の見逃し配信を無料視聴するならParaviがオススメ!

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』5話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのParaviについてご紹介します。

Paraviは、2018年4月1日にサービス開始された新しい公式動画サービスです。

とにかく国内ドラマに強く、放送中のドラマ『チア☆ダン』5話を見逃してしまってもここで見ることができるので安心!

国内最大級のドラマアーカイブ数で、TBSのドラマはもちろん、話題の人気作品や名作を多数配信しているところも魅力的なサービスです。

ドラマ以外にも、アニメや報道、経済番組なども見放題で楽しむことができます!

今なら、登録月が無料で見放題になる、無料お試しキャンペーンをやっていますので、試してみてはいかがでしょうか?

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページにてご確認ください。




2018年夏ドラマ『チア☆ダン』5話の放送前の見どころと予想は?

ポリマークレイ
チアダンス部がどんどん盛り上がれば盛り上がるほど、チアリーダー部は面白くないと思うけど、相手を傷つけたりすることよりも自分達も負けないと頑張る方向に行くか、一緒に一つとなっていくのか、どんなふうになっていくのかが楽しみ。あとわかばと幼馴染みの関係も、今後2人が意識したり、三角関係にならないのかも気になるところ。
たかは
商店街でのステージを成功させたわかば達ですが部室が荒らされているのを発見します。きっとチアリーダー部が腹いせにやったのだと思います。チアリーダー部はわかばに嫉妬しているのだと思います。楽しそうに踊っているチアダンス部を羨ましいと思っている気がします。二つの部活が一緒になればもっと活気が出て良いのではないかと思います。
ぱるる
4話では新たに芙美など新たな1年生部員が入りましたが、嫌がらせはエスカレートしていたのでこれが早くおさまる事を祈るばかりです。チアダンス部員はなんだかんだいって根はいい子達ばかりだと思うので大丈夫だと思いますが、チアリーダー部の方は何か芙美にも嫌がらせをしてきそうな気がします。やり返していてはまたやられてその繰り返しなので早く和解できる日が来るといいのですが。
ぴーこ
やっと少しまとまりかけたメンバーに新たに2人が加わり、rocketsがどう変化していくのかが楽しみなポイントだと思います。またチアリーダー部との亀裂が悪化しているので、どう解決していくのが見所だと思います。今まで平和主義で争い事を避けてきたわかばが仲間のためにどう戦っていくのかも面白そうなポイントだと思います。
momon
嫌がらせをいつまでも続けるチアリーダー部の人達とやっと話し合うことができそうで楽しみです。わかばはあの人たちをどうやって辞めさせることができるのかとても気になるところです。チアリーダー部の人達はなぜあそこまでチアダンスのことを嫌いになっているのか次回はっきりとするようなのでとても楽しみだと思いました。わかばがどうやって話し合うのか分かち合うことができるのかとても気になります。
いつつ星
ロケッツは落書きされた部室の掃除を始め、まずは綺麗にしてからいじめ対策について考えると思います。わかばは、汐里にはチア部の女子にいじめられていることを内緒にしていましたが、打ち明けるでしょう。太郎先生は、わかばのいじめについて唯一知っていたので、いじめをしている生徒に交渉をしように、過去のトラウマから、怯えてしまうと思います。
ののこ
今回の最後には、ROCKETSの部室が陰湿なチアリーダー部の嫌がらせにより、ぐちゃぐちゃにされて終わった。わかばがチアダンス部に行ってしまったことにする怒りと悲しみと憎しみからこんな行動まで発展してしまったのだろうか。チアダンス部が周りの人々に認められていくことが尚更チアリーダー部のチアダンスに対する憎悪を増幅させてしまっているのではないだろうか。それにROCKETSはどう立ち向かっていくのかをみていきたい。
mirokichi3
わかば達に嫌がらせをするのはチアリーダー部の部員達が関与しているみたいです。さらに関係が悪化しそうでどうなっていくのか、気になります。わかばも昔に何かあったようですが、一体どんな事があったでしょうか。以前に所属していたチアリーダー部との関係性にも注目します。太郎も全面的にわかば達を応援するようになりましたが、次はどんなサポートをしていくのか楽しみです。
ねこっこ
女子らしからぬ大乱闘が予告されていますが、遅れてきた生みの苦しみということでしょうか。考えてみれば注目を浴びているチアダンスに対し、チアリーディング部がいい気持ちになるわけないですよね。それでもケガ人の予告がされていたので、少し怖いです。どう部長のわかばがさばくか、期待しています。ぜひ和解して、2チーム合体してほしいです。
ゆっきー
まだまだチアリーダー部の悪質な嫌がらせが続きそうですね。部室が荒らされていたし、わかばが怒ってる予告だったので何か事件が有るんでしょうね。幼なじみが野球を再開したのは朗報ですね。わかばと汐里と幼なじみ君の恋の行方も気になる所です。商店街のダンスで成功したのは小さな成功の積み重ねです。また、小さな成功を叶えて一歩進んでほしいです。

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』5話を見た人の感想は?

皆様から頂いたドラマ『チア☆ダン』5話の見どころや感想をご紹介します。

ねこっこ
見どころは?
主人公わかばは、過去に自分をはげましてくれたチアリーダー部ののぞみに強気に出られず、こじれたまま福西祭の準備を進めます。ところが当日大雨で、チアリーダー部のイベントは中止になりかけます。わかばは意を決してROCKETSのメンバーに頼み込み、体育館の自分たちの時間枠を、チアリーダー部と吹奏楽部のイベントに譲ることにします。チアスピリッツはのぞみたちに通じ、両チームは仲直りして、一緒に演技を披露するのでした。一方わかばの姉にコーチを頼むことに成功した太郎先生は、交通事故に巻き込まれ、重体となってしまいます。
感想は?
わかばとのぞみ、女子高生の友情物語の重さが少しつらかったですが、合同の演技についてはとても感動してしまいました。あまり言葉には出てきてませんが、チアスピリッツをROCKETSのメンバーが体得していることが、今後も強みになりそうで、楽しみです。太郎先生の事故で吹っ飛んでしまいそうでしたが、わかばの姉がコーチに決まったのには驚きました。ドラマとして太郎先生の目の付け所がいいなと思いました。わかばのあわてぶりでコミカルな要素が増えそうで、楽しみです。
rin
見どころは?
チアダンス部の部室をチアリーダー部に荒らされてしまったことと、部員である芙美がけがしてしまったことで堪忍袋の緒が切れたチアダンス部のメンバーが怒りに行こうとするところが見どころだと感じました。一人で責任を感じたわかばがチアリーダー部に行くところがどうなるのかとてもハラハラドキドキしながら見てしまいます。どうなるのか緊張してしまうところがとても見どころだし、どうなるのかとても気になるところが見どころだと思いました。
感想は?
部員のために必死に嫌がらせをとめようとするわかばの姿がとても感動しました。わかばは必死に自分の気持ちを伝えることができて良かったと感じました。わかばは部員のみんなのために必死になっているところがすごいと感じたので感動するところでした。チアダンス部のみんなの怒りが最上級になったところはどうなることかとハラハラドキドキしながら見てしまいました。みんな必死に頑張っているので努力が報われるといいなと感じる回でした。
かなぶん
見どころは?
4話のラストでロケッツの部室が荒らされていましたが、その犯人が誰だったのかという点とチアリーディング部とのこれまでの確執がどう解決されるかが見どころとなっており、さらに解決の舞台が学園祭という点も見どころになっています。そして、オダギリジョーがロケッツのチアダンスをさらに良くするためにコーチ探しを行いますが、なかなかコーチが見つからず、最後は意外な人物がロケッツのコーチになるところも注目な点です。
感想は?
ロケッツが自分たちの晴れ舞台を色々と確執があったチアリーディング部に譲ろうとする姿勢は素敵でした。あれだけ嫌がらせを受けたにもかかわらず、チアリーディング部の学祭にかける思いを知り、さらに最後は一緒に共演している姿はちょっと感動を覚えました。また、新木優子がロケッツのコーチに就任したのがすごい意外でした。そして、ラストに子供をかばってオダギリジョーがバイクに轢かれましたが、容態がどうなのか心配です。
hotoke
見どころは?
わかばと望の亀裂してしまった関係がどう修復するのかが見どころです。太郎も昔、追い込んでしまった生徒と向き合わなかった後悔を口にするが、このままじゃいけないとわかばと自分自身を奮い立たせることになります。チアリーダー部とROCKETSの対立が激しくなる一方、雨の降る福西祭でわかばが出した決意が、全員の気持ちをひとつにまとめることが出来てわだかまりが消える瞬間は熱いです。太郎とかつての生徒、木田との嬉しい再会につづき、ROCKETSのコーチにあおいが決まって藤谷家の団らんがほっこりします。
感想は?
わかばに裏切られたという悲しみが憎しみにすり替わってしまい、言動に歯止めがきかなくなっている望が哀れでした。入学当初の落ち込むわかばを救ったように、本当は思いやりのある娘だからこそ人望もあって、チアリーダー部の子たちの嫌がらせも加速しているんだろうと思います。でも望に正面から向き合って、悪いことは悪いと言ってあげられたのがわかばしかいなかったことに切なさが残りました。さりげなくROCKETSのコーチ探しをする太郎の姿はぐっときます。そんな奮闘する太郎にご褒美のように、成長し夢に向かって努力する木田が現れた時は、気持ちが通じて良かったなと思いました。
だん
見どころは?
チアダンス部とチアリーダー部との確執がどうなっていくのかが一番の見どころだと思います。嫌がらせが段々エスカレートしていき、わかばにだけでなくチアダンス部のメンバーにまで手を出すようになってきたチアリーダー部を、わかばがどう対処するのか、なぜチアリーダー部がそこまでしつこくわかばたちを目の敵にするのかが分かると思うので、そこが面白そうなポイントだと思いました。きちんと昔の仲の良さを取り戻せるとのなのか、取り戻すには何をするのか沢山の葛藤が見れるのが楽しみです。
感想は?
チアリーダー部の嫌がらせがエスカレートしすぎてひきました。自分の心が傷付いたからと相手を傷付けるのは、見ていて全くスカッと出来ません。でもあのどうしようもないモヤモヤとした憎悪ほ分かる気がします。お互い心の内を話し合わなかった、ただそれだけであそこまで拗れるなんて…。結果的に打ち解けてよかったなとは思いました。あんなに単純なことで仲直りが出来ると言うことは、きっとチアリーダー部もわかばを許したかったけど、許せるきっかけがなかっただけなのかなと感じました。
たかは
見どころは?
チアダンス部の部室がチアリーダー部に荒らされて、新入部員の一年生が怪我を負わされてしまいました。わかばは話し合おうとチアリーダー部に一人で乗り込みますが、結局わだかまりは解けないままでした。そんなある日福西祭が開催されましたが、チアリーダー部のダンスは雨のために中止になってしまいます。喜ぶチアダンスの部員達ですがわかばだけは少し違いました。自分たちの場所をチアリーダー部に貸そうと提案します。始めは反対する部員達でしたが、わかばの強い思いに押されてチアリーダー部に貸すことにしました。それをきっかけに二つの部活は仲直りをしました。
感想は?
わかばは酷いことをされてもチアリーダー部と仲良くなろうとしていました。そんなわかばが健気で偉いと思いました。チアリーダー部の人たちはきっとわかば達が羨ましいのだと思います。全米制覇という大きな夢に向かって頑張っている姿はキラキラしていて輝いて見えます。嫉妬心から嫌がらせをしてしまう気持ちは少し理解できます。しかし、わかばの思いやりのある行動によって二つの部活のわだかまりが解けました。わかば達はやっと邪魔されずにチアダンスの練習に専念できる環境になって良かったです。
mikity4418
見どころは?
今回は、たおちゃんが、今までの友達と争いながらも友情を取り戻すお話です。同じく学校に二つの部活があるのはやりづらいです。たおちゃんのチアダンスは10人に対して、もう一つのチームはたくさんいます。先生も心の傷を追いながら、頑張ってくれています。最初はイヤイヤだったのに、今は自分から進んで部活の為に動いてくれてイキイキしています。すごく、チームワークや仲間たちに対しての思いやりが凄く感動したします。続きが楽しみです。
感想は?
今回は、たおちゃんの迫力ある演技です。あのような怒ったのは初めてです。今までは、笑ってその場を我慢をしてしまいます。何か反論すればいえば良いのではと思いますますが、たおちゃんは違います。でも今回は、仲間のことを考えて、怒りました。あの迫力ある演技にはびっくりすると思うと同じに、仲間を大事にしてるんだなと感じました。先生もチアダンス部にたいして、たおちゃんのお姉ちゃんにコーチのお願いにいくなんて感動です。
土浦日大応援
見どころは?
みどころは、チアダンス部の部室をぐちゃぐちゃにした犯人が、チア部達なのかどうか、わかばはさすがにチア部に乗り込みに行くのかでしょう。太郎が、今回はチアダンの練習に付き合うのではなく、東京に出かけ、今後の活動に関するある行動を起こすところも必見と言えます。収穫がなかったなというところで、太郎がパワハラを起こしてしまった生徒を見かけ、気になってしまって探すところも必見です。その生徒が、夜のバイトをしている様子だったので、ホストなどをしたり、良くない仲間とつるんでいるのではと見ている人の想像を掻き立てる場面があります。
感想は?
太郎は、教え子である木田と再会しますが、一生で会うことはないと思っていたので、驚きました。しかも、自分が木田の立場だったら、先生が自分のバイト先に現れても、過去の事が蘇って来て、無視すると思うのに、酔い潰れた太郎を自宅に寝かせたのはびっくりしました。そこで、先生とバトルになると思いましたが、意外にも「社会に出て、先生の言っていたことがわかった気がする。」と先生が苦しんでいた分、自身も学ぶことが合って、先生を受け入れていたところが良いなと思いました。受け入れていなかったら、自宅に入れないと思うし、木田も先生と話したかったのだと思います。
ぱるる
見どころは?
ついに明かされるわかばと望の過去です。正直これはいつ明かされるのか、2人はいつになったら仲直りするのかともやもやしていたので今回かなりすっきりすることができました。わかば側の気持ちも分かりますし、望がなぜあんなにつっかかってくるのかも分かります。太郎先生と木田のこともこれはもう会えないから過去のことだと割り切ることにして放ったらかしなのか?と思っていましたがちゃんと和解して解決していたのでよかったです。
感想は?
これまで嫌な奴だと思っていた望でしたが、回想シーンを見て見方が変わりました。受験に失敗したわかばを元気付けるためにチアリーダー部に誘ったり一緒にいるわかばも楽しそうでしたしいい子じゃないかと思いました。まあわかばは結果的に約束を破ってしまったし、それが裏切りだと思って嫌がらせをしてしまってもまあしょうがないのかもしれません。それにしては今回は後輩も巻き込んでいたのでやりすぎでしたが。最後は和解してくれたのでよかったです。
シュリ
見どころは?
チアダンスの部室を荒らした犯人は誰か、商店街の方々から何をもらえるか、太郎はコーチが必要だと判断し、それを校長に報告するものの、果たしてコーチを確保することができるかどうか、わかばと望は仲直りできるかどうか、Rocketsとチアリーダー部の間の仲が良くなっていくかどうか、福西祭に向けてチアリーダー部もrocketsも無事に踊ることができるかどうか、Rocketsに入部した新入部員はチアダンスを習得することができるかどうかが見どころである。
感想は?
Rocketsとチアリーダー部の間の関係が良くなったというのは良かった。やはり、望とわかばの間の関係が悪いと、Rocketsとチアリーダー部の間の関係も悪くなってしまうのだと感じた。だからこそ、望とわかばの関係が良くなるというのは、チアリーダー部やlocketsにとっては重要な案件であるのだと感じた。望とわかばは今やることが違うとしても、お互い応援しあい、刺激しあい、友人関係のままでいって欲しいのだと感じた。




2018年夏ドラマ『チア☆ダン』5話のツイッターでの反応や評価は?


https://twitter.com/to7301mo/status/1032792413570387969

まとめ

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』5話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

無料でドラマ『チア☆ダン』5話の動画を楽しむなら、Paraviがオススメです!