ドラマ『刑事7人』5話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月8日放送】

この記事では、8月8日に放送された、東山紀之さん主演の2018年夏ドラマ『刑事7人』5話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『刑事7人』5話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『刑事7人』5話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

2018年夏『刑事7人』5話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『刑事7人』5話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT
TSUTAYAディスカス ×
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『刑事7人』5話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・U-NEXT
・ビデオマーケット

上記のサイトでドラマ『刑事7人』5話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・覚悟はいいかそこの女子。

・探偵が早すぎる

・義母と娘のブルース

・幸色のワンルーム

・探偵が早すぎる

・高嶺の花

・チア☆ダン

・健康で文化的な最低限度の生活

・刑事7人

・遺留捜査

など、人気のドラマが視聴できます。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『刑事7人』5話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『刑事7人』5話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『刑事7人』5話のあらすじ

2018年8月8日(水)放送のドラマ『刑事7人』5話のあらすじをご紹介します。

博物館で働く学芸員の井上真由(逢沢りな)が、帰宅途中の公園で何者かに刺殺された。

真由の手の指には毛髪が絡みついており、現場を訪れた青山新(塚本高史)、水田環(倉科カナ)は犯人と揉み合って掴んだのではと考える。

青山と環が堂本俊太郎(北大路欣也)の解剖結果を聞くところへ、天樹悠(東山紀之)と野々村拓海(白洲迅)も入って来る。天樹は、被害者の真由は23年前に自宅で拉致され一週間後に山の中で刺殺死体となって見つかった夫婦の一人娘だと説明。当時5歳だった真由は同じ幼稚園の友人の家に泊まりに出かけていたことで難を逃れていた。

しかも皮肉なことに、事件が発生したのは平成7年の4月26日。15年後の平成22年に改正刑事訴訟法が施行されて時効が廃止になる、まさにその前日に無念の時効を迎えていたのだ。環と青山は、生前の真由につきまとっていた町山茂樹(三浦俊輔)という男について調査。

一方、天樹は両親を亡くした真由のその後の生活を支援していた元小岩中央署の大森正一(大谷亮介)に会いに行く。大森は、証拠さえ掴められれば逮捕できていたかもしれない女がいたと天樹に告白。

その女とは、23年前の事件当時に真由を泊めた幼稚園の友人の母親・門田恵子(大家由祐子)。

数年前に嫁いだ恵子の娘・里中恵理香(鮎川桃果)によると、恵子は事件当日の夜、勤め先のスナックのホステスが一人来られなくなったと言って夜に出かけ、朝方に帰って来たという。

そんな中、博物館の同僚の証言から、真由が殺される1カ月ほど前からカセットテープを何度も聴いていたことが判明する。古いテープの中には2人の女の声が録音されており、一人は恵子の店で働いていたホステスのもの、もう一人はどうやら真由の殺された母親であると分かる。

母親は真由に向かって『カシワ』に行こうと告げていた…。この『カシワ』とは一体なんなのか。

そして、真由がこのテープを何度も聴いていた理由とは―!?

(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『刑事7人』5話放送前の見どころと予想は?

ドラマ『刑事7人』5話放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

最近の話では、せっかく「刑事7人」というタイトルのドラマなのに吉田鋼太郎さんと田辺誠一さんが出演していません。予告を見た限りでは、吉田さんは出演されていましたが田辺さんは映っていませんでした。そろそろタイトル通り7人揃ったところが見たいです。
ペンネーム:イーター(男性・30代)
楽しみな所は、短冊の謎です。事件を解決するヒントになりそうです。展開の予想としては、RYOとは、咲子の娘の愛称だったのではないでしょうか。預けていてごめんねという意味の短冊だったと予想しています。そして、田畑亮介は、咲子と共にナイトクラブで金銭絡みの事件に巻き込まれていたのだと思います。
ペンネーム:はるか(女性・40代)
時々、片岡愛之助などのこれまでのメンバーも登場していますが、現在、主に活躍しているが4人と新たなメンバーの4人なので、今後の再登場に期待しています。特に片岡愛之助にまた登場し、分析などの捜査をしてほしいです。
ペンネーム:もぐら(男性・30代)
毎回、違う事件が起こるも、天樹刑事の冷静な態度や推理力で、未解決事件も解決へと持っていく様がなんとも気持ちいい。色んな伏線が走っているので、こちらも推理をしながら1時間楽しめるところがこのドラマが何クールも続く所以だと思います。
ペンネーム:バニラ(女性・30代)
予告によれば、次回もまた昔の事件が関係して、新たな事件が起こるという内容のようです。今回は登場しなかった片桐(吉田鋼太郎)が出ています。海老沢(田辺誠一)は出ないのでしょうか?なかなか刑事「7人」になりませんが、ヒューマンドラマの部分にも期待したいです。
ペンネーム:まんぼう(男性・50代)
5話では60年も前の殺人事件がストーリーの中心だそうですね。60年前の事件ではすでに自白により、犯人がつかまっていました。その犯人も刑期を終え出所しているとのことです。多分、その男性が犯人ではなく、真犯人がいるというのが5話の見どころだと思うのですが、なぜ、犯人じゃないのに、犯人だとその男性は自白したのか不思議です。東山君演じる天樹が真相を解明してくれるのを心待ちにしています。60年前の事件に真犯人がいてもすでに時効なのに、その事件を調べた女性が殺されてしまいます。犯人は有名な人なのかもしれないと想像しています。時効になっても殺人犯の過去は名誉を傷つけますよね。天樹さんにお任せします。
ペンネーム:ドリーマム(女性・40代)
次回は60年というスパンで、過去と現在の事件がリンクするとのこと。しかも古い事件を調べてほしがっていた本人が被害者になってしまうという展開です。第4回と似ているかもしれませんね。その分いったいどういう仕組みで盛り上げていくのか、興味しんしんです。
ペンネーム:ねこっこ(女性・40代)
次回刑事7人5話で楽しみにしているポイントですが、殺害されてしまったのは天樹さんに殺害される前に会っておりある事件の再捜査を依頼していたそうなんです。そして、その事件の再捜査をしようと思うと彼女は殺されてしまった。そこでやはり気になるのは、片桐さんが最近あまり出演していませんがそろそろ何が動き出すのではないかと、その点も楽しみにしているポイントです。
ペンネーム:刑事7人最高(女性・20代)

2018年夏ドラマ『刑事7人』5話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『刑事7人』5話の見どころと感想をご紹介します。

ドラマ大好き男子
見どころは?
今回も刑事資料係の天樹の活躍が見物です。そんな天樹のもとに加納優美がやってきます。いまから60年前の昭和33年あるナイトクラブの女性ダンサー・亀井咲子が何者かに首を絞められ、命を奪われた事件について相談にきたのです。優美は被害者咲子の孫で、犯人は、咲子と同じ店で働くボーイの田畑亮介でした。優美が天樹のもとに来る決心をしたのは、咲子の残した短冊の言葉『RYOが許してくれますように』と『ようやく会えますね』と書かれた2枚の短冊と51枚のトランプが見つかったからです。加納優美は田畑亮介が無実の罪をかぶって自首したのではないかと感じたのでしょう。その優美が何者かに刺され、命を落とす事態になります。ここから真犯人探しが展開していきます。非常にテンポのある推理ドラマで楽しく見ました。
感想は?
田畑亮介は無実の罪をかぶって自首したのはなぜでしょう。もう少し真相を深く追求し、自暴自棄に自分を追い詰めなければ、また違った人生を歩めて新しい出会いが待っていたのでないでしょうか。人間は心に支配される生き物です。心が病むと悪い方向に行ってしまうので非常に怖いことです。田畑は亀井咲子と長田健太郎の仲を疑い、咲子の愛を信じられなかったと自供しています。田畑は出所しても咲子が長田を想いつづけていたと思っていました。事件が解決したことで天樹から真実を聞き咲子の自分への想いを知ることができ救われました。田畑亮介はこれで心の闇から開放され視界が開けた気持ちでしょう
mboeklol
見どころは?
60年前の解決済みの事件を再捜査するのか・・・再捜査を天城に依頼した女性がその日の夜に殺害され、60年前祖母が殺害された事件の関係者が関わっていると専従捜査班が調べていく。生きている関係者をあたっていくと、祖母が殺された真実と、その真実を隠したい関係者が浮かび、刑期を終え静かに暮らしている60年前の犯人がなぜ自首したのかが明かされていく。
感想は?
「祖母が殺された真相を調べてほしい」天城に依頼した女性が殺された。女性が調査会社に同内容の調査を依頼した回答書が盗まれていたことより専従捜査班が60年前の真相を調べて、当時の関係者が現在の事件の事件の容疑者ではないかと捜査を進めていく。60年前のクラブハウスの写真、祖母が親戚の家にあずけていた娘(殺された女性の母親)へ仕送りと一緒に送っていたトランプの札51枚、それを送っていた現金書留の受領書52枚、七夕の短冊の札2枚、これらの天城に託された祖母と母の遺品をもとに真相にたどり着く。クラブハウスの写真に写ってた「白いスーツの先生と呼ばれた男」は以前祖母と関係があって、その子どもが殺された女性の母親だった。関係をより戻したくて話合いがこじれて殺してしまった。そのやり取りを見ていたのが当時の郵便配達員で現在の事件の犯人。最後の現金書留を送付せずに自分の懐に入れていたことを隠したかったための殺害。トランプ札の数と受領書の数が合わないと都合が悪いから。自首した犯人でダンサーだった祖母に恋をしていた男は、実は両想いで思いを伝え合えないまま事件が起こった。この男に天城が真相を伝えて、この事件は完了。
ふなな
見どころは?
60年前の女性ダンサー咲子が殺された事件。犯人は、同じ店に勤めていた亮介というボーイ。そして、今。咲子の孫の優美という女性が、天城を訪ねて来ました。咲子が娘貴子に送っていたトランプのカードと、現金書留の受領書。優美は、咲子が殺されたことに、疑問があるため、調べてほしいと。すると、その優美も、殺されてしまいます。偶然なのか、それとも、60年前の事件に隠されたものがあるのでしょうか。突き止めようと、奔走する天城達は、どのような真実を見つけられるのでしょうか。
感想は?
60年前に殺された祖母咲子が残した形見の、トランプのカードと、現金書留の受領書。そして、二枚の短冊。孫である優美は、真実を突き止めようと、天城の元を訪れます。その当時、ボーイの亮介が犯人として逮捕されているのに、なぜ、事件にこだわるのでしょうか。また優美が殺されてしまいます。なんだか悲しいですね。そして、天城達の捜査によって、明らかになったのは、咲子を殺したのは、亮介ではなく、亮介の恩師長田。長田は、優美の母貴子の父親でした。亮介に罪を被せていたのです。腹立たしい思いしかありません。優美を殺したのは、60年前に咲子の現金書留を盗んだ郵便配達の円城寺。60年前、咲子と亮介の気持ちが通じていたら、殺人事件なんて起こらなかったのではないかと。悔しい思いです。
はるか
見どころは?
今回の見どころは、咲子を殺害したのは、ボーイの亮介だったのかという所です。亮介は、咲子をストーカーして殺害したと証言していますが、そうだとしたら咲子のRYOというのは、誰の事なのかが、注目ポイントです。そして、先生と呼ばれていた人物は、事件とどう絡んでいるのかと孫を殺害した犯人も60年前の事件とつながっています。
感想は?
先生も郵便局員の男も自分勝手な行動でした。先生は、咲子を独り占めするために殺害し郵便局員は、事件現場にいた証拠の回収のために孫を殺害しました。この二人に咲子も亮介も咲子の孫までも翻弄されたなと感じます。しかし、咲子と亮介の若い純愛のシーンは、かわいらしくてドキドキしました。先生よりも亮介の方が、お似合いだと思いました。若い二人が、暮らしてたら楽しかっただろうなと思います。先生の咲子に対する想いよりも亮介の方が、純粋でした。
かえで
見どころは?
見どころは、「60年前の殺人事件と、新たに起こった殺人事件が、どのように関係しているのか?60年前の事件の真相は?」だと思います。また、天樹悠が、60年前に殺されてしまった被害者の足取りをたどり、淡々と調査していくダンディな姿にも注目です。仲間の刑事さんたちと、60年も前の事件を、被害者の遺品の中から手がかりを見つけていく過程も楽しめます。
感想は?
60年前に殺されてしまった咲子さんの「短冊に込めた想い」と「娘に対する愛情」に感動しました。60年前の殺人事件の真相は、人間の愛憎や絶望、欲望、勘違いなどが入り混じっていて、やりきれない感じでした。でも、孫の優美さんの「絶対に真相を突き止めたい。」という強い想いが、刑事さんたちを一生懸命にさせて、悲しいけどきちんと真相にたどり着いたのだと思います。個人的には、資料係の新人・野々村さんが、自分も捜査に加わりたいと頑張っていて、頼りないけれど、その正義感に勇気をもらえました。
まんぼう
見どころは?
60年も前の出来事の真相をどうやって暴き出すのかが見どころです。冤罪だったとしても犯人は服役していますし、時効もあるので捜査をしてもその事件自体はどうにもなりませんが、その真相を突き止めることが、今起こった事件の犯人をあぶり出す事につながります。コメディアンの小松政夫がゲスト出演していますが、50代以上には懐かしい顔です。
感想は?
田畑(小松政夫)の思い込みと、それに便乗した長田らのやましさが、結局は次の犯罪を生んでしまうことになるのですが、どうせ先の知れている年寄りが、自分の地位に固執するがゆえに醜態をさらすのは見苦しいですね。実際にそういう人たちがいるのをニュースなどでよく目にしますし、潔さなんて言葉はすでに死語です。このシリーズでは定番になってきた天樹(東山紀之)の推理シーンで、回想の中に彼が入り込む演出は、彼の分析力を象徴しているし、見ている側もわかりやすいので、とても効果的だと思います。
ねこっこ
見どころは?
60年前にナイトクラブのダンサー亀井咲子が殺された事件と、現代で優美が殺された事件がリンクします。優美は殺される前、資料係を訪ねてきていて、祖母の死に疑問をt\投げかける品々を預けていった後だったのです。水田・青山、野々村・天樹がそれぞれ調べていくうちに、口を開かない服役後出所した亮介のほか、過去の事件の関係者がいろいろな事実を話してくれます。
感想は?
どうして60年前、しかも祖母と孫娘なんだろう、と思わずにはいられませんでしたが、正直言ってとても面白かったです。あまり優美の方の事件は詳しく語られなかったのが不満でしたが、その代わり過去の事件については詳細に分析されたので、セピア色の世界が浮かび上がってくるようで、面白かったです。指紋やDNAより、トランプや切符の証拠の意味をたどっていく方法が、本格的なミステリ、という感じで引き込まれたし、説得力もありました。
がっき
見どころは?
昭和33年の夏に亀井咲子を殺した犯人は本当に田畑亮治であったか、田畑でないとしたら誰が真犯人であったか、亀井の孫である優美は誰に殺されてしまったか、咲子と優美はぜ殺されてしまったか、天樹らは60年前の事件を60年も経った今となって操作することができるか、60年前の事件と今回の事件を両方解決できるかどうかが見どころである。
感想は?
亀井咲子が長田先生に殺され、貴子が病死してしまい、優美が円城寺に殺されてしまうという、亀井一家の終わり方があまりにもかわいそうなのだと感じた。特に優美の場合、60年前の事件の真実を知りたくて、それを追求しただけであるにも関わらず、円城寺に殺されるというのは、円城寺も長田も自分の事情としか考えていないのだと憤りを感じた。長田は60年前の事件のことで罪に問われることがないというのが非常に残念に感じてしまった。

2018年夏ドラマ『刑事7人』5話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『刑事7人』5話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!