ドラマ『グッド・ドクター』5話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月9日放送】

この記事では、8月9日に放送された、山崎賢人さん主演の2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』5話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『グッド・ドクター』5話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『グッド・ドクター』5話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

ドラマ『グッド・ドクター』5話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『グッド・ドクター』5話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT ×
TSUTAYAディスカス ×
hulu
ビデオマーケット ×
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『グッド・ドクター』5話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・FODプレミアム
・U-NEXT
・TSUTAYAディスカス
・hulu
・ビデオマーケット
・auビデオパス

上記のサイトでドラマ『グッド・ドクター』5話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

FODでは、1ヶ月の無料お試し期間があり、見放題対象作品が全て無料で見ることができます!

よく見られているドラマでは・・・

・パフェちっく!

・絶対零度

・ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~

・コード・ブルー

・隣の家族は青く見える

・リッチマン、プアウーマン

・青と僕

・シグナル

・花にけだもの

・コンフィデンスマンjp

など、人気のドラマが見放題となっています。

1ヶ月の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

ドラマ『グッド・ドクター』5話の見逃し配信動画を無料で見るならFODがオススメ!

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』5話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのFODについてご紹介します。

FODフジテレビオンデマンドなら、ドラマ『グッド・ドクター』5話が無料で視聴できます!

通常、フジテレビオンデマンドでドラマを見るには月額888円がかかるのですが、毎月8がつく日(8日、18日、28日)に400ポイント、合計1200ポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴ができちゃいます。

FODフジテレビオンデマンドの場合、無料お試し期間は1ヶ月となっています!この無料お試しキャンペーンはいつ終了するかわからないので、いまのうちに登録してお得にドラマを見てしまいましょう♪

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は FODフジテレビオンデマンドにてご確認ください。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』5話のあらすじ

2018年8月9日(木)放送のドラマ『グッド・ドクター』5話あらすじをご紹介します。

東郷記念病院の大部屋では新堂湊(山﨑賢人)や橋口太郎(浜野謙太)たちが患者の子どもたちとテレビを食い入るように見ている。番組には天才ボーイソプラノ歌手、羽山響(城桧吏)が素晴らしい歌声を披露していた。特に患者の武智倫太朗(斎藤汰鷹)は響の大ファン。そして、倫太朗たちは院内で行われるお楽しみ会で合唱を披露することになっていた。

その響が喉の不調を訴え、父の徹郎(三浦誠己)に伴われて東郷記念病院に来た。瀬戸夏美(上野樹里)が診察すると、喉がひどい炎症を起こしている。カンファレンス室で響の造影CT結果を見ながら意見を交わす医師たち。すると高山誠司(藤木直人)が湊に所見を求めた。湊は画像から下咽頭梨状窩瘻と判断。高山が正解だと告げると喜ぶ湊。しかし、夏美は高山が湊を画像診断科に転科させると言っていたことが気になっていた。

響には早急の手術が必要だったが、喉の手術のため術後に高音が出なくなることが懸念される。夏美の説明に徹郎は、歌手である響にそんなリスクのある手術は受けさせられないと反発する。ともかく入院することになった響。それを知った倫太朗たちは大喜び。湊は倫太郎たちと響の個室に行く。だが、響は倫太朗たちに冷たい。また、湊が響を倫太朗たちの合唱に誘おうとしたと知った徹郎の怒りも買ってしまう。その後、さらに響の早急な手術を求めた湊は徹郎とぶつかってしまい、高山から転科を直接求められることになった。
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』5話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『グッド・ドクター』5話の見どころや感想をご紹介します。

かな
見どころは?
5話の見どころは、再発した倫太朗くんを励ますために、こどもたちと一緒に合唱をする湊の全身でかわいい姿が見どころです。入院しているこどもたちは病を抱えながらも、仲間のために心を込めて歌い、その歌うこどもたちの中には、有名な歌手である響くんもいて、その姿を見た父親は、渋っていた響くんの喉の手術を許可することになります。そして、響くんは歌声を失うことなく、手術も成功し、歌を続けることができました。1つ1つの出来事に湊のこどもたちを思う気持ちが関わって良い結果を出します。湊の小児科医としての自覚と成長がもたらすいくつもの笑顔が見どころでした。

感想は?
5話では湊の成長をより感じれて観ていて嬉しく幸せな気分になれました。一方で高山先生が夏美先生に話す、自閉症の弟のことが切なく、これまで、高山先生が湊に対してとってきた態度の意味が深くて辛かったです。人を励ましたり応援したりすることは、その相手にとって良い結果に結びつくとは限らず、安易にしてはいけないことなのかも知れないと思いました。高山先生は自分の弟を純粋に後押しした結果、最愛の弟を亡くすことになり、どれだけ後悔し自分を責めたかと考えたら、自分の行動を顧みたとき、怖くなりました。普段気がつかないようなことをいろいろと考えることができるドラマです。

ウマズラ
見どころは?
今回急な症状で入院してきたのは、世界的に有名なボーイソプラノ歌手・羽山響くんです。彼は喉に膿がたまるほど炎症を起こしており、手術しなければ完治しない状態でしたが、父親は海外リサイタルを優先し、痛み止めの治療しか受けさせません。新堂湊はいつものように、患者の響くんを治すことしか考えず、父親と衝突します。一方、響くんのファンだった長期入院患者の武智倫太朗くんは、彼を励まそうとお楽しみ会の合唱に誘ったり、ソロパートの悩みを相談したりしていましたが、肝心のお楽しみ会の日に白血病の再発で倒れてしまいます。

感想は?
白血病の再発で倒れた倫太朗くんのためにみんなで合唱するシーンは、涙が止まらなくなりました。また、喉の炎症を抱えている響くんが、喉を抑えながらソロパートを歌っている姿は、本当に感激しました。響くんの手術について「子供の未来を守るための手術だ」という院長や高山医師の言葉にも心を打たれました。かなり症状が進んだ状態だったということで、湊が役に立てて、本当に良かった、と思いました。手術が終わった響君が「お父さんありがとう」と一番最初に言ったことにも涙が出ました。

ポエマー
見どころは?
最初歌のせいでお父さんが僕を見てくれなくなったとひびきくんが言っていて、歌が嫌いだ。歌いたくない、病院の他の子たちとも歌うことを拒否していたが、りんたろうが諦めず喋りかけに行き、合唱の用意を進めていたところでりんたろうは倒れ白血病を再発してしまう。その姿をみてひびきくんがりんたろうのために湊先生と他の子ども達と協力してりんたろうの隔離病棟の前で合唱を行ったことが今回の見所です。そして、誰かのために歌をもう一度歌いたいと気付いたのであった。

感想は?
藤木直人役の先生は自分の弟を見てきたからこそ新堂先生にきつくあたっていたことが今回わかりました。人と少し違うから虐げられ、それによって命を落としてしまった自分の弟と新堂先生を重ねていたこと、そして夢ではなく傷つかないほうへ新堂先生を転科させようとしていたことに感動しました。新堂先生の夢を大切にすることは口だけで約束できるが、その人の立場にたっての判断だと思いました。そこにきつくありながらも優しさを感じました。

そら豆
見どころは?
湊の病院に、喉の不調で入院した天才ボーイソプラノ歌手羽山響。そして、その治療を拒む父親。なぜ、息子の病気を治すということを優先しないのでしょうか。そして、響の心の声に、父親は気づくことが出来るのでしょうか。一方で湊に転科を提案する高山。なぜ、知識は、誰よりも豊富で、高山達の手助けをする湊を、小児外科医として、育てようとしないのでしょうか。高山の心の中にある想いとは、何なのでしょうか。そして、響の声は、大丈夫でしょうか。

感想は?
天才ボーイソプラノ歌手として活躍する羽山響が、喉に不調を訴えます。夏美達は、すぐに手術を行うことを、響の父親に、伝えます。しかし、響の美しい声が、失われるのではないかと思い、反対します。なぜでしょう。父親ならば、息子の苦しみを、一刻も早く取り除きたいはずです。それよりも、響の名声が、大切なのでしょうか。とても、腹が立ちました。そんな父親をみれば、響の心さえも、病んでしまいそうです。そんな響の心を救ったのは、響ファンの倫太郎や、子供たち、湊です。響と子供たちの歌声には、涙が出ました。そして、高山の心の中の思いがわかりました。湊と同じように夢を持っていた自閉症の弟の死。湊に、味わって欲しくなかったのですね。でも、湊の、子供たちがみんな大人になれるようにという夢を、潰すことはできません。湊の知識力を、発揮させて欲しいです。

ともぞー
見どころは?
世界的ソプラノ歌手の羽山響が運ばれた。リサイタルが控えてるので手術はせず喉の傷みだけを取って欲しいと言う父。それでは完治しない。また度々、炎症が起きる。と湊は父に訴える。リサイタルに行きたくない響は行方不明になる。湊が行方を突き止めるが父は何もかも湊と病院のせいにして退院させると怒り出す。湊は炎症の悪化と精神的にも不安だと退院を反対するが父は湊のような普通じゃない医者には任せられないと暴言を吐く。そんな中りんたろうが楽しみにしていたおたのしみ会の合唱が始まる直前りんたろうが倒れる。白血病が再発した。湊にりんたろうが響の歌で励まされ病気と戦ってきたことを聞いた響はりんたろうの為にみんなで合唱を披露した。人の為に歌う喜びを感じた響は手術を決意した。手術は無事終わり、湊が手書きで患部を書いて診断したお陰で元の通り響は歌えるようになった。父は今までの無礼を詫び湊にお礼を申し出るが自分の給料の5倍の歌をただで聞けたので十分ですと父に言う。夏美は高山に画像診断科ではなく小児科でも湊の力は発揮できると説得する。

感想は?
今週もりんたりう君が名演技で泣かされました。辛い治療を響君の歌で励まされたりんたりう君。それに応える響君。りんたろう君を応援する小児科の子供達。みんないい子ばかりです。そうやって導くのはいつも湊です。子供は子供同志が一番気持ちが分かるし、ましてや病気を抱えてる子供達には具合が悪くなる友達の事を見て見ぬ振りは出来ないですよね。湊は小児科医になって全ての子供を大人にしたいと言う夢が有ります。画像診断科はなく小児科で叶えたいのだと思います。

かい
見どころは?
今回は、高山の過去が明らかになったことと、夏美の懸命な説得が、湊は自立した医者になるなんて無理だと決めつけていた高山の心を動かしたことが一番大きかったと思います。高山も湊の医者としての才能は認めているけど、自分が弟の夢を無責任に応援したばかりに彼の命を奪ってしまったというトラウマで、将来的に挫折していく湊を見たくないという弱さが垣間見えました。でも、湊と弟とは違うと認識して、また歩み寄ろうと決意できたところは大きな進歩だと思いました。

感想は?
高山の弟が夢を叶えたせいで命を落としてしまったというところは大体予想通りでしたが、そのことを夏美に語ったのは少し意外でした。恐らく、高山は恋人の美智が院長を失脚させようとしていることを知って、失望したんだと思います。だから、副院長にも徹底的に刃向かうような態度を取ったし、自分の過去については隠してきたのかもしれません。高山は夏美とも衝突を繰り返していますが、内心はとても信頼しているように見えました。最後の夏美の「湊が完璧な自立した医者になれなくても、足りないところを補い合ってチームとして頑張れればいい」という台詞は、自分の気持ちを代弁してくれたようで深く刺さりました。

ミミズク
見どころは?
天才ソプラノ歌手の響くんが喉を痛めてしまい手術をするかしないのか、難しい問題に直面してしまいます。歌を歌わせる事を1番大切に思っていたのお父さんが、響くんが入院して、新堂先生や他の子供たちと関わっていく中で、どのように気持ちが変化していくのかが見所です!徐々に新堂先生の実力も認められてきて高山先生の気持ちが変わっていくところも見どころの1つです!新堂先生が最後の方で高山先生の顔真似をするところも可愛かったので注目してほしいです(笑)

感想は?
響くんは歌を歌い始めた事でお父さんが自分を見てくれなくなった!と訴えており、親子のすれ違いがすごく悲しかったです!お父さんも響くんのためを思ってしていた事なので…しかし病院で行われる予定だった合唱会のおかげで、みんなの気持ちが分かり合えてよかったです!全ては倫太郎くんのおかげといっても過言ではないですよね。倒れてしまって1番楽し見にしていた倫太郎くんが合唱会には参加できませんでしたが、響くんが、誰かのために歌う事の意味を見出すきっかけになったようなのでよかったと思います。倫太郎くんには、これからも響くんの歌を聴いて辛い治療を頑張ってほしいと思いました!

見どころは?
子供達の友情と高山なりの思いやりです。響と倫太郎たちは入院してくるまで違う世界に住んでいましたが、倫太郎と会ってめげずに個室にやってくる彼を見ていて響の凍っていた心が溶かされたように思えました。倫太郎のために小児科のみんなと響が合唱をするシーンは感動ものです。今回、高山がなぜこれまで湊に辛く当たっていたかが明かされます。それは高山なりに湊を守ろうとしていたことで、それを見てから高山っていい人だったんだと思えました。

感想は?
響はなんとなく父親のいいなりになっている感じでしたがその通りでした。歌も嫌いだし、父親は歌でしか自分を見てくれないだなんてまだ小学生の子供に言わせてはいけません。それにいち早く気づいていた湊はさすがだと思いました。他の医師はこういうところに気づけてないというか…。患者の心に寄り添うって大事なことだと思うんですが。倫太郎のために響も歌うシーンは感動ものでした。そして高山の過去は予想していたより重くて驚きました。しかし理由があって湊に冷たいことが分かったのでちょっとすっきりしました。

クローバー
見どころは?
響の手術に反対する父は何故反対しているか、響本人は手術したいか手術したくないかどうか、響と倫太郎の間に友情が生まれるか、倫太郎は合唱会で無事に合唱できるか、新堂は患者である響と、響の父親と適度なコミュニケーションを取ることができる上に意思を疎通することができるかどうか、響は結局手術して歌声を取り戻せるか、高山は新堂に画像診断科への転科を勧めるかどうか、また、それを勧められる新堂の決断はどうなるかというのが見どころである。

感想は?
倫太郎が血を吐いて倒れるというシーンには衝撃的だった。また白血病との戦いが始まることになるという倫太郎には可哀相だと感じ、倫太郎の母親の表情を見るだけでも悲しく感じた。だが、倫太郎のポジティブな行動に勇気をもらった響が倫太郎に対し、響の歌声を聴かせるという対応があまりにも素敵で感動した。響の歌声を聴いた倫太郎がこの先、頑張って白血病と戦っていってほしいのだと感じた。倫太郎も響もこれから病気を完治していってほしい。

コニー
見どころは?
高山は湊に画像診断科へ異動を勧めますが湊はそれを拒否します。そんな中、小児外科にソプラノ歌手の響が入院します。手術をすると高音が出なくなる可能性があることを知った父親は手術を拒否します。しかし、湊が新しい手術方法を発見して無事に成功します。これまで通りに歌えることを知った響は喜びます。今回の件もあり、高山は湊のことを認め始めていました。瀬戸の助言もあって画像診断科への異動は取りやめることに決めました。

感想は?
高山は実は湊のことを一番心配していたのだと思います。自分の弟のようになる前に湊を助けようとしたのだと思います。しかし、湊にはすべての子供を大人にしたいという強い思いがあり、異動を拒否します。画像診断科に異動した方が湊自身も傷つかなくて済むと思いますが、あえて大変な道を選ぶのが湊らしいと思いました。そんな強い思いが高山にも伝わった思います。周りも少しずつ湊のことを認め始めていて良い環境になって来ていると思います。

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』5話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』5話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、FODがオススメです!