ドラマ『刑事7人』4話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月1日放送】

この記事では、8月1日に放送された、東山紀之さん主演の2018年夏ドラマ『刑事7人』4話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『刑事7人』4話の動画を見る↓↓↓
また、ドラマ『刑事7人』4話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

2018年夏『刑事7人』4話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『刑事7人』4話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT
TSUTAYAディスカス ×
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2018年夏ドラマ『刑事7人』4話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・U-NEXT
・ビデオマーケット

上記のサイトでドラマ『刑事7人』4話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・覚悟はいいかそこの女子。

・探偵が早すぎる

・義母と娘のブルース

・幸色のワンルーム

・探偵が早すぎる

・高嶺の花

・チア☆ダン

・健康で文化的な最低限度の生活

・刑事7人

・遺留捜査

など、人気のドラマが視聴できます。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『刑事7人』4話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『刑事7人』4話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『刑事7人』4話のあらすじ

2018年8月1日(水)放送のドラマ『刑事7人』4話のあらすじをご紹介します。

博物館で働く学芸員の井上真由(逢沢りな)が、帰宅途中の公園で何者かに刺殺された。

真由の手の指には毛髪が絡みついており、現場を訪れた青山新(塚本高史)、水田環(倉科カナ)は犯人と揉み合って掴んだのではと考える。

青山と環が堂本俊太郎(北大路欣也)の解剖結果を聞くところへ、天樹悠(東山紀之)と野々村拓海(白洲迅)も入って来る。天樹は、被害者の真由は23年前に自宅で拉致され一週間後に山の中で刺殺死体となって見つかった夫婦の一人娘だと説明。当時5歳だった真由は同じ幼稚園の友人の家に泊まりに出かけていたことで難を逃れていた。

しかも皮肉なことに、事件が発生したのは平成7年の4月26日。15年後の平成22年に改正刑事訴訟法が施行されて時効が廃止になる、まさにその前日に無念の時効を迎えていたのだ。環と青山は、生前の真由につきまとっていた町山茂樹(三浦俊輔)という男について調査。

一方、天樹は両親を亡くした真由のその後の生活を支援していた元小岩中央署の大森正一(大谷亮介)に会いに行く。大森は、証拠さえ掴められれば逮捕できていたかもしれない女がいたと天樹に告白。

その女とは、23年前の事件当時に真由を泊めた幼稚園の友人の母親・門田恵子(大家由祐子)。

数年前に嫁いだ恵子の娘・里中恵理香(鮎川桃果)によると、恵子は事件当日の夜、勤め先のスナックのホステスが一人来られなくなったと言って夜に出かけ、朝方に帰って来たという。

そんな中、博物館の同僚の証言から、真由が殺される1カ月ほど前からカセットテープを何度も聴いていたことが判明する。古いテープの中には2人の女の声が録音されており、一人は恵子の店で働いていたホステスのもの、もう一人はどうやら真由の殺された母親であると分かる。

母親は真由に向かって『カシワ』に行こうと告げていた…。この『カシワ』とは一体なんなのか。

そして、真由がこのテープを何度も聴いていた理由とは―!?

(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『刑事7人』4話放送前の見どころと予想は?

ドラマ『刑事7人』4話放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

予告で後輩もちょっと捜査に加わっているようなシーンが見受けられたので、今後の後輩の成長が楽しみです。そして、ちょっと違った視点から捜査を解決する東紀之の推理力や行動的な倉科カナの事件解決に向けた捜査に注目しています。
ペンネーム:もぐ(男性・30代)
過去と現在の事件のつながりから捜査していく展開が踏襲されていくのは、すごく楽しみにしています。第3話で登場のなかった片桐・海老沢の活躍にも期待しています。次回はメインキャラクターの設定がないようなので、7人それぞれの役割にも注目していきたいです。
ペンネーム:さくら(女性・20代)
若い女性が殺される原因に時効撤廃になる前に時効が成立してしまったその女性が幼い時に起きた両親が殺された事件が関係している、と考え、当時、現場を担当した駐在所の元巡査に話を聞きに行くらしいが、その元巡査が『相棒』の三浦さんを演じていた大谷さんなので、楽しみです。
予想する真相は、実は親子三人による自殺で、それを幼稚園の同じ組の母親がたまたま、発見して、助けようとするが両親の方は時すで遅し、娘の方は助かる見込みが、そこで助かった娘に、自分の家にお泊りの約束を自分の娘としていたと、偽の記憶を刷り込ませ、両親の自殺を他殺に偽装したのではないか、と。
生き残った娘が数年後、殺されたのは両親を自殺に追い込んだ相手を問い詰めて、逆に襲われたからでは無いだろうか?
ペンネーム:d-moon(男性・40代)

2018年夏ドラマ『刑事7人』4話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『刑事7人』4話の見どころと感想をご紹介します。

イーター
見どころは?
公園で若い女性の遺体が発見された。事件を調べていくとこの女性の両親が23年前に殺害されていたことが判明する。23年前の殺人事件と今回の事件は関係があるのか、なぜ被害者は殺されなければならなかったのか、犯人は本当に最初の容疑者のストーカーなのかといったところが4話の見どころです。
感想は?
最初からネタバレになってしまいますが、大谷亮介さん演じる大森が犯人であると早い段階で分かってしまいました。事件の細かいところまでは予想できませんでしたが、この俳優さんがただの脇役であるはずがないというところで犯人だと確信しました。少し有名な俳優さんが刑事もののドラマに出ると犯人である可能性が滝野が残念なところです。
家族全員が同じ犯人に殺されてしまい、その犯人の身勝手な動機に憤りを感じました。
はるか
見どころは?
第4話の見どころは、井上真由を殺害したのは、ストーカーの町山茂樹なのかという所です。
町山茂樹は、ストーカーをしていたが、殺害までは、していなかった場合に誰が、殺害したのかが、注目ポイントです。
そして、井上真由は、テープから何が、分かったのかも見どころです。
感想は?
犯人の大森正一が、元警察官のなのにとても危険人物でした。
井上真由は、こんな危険な人物によって殺害されてしまったのは、かわいそうです。
23年前の事件もこの大森正一が、犯人だった事を考えると大森正一にとって犯罪への意識が、薄いと思います。
井上真由は、勉強して学芸員になったのに殺害されてしまって切ないですね。
もぐら
見どころは?
倉科カナと資料課に配属されている東紀之の後輩との居酒屋でのやりとりが面白いです。回数を重ねるごとにやり取りも多くなり、楽しみの一つとなっています。また、3話で活躍してからさらにヒートアップした後輩の空回りした熱血な感じも面白く、みどころです。
感想は?
事件を追うについれて過去にさかのぼって事件を解決するストーリー性が面白かったです。ただし、今回の犯人はやっぱりなという感じだったので、ちょっと残念に感じていましたが、おもちゃ屋さんやカセットの留守番電話など昭和的な感じがよかったです。
また、捜査会議を居酒屋で行うシーンがありますが、いつもの倉科カナと東紀之の後輩とのやり取りも面白かったです。
バニラ
見どころは?
今回も天樹刑事の勘が冴えわたる。23年前の事件とその事件で生き残った少女の刺殺事件がつながるのか、当時、あらゆる線で事件を追いながらも、証拠不十分で時効を迎えてしまったその事件を紐解いていくと、わずかな光が見えてくる…果たして当時の犯人が見つかるのか。
感想は?
23年前の事件から紐解かれる、一件の女性刺殺事件。被害者は、当時両親を殺害され唯一生き残った少女だった。彼女はなぜ事件に巻き込まれたのか。周囲の聞き込みから、天樹刑事が勘を働かせ、容疑者を絞っていく。登場人物の中に容疑者がいるんだろうなという推測はするものの、重要参考人と思われていた容疑者は実は、被害者だったとゆうどんでん返しが見どころ。
容疑者が元警察官、なのに理不尽な理由で犯罪を繰り返す心理が想像を超えるが、最後の天樹からの問いかけに対する笑みがさらに視聴者の怒りを増幅させたことだろう。
ぼうまん
見どころは?
ある殺人事件が、過去のすでに時効となった事件と結びついて、真相が判明してゆく内容なのですが、最近では珍しい時効に関するストーリーが見どころです。今回も天樹(東山紀之)の細かな分析力に、水田(倉科カナ)と青山(塚本高史)コンビの地道な捜査で、真実にたどり着きます。
感想は?
ラストシーンで天樹(東山紀之)が犯人に、贖罪の気持ちがあったのか、それとも苦しむのをみて楽しんでいただけなのかを問うシーンがあり、そこで不気味ににやりと笑う犯人にただ立ち尽くす天樹が何とも切なかったです。時効崩しという刑事ドラマ好きにはなんとも懐かしい展開も楽しめました。なるほど、こういう形なら今もまだ時効をドラマの中に組み込めるのだなあと思いました。
どりーまむ
見どころは?
見どころは時効になっていたと思っていた殺人事件が実は時効を迎えていなかったかもしれないという謎を東山君演じる天樹が次々と暴いていくところです。
そして、善良そうに見えている人も実はそうではなくて、心の中に黒い渦巻いている物をもっているかもしれないという怖い事実を垣間見ることになることです。
感想は?
平成7年に夫婦が殺害されるという事件が起こりました。
残念なことにこの事件は時効になってしまいました。
しかし、もし、この事件があと1日遅かったら、時効は廃止されていたというなんともやりきれない事案でした。
この夫婦の一人娘が大人になり、実はこの事件は時効を迎えていなかったかもしれないという証拠をつかみます。
そして、そのせいで、現在において娘さんも犯人に殺害されてしまうことになりました。
私が4話で怖かったのは、少女の両親を殺害しておいて、その後何年もその少女にとって優しい警察官を演じていた男が殺人犯だったことです。
少女は殺されてしまいましたが、彼女がもし生きていたら、自分の両親を殺した犯人が自分の周囲にずっといたことを恐怖に感じると思います。
人間不信になりそうだなあと気の毒になりました。
きゃ
見どころは?
23年前の事件が、時効が来ていたと思ったら、実はギリギリで時効範囲外だったという仕組みにびっくりしました。
しかもそれを被害者の遺族が自分で突き止め、そのことが原因で殺されてしまった、という真実が突き止められていきます。
警察の立場がない回です。
感想は?
まるで松本清張の小説のような、社会性とトリックの両方をもった回で、すごく見ごたえがありました。カセットテープの録音「かしわ」という手がかりだけで、天樹たちが過去の事件の調べを進めるシーンに、ドキドキしました。これが解けたとたんに、事件の背景と時効のことが両方見えてきます。ただ、こんなに大きな題材なのに、「7人」が全員出てこなかったので、ちょっと残念でした。
どらだい
見どころは?
刑事7人4話の見どころは、本当の犯人は誰なのか。
どうして、23年ほど経った事件の被害者の娘が殺害されなければならなかったのか。
被害者の二人は、なぜ殺されなければいけなかったのかなどの見どころを注目してみていきたいです。
突然親を失ってしまったのは何とも言い表せないはずです。
本当の犯人の存在は一体誰の事なのかも気になりますし、真由さんは一体どんな秘密を知ってしまったの?
感想は?
真由ちゃんは、学芸員として必死に頑張っていたのに、明るい夜道を歩いていたはずなのになぜ真由さんは殺されなければいけなかったのか…。
犯人ではないかと思われる髪の毛が彼女の手に握られていましたが、その毛髪は真由さんの事をストーカーしていた町山の毛髪と判明しましたが彼女は過去に両親の事を突然失ってしまい、この過去の事件は法の改定で時効が廃止していたのかの様に思われましたが、ある人物に天樹さんが目を付けます。
真由さんの生活を事件後に支援していた警察官の大森という人物でしたが、彼は両親が殺害されたとされる日にちには勤務していて両親の事を殺害出来ないと思われていましたが、本当は彼は違う日に両親の事を殺害していて時効はまだ成立になっていませんでした。真由さんの両親は真由ちゃんの誕生日のプレゼントを選ぶために長い時間探し回っていたのですが…それを踏みにじる行為で真由さんにばれそうになると彼女も殺害しました

2018年夏ドラマ『刑事7人』4話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『刑事7人』4話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!