ドラマ『この世界の片隅に』4話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【8月5日放送】

この記事では8月5日に放送された、松本穂香さん、松坂桃李さんが主演の2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』4話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

また、ドラマ『この世界の片隅に』4話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください!




2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』4話のあらすじ

昭和19年8月のある日、 すず(松本穂香)が段々畑から見える呉湾をスケッチしていると、通りがかった憲兵からスパイ行為だと厳しく言い寄られる。憲兵のあまりの剣幕にすずは恐怖に包まれる。何とかその場は納まったものの、すずはショックで寝込んでしまう。

その夜、まだ体調が悪いすずを家族は心配する。夏バテや疲れではないかと言い合う中、 円太郎(田口トモロヲ)は子供ができたのではと口にする。この唐突な発言に サン(伊藤蘭)と 径子(尾野真千子)は不快感を露にする。

翌日、すずは病院の帰り道に朝日遊郭を訪れる。リン(二階堂ふみ)と再会したすずは世間話に花を咲かせる。

そんな北條家に小さなお客さんが訪ねてきた。広島の黒村家に径子が置いてきた長男・久夫(大山蓮斗)がひとりで呉の北條家までやってきたのだ。久夫はある決意を持って北條家を訪れていた。径子もそれは薄々気付いていたのだが…。
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』4話の見逃し配信を無料視聴するならParaviがオススメ!

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』4話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのParaviについてご紹介します。

Paraviは、2018年4月1日にサービス開始された新しい公式動画サービスです。

とにかく国内ドラマに強く、放送中のドラマ『この世界の片隅に』4話を見逃してしまってもここで見ることができるので安心!

国内最大級のドラマアーカイブ数で、TBSのドラマはもちろん、話題の人気作品や名作を多数配信しているところも魅力的なサービスです。

ドラマ以外にも、アニメや報道、経済番組なども見放題で楽しむことができます!

今なら、登録月が無料で見放題になる、無料お試しキャンペーンをやっていますので、試してみてはいかがでしょうか?

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページにてご確認ください。




2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』4話放送前の見どころと展開予想は?

ドラマ『この世界の片隅に』4話放送前の見どころ展開予想をご紹介します。

りょうママ
憲兵さんに捕まってしまい、どうなってしまうのか!?この時代は厳しそうなので一家で何か咎めがないのか心配です。そして旦那の過去に何があったのかとても気になります…そういえば綺麗な着物を着た女の人に会釈してましたもんね!旦那に恋するすずはどうなるか!?
ほたる
リンと周作の過去が切ない感じがするので何があったのか早く見たいです。また水原とすずの再会もあるみたいなのでどうなるのか楽しみです。径子の息子が登場するので二人が一緒に暮らせるかは難しいかもですがどんな親子の形になるのか径子の母親としてのもどかしさも見たいです。
ミミ
すずが描いていた街の風景が、憲兵にスパイ容疑を掛けられてしまう事になったのが心配です。上手く誤解が解けるのか気になります。またリンと言う女性はかつて旦那様と付き合っていたようなので、そのあたりもどう関わってくるのか、すずはそれを知ってどういう感情を持つのか楽しみです。広島弁の穏やかさ、ゆったりとしたテンポの中、小野真千子さん演じる小姑のテキパキさが際立っていて面白いです。
ちこ
周作さんの昔愛した女性をすずが知ってしまったようなので、すずの気持ちの変化などを楽しみにしています。また、戦争がどんどん厳しくなってくると思うので、見るのが辛くなりそうですが、しっかり見ていきたいと思います。
ドラマ大好き
りんさんのために、町の絵を描いたすずさんが、憲兵さんにつかまってしまうところで終わったので、4話で、りんさんに絵を渡すことができるのか、また、りんさんと周作さんの関係に気づいた後の2人のやりとりなどが楽しみです。幼馴染の水原さんとの再会もあるようで、お互いに、お互いの過去に嫉妬しながらも、お互いへの愛を再確認するのかなぁと思います。
7月は真夏
リンがすずにスイカの絵を描いて欲しかったのは、幼い頃の出会いが印象深かったのだと思います。リンとすずがその時のことを思い出し、再び仲良くなる場面が見たいです。もしかしたら、原爆の衝撃か何かで、思い出したりするのかなと思います。
nautilus
すずが周作に婚約者がいたことでやきもちを妬くようですが、予告の中ですずが哲と再会するシーンがあったので、その時周作もやきもちを妬くのか気になります。また、周作と哲が再会するシーンがあるのかも楽しみです。
みっちりねこっこ
戦時中の話に楽しみなことなどないようにも思いますが…。今回は、見事なドラマ的展開で、リンとすずと周作のニアミスがあったのですが、説明が全くない感じで過ぎてしまったので、次回解説があることを期待しています。
ひもじい
4話では、すずは周作とリンの関係を知ってしまいショックを受けます。しかし、すずの体内には、子供が宿っていました。すずは、悩んで実家の母に手紙を書きますが、母は、周作がすずを大事にしてくれるなら我慢しなさいとすずを慰めます。一方、戦況は厳しくなりますが、ある日、幼馴染の水原が、いよいよ戦地に向かうことになり、すずにお別れの挨拶に来ます。すずは、その時、水原の自分への思いを聞かされ、すずの心の乱れが、あるのかどうか注目です。
みき
いろんな人とのかかわり、結婚してだいぶたち、慣れてきた頃の話や空襲がひどくなるなかでの生活の大変さしゅうさくの女の影など気になることばかりでワクワクですが空襲がひどくなり、どう生きていくのか展開がドキドキします

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』4話の見どころと感想聞きました!

読者の皆様から頂いたドラマ『この世界の片隅に』4話の見どころと感想をご紹介します。

hotoke
見どころは?
すずがご懐妊したのでは、と北條家が嬉しい期待でいっぱいになる一方、そうした期待に応えられずに密かに肩身の狭い思いをしていた女たちの事情も浮き彫りになるところは、現代にもあるひとつのテーマだなと思います。すずが周作とリンの過去の関係に気づき、今後の3人の関係性にどう響くのか見ものです。径子が久夫の覚悟を受け止め、自分自身の身の振り方を決めるところも見どころです。
感想
呉の街並みをスケッチしていたすずが憲兵に詰め寄られてしまい、逮捕されるのかとひやひやしたらそうはならず、意外と北條家の人たちはこの出来事を笑い飛ばすくらいの洒落っ気があるんだなとほっこりしました。すずがリンと会って話したことで、リンが周作の過去の人だと気づいてしまうあたりは、リンの少しだけ意地悪なジェラシーも感じました。すずの懐妊騒動は思い過ごしで終わったけど、子供の有無や跡取りとなる男の子が、どれほど大切だったのか、戦時中の事だからとは言い切れないほど女たちの悲しみ必死さが伝わってきて切なかったです。とくに、径子の長男である久夫が一人、広島へ帰る道すがら北條家では見せなかった涙をぬぐっていた姿に泣かされました。
夏色
見どころは?
北條すず(松本穂香さん)が体調を崩してしまった。もしかしたら赤ちゃんができたかもしれないと思い、念のために、病院に行く事になる。あと、黒村径子(尾野真千子さん)の長男の久夫(大山蓮斗さん)が北條家にやって来る。何か伝えたいことがあるみたいで径子は薄々気付いていたが、聞きたくない。周作(松坂桃李さん)の昔の恋人が気になっているすず。相手がリン(二階堂ふみさん)だと言うことに気づいてしまう。
感想
すずに子供が出来たかもしれなかったけど間違いでちょっと残念。径子が子供が出来たかもしれないとわかってからちょっと優しくなって意地悪だけではなくて、ただちょっと口が悪いだけで優しさを持っていることがわかって何だか好きになりそう。径子の息子が突然来た時はビックリした。なんとなくだけど一緒に暮らしたいと言いに来たのではないことはすぐに観ていてわかった。もう母親の立場からすると胸が張り裂けそうな気持ちで観ていて、涙が止まらなかった。
いつつ星
見どころは?
すずが妊娠したかもしれないので、その後の径子が優しくなるか、きつくなるか、行動が気になるところと言えます。息子のひさおがやってくる場面が予告にあったので、どうしてやってきたのかも、見どころです。径子と幸子が話している場面は、悪者同士が仲良くしているみたいで面白く、幸子が周作のお嫁さんだったらどうなっていたのだろうと思えるところも見どころです。
感想
すずが予告や新聞のあらすじで、妊娠したかもしれないとあったので、本当なのかなと驚きました。志野が、径子にそうでなくてもすずに優しくしてやってほしいと頼んでいた場面が、良いなと思いました。径子は自分が帰ってきたことが近所にどうしれているのかを気にしていたので、強いけれど弱い面もあるんだなと思いました。つっけんどんだけど、本当は優しくて、照れくさいだけなところは、時々職場にいそうなタイプだなと感じました。ひさおは広島に帰る時、あんなにしっかりしていたのに、別れてから寂しそうだったので、径子と同じで本当は弱いところがあり、そこが径子に似ていると思いました。あっさりふっ切ったみたいに、径子が働きに出たのも凄いです。
つくだに
見どころは?
今週は周作とすず夫婦関係より、どちらかというと径子(尾野真千子)の別居及び離婚がクローズアップされた回であった。前回は、すずがスパイと勘違いされ憲兵にえらく怒られるシーンで終わったが、今回はすずがあまりのショックに寝込んでしまうところから始まりました。スパイ疑惑はなんとか免れたみたいです。そんなときに周作の父親がすずは妊娠したのではという話になり、一家が一気に盛り上がりました。そんな中、北條家には思わぬ来客が。小さい男の子が訪ねてきます。その男の子は周作の姉である径子の息子の久夫でなり何故北條家を訪ねてきたのだろうかと言うと家の事情を全て理解して母と妹と離れてずっと暮らしていくと言いに来たのです。本当に出来た男の子です。径子はいつも気を張っていますが、息子の登場で涙を流すシーンはグッときましたね。来週以降はすずも周作が過去に縁談があった話しを聞いて、周作とすずの間に溝が生まれてきます。2人の関係がどうなるかも気になります。
感想
前回は、すずがスパイと勘違いされ憲兵にえらく怒られるシーンで終わって、このあとどうなるのだろうと気になってました。最終的にはかなり怒鳴られて終わり、すずがあまりのショックに寝込んでしまうところから今週のストーリー展開が始まってました。スパイ疑惑はなんとか免れたみたいです。とても面白い内容でクスクスと笑ってしまいました。周作の父親がすずは妊娠したのではという話になり、一家が一気に盛り上がりました。次の日、妊娠したのかを確認するために産婦人科に行きました。が、どうも栄養不足とストレスだったみたい(ということでこちらも笑ってしまいました。その帰りに、リンのところによっていくのが気になりました。あと、径子はいつも気を張っていますが、息子の登場で涙を流すシーンはグッときましたね。
しめじ
見どころは?
すずは体調の悪い日が続いていてもしかしたら妊娠しているのかもしれないと病院に行きます。しかし、環境の変化と栄養不足で体を壊しただけでした。そんな中、径子の息子の久夫が北条家を訪れます。久夫は径子に、径子が離縁されるのは仕方がないが自分は黒村家に残ると話します。ショックを受ける径子ですが久夫の言うことを黙って受け入れます。
感想
すずは子供ができていなくてショックだったと思います。しかし、北条家のみんなはが温かく接してくれて安心しました。病院の帰りにリンに会ったすずは、周作が結婚したかった相手がリンではないかと疑います。自分はリンの代用品なのではないかと落ち込み、周作との仲もギクシャクしていきます。あんなに思い合っていた二人の関係が悪くなってしまって悲しいです。早く元の二人に戻って欲しいと思います。久夫はまだ小さいのにとてもしっかりしていておどろきました。あの時代の子供は我慢する事が多くて大変だと感じました。
ファンディーナ
見どころは?
いつもぼーっとしているすずですが、大好きな周作とリンが昔関係を持っていたことに気付く時、すすは珍しく女の感がはたらきます。今までのすずとのギャップにも注目です!すずに厳しかった径子ですが、だんだんとすずに心を許していく径子の姿も見どころのひとつです。4話も北條家の貧しいけれど温かい様子に心うたれます。
感想
リンとすずの関係はどちらの立場にたってもつらく切ないなと思いました。すずが物置からりんどうの花の茶碗を見つけ、周作に誰のものか聞くシーンで嘘をついた周作とそのお茶碗を嬉しそうに飾っておくすずを見ていると、昔のこととは言えすずに嘘をついた周作に少しいら立ちを感じました。径子の嫁ぎ先での話を聞き、この時代のお嫁さんの大変を感じました。また戦争中の食べ物も不足していた時代、女性はホルモンバランスがくずれたり、子作りもすごく大変だったんだろうなと知りました。
ren
見どころは?
この世界の片隅に4話での見どころは、周作の過去に結婚しようとしていたことが発覚してしまう事や、径子さんの一人息子の久夫君が会いに来てくれるという予告が流れていましたが、他に晴美ちゃんが泣いてるシーンもありました。子供は大人以上に考えていることも多くあります。ましてや、戦争の時代男子は戦場に出て行ったりすることが当たり前になっていたり、家を継ぐのは男の子と決まっていたこともあり辛いという言葉だけでは言い表せません。今回はすずの悲しみやみんなの苦悩が少しずつ垣間見えてくる4話になるのではないでしょうか?
感想
4話の感想ですが、径子さんが心配していた子供・久夫君がわざわざ会いに来てくれましたが自分なりの決断をしっかり語っているシーンから涙が止まりませんでしたが、周作さんとすずちゃんの子供が出来たと思ってみんなは本当にうれしそうだったけど、周作さんはちゃんと真っ先に分かってくれたそうじゃなかったしてもあえて触れずに子供が出来なくても気にしないように気遣ってくれていたけど、納屋でお椀を見つけたことから事態はすべて変わってきてしまいます。過去に周作さんが結婚しようとしていたことも発覚して、お椀に関しては周作さんがうそをついていたこともばれてしまって、戸惑わないわけがない。その相手がリンさんだとも分かり、自分は代用品なのではないかと思っているけど、周作さんには思いを伝えることが出来ないこのもどかしさ。本当に悲しそう。だけど、水原さんがこのタイミングで帰ってくるとは思わなかった。
みっこ
見どころは?
北條家の周りでいろいろな気持ちが交錯します。周作の姉・径子は自分の長男に切ない別れを告げ、思い切って働きに出ます。リンとすずはそれぞれ別の出来事から、双方が時間をずらして周作を挟んでいたことに気づきます。すずが嫉妬を覚えるに至るまでには、桔梗の茶碗、敗れたノートなどの証拠の品が発見され、話に立体感があります。
感想
「代用品じゃけえ」という言葉がしみじみ心にささる回でした。すいとんやたどんを見ては、自分の立場を卑屈に考え、モヤモヤとしていたすずの切なさに、とても共感できました。「さえんねえ」「しょうがないじゃろ」という何気ない家族の会話に、さすがのすずもどんなにかグサグサ来ていたかと思うと、もらい涙が出そうになりました。アニメにはない、さだおとはるみの二人の子供の発言や、細かい演技もとても良かったです。長男と妹の当時のあつかいの違いも切実に伝わってきました。
keiko
見どころは?
北条すずが、呉に嫁いできてしばらく経ち、家族や周囲の人たちとも溶け込めてきています。しかし、夫と一緒に暮らすごとに、夫の魅力に気づいていくすずにとって、気になる点が一つあります。それは、夫がかつて結婚を考えた女性がいるのではないかということです。周囲の人の話や、偶然街で出会ったりんという女性の話などを統合すると、二人がかつて恋仲であったということに気づいてしまい、ショックを受けてしまいます。このような、すずの気持ちの移り変わりや、夫の過去を知った後の感情の表現が見どころです。
感想
夫が過去に愛した女性のことが気になりつつも、日々の生活に追われているすず。ある日、親戚が荷物だけを疎開させに来たとき、北条家の納戸の片づけを行っていました。そんな時、りんどうの花が描かれた茶碗を見つけてしまい、それが夫がかつて愛した人のために買ったものだということがわかります。そして、街で仲良くなった「りん」が、りんどうの花をあしらった着物を着ていることに気づきます。そのうち、夫とりんが過去に恋仲であったということに気づいてしまうという内容でした。
トムルナ
見どころは?
道に迷ったすずが、偶然遊女と知り合い(リン)、しだいに周作との関係が偶然がぐうぜんを呼び、ひもとけていく様子が丁寧にえがかれている。又、久夫と径子とが、手をつないで歩くその姿に感動。久夫のしっかりした男(決意して訪ねてきた)と子供の両面が描けていた。妹も又、最期になかせる。憲兵の勢いは硬い番組を彷彿させたが、笑いによって和ませるあたりとすずの倒れるシーンは悲しいシーンのはずが、なぜか笑える。

感想
すずがなんとも素朴でかわいい。仕草、人柄、行動、愛情表現どれをとっても可愛い。でも女の勘はするどい 茶碗 に違和感をもつとは思わなかった。りんどうつながりでリンにたどりつく。まあ、出会いが少し強引(偶然すぎる)がそれをリン(二階堂)が妖艶を隠して純情にえんじてるので引き立つ。径子(尾野)も性格はきついが愛情たっぷりでただの小姑とは違って実にすずをひきたてている。今回は久夫と径子に泣かされた。手をつなぐシーンは数秒だが余韻は何分にも感じた。

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』4話のツイッターでの反応や評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『この世界の片隅に』4話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

無料でドラマ『この世界の片隅に』4話の動画を楽しむなら、Paraviがオススメです!

Paraviでドラマ『この世界の片隅に』4話を無料視聴する