ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の見逃し配信を無料視聴!あらすじネタバレ感想やキャスト一覧も【8月4日放送】

この記事では、8月4日に放送された、渡辺麻友さん主演の2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の動画を見る↓↓↓

また、ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム
U-NEXT ×
TSUTAYAディスカス ×
hulu ×
ビデオマーケット ×
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の動画が視聴できる公式動画配信サイトは、

・FODプレミアム

上記のサイトでドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の動画が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

FODでは、1ヶ月の無料お試し期間があり、見放題対象作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・グッド・ドクター

・恋仲

・限界団地

・ポルノグラファー

・テラスハウス

・ギターとショートパンツ 

・青と僕

・パフェちっく!

・ラブホの上野さん

・健康で文化的な最低限度の生活

など、人気のドラマが見放題となっています。

1ヶ月の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の見逃し配信動画を無料で見るならFODがオススメ!

2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのFODについてご紹介します。

FODフジテレビオンデマンドなら、ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の動画が無料で視聴できます!

通常、フジテレビオンデマンドでドラマを見るには月額888円がかかるのですが、毎月8がつく日(8日、18日、28日)に400ポイント、合計1200ポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴ができちゃいます。

FODフジテレビオンデマンドの場合、無料お試し期間は1ヶ月となっています!この無料お試しキャンペーンはいつ終了するかわからないので、いまのうちに登録してお得にドラマを見てしまいましょう♪

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は FODフジテレビオンデマンドにてご確認ください。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第1話のあらすじ

2018年8月4日(土)放送のドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第1話のあらすじをご紹介します。

美しい湖のほとり。胸をナイフで刺された女性の死体が横たわっている。
そのかたわらには、ただ茫然と死体を見つめたまま立ち尽くす、少年の姿があった…。

場末のキャバクラ。泥酔した客を笑顔で見送る、1人のキャバクラ嬢。客が去ると、すっと笑顔を消し、冷ややかな表情に変わる。
彼女は北園ひかり(渡辺麻友)。15年前、兄の國彦(桐山漣)が恋人のミュージカル女優・麻美(三倉茉奈)を殺害して逮捕され、それ以来ひかりの人生は一変してしまった。事件のせいで仕事がなくなった父は多額の借金を残して他界。精神的に不安定な母の由布子(斉藤由貴)を支えながら、ひかりは“殺人犯の妹”として息をひそめるようにずっと生きてきた。ひかりの唯一の心の支えは、ギリギリの生活の中で今も追い続けている、ミュージカル女優になるという夢――ただそれだけだった。演出家・天竺要(吹越満)や看板女優の花田舞子(紺野まひる)が所属する「劇団ウミヘビ」で稽古に励んでいる時だけが、ひかりが現実を忘れられる瞬間だった。

そんなある日、ひかりは幼馴染の谷川和也(堀井新太)と再会する。
和也は実家の料亭『たにがわ』で、板前として働いていた。老舗料亭の後継ぎとして父親からも期待され、恋人・沙耶(筧美和子)とは結婚を前提に付き合っていた。順風満帆な日々。犯罪者の家族の自分とは住む世界が違う……和也との再会で、ひかりは自分の暗い未来を突きつけられる。
そんな中、兄・國彦の出所が決まる。弁護士から連絡を受けたひかりは刑務所の外で國彦を待ち受けた。迎えにきたのではなく、別れを告げるために。しかし、ひかりはそこで國彦から衝撃の告白を受ける。
「俺は麻美を殺していない」
兄の言葉が信じられないひかり。だとしたら何故兄は15年もの間、無実を訴えなかったのか。しかし、國彦はそれ以上は口を閉ざし、行方をくらましてしまう。

一方、和也はひかりが15年もの間、抱えてきた苦しみを感じていた。自分に何かできることはないのか……ひかりを救おうと動き出す和也。しかし、その思いもむなしく、劇団で新たな事件が起きてしまい――!
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』キャスト一覧

北園 ひかり・・・渡辺 麻友

#1stAlbum #BestRegards #発売記念 #ソロライブ #ありがとうございました #また会いましょう

渡辺麻友さん(@watanabemayu_official)がシェアした投稿 –


キャバクラ嬢。6年前からミュージカル劇団『ウミヘビ』に所属。
15年前、実の兄が恋人殺害の容疑で逮捕されて有罪判決を受け、現在も服役中。幼少時代はよく笑う快活な性格だったが、「殺人犯の妹」となり人生が一変した。
高校時代に母が精神を病んで引きこもりの生活となったことで、やむなくひかりがバイトをしながら家計を支え、母の面倒も見て来た。
殺人という罪を犯し、家族の人生を変えた兄を、ひかりは今も恨んでいる。そして人殺しの妹である自分は、誰かを愛することも、愛されることも許されないと思っている。
唯一、好きなミュージカルに携わっている時だけは苦しい現実を忘れられる。

谷川 和也・・・堀井 新太

今仕事で京都にいるんだけど、だいぶ自分の人生感が変わる出会いがたくさんあった。 やっぱりね、自分の好きな道をさ、楽しんできた人の話を聴くのは本当に楽しいし、為になるし、その人について行きたいなっとか思うよね。 その方々に共通してることは皆同じで、本当に自分のしてることを愛して楽しんでる。それってマジで素敵やなって思った。 最近自分の将来とか夢とか なりたい自分になれてんのかなぁって 未来の事で悩んでるだけど笑 それはとても幸せな事じゃんって気付かされたわ。改めてね。 だからあちこちアレもいいなぁとかこれもいいなぁとか羨ましいなぁって思う事も大切だけど、一番はさ、自分が楽しまなきゃってことだよね。それが心の余裕にも繋がるし、周りを幸せに出来るし、色んな人に伝えるっていう事でゆうと1番いい気がするんだよなぁ。。。 だから僕はね、僕と関わった方はね、全員幸せになれって気持ちでいるようにしてる。 だから俺もっと頑張るし🌟 人として素敵やなぁって思ってもらいたいし笑っ ちと真面目な話になったけど、いい出会いがここ最近ずっと続いてるので、気持ちを共有させてください👍 さて、今日も撮影頑張ります。ではでは。 写メはなんかいい感じの雰囲気やからつけました。笑っ ではまた!

堀井新太さん(@aratahorii)がシェアした投稿 –


ひかりの幼馴染み。
実家の老舗料亭『たにがわ』で板前をしており、後継ぎとして期待されている。母親は既に亡くなっており、現在の母親は父の後妻。『たにがわ』の経理面を担っている兄は、義母の連れ子である。
15年前、当時『たにがわ』で修業していたひかりの兄・國彦には可愛がってもらっていた。ところが15年前、和也は國彦が殺人現場から走り去るのを目撃。殺害された國彦の恋人・麻美の死体第一発見者となった。
事件後、ひかりの家族は追われるように引っ越して行った。最後の日、駆けつけた和也を見た冷たいひかりの眼差しが和也の脳裏に深く刻まれている。

天竺 要・・・吹越 満


劇団『ウミヘビ』の天才肌の演出家。
15年前、劇団に所属していた矢吹麻美の才能に気付き、『ロミオとジュリエット』のジュリエット役にも抜擢したが、麻美は体調不良で降板。直後に麻美が死に、それ以来、『ロミオとジュリエット』は封印している。現在スランプ中。ひかりを見て『ロミオとジュリエット』の再演を決める。

三上 沙耶・・・筧 美和子


和也の恋人。銀行員の娘。
1年前から和也と結婚を前提に付き合っている。過去につらい経験をしている。

天竺 芽衣・・・宮澤 エマ

☀︎☀︎ #まぶしい #sundayfunday #newhair @hideki_matsunaga @abbeyken

宮澤エマ Emma Miyazawaさん(@emmamiyazawa)がシェアした投稿 –


天竺の娘。劇団『ウミヘビ』の女優。
ミュージカルが恋人と話す、真面目な女性。
音大を出ており、劇団で誰よりも高い技術を持ち合わせているが、キャリアのある看板女優がいるため、今は二番手に甘んじている。

2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話放送前の見どころと感想は?

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話放送前の展開予想や、見どころをご紹介します。

15年前にミュージカル女優が殺害された事件で殺人犯の妹になってしまった主人公。主人公を演じるのは連ドラ初主演の渡辺麻友。苦しい生活の中でも夢であるミュージカル女優になるため、キャバクラで働きながら舞台稽古に取り組んでいた。ある日兄の出所を知り会いに行くが、兄から自分は無実だと聞かされる。それは果たして本当なのか?15年前の事件をめぐり、謎が謎を呼ぶサスペンスドラマである。
ペンネーム:てん(女性・20代)
木村祐一さんが演じる刑事の剛田が、ドラマの冒頭部分ですでに「15年前の事件の犯人が國彦ではない」ことを確信しているかのようだったのが印象的でした。和也のことを疑っているようでしたが、彼がなぜ和也が犯人だと思っているのかが気になります。事件のことを考えている時の和也の表情も、何かを隠しているようにも見えるのですが、気のせいでしょうか。
ペンネーム:nautilus(男性・40代)
いつかこの雨がやむ日までの第1話の見どころは、渡辺麻友さん演じるひかりの家族と仲良く暮らしていて幸せだった過去、ひとつの事件をきっかけに、兄が逮捕され、どん底に落ちてしまった現在の家族のギャップであると思います。壊れてしまった母親、出所した兄、突然再開した幼馴染みが、これからどんな風に絡んでいくのかが見所です。
ペンネーム:ゆう(男性・30代)
第一話の見どころは、渡辺麻友さんの苦労少女ぶりです。ミュージカル女優を目指しながらも借金返済のために水商売をして家賃も滞納する苦労少女を演じています。殺人者の兄もいるというすごい環境ながら冷静にいろいろとこなす姿は、偉いなと思います。渡辺麻友さんの歌も聴けるのでAKB48のまゆゆの歌声を思い出します。
ペンネーム:はるか(女性・30代)
主人公のひかりは、犯罪者の兄が服役している間、母を守り、借金を返しながら、必死に劇団で夢を追い続けています。劇団内では主要人物の役柄はもらえず、家庭の方は家賃を滞納し母は少し精神を病んでいるようで、楽しいことが何もない状態です。その彼女に、幼なじみとの再会・兄の出所・劇団内での殺人事件など、多くのことが一度に降りかかってきます。
ペンネーム:みっちりねこっこ(女性・40代)
出所してきた國彦に対し、ひかりは何を語るか、國彦はひかりに何を語るか、殺人犯の妹として生きてきたひかりの人生とはどのようなものか、ひかりの幼馴染であれば殺害現場で和也を見たということを警察に話したという和也は今どう思っているか、15年前は幼馴染関係だった和也とひかりの今の関係と何なのかというのが見どころである。
ペンネーム:あかり(女性・20代)
ミュージカル女優を夢見る森ひかり。しかし、恋人で女優の矢吹麻美を殺害した容疑で兄の國彦が逮捕され、ひかりの生活は一変する。逃げるように故郷を去り、母方の姓に変えて15年後。母・由布子に依存されながら場末のキャバクラで働く北園ひかりはミュージカル女優の夢を持ちながら日々を過ごしていた。そんな中、ひかりはかつて“ある約束”を交わした幼なじみの谷川和也と再会する。和也は殺害現場から逃走する國彦を目撃し逮捕を決定づけた人物だった。そして國彦が出所。決別を告げようとするひかりに、國彦は驚きの告白をする。
ペンネーム:つくだに(男性・40代)

2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の感想聞きました!

読者の皆様から頂いた、ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の感想をご紹介します。

感想
主演の渡辺麻友は今までもいくつかドラマへの出演はあったが、本格的なラブサスペンスは初めてのようで気合いが入っていました。今回のひかり役はミュージカル女優を目指しているが、少し影のある女性役なのでこれからのストーリー展開によってどのようになるのかが楽しみです。また、ひかりの幼馴染であり、15年前の事件のとき現場から逃走する、ひかりの兄・國彦を目撃したと証言する谷川和也がひかりとどのような関係になって行くのかもこれからのストーリー展開で楽しみなところです。
名前
感想
ハッピーエンドな結末で終わってほしいと感じるようなドラマだった。ひかりはミュージカルという存在があるからこそ何とか生きているのだと感じた。ミュージカのという存在を失ってしまうと、ひかりの母のように半分くらい壊れてしまう状態になってしまうか、もしくは自殺してしまうのではないかと感じた。被害者だけではなく、加害者家族も辛い思いをするのだと思った。しかし、本当に無実であるならば、15年ものの間、殺人犯として生きてきた國彦が何より一番辛いのではないかと感じた。
名前
感想
主人公のひかりの表情が晴れることが全くなく、初めから最後まで暗かったので、渡辺麻友のせっかくの魅力が歌の練習くらいしか発揮される様子がなく、少し残念でした。ひかりの人生が、兄の罪に全て牛耳られているのが納得がいきません。もう少し演劇以外にも何か救済の手があって欲しいのですが、肝心の彼氏になりそうな幼なじみは婚約者がいる状態のようで、しかもその婚約者は若干狂気を持っているようなので、先行きが心配です。
名前
感想
ミュージカル女優を殺害した罪で逮捕された兄が、無実だったという展開が、面白いですね。そうなると誰もかれも怪しく感じますね。しかも妊娠していたとなると誰の子供だったのかなどの謎も興味深いです。ひかりと和也の二人で真実にたどり着くために協力しそうなフインキです。兄も捜査をしそうなので今後の展開が、楽しみなドラマです。このドラマは、サスペンスドラマとして楽しめますしミュージカルとしても楽しめると思います。
名前
感想
1話を見ての感想としては、オトナの土ドラの時間帯という事もあって、少し暗めのストーリーだという印象です。ひとつの殺人事件をきっかけに、幸せな家族関係が壊れてしまって、水商売でなんとか生計を立てている主人公のひかりを、渡辺麻友さんが悲壮感を出しながら、よく演じているなと思いました。ミュージカルという夢は諦めずに続けているが、そこに兄の出所や、突然の幼馴染みの来訪、過去の事件の担当刑事も絡んできて、これからどんな展開になるんだろうというハラハラの展開がありました。
名前
感想
15年前の事件の犯人が國彦ではないと思っている剛田の行動と、國彦がまた人を殺したと思わせるかのようにひかりの先輩が殺されるという展開が対照的で、うまく表現されているように感じました。兄の出所でひかりの生活がまた変化していくことを予感させる展開でした。また、ひかりの母親の由布子と和也の恋人の芽衣が情緒不安定っぽい設定になっているのが気になりました。二人の存在がこれからの展開に何か影響してくるのでは、と思えました。
名前
感想
夢みる少女が殺人事件によって人生が大きく変わってしまい、とても不幸でかわいそう。殺人犯の家族の暗い感じが伝わってくる。精神が不安定になった母親役の斉藤由貴の演技が上手く、感情移入してしまうほど。渡辺麻友が歌うシーンは見ていてとても良かった。15年前の事件で幼なじみの男の子がナイフを握っていたシーンは何を意味するのか?真犯人は誰なのか?登場人物の誰もが怪しく見えてしまう。謎が多く、また次を見たくなるドラマだった。

2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』1話の動画が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、FODがオススメです!