ドラマ『透明なゆりかご』3話の見逃し配信を無料視聴!【8月3日放送】

この記事では8月3日に放送された、清原果耶さん、瀬戸康史さん出演の2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』3話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

また、ドラマ『透明なゆりかご』3話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください!

↓↓↓今すぐドラマ『透明なゆりかご』3話の動画を見る↓↓↓

2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』3話のあらすじ

アオイ(清原果耶)は恐れおののいていた。妊婦の安部さおりさん(田畑智子)はいつも不機嫌で、アオイが些細なミスをするたびに激怒してののしり、由比(瀬戸康史)が診察で「特に問題ありませんよ」と言っても信用しようとしない。そんな折り、アオイは看護学校の実習で市民病院へ行くことに。安部さんから離れ、のびのびと励むアオイだったが、そこのある病室で、安部さんが悲しそうな顔で誰かに付き添っているのを目撃する…。
(引用元:公式サイト

ドラマ『透明なゆりかご』3話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『透明なゆりかご』3話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT
TSUTAYAディスカス ×
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『透明なゆりかご』3話が視聴できる公式動画配信サイトは、


・U-NEXT
・ビデオマーケット

上記のサイトでドラマ『透明なゆりかご』3話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・この世界の片隅に

・探偵が早すぎる

・おっさんずラブ

・花のち晴れ

・ゆとりですがなにか

・幸色のワンルーム

・dele

・メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断

・シグナル

・トドメの接吻

など、人気のドラマが視聴できます。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』3話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』3話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』3話の見どころと感想、次回の予想は?

読者の皆様から頂いた、ドラマ『透明なゆりかご』3話の見どころや感想、次回4話の展開予想をご紹介します。

hotoke
見どころは?
不機嫌な妊婦というタイトル通り、いつも怒ってばかりいる妊婦と、それに怯えながらも必死にその理由と向き合おうとする看護助手の心の交差が見どころです。あたりまえだったことや信じていたことが突然、目の前から奪われてしまう現実は誰にでも起こりうることなんだと深く考えさせられます。どんな人にも事情というものがあって、時に理不尽に他人を傷つけたりするけど、別の角度からそういう人を見守る人達がいることを思い出させてくれます。

感想は?
きびきびと仕事をこなすことが不得意なアオイは頼りなく見えて、安部さんの怒りを増幅させてしまうんだろうなと思いました。盲腸の手術で意識が戻らない状態になった夫を見つめる安部さんは悲しくて、大きくなったお腹を一生懸命夫の手に触れさせようとしているのが切なかったです。誰にもぶつけられない怒りの矛先が、アオイで良かったと思いました。怒る人の気持ちを知りたいと言ったアオイだから、安部さんのどうしようもない、許すことも出来ず歯止めのきかない怒りを受け止めて寄り添うことができたんだと思います。無事に男の子を出産出来て、意識のない夫の目に涙がうっすら流れた時は、アオイの想像の中のシーンかもしれないけど、救われた気がしました。

次回4話の展開予想
何の心配事もなかった出産でも、絶対に大丈夫ということはないんだと思い知らされることになりそうです。いつも明るく、アオイの情緒不安定な時も声をかけてくれるような優しい妊婦の真知子が、出産後の容体が急変して救急車で運ばれていく時、アオイは何を感じてどんなことが出来るのか、ちゃんと看護助手らしく振舞えるのか見届けたいと思います。そういう時の、病院側の先生たちの旦那さんたちご家族への対応も気になります。

ゆり
見どころは?
始終怒っている妊婦・阿部と、怒られることにトラウマを持つ青田の、出産を介したやりとりが見所です。妊婦にはある深い事情があり、その怒りを向ける場所が判らず苦しんでいたのだと作中で判明します。そんな妊婦の苦しい心に、青田は寄り添い続けようとしました。阿部夫妻の最後のやりとりはやるせなさ、悲しさ、怒りを視聴者に感じさる見事なシーンです。

感想は?
もっと妊娠中の生理的なイライラが由来の「妊婦様」な話かと思っていましたが、全然違いました。正直、序盤の妊婦と青田のやりとりはあまりにも見苦しく、視聴を後悔したほどです。ですが、実はもっと深い理由があるとわかり、胸がとても苦しくなりました。妊婦の立場など、私には想像がつかないほど絶望感がありました。その反面、産まれた子供の可愛らしさや、夫から涙がこぼれるシーンは私自身も泣いてしまうほど優しく悲しく感じました。

次回4話の展開予想
1話から3話にかけて、ドラマの中の癒しでもあった町田夫妻に悲劇がふりかかりそうで、不安になります。タイトルからも、産科や先生に何かしらの窮地が訪れることが示唆されていて、早く4話が観たくなりました。出来るならば、町田夫妻とその赤ちゃんが無事に笑って終われるラストであって欲しいと思います。また、青田と母親の関係も少しずつでよいから縮まって欲しいです。

かやちゃん
見どころは?
不機嫌でいつも怒っている妊婦さんがどうしていつも怒っているのか、産婦人科の医師、看護師、アオイはその妊婦に対してどうしてあげられるのかが見所だと思います。特に人の心を読むのが下手なアオイは、その妊婦さんにどのように接していくのか、きちんと心を分かってあげられるのかがポイントだと思います。田畑智子さんの迫力のある演技も見所です。

感想は?
不機嫌になる理由が切なすぎて悲しかったです。旦那さんが虫垂炎であんな状態になるなんて…。しかも病院側に落ち度はないと言われ誰を恨めばいいか、誰を憎み怒ればいいのか分からなかったのかなと感じました。病院自体信用できないのに、自分は妊婦で病院に行かなければならない、嫌悪感しかないのに看護師見習いがチョロチョロ仕事をしているとなると、ますます不信感しかなくなるなと感じました。アオイのまっすぐで正直な所はイラッとさせるけど、信頼は出来るんだろうなと感じました。

次回4話の展開予想
「お産に絶対はない」と分かっていても、元気な子供を産み母子ともに元気に退院する事が当たり前だと感じてしまいます。現代の医療では、昔は助からなかった命でも救えるのも事実です。4話では「元気に産まれる事は奇跡」だと感謝しなければいけないと考えさせられるストーリーになっていると思います。母子がもしもの時…旦那さんはどのような行動をし、何を思うのかが見所になると思います。

さきママ
見どころは?
今回は、新たな命を授かったことで嬉しいはずの妊婦阿部が、同時に愛する夫を理不尽な理由で奪われ、その怒りをどこに向けたら良いのかと葛藤する姿が大きな見所です。また、そんな阿部に怒られ続けて恐怖を感じながらも、何とか阿部の気持ちを理解しようとするアオイの懸命な姿にも、胸を打たれます。アオイの秘密のようなところも出てきて、見ごたえがあります。

感想は?
当たり前に側にいて、当たり前に妊娠を喜んで誕生を共に待ちわび、産まれた赤ちゃんに共に涙し、その成長を見守ってくれるはずだった存在が、突然奪われてしまう悲しみや絶望や怒りが、切ないくらいにとても良く描かれていました。どこにぶつけたら良いのか分からない怒りも、ただでさえ妊婦中は情緒不安定になるのに、あって当然だと思います。それに寄り添おうとしたアオイは、とても立派だったと思いました。看護師に向いていなくなんて無いと感じました。
次回4話の展開予想
次回は、明らかに真知子に何かが起こると感じています。今回のように、『お産に100%はない』と思っています。それまで元気だった真知子が、産後に急変して、もしかしたら命も落とすかもしれません。そんな時、いつも明るかったご主人が壊れてしまうのではないかと思います。アオイも、ショックを受ける結果かもしれません。産婦人科の人達が、それをどのように乗り越えていくのか楽しみです。

みっちりねこっこ
見どころは?
アオイは一人の怒りっぽい妊婦・安部さんのサンドバック状態になり、しなくていいいミスまでするようになります。看護師研修で総合病院に行ったとき、その安部さんのご主人が危篤状態で入院しているのを見てしまったアオイは、安部さんが「おこりたりない」ことを受け止めようと、積極的に安部さんのお世話を担当するようになります。

感想は?
もともとアオイが「おこられる」ということにトラウマがあることがわかってきたので、今回の頑張りはとても勇気があることだなぁと感心しました。先輩看護師の「なんでも言うことをきくことが看護じゃない」というのもうなずけるのですが、そこは見習い、これくらい積極的でも許される範囲かな、と思いました。それにしても、アオイはまだ看護師未満なのに、すごい経験を積んでいますね。人の痛みのわかる、いい看護師さんになりそうです。

次回4話の展開予想
次回は、今まで和気あいあいとしたお付き合いがあった妊婦さんが急変する予告がされています。主人公以下、多くの人の心情に影響をあたえそうで、ドキドキします。安部さんの件で、アオイは「怒り」というものに対する過去のトラウマを少しづつ乗り越えようとしています。自分も一緒に成長できるようで、ワクワクしています。

ふなな
見どころは?
妊婦安部さおりは、何に対しても、とても厳しいのです。アオイが、小さな失敗をしても、厳しく怒ります。アオイの「大丈夫ですよ」という言葉にも、簡単にそんな言葉を言うなと。なぜ、さおりは、そんなに厳しいのでしょうか。そして、アオイが、実習で行った病院に、誰かに付き添うさおりの姿がありました。それは、一体誰なのか、そして、なぜ、辛そうな表情なのでしょうか。その謎が明らかになったとき、アオイの心が動きます。

感想は?
妊婦さおりは、とても厳しいのです。アオイは、怯えているようですが、さおりの厳しさも、わかるような気がします。医療に、「絶対」ということも、「また」ということも、簡単には言えません。それは、さおりの夫に起きた医療ミスといったことからだったのですね。病院側から、誰が悪いということではないとか言われても、納得がいきませんよね。さおりの悔しさと、悲しさが、伝わるようです。そんなさおりの心に、アオイは、寄り添うことが出来たのだと思います。それは、看護師になる人にとっては、必要なことだと思います。死ぬ前に、赤ちゃんを、夫の側に連れて行くことが出来て、良かったのですが、夫の流した涙は、本当に辛いですね。

次回4話の展開予想
真知子の出産が始まり、赤ちゃんは誕生。しかしながら、真知子の様子が、良くないのです。母子ともに、大丈夫ということが、当たり前でないのですよね。新しい命が誕生するのですから。真知子は、どうなるのでしょうか。大丈夫なのでしょうか。アオイにとっても、重大なことに直面します。アオイは、どう受け止め、どう考えていくのでしょうか。そして、「産科の危機」とは、どういうことなのでしょうか。

2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』3話のツイッターでの反応や評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』3話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

無料でドラマ『透明なゆりかご』3話の動画を楽しむなら、U-NEXTがオススメです!