ドラマ『義母と娘のブルース』1話のあらすじネタバレ感想!キャスト一覧も【7月10日放送】

この記事では7月10日に放送された、綾瀬はるかさん主演の2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』1話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

また、ドラマ『義母と娘のブルース』1話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください!




2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』1話のあらすじ

数年前に母親を亡くし、父親の 良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた 宮本みゆき (横溝菜帆)。
そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。彼女の名前は 岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる。

一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、「再婚は早いのでは?」 と釘を刺されてしまう良一だが亜希子への想いを語る。みゆきの牙城を崩すためのヒントをもらおうと下山の元を訪れる亜希子。「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」 と言い張る下山に亜希子は… !?

その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に荷物を託す田口。威勢よく飛び出し行く麦田にどこか違和感を覚える田口。この違和感は、後にとんでもない被害に発展する… !?

果たして亜希子は、みゆきに受け入れられるのだろうか !?
義母として、認められるのだろうか !?

本作は、一生懸命仕事をしてきた女性が、一生懸命母親になろうとする物語である。
そして、亜希子さんを受け入れるべきか一生懸命考える娘、一生懸命見守ろうとする父親の何気ない日常の物語である。
そんな日常には、喜びや、悲しみ、そして奇跡が溢れている。

(引用元:公式サイト




2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』のキャスト一覧

宮本亜希子 … 綾瀬はるか


業界トップシェアの金属会社・光友金属で働いていたバリバリの元キャリアウーマン。誰よりも真面目でその真面目さゆえ、“土掘り土下座” という宴会芸まで編み出してしまうツワモノ。普通の話し言葉にもビジネス用語を多用する。
晴れて義母としての合格採用通知を受け取り、宮本家の義母となり同居を開始。最愛の娘の為なら、権力にも屈しない芯の強い女性。

宮本良一 … 竹野内 豊


老舗の金属会社・桜金属工業に勤める。8歳の娘を持つ父親。
朗らかな性格で日々、小さな奇跡を見つける目利きであり、周囲を和ませることについては天下一品。「みやもっちゃん」 の愛称で親しまれ、職場では 「みやもっちゃんはこの会社のひだまり。癒し」 と年齢、性別を問わず社員に大人気。
小さなことは気にせず、鈍感ともいえるし、包容力が大きいともいえる男。ある想いからライバル会社のやり手部長である亜希子にプロポーズする。

麦田章 … 佐藤 健


フーテンのダメ男。
なかなか目標が定まらず、軸足が固まらない青年。
亜希子、良一家族に波乱と時には奇跡を呼び起こす。
しかし、彼の根底にはある想いが…。

宮本みゆき (高校生) … 上白石萌歌

宮本みゆき … 横溝菜帆


良一の娘。8歳の小学校3年生。
勉強は苦手で、のんびり屋で朗らか。母親の死に大きな影響を受け、それ以降、内弁慶になってしまう。
良一の前では明るく振舞っているが、学校では内側に引きこもってしまい、以前を知っているヒロキからからかわれている。

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』1話の見逃し配信を無料視聴するならParaviがオススメ!

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』1話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのParaviについてご紹介します。

Paraviは、2018年4月1日にサービス開始された新しい公式動画サービスです。

とにかく国内ドラマに強く、放送中のドラマ『義母と娘のブルース』1話を見逃してしまってもここで見ることができるので安心!

国内最大級のドラマアーカイブ数で、TBSのドラマはもちろん、話題の人気作品や名作を多数配信しているところも魅力的なサービスです。

ドラマ以外にも、アニメや報道、経済番組なども見放題で楽しむことができます!

今なら、登録月が無料で見放題になる、無料お試しキャンペーンをやっていますので、試してみてはいかがでしょうか?

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページにてご確認ください。




2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』1話の見どころや感想は?

読者の皆様から頂いた、ドラマ『義母と娘のブルース』1話の見どころと感想をご紹介します。

かなぶん
見どころは?
綾瀬はるかが再婚を嫌がる竹野内豊の娘との距離を縮めるまでの過程が見どころです。様々な努力も裏目に出ますが、最後は認めてくれるような感じがよいです。そして、ラストに竹野内豊の身体について描かれているので、注目です。
感想は?
ナレーションが竹野内豊の娘が成長し、回想のように語られているので、これから本物の親子になっていく過程が描かれると思うと楽しみだと思いました。また、これまでキャリアウーマンとして働いていた綾瀬はるかが主婦になるという設定も面白いと思いました。
夏色ブルース
見どころは?
見どころは、一見仕事一筋で、恋愛もしたことがあるのか人柄が読めないアキコが、みゆきと打ち解けるために腹踊りを披露しようとするという、外れた思考がどういう結果になるかだと思います。
佐藤健さん演じるバイク便の少年と、浅利さん演じるアキコの部下が、これから何かしらこの家に関わってくるかもしれないところも、気になります。
感想は?
子役の女の子を見た時、上目遣いがすごくて、恐いイメージがありましたが、実の母親が忘れられず、アキコを受け入れられないのをうまく表現しているんだなと思うと、演技力に感心しました。
アキコがお堅い感じの人なので、みゆきのお父さんがそれをフォローするような、のんびりした人だから、でこぼこ感があり、お互いを補える理想の夫婦だと感じました。
馴れ初めについては簡単だったので、もっと詳しく見て見たいです。
福ふくこ
見どころは?
綾瀬はるかの演技が何より注目されるところです。コミカルな役がとってもうまい綾瀬さんが、今回は笑わない役、ある意味、常識はずれな人格の持ち主である主人公をどう演じているのか、という点が見どころになっていると思います。相手役の竹野内豊がとてもいい味を出しています。
感想は?
はっきりいって、綾瀬はるかはこういった笑わない役は合わない、そう思いました。このドラマの見どころでもあるのでしょうけど、こういったところで笑いをとるよりも、ストレートに、ほたる役をしたときのような、笑える役がいいように思いました。また、娘との関係も、そう簡単な物じゃないでしょ、と思います。
NOMURA
見どころは?
エリートキャリアウーマンである、綾瀬はるかさん演じる亜希子が再婚し一児の母親となるというストーリーです。プライベートはぽやっとしている綾瀬はるかさんですが、このドラマではキリッとしたストイックな姿を見ることができます。
感想は?
横溝菜帆さん演じる宮本みゆきは小学生であり、非常に多感な時期。そんなときに父親が再婚すると言う話を耳にします。1話目ではそんなみゆきと亜希子のやり取りが非常に新鮮で面白かったです。亜希子の理論武装で悩みを解決していくさまが非常に面白く感じました。
ぷにゃりん
見どころは?
義母としてなかなか受け入れてもらえない綾瀬はるかが、みゆき宛に履歴書を送ったところです。その他受け入れてもらうために大人相手の営業テクニックを使い、相手が子供でも営業口調で真っ向から立ち向かうところです。
感想は?
綾瀬はるかの独特な演技がおかしくもあり、真面目なキャリアウーマンがプライベートまで引きずっているために、なかなか子供に受け入れてもらえないので悪戦苦闘していると見せて、実は自分というものを貫いているのが見ものでした。子供でも営業先のお客様でも対応が同じという真面目すぎるのが、面白かったです。
湊海
見どころは?
まだ母親の死を受け入れられていないみゆきが、突然新しい母親を迎えようとする父親の裏切りに憤り、亜希子に全力で反発しようとする複雑な心境が今回のポイントだと思います。色々思うところはあるけど、それを呑み込んで亜希子を家族に迎える決意をするみゆきの大人の対応にも驚かされます。
感想は?
大人の感覚でみゆきと心の距離を詰めようとする亜希子のちょっととんちんかんな言動と、不審に思いながらもその努力を認めようと頑張るみゆきのちぐはぐなやり取りが、コミカルで面白かったです。でも、お互いに戸惑いや葛藤を心に秘めているシリアスな部分もあり、軽すぎないところも良かったと思います。
maomao
見どころは?
みゆきが亜希子に「採用通知」を送ったことに対し、亜希子はみゆきのいる学童保育へ出向きお礼として腹踊りを披露したところは綾瀬はるかさんの女優魂を感じました。真面目な顔から繰り出す腹踊りはとても印象に残っています。
感想は?
キャリアウーマンの亜希子がシングルファーザーの良一と結婚をするために良一の娘、みゆきに認められることが壁となっていました。堅物な亜希子はみゆきに対して営業先の相手のように名刺を差し出したり、手紙には履歴書を送るという変わり者。でも、熱意が伝わりみゆきに「採用」され良一と結婚することとなりました。
たかは
見どころは?
キャリアウーマンの亜希子は突然ライバル会社に勤務する良一と再婚します。しかし、良一のひとり娘のみゆきは再婚に大反対です。亜希子はクライアントのようにみゆきに接しますがみゆきは全く心を開いてくれませんでした。
感想は?
亜希子は子供であるみゆきにもクライアントと同じように接していてとても仕事熱心で真面目な性格だと思いました。しかし、母親になる人にそんな接し方をされてしまったら子供は戸惑うと思います。亜希子が母親と認められるのはとても大変だと思いますが、めげずに頑張って欲しいです。
みき
見どころは?
いきなり義母になると現れた彼女は、ばりばり働くキャリアウーマン!なぜ結婚することになったかは、謎だけど、いきなり義母になろうとする彼女は、相手の子供に 好かれようと仕事をいかした戦略をしてくる!そして堅苦しい。そんなとこが違和感大ありのとこが見どころです
感想は?
ひょんなことに結婚して、義母になるとゆー彼女!結婚なんか似合わないなけど まさかのママになろうと頑張る彼女の姿はかっこよく見えます、堅苦しい言葉を使うのですが、真剣に向き合う姿は、素敵です!これかり義母に どのようにしてなっていくか楽しみです
はるか
見どころは?
綾瀬はるかさんの演技です。感情の起伏がそれほど見られないというか、ばりばりのキャリアウーマンという役柄であり、表情は崩さないけれども、腹躍りをしようとしたり土下座をしたり、体を張ってるなぁ、という印象でした。
感想は?
いきなり新しい母親ができるというのに、娘の心情にさほど関心を示さず、自分本意の父親の能天気さに感情移入することができませんでした。見ていてあまり気持ちがよいものではなかったので多分2話以降は見ないと思います。

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』1話のツイッターでの反応や評価は?




まとめ

2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』1話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

無料でドラマ『義母と娘のブルース』1話の動画を楽しむなら、Paraviがオススメです!

Paraviでドラマ『義母と娘のブルース』1話を無料視聴する