ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話のあらすじネタバレ感想!キャスト一覧も【7月17日放送】

この記事では、7月17日に放送された、吉岡里帆さん主演の2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

↓↓↓今すぐドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話の動画を見る↓↓↓
 

また、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム
U-NEXT
TSUTAYAディスカス
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話が視聴できる公式動画配信サイトは、

・FODプレミアム
・U-NEXT
・TSUTAYAディスカス
・ビデオマーケット
・auビデオパス

上記のサイトでドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があり、見放題作品が全て無料で見ることができます!

最近のドラマでは・・・

・覚悟はいいかそこの女子。

・探偵が早すぎる

・義母と娘のブルース

・幸色のワンルーム

・探偵が早すぎる

・高嶺の花

・チア☆ダン

・健康で文化的な最低限度の生活

・刑事7人

・遺留捜査

など、人気のドラマが見放題となっています。

31日間の無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったらこの機会に是非無料で見ちゃいましょう♪

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話の見逃し配信動画を無料で見るならU-NEXTがオススメ!

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのU-NEXTについてご紹介します。

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信中!スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで視聴が可能です。

今なら600円分のポイントがもらえるので、最新作、放送中のドラマも視聴することができます。また毎月1日には1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで好きな動画を楽しむことができます♪

また追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題で楽しむことができます!

U-NEXTの無料お試し期間は31日間となっています。

youtubeやPandoraTV等の違法動画は危険です!

インターネットで動画を探していると、無料の動画サイトを目にします。

・YouTube
・Dailymotion
・PandoraTV
・miomio
・9tsu
・youku
・eyny
・openload
・FC2動画

これらの動画サイトにも、ドラマが違法にアップロードされたりしていますが、音声や画質が非常に悪いんですよね。見ていてストレスを感じることも度々あると思います。

動画を投稿する人が著作権違反で削除されないよう、画面サイズを小さくしたり、音声を変えたり、一部のシーンの動画を省いたりしているので、動画全てをまともに見ることはまず不可能です。

最近は違法動画の取り締まりが厳しくなってきて、スグに動画が削除されたり、今後は視聴しただけでも責任を問われる可能性が出てきます。

公式動画配信サービスなら、画質もキレイで、ジャマな広告も表示されず、動画もサクサク動きますので、ストレスなく快適に視聴が出来ます。

CMもないので、CMのたびに毎回早送りする必要もありません。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも見られるので、通勤途中や出かけ先など、いつでも好きなときに視聴が可能です。

安心・安全に動画を視聴するなら、公式の動画配信サービスを使う事をおすすめします。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第1話のあらすじ

2018年7月17日(火)放送のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第1話のあらすじをご紹介します。

かつて映画監督を目指したが挫折し、安定・平凡を求めて公務員になった義経えみる(吉岡里帆)。これでこの先の人生も安泰だとホッとしたのも束の間、栗橋千奈(川栄李奈)や七条竜一(山田裕貴)ら4人の同期とともに配属されたのは、生活保護受給者を支援する、激務必至の生活課だった…。早速、えみるも先輩ケースワーカーの半田明伸(井浦新)から担当を任されるが、その数なんと110世帯!福祉の知識もなければ人生経験も足りないえみるは、受給者たちの様々な人生模様に触れ、大きな不安と戸惑いの中で、ケースワーカーとしてのキャリアをスタートする。

そんなある日、役所にかかってきた一本の電話が、えみるの運命を大きく左右することになる。えみるの担当受給者である電話の主は、突然「これから死にます」とだけ告げ、電話を切ってしまう。大慌てのえみるにたいして、前任者や親族は、いつものことだからとまともに取り合おうとしない。しかしこれが、新人のえみるにとってはあまりにショックな事件へと発展してしまう。配属早々、厳しい現実を突きつけられたえみるは、自分なりに受給者たちの人生に寄り添っていかなければならないと決意する。

しばらくして、えみるは求職活動中の受給者・阿久沢正男(遠藤憲一)と面談をすることに。阿久沢は、健康上の問題はないのになぜか咳が止まらず、聞けば、一日一食しか食べていないという。えみるから報告を受けた、えみるの上司の京極大輝(田中圭)は、阿久沢のお金の使い道に何か秘密があるのではとにらみ、「すぐに家庭訪問。徹底調査!」と指示を出す。意を決して阿久沢の家を訪ね、調査のために冷蔵庫の中を見せてもらったえみるは、そこであるものを見つけて……!?

(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』のキャスト一覧

義経えみる・・・吉岡里帆

書店で手に取って下さった皆様へ 心からお礼申し上げます。 今までの時間が私もスタッフ一同も報われた想いです。 ありがとうございます。 ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」も沢山の方が一緒に社会問題について、人と人との関わりについて考えながら見て下さり、とても嬉しかったです。 この仕事をしていて本当に良かったと思える感想やメッセージにうるっとしました。ありがとうございます。 また来週もよろしくお願い致します。 そして、明日はいよいよ写真集「so long」が店頭に並びます。 どうぞこちらもよろしくお願い致します! 今日も一緒に頑張りましょう! Repost from @riho_book @TopRankRepost #TopRankRepost 週刊プレイボーイ31号制作秘話。 おかげさまで、まだ速報段階ではありますが今年出した平常号の中で圧倒的トップの売れ行きです。オンライン書店のほうには普段の倍以上配本したのですがどこも在庫切れという状況。アマゾンさんの雑誌部門でも数日前からランキング1位を堅持しております。全国の吉岡里帆ファンの皆さま、厚く御礼申し上げます。そして欲しいのにまだ手に入れていない皆さまの元に、どうか届きますように。 で、こちらの写真は最後までどちらをカバーカットにするか悩んだ2枚です。1枚目の強い表情も捨てがたかったのですが、最後は編集長の「吉岡里帆と週刊プレイボーイの1501日間、っていうコピーと並べるなら、笑顔の吉岡さんにいてほしい」というひと声で決まりました。 この編集長M氏は先月に編集長に昇進したばかり。吉岡号は彼が編集長になって2冊目の担当号でした。遡ること4年前、活版(モノクロページ)副編集長だったM氏が「(電車広告の写真で)この子をほかの子より大きくしたい」と言ったタレントさんが、当時まだ出てきたばかりの吉岡さん。その初グラビアのときのことでした。 中の人が「今回の吉岡さんの表紙号、カラーページ全部くれませんか?」と打診したところ、「よし、やってみろ。やるからにはフルスイングだ。その代わり結果を出せ」と言ってくれたグラビア副編集長。「モノクロページも10ページくらい欲しいんですけど」と打診したところ、「仕組み増やしてやるから10と言わず16ページやれ!」と言ってくれた前編集長。そしてこの号の表紙を決めた新しい編集長。 週刊誌1号をたったひとりのタレントさんに託すというのは前例のない、なかなかの冒険ではあるので、立場のある3人はもしかしたらほっとしているかもしれません……。そんな、編集者たちの舞台裏。 吉岡里帆写真集 so long いよいよ明日、発売……!! #吉岡里帆の旅 #吉岡里帆永久保存号 #吉岡里帆写真集solong #やるんなら徹底的にだ #絶対大丈夫だと信じていた

吉岡里帆さん(@riho_yoshioka)がシェアした投稿 –


一般職の新人ケースワーカー。父は高校教師、母は専業主婦という家庭で育つ。

幼少のころから映画マニアで、大学では映画研究部に所属し、映画監督を目指していたが、自身に才能が無かったことに気付き、安定を求めて公務員となる。ただし、帰宅後や余暇のときは、専ら映画鑑賞をしていて未だに映画マニア。

机の上は資料であふれかえっている。トンカツ定食(特に端っこ)が好物。

半田明伸・・・井浦 新

🌴HYSKOLIC 4🌴 今日が最終日だ #skoloct

井浦 新さん(@el_arata_nest)がシェアした投稿 –


えみるの先輩ケースワーカー。えみるの指導係。

健啖家。えみるに「デスクの乱れは心の乱れ」と注意するものの、彼女以上に机の上は資料であふれかえっている。

栗橋千奈・・・川栄李奈


えみるの同期。福祉専門職のケースワーカー。民間で2年位働いた経験がある。

業務を事務的にこなし、指示に従わない生活保護受給者に対して指示書を送付し、それでも改善の余地がない場合は、受給を止めるポリシーを持つ。

七条竜一・・・山田裕貴


えみるの同期。一般職のケースワーカー。

母子家庭で育ってマザコン気味。母子家庭で育ったことから、税金である生活保護費をもらっている受給者を許せず、「頑張りが足りない、甘えている」と断罪する。

第2話では、面談にて自身が担当する生活保護受給者に様々な指摘をし、「誰の味方なのか」と詰問され、何も答えられなかったことで、「自分たちは本当に利用者の味方なのか」と疑問を感じている。京極に命じられ、えみるの日下部家の再訪問に同行する。

阿久沢正男・・・遠藤憲一


えみるが担当した元生活保護受給者。第2話から「アオヤギ食堂」従業員で、閉店後はスーツで帰宅する。

緊張するとよく咳をする。

食事は流行を取り入れて1日1食しか食べていない。多額の借金は過払いによるものだった。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話の見どころは?

読者の皆様から頂いた、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話の見どころをご紹介します。

ドラマ大好きシニア
平凡な家庭で何不自由なく育った主人公の義経みえるが、選んだ就職先が安定志向の公務員です。そこでつつがなく仕事をおくれれば最高と考えていたのに、配属先の生活保護係りで自分とは正反対の人々と関わり苦悩しながら仕事に目覚めていく姿がすがすがしく感じます。
あいに
憲法第25条に記されている「健康で文化的な最低限度の生活」がテーマの今作。吉岡里帆さん演じるケースワーカーの義経えみるが全くの無知から、社会福祉と向き合って成長していく姿に生きる力を貰えるように思います。
ここまる
生活保護受給者の実態や、ケースワーカーさんの苦労がよく分かる内容です。受給者がどんな金銭状況で毎日生活していて、精神的にどんな風に追い詰められているかが詳しく描かれています。またケースワーカーさんが受給者に寄り添いつつも、公正な判断をすることを常に忘れてはいけないという厳しい現実も分かりとても勉強になるドラマ内容です。
リル
新人のケースワーカーの義経えみるが受け持った生活保護受給者の平川が「死にます」と言って、自殺してしまう。
同じく生活保護受給者の阿久沢が生活保護でもらったお金を借金の返済に充てていて、えみるが過払い金の相談窓口法テラスに行くように勧める。
なう
借金を抱えて仕事探しにも後ろ向きだった阿久沢がえみるに少しずつ心を開いていき、ホーテラスで過払い金が発生している状態であることを知らされてから、表情も明るくなりえみると笑顔で話すようになるまでの過程は、生活保護を受けることで救われる人がいることをうまく表現していると思います。
みっちりねこ
主人公・義経えみるは安定を狙って地方公務員を志し区の職員になったのに、安定とは縁遠そうなケースワーカーの任務を割り当てられます。初手から担当することなった生活保護受給者が自殺するケースが起こり、自責の念につぶされそうになりますが、気を取り直して「不幸慣れ」してしまった阿久沢のやる気をとり戻させるため、空回りしつつも頑張るえみるの様子が見どころです。
かちかち
職業ドラマはいろいろありますが、その中でも、史上、もっとも、地味な職業、ケースワーカーが主人公たちの仕事というだけでもう面白そうと思ってしまいます。
ケースワーカーは底辺で生きている、生活保護をもらっている人などが相手なので、葛藤が多くて面白いです。
吉岡里帆がかわいいです。
ちぃこ
ケースワーカーとして業務をこなす義経さんの頑張る姿が見どころです。
生活保護は、私も社会人になってからそういうものがあるということを知りました。
そういう人にも分かりやすく生活保護を説明してくれているのも見どころです。
たかは
主人公のえみるは安定した生活を送るため公務員になる道を選びました。配属されたのは生活課で新人ケースワーカーとして110世帯を担当することになりました。配属早々に自殺者が出てしまいショックを受けるえみるですが、それをキッカケに受給者ときちんと向き合おうと決意します。
ゆうすこ
健康で文化的な最低限の生活のドラマは先週の火曜日で1話目という事で初めから最後まで気になってみてました。みどころは最後の吉岡さんが利用者の借金の返済を法テラスで余分に借金を返して頂けることに成功したところです。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話のあらすじネタバレ感想は?

ドラマ大好きシニア
主人公が担当する生活保護者が、まさかの自殺を行ったため義経みえるはそうとう落ち込みました。それでも同僚から慰められます。そのときの同僚の言葉がなんともいえなく響きました。みえるは、なんとか立ち直り使命感に火がついて仕事に力がはいってきました。
あいに
1多くの生活保護を受けている人を目の当たりにする義経えみるの葛藤が描かれている1話目。初めて担当した平川が亡くなるというショックな出来事から、生活保護を受けている人をとにかく死なせてはいけない、助けなければならない、と思ってしまう彼女が時間を追うごとに成長する姿を見ているととても力をもらうことが出来ました。
ここまる
主人公吉岡里帆が公務員試験に無事合格し、新社会人として働き始めるところから物語は始まります。吉岡の配属先は福祉保険部生活課という「?」なところで、どんな仕事をするのかもよく分からないまま毎日の業務が始まります。最初に担当した生活保護受給者は男性で、奥さんを癌で亡くしてから生きる気力を無くしていました。吉岡が担当になって間もなく彼は自殺をしてしまいます。吉岡はショックを受け自分を責めますが、受給者に感情移入しすぎないこと(ある意味ドライになること)がこの仕事を長く続けていく上で大切なんだと、残酷な現実を知りました。その後担当した遠藤憲一のケースではうまく救うことができ、それが吉岡の自信に繋がって「この仕事を続けていける!」となりました。これまで生活保護受給者が身近にいたことが無かったのでどのケースもとても勉強になります。
リル
ケースワーカーというのは生活保護受給者が自殺したり、生活保護から抜け出せるように援助するので大変だと思いました。えみるは指導係の半田が優しい人で良かったと思います。同期の栗橋千奈もえみるに優しい言葉をかけてくれて、よい人間関係だと思いました。
なう
阿久沢のようにケースワーカーによって新しい生活をスタートさせることができた人がいる一方で、祖母と一緒に暮らしている女の子が「相談すれば何かしてくれるのか」とえみるに尋ねるシーンは、生活保護を受けていても苦しい思いをしている人がいるということを反映しているように感じました。
みっちりねこ
全く未知だった生活保護受給のシステムについて赤裸々に明かされて、受給者の葛藤に心が痛みました。申し訳ない、自分なんかという負の感情につぶされて自殺してしまった人に対し、思い切りよくなれないえみるの優しさに共感してしまいました。110ケースを担当することになるという話がありましたが、こんなにたくさんの他人の人生の根幹にかかわらなければならないなんて、むしろ現実世界ではケースワーカーにカウンセリングが必要なのではないか、と皮肉に考えてしまいました。
かちかち
ケースワーカーとして働き始めた吉岡里帆演じる主人公が、井浦新さんたち先輩の指導の下に、自分の担当の人の自殺という厳しい現実にも直面しながら仕事のやりがいを感じてゆくのがよかったです。遠藤憲一のやる気ないというか、いつもと違う感じも面白かったです。
ちぃこ
自分の担当している方が自殺したら、とても落ち込むだろうなと思いました。
自分たちが頑張って働いて納めた税金で生活している人がたくさんいることについて複雑な気持ちになりました。頑張ってく自立してほしいです。
たかは
配属して直ぐにえみるの担当していた受給者が自殺してしまって衝撃でした。しかし、えみるはそこでめげずに逆に自分なりに受給者に寄り添ってみようと決意します。えみるは優しくてケースワーカーに向いていると思います。これからも大変なことはあると思いますが前を向いて頑張って欲しいです。
ゆうすこ
ドラマでは一人一人に対してとてつもなく時間がかけられているが実際に現場ではあそこまで1人あたりに時間をかけることができないかと思いました。現実の市役所も一人一人にそこまで親身になって行ってくれてるのかとも疑問に思いました。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』次回2話の予想や楽しみポイントは?

ドラマ大好きシニア
前話で主人公が担当する生活保護者の自殺で落ち込んだ義経みえるですが、なんとか立ち直り使命感に火がついて仕事に力がはいってきました。次回からも色々な悩ましい問題を抱えた生活保護者がくりひろげる事件に真正面から体当たりする、みえるを楽しみにしています
あいに
生活保護者ときちんと向き合い始めたえみる。まだまだ空回りをしてしまうこともあれど、一所懸命一人一人と向き合っていく姿、成長していく姿を見ていくのが楽しみです。失敗することも恐れず突き進んでいくえみるの成長を期待します。
ここまる
吉岡里帆と遠藤憲一が今後いい関係を築いていくのかなと匂わせて終わったので、2話以降の関係性がどうなっていくかが楽しみです。また吉岡里帆の同期の子たちはわりと冷静に働いている様子で特に川栄李奈はベテランかというくらい知識もあってどこか冷めた目で吉岡里帆を見ている印象なので、川栄さんに焦点を当ててストーリー展開する回が今後あったら見てみたいなと期待しています。
リル
阿久沢が娘に会えるかどうかやシングルマザーの聡美が不正受給を受けているのではないかというところが関心のあるところです。千奈は頭が良さそうですがクールなので生活保護受給者とトラブルを起こそうな気がします。
なう
生活保護費の不正受給は以前社会問題にもなった話なので、どんなふうに描かれるか楽しみです。また、どういったケースが不正受給に当たるのかなど、生活保護の制度について知らない部分をわかりやすく説明してくれる内容も盛り込まれていてほしいです。
みっちりねこ
えみるは阿久沢のことを立ち直らせたことで自信をつけていますが、第1回で登場した中でも体調を崩した祖母と小学生の孫という世帯の方は解決したとは言い難い状況でしたし、今後も波乱万丈のようで、見ごたえがありそうです。吉岡里帆はいかにもやる気のある新人職員という役柄にマッチしていて、受給者を励ますシーンもまるで本音のようなので、その努力から自分もパワーを吸収したいです。
かちかち
今後も生活保護をもらっている人がいろいろゲストとしてでてきて、主人公たちを困らせてゆくのが面白そうです。それと、ケースワーカーという仕事の詳細を知らなかったので、このドラマを通してその仕事内容がわかるといいと思います。
ちぃこ
2話は、不正受給についての話なので、現在生活保護を不正受給している人たちの心に、響いてくれることを期待しています。
また、どのように不正受給がまかりとおるのかも知りたいので、そこも楽しみなポイントです。
たかは
受給者に感謝されて少し自信がついたえみるが今度はシングルマザーの受給者宅を訪問します。そこで褒め言葉をもらって喜ぶえみるですが、その家庭に不正受給の疑いがかけられてしまいます。えみるはまた新たな問題に直面してどう対応していくのか気になります。
ゆうすこ
第2話での楽しみはまだ分かりませんがまた、新しいストーリーで楽しみにしています。男の子のギターを取り上げるシーンが予告で流れていましたがどうなるかまだ、分かりません。今晩も見てみたくたのしみにしています。

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話のネットでの評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』1話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

もらえるポイントで無料でドラマを楽しむなら、U-NEXTがオススメです!