ドラマ『透明なゆりかご』2話の見逃し配信を無料視聴!【7月27日放送】

この記事では7月27日に放送された、清原果耶さん、瀬戸康史さん出演の2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』2話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

また、ドラマ『透明なゆりかご』2話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください!

↓↓↓今すぐドラマ『透明なゆりかご』2話の動画を見る↓↓↓

2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』2話のあらすじ

アオイ(清原果耶)は、出産直後の赤ん坊が医院の表に捨てられているのを発見する。由比(瀬戸康史)らの必死の処置で赤ちゃんは一命を取りとめ、アオイがお世話をすることに。その愛くるしさにアオイは知らず知らず愛情を抱いていくが、紗也子(水川あさみ)に「あまり入れ込まない方が」とたしなめられる。一方、里佳子(平岩紙)という妊婦が、妊娠を継続すべきか悩んでいた。彼女は、無理に出産すれば失明する恐れがあって…。
(引用元:公式サイト




ドラマ『透明なゆりかご』2話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ!

まず、ドラマ『透明なゆりかご』2話の見逃し配信が視聴できる公式動画サービスを見てみましょう。

FODプレミアム ×
U-NEXT ×
TSUTAYAディスカス ×
hulu ×
ビデオマーケット
auビデオパス ×

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『透明なゆりかご』2話が視聴できる公式動画配信サイトは、


・ビデオマーケット

上記のサイトでドラマ『透明なゆりかご』2話が無料視聴できます。

初回登録時にポイントがもらえるので、そのもらったポイントで無料視聴することができます。

ドラマ『透明なゆりかご』2話の見逃し配信動画を無料で見るならビデオマーケットがオススメ!

2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』2話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのビデオマーケットについてご紹介します。

ビデオマーケットは、国内最大級20万本以上の動画が楽しめるVODサービスです。

月額500円(税抜き)のプレミアムコースでは、毎月540ポイントがもらえるので、そのもらったポイントでお好きな動画をチョイスして視聴出来ます。

月額980円(税抜き)のプレミアム&見放題コースでは、見放題作品が視聴し放題!こちらも毎月540ポイントがもらえます。見放題以外の作品も視聴可能です。

ビデオマーケットは、只今登録初月無料キャンペーンを実施中です。




2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』2話の見どころと感想、次回の予想は?

読者の皆様から頂いた、ドラマ『透明なゆりかご』2話の見どころや感想、次回3話の展開予想をご紹介します。

のりぞー
見どころは?
目の前の小さな命を見てしまったのでつい、母性が生まれてしまったのか、将来を夢見てしまうのもわかるような気もしました。ありえないけどね。しかも渡したくなくなるなんて謎ですがね。沖縄生まれの妊婦さんが言ったラストのセリフはいいなって思いました。

感想は?
主役の子が赤ちゃんを見つけるところから、母性が芽生えたのかな?っていうのが見どころですかねぇ。小さいベイビーを思わず育ててる気持ちわからなくない。つい将来を夢見てしまうのもすごい。それが母性なのかな?体重増えたとか減ったで一喜一憂している主役の子もちょっとすごかった。でも周りの看護師さんが、最近情緒不安定なんですってそれもすごいな。いろいろな妊婦さんがいますね。でもみんなきっと不安なんですよねぇ。それをいろいろな方向から気持ちを落ち着かせてるんでしょうねぇ。次回も楽しみです

次回3話の展開予想
不機嫌な妊婦さんって怖いんだけどね。そして、病気があるのに、妊娠を継続しようとする妊婦さん続くんでしょうねぇ。どうなっていくんだろう?そして沖縄生まれの妊婦さんもなんだか続きそうですねぇ。楽しみですこの人可愛いし

ちこ
見どころは?
母性とは何かについてしっかり考えられるところが見どころだと思います。妊娠、出産したら母親になるのか。アオイもしずかちゃんに母性を感じていたが、出産していなくても無性に母性が芽生えることもあるのかと考えることができると思います。

感想は?
高校生の母親は本当に赤ちゃんがいらなかったんだろうかと考えると、わざわざ自宅で出産してすぐに自転車で産婦人科まで赤ちゃんを捨てに来るという時点で赤ちゃんの命を守りたいと思っていたんだろうなと思いました。ただ、それなら両親に一緒に育てたいと言ったらいいのに、両親が施設に預けると言っても大丈夫だったのかなと気になりました。糖尿病の妊婦さんの母性はすごいなと驚きました。失明する可能性があるのにと考えると、私には出産を決意できない気がします。

次回3話の展開予想
予告のような不機嫌な妊婦さんって、なかなかいないと思うので不機嫌の理由を知りたいです。私も3人出産しましたが、産婦人科で不機嫌な妊婦さんなんて見たことがないです。また、赤ちゃんがとても可愛いので癒やされたいです。

ぴい
見どころは?
由比産婦人科に受診している二人の妊婦さんと、ひとりの子供を産み落とし病院の前に捨てていった女子学生、そして主人公青田アオイ。それぞれの女性の母性にスポットを当てている第二話です。一型糖尿病で出産に危険が伴うにも関わらず、子供を産みたいと思うようになった菊田さん。普通の幸せな妊婦に見える町田さん。子供を捨てた上にこんな子供いらないと言い放つ女子学生中本千絵。捨てられた赤ちゃんが我が子のように思える青田アオイ。それぞれの母性をアオイの視点から描きます。

感想は?
病院で出産にリスクを伴う菊田さん。当初は中絶をするつもりでしたが、やがて出産すると考えるようになりました。町田さんは6歳年下の旦那さんの子供を宿しています。アオイは町田さんを送ったあと、赤ちゃんが病院の前に捨てられているのを見つけます。赤ちゃんに静という名前を付けたアオイ。何か母性のようなものが芽生えます。その後子供を産み落とした中本千絵が両親とともに現れます。そんな子要らないと言い放つ千絵。アオイの厳しい眼差しが印象に残りました。静が引き取られて元気がなくなったアオイ。菊田さんがなぜ産みたいと思うようになったのかを知ります。それは何処からか生まれて来た母性。産みたいっていう強い想いであることを知ります。アオイは千絵のもとを訪ねようとします。でも途中で産まれてくる子供がどうでもいいなら遠く離れた産婦人科の前に捨てることはなかったのではないかということに気が付きます。引き返すアオイ。場面は待合室。アオイは思わず町田さんに何が起こっているかを聞きます。謎。自分でも変だと答える町田さん。アオイはそれぞれの母性を見つめて、一瞬でも愛おしいと感じたことに気付きました。

次回3話の展開予想
第三話では、田畑智子さんが演じる不機嫌な妊婦が、アオイに厳しく当たるようです。アオイはそんな妊婦にどのように対峙していくのでしょうか。第二話にも登場した町田真知子さんもいよいよ出産のようです。無事元気な赤ちゃんが産まれるといいですね。第三話にも期待しています。

みっちりねこっこ
見どころは?
今回のテーマは母性です。母性とは女性ならば必ず持つ素養があり、妊娠をしたものの母体が持病で持ちそうにないため選択を迫られている女性にも、産みたくないと思いながらも出産に至ってしまった女子高生にも、そして新生児の面倒を任された看護師見習いである主人公にも芽生えるものだということが、心に刺さります。

感想は?
主人公のあおいが産婦人科医前に捨てられていた新生児に入れ込み「静ちゃん」という名前をつけ、手放したくなくなっていくその変化に少し感動しましたが、同時に怖くもなってしまいました。今回はとても特殊な例だらこそ、あおいにも母性が生まれたのだとは思いますが、あまり人の子供に執着する看護師には、子供を預けたくないと思ってしまいます。先輩看護師が戒めていたように、ある意味ビジネスライクになれるよう、主人公の成長が望まれます。

次回3話の展開予想
次のケースは、妊婦がとてもおこりっぽく、あおいのケアにも馴染まないことだそうです。どんな事情でそのような態度を取るのか、あおいがどう立ち向かうのか興味津々です。それにしても、今回あおいの行動には突然自転車で高校生出産婦の家に駆けつけようとしたり、背中に触られてとびのいたりなど、おかしな点がありました。ただ看護師を目指しているという以上の事情が隠されていそうで、それにも興味があります。

さきママ
見どころは?
今回は、妊娠・出産によって持病の悪化が避けられないながらも、赤ちゃんを産みたいと望む女性と、赤ちゃんを自宅で出産したものの、由比産婦人科に赤ちゃんを捨ててしまった少女という、全く異なる母親の心情が辛いほどによく描かれている回です。ただの母性の強い人、母性のない少女という単純な話でないところが見所です。

感想は?
病気を抱えながらも出産を望む里佳子と、妊娠を周囲に伝えられずに出産して赤ちゃんを捨てた千絵。単純に見れば、母性の強い素晴らしい母親と、母親としての自覚のない未熟な少女と捉えられますが、そんな単純ではなく、ただ自分の存在意義のために出産しようとしていた母親と、いらないと言いながらも赤ちゃんを助けようとしていた、未熟ながら懸命な気持ちを持っていた少女というところに、このストーリーの奥深さを感じました。そして、そんな二人の気持ちの奥底に気付いていた由比先生は、とても凄い人だと思いました。

次回3話の展開予想
次回は、そもそも人の気持ちを理解するのが難しいアオイの前に、何を考えているか分からない母親が現れるような予告だったので、アオイがどこまでその人の気持ちに気付き寄り添えるのか、そのあたりが楽しみなポイントです。

ゆりちゃん
見どころは?
病院前の捨子がどんな経緯で捨てられたのか、どんな女性が母親でどんな心境なのかが見どころだと思います。またもう一人の一型糖尿病の妊婦が、宿った赤ちゃんを病気や心配する家族の為諦めるのか、産む決断をするのかも大きなポイントだと思います。

感想は?
産まれたばかりの赤ちゃんを病院前に捨てた高校生の母親の非情さに胸が痛くなりました。でもアオイが女子高生の家まで行く距離の長さや、高校生の彼女がどんな思いで赤ちゃんを産んだのかを想像すると、彼女もまた可哀相だったのかもと感じました。産んですぐにあの距離を自転車で走るなんて…責任から逃れるのに必死だったんだろうなぁと思いました。産院にわざわざ赤ちゃんを置くと言うことは、彼女なりの最大限の責任の取り方だったのかもと感じました。

次回3話の展開予想
妊婦はいつも幸せそうでニコニコしてるイメージなので、不機嫌な妊婦のイメージの想像がつきません。その妊婦さんが何を抱えていて、何に恐れていて不機嫌なのかが楽しみなポイントだと思います。アオイの人の心が読めない性格上、一番苦手なタイプだと思うので、いつも以上に凹む事の多い回になるんだろうなと予想しています。

りょうママ
見どころは?
母性ってなぁに?と言うタイトルからも分かるように母性についてのお話です。看護助手をしながらも母性がなんだか分かっていなかったのですが、ある赤ちゃんと会って感じる母性、それによって成長する姿は見所です。

感想は?
病院に捨てられた赤ちゃんの母親はなんと女子高生!育てたくないし顔もみたくないと全面的に拒否!そんな姿を見てしまってお世話していたアオイは頭にきてしまう。そんな子でも親だから、お腹で育てた母…結局、両親が引き取ってくれたのですが一言言わなきゃ気がすまないと病院から女子高生の自宅までチャリを漕ぐのですが、その行く途中で見えてきたのは、きっと女子高生が感じてくれた母性のおかげ…そしてアオイも母性について謎が深まっていく

次回3話の展開予想
不機嫌な妊婦さんの話アオイを蹴ろうとしたりと態度が気になる妊婦さん。イライラしているのにはきっと理由があるのだと思いますが、赤ちゃんを置いたベッドで寝ている男性にチューブが繋がっていたのが気になります。

ああゆ
見どころは?
産院に生後まもない赤ちゃんが捨てられていたところから物語が動きます。その赤ちゃんに主人公の青田が魅せられ、母性に目覚めてしまうのが今回の話の肝です。母性とは何か。お腹の中にいるのは何なのか。答えのでない問題を考えさせられるお話でした。

感想は?
「あの子は桜をどんな気持ちで見たのだろう」という台詞が印象的なお話でした。ただ単に女子高生が子供を捨てた話だと思っていましたが、彼女が悩みながらそして一人きりで孤独にうみ、「助けて」と言いながら自転車を漕ぐシーンは涙ぐんでしまいました。彼女の胸中は一切語られないながらも、自転車のシーンだけでその葛藤が伝わる、とても素晴らしいカットだと思います。また、制服のまま出産というのも、絵的に新鮮で孤独をより感じました。妊婦のお腹の中にいるのは、一体なんなのか。決して夢物語にも美談にもしない問答が、とてもリアルに響きます。幸せそうな妊婦でさえも、「これが何か判らない」というのに共感してしまいました。突然の母性に魅せられた主人公青田のラストにふさわしいシーンでした。

次回3話の展開予想
最近よくある「妊婦様」を題材にしたお話になりそうです。周囲からみたら、何で偉そうなのか、過剰防衛してるのか、イライラしてるのか、その客観的な妊婦も描きながら、妊婦のままならない真実にも焦点をあてて欲しいです。出来るなら「妊婦様」のつらいところ、同情すべき点を描いて欲しいです。

なすび
見どころは?
病院の前に産まれたての赤ちゃんが捨てられているのを主人公が発見するところから始まります。処置により一命を取り留める赤ちゃんに対して名前を付けたりミルクをあげたりと愛情を持つようになるアオイ。そんなとき赤ちゃんの母親とその家族が現れます。

感想は?
赤ちゃんの母親には本当に憤りを感じます。ドラマとは関係ないですが高校生なら避妊のやりかたくらい知ってるだろうと言ってやりたくなる。赤ちゃんの一方で持病を持ちながら自分が犠牲になるかもしれないのにその中妊娠を継続しようという勇気と覚悟、家族の支えには感動です。このドラマに出ている女優、俳優はみなさん演技が本当に上手でアオイが自転車を漕ぎ続けるシーンの清原果耶さんは迫真でした。汗の吹き方といい必死さが画面越しでも伝わってきて良かったです。

次回3話の展開予想
第一話を見逃してしまいましたが基本1話完結なのでどの回から見ても楽しめます。次回は不機嫌な妊婦というタイトルですが、十人十色という言葉があるように妊婦さんにもそれぞれ事情があってそれを100%理解することは出来ないかもしれないけど寄り添うことは出来るのかなと思います。

HKmama
見どころは?
母性とは何か。持病があって、妊娠継続が難しい妊婦さんが最後に下す決断とは。産婦人科の前に捨てられた赤ちゃん。産んだ女性の本当の気持ちとは。1話に続き、2話でも命の尊さをしっかり分からせてくれる話ばかりです。

感想は?
まず最初のご夫婦の旦那さんの優しさに「羨ましいー」と思いました。あんなに妊娠中から自分の事のように思ってくれるなんて!!うちにはなかったなーと(笑)自分の命に変えてまで赤ちゃんを産みたいと思えるのは、もうすでに「母」なんだなーと思いました。女性は強いですからね。そして、自宅で出産した女子高生。どんな気持ちで妊娠期間過ごし、どんな気持ちで1人で産んで、病院の前に連れて行ったのだろうかと…。少しだったかもしれないけど、そこにはちゃんと「母性」があったんだろうなと思いました。本当に毎話色々と考えさせられます。

次回3話の展開予想
「不機嫌な妊婦」という題名でしたが、どんな話なんだろうと思いました。予告編では全く予想できない感じでした。どちらにしろ命に関わる話で、またまた色々と考えさせられるんだろうなーと思いました。青田さんの成長も楽しみです。

2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』2話のツイッターでの反応や評価は?


https://twitter.com/1aer5_2moooA5/status/1022849354179072005

まとめ

2018年夏ドラマ『透明なゆりかご』2話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

無料でドラマ『透明なゆりかご』2話の動画を楽しむなら、ビデオマーケットがオススメです!