ドラマ『チア☆ダン』2話の見逃し配信を無料視聴するならコチラ【7月20日放送】

この記事では7月20日に放送された、土屋太鳳さん主演の2018年夏ドラマ『チア☆ダン』2話の動画を無料視聴する方法をご紹介しています。

また、ドラマ『チア☆ダン』2話のあらすじや見どころ、ネタバレ感想などもご紹介していきますので、是非最後までお付き合いください!




2018年夏ドラマ『チア☆ダン』2話のあらすじ

東京へ行くわかば(土屋太鳳)の姉・あおい(新木優子)を福井駅前で激励するため、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」に合わせてチアダンスを踊ったわかば、汐里(石井杏奈)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)の6人。

警察に注意されたところを、偶然にもその場に居合わせた教師の太郎(オダギリジョー)が「チアダンス部の顧問です!」と言って場をおさめるが、それを聞いた6人は大盛り上がり!

早速、太郎を引き連れて校長(阿川佐和子)と教頭(木下ほうか)に報告しに行くが、練習場所やら、人数がまだ8人いないなどの理由から正式な部活動としては認められないと言われてしまう。汐里は「今学期中にあと2人集めます!」と断言をし、職員室を後にする。なんとしてでも2人を集めたい6人は、ビラ配りにも熱が入る!

わかばの教室でワイワイ話をしているところを見た麻子(佐久間由衣)は「楽しそうでいいのう」と嫌味を言う。それを聞いた汐里が「そっちは何にも楽しい事なさそ」と冷たく返す。
その言葉にカッとなった麻子は「わたしにだって好きなことぐらい――」と言いかける。気になったわかばは、屋上のベンチで麻子を見つけ声をかけてみることに。

その一方で、汐里は再び茉希(山本舞香)に会いに行き、終業式で踊るから見に来てほしいと伝える。
果たして、終業式までにあと2人メンバーを集める事が出来るのか―。そして、生徒と向き合う事が怖くなった太郎のトラウマがついに明らかに――。
(引用元:公式サイト

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』2話の見逃し配信を無料視聴するならParaviがオススメ!

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』2話の見逃し配信動画が無料視聴できる、公式動画サービスのParaviについてご紹介します。

Paraviは、2018年4月1日にサービス開始された新しい公式動画サービスです。

とにかく国内ドラマに強く、放送中のドラマ『チア☆ダン』2話を見逃してしまってもここで見ることができるので安心!

国内最大級のドラマアーカイブ数で、TBSのドラマはもちろん、話題の人気作品や名作を多数配信しているところも魅力的なサービスです。

ドラマ以外にも、アニメや報道、経済番組なども見放題で楽しむことができます!

今なら、登録月が無料で見放題になる、無料お試しキャンペーンをやっていますので、試してみてはいかがでしょうか?

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページにてご確認ください。




2018年夏ドラマ『チア☆ダン』2話の見どころと感想は?

読者の皆様から頂いた、ドラマ『チア☆ダン』2話の見どころや感想をご紹介します。

ブレード
見どころは?
チアダンス部と作って、全米大会で初優勝福井中央高校のチアダンス部「JETS」に勝ち、全米制覇という大きな目標を掲げる6人のチアダンスメンバー。その6人の前に部活動として8人のメンバーが揃わなければ部活動としては認められない、と学校側から条件を提示された。6人はあと2人のメンバーを一学期終業式までに集まると宣言し、部活動結成に向け、動き始める。

感想は?
終業式で全校生徒に6人のチアダンスを見てもらえれば、きっと入りたいと言ってくれる生徒はいる、と信じ、練習に毎日励む6人の姿が清々しい。チアダンス部を結成するとあう目標に向けて真っ直ぐな高校生の純粋な言葉や思いが人の心を動かしていく。それがなんとも邪心のない心の美しさを感じた。

momon
見どころは?
チアダンス部を作ろうと思ったのですが、部員が8人いないと認めてもらうことができないため、必死に集めるところがすごく見どころです。さらに、一番意外なメンバーが入ることになるので、とてもおもしろい第2話でした。

感想は?
チアダンスを始めようとするのですが、メンバーが8人いないと運動部として認めてもらうことができないため、必死に部員を集めるところが気合が入っていておもしろいところでした。みんなの前でチアダンスをすることになったのですが、それによってメンバーが集まったのがとても良かったと思いました。

夏色ブルース
見どころは?
太郎先生は過去に生徒とトラブルがあったトラウマがあるので、口では顧問をやると言ったけれど、本当に出来るのかが2話での見どころです。真面目な感じの先生なので、妻と息子には顧問をやるからには内緒にしないと思うから、きちんと事情を話せるかも気になります。

感想は?
太郎先生は理科系の先生なのか、恐竜の人形を持って歩いているところが、面白いと思いました。職場復帰が心配そうだったけれど、どうにかうまくやっているのかなと安心しました。きっと、太郎先生は、わかばが学校での校長に次ぐ味方だと思っているような気がします。

まりやむ
見どころは?
チアリーダー部とチアダンス部、女子特有の上下関係などが垣間見れるのですが、それ以上に漆戸先生の勇気と決断、そして桜沢さんの言葉がぐっと来た回でした。全校生徒の前で披露するダンスは粗がみえるものの、精いっぱいを見せようと奮起する6人の様子だけでなく、少しでも力になろうと音声で頑張る儚げな団結力もハラハラしてしまいますし、生徒たちにどんな印象を与えるかというのも視聴者として息をのむような演出でした。

感想は?
思わず「顧問です」と言ってしまった太郎先生の言葉を鵜呑みにしてしまったチアダンス部(仮)のわかばたちですが、太郎先生がまんざらでもなく、過去のトラウマと葛藤しながらも決意して家族に胸の内を話す場面は、視聴者側として「がんばれ!」と密かにエールを送るだけしかできないのをもどかしく思ってしまいます。しかし理解ある家族の後押しと、蒲生先生の力添えが見ているこちら側も笑顔にさせてくれました。2話の盛り上がりは何といっても父であり教頭でもあるに逆らう桜沢麻子の勇気ある行動でしょう!正直、まだ未熟なチアダンス部の演技は心を動かすには不十分な出来でしたが、その真剣さと委員長・桜沢さんの言葉で一気に心が奪われました。まだ2話目なのに、終盤で涙が出そうになってしまいました。今後の展開に期待をせざるを得ません!

けろろ
見どころは?
せっかく集まったチアダンス部の仲間を失い、それでも東京へ行く姉を見送る為にパフォーマンスをするわかばたち。それを見た一度離脱したメンバーたちが再び集結します。でもまだまだ部になるにはあと二人足りません。部となるため、部員募集のため、全校生徒の前でチアダンスを披露するわかばたちに注目です。

感想は?
1話目よりも2話目の方がわかばも、他のメンバーも顔が生き生きしていて楽しそうに踊れていました。学生の青春パワーに圧倒されて、私自身も元気をもらいました。最後に委員長がメンバーに加わるシーンは感動的でした。

mirokichi3
見どころは?
部員も集まってきて、さらに顧問にも漆戸太郎がすることになりましたが、部の設立には条件がありました。部員数が足りず、練習場所がない状況でしたが、正式に部として認めてもらうために部員を規定の8人集める事になりました。すでに6人集まっていましたが、あと2人がなかなか集まらず、周囲からの態度も冷たかったです。 果たして部として設立できるのでしょうか。

感想は?
部員も6人になり、顧問も決まりましたが、周囲の目は冷たくつらい状況が続いていました。でも、みんなで力を合わせて、頑張る姿は素晴らしかったです。顧問の漆戸太郎もトラウマに負けずに部員達を応援する気持ちになれて、安心しました。終業式後の踊りを披露した甲斐もあり、部員も集まりましたが、今後どのような展開になるのか期待しています。

かもさん
見どころは?
チアダンス部が部活として認められる8名の部員が集まっていくまでの流れと互いの友情が徐々に深まっていく回だったと思います。またこの回は学級委員長の麻子がアイドル好きで一緒に踊りたい気持ちを抑えて優等生キャラでい続けていたが、いましか出来ないチアダンスの夢を爆発させたところです。

感想は?
太郎先生に顧問が決まり、チアダンス部もまずは6名が集まりましたが、部活として認定されるにはあと2名足りない状況。そこで主人公のわかばたち6人は終業式で皆の前でチアダンスを披露し、あと2名の入部を求めていたときに不登校のストリートダンスのうまい茉希と学級委員長の麻子がメンバー入りを希望し、晴れて8名揃ったので部活として認定された。

たかは
見どころは?
チアダンス部を作ろうとしているわかば達ですが正式な部活動として認められるには部員がまだ2名足りませんでした。部員を集めるためにブラを配りますがなかなか希望者が現れません。そこで終業式の後に全校生徒の前でチアダンスを披露することにしました。すると同級生の茉希と麻子が入部を希望し、正式な部活として認められることになりました。

感想は?
わかばは部員を集めるために必死でしたがそれを以前の仲間たちが冷ややかな目で見ていました。それでも常に笑顔で前向きに頑張っているわかばは偉いと思いました。努力の甲斐があって顧問も部員も集まり正式な部活として認められて良かったです。全米制覇に向けて頑張って欲しいです。

のの子
見どころは?
部員が8人集り部活として認めてもらえるのか、また8人部員が集まったとして残り入る2人はいったい誰なのかが見どころだと思います。全校生徒の前でダンス初披露し、生徒達の反応や先生達の反応も重要な点だと感じました。

感想は?
ダンスが2話目にしてキレキレになってきているのが見ていてすごいなと感じました。今回は少し展開が読めましたが、それでも目が離せないシーンが多く先が分かっていても楽しめる珍しいドラマだと思います。土屋太鳳さんの微妙な方言も可愛くて好きです。

ぎょぎよ
見どころは?
見所は、土屋太鳳と石井杏奈の友情の芽生えや、部活として活動をスタートするはじめの第一歩のところです。8人で部が設立するのですが、2人足りなくて終業式の終わりにダンスを披露して残り2人が入部をするところは感動しました。

感想は?
転校生がチアダンスで海外に行きたくて、部活を作ろうとしますが、人数が足りず毎日毎日ビラ配りをして部員集めをします。それでも集まりませんが、練習は学校の中庭や外の海辺で行い、終業式の終わりに演技を披露できる時間を作ってもらうことができて、披露します。すると、残りの2人が入部し部活としてスタートすることになりました。

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』2話のツイッターでの反応や評価は?

まとめ

2018年夏ドラマ『チア☆ダン』2話が無料視聴できる公式動画配信サイトのおさらいです。

無料でドラマ『チア☆ダン』2話の動画を楽しむなら、Paraviがオススメです!